エンジニアの転職

公開日:2020/08/04|最終更新日:2020/09/26

IT業界に転職するのに資格は必須?転職の仕方や準備すべきことなど【現役エンジニアが解説】

IT業界に転職するのに資格は必須?転職の仕方や準備すべきことなど【現役エンジニアが解説】

未経験で無資格だけど、IT業界に転職したい。やはり資格の一つでも取得しとく必要があるのかな?仕事をしながらでも勉強できるかな?

こういった疑問にお答えします。

本記事ではご自身も現役エンジニアである方に詳しく解説して頂きました。これから未経験でエンジニア転職を目指す方はぜひ最後までご覧ください。

[PR]:CCNA合格率95%!未経験から【1ヶ月で合格】できる

IT業界について

IT技術が発達しているこの世の中ですがIT業界は技術者不足に陥っています。その理由はIT業界のイメージに「残業が多い」や「プログラミングスキルを身に着けるのが大変」という悪いイメージがあるからです。しかし、それは一世代前のことであり、現在のIT業界は技術の進歩により「残業少なめ」、「プログラミング簡単」です。

また、プログラミングに自信のない人でもネットワーク技術者、基盤構築技術者など業種も様々なので自分に合った業種を選ぶことが出来ます。

キャリアアップについて

IT業界に転職後はざっくりとプログラマーとしてプログラム技術を学びながら業務をこなすか、ネットワークエンジニアとしてネットワーク機器周りの設計をするか、基盤エンジニアとして仮想マシンの構築、運用、保守をするか、運用業務で既存システムの運用(シフト制)をします。

転職前にどのような技術者になりたいかを考えておくとキャリアアップへの道を想像しやすいと思います。基本的な技術を習得するとSEにキャリアアップ出来ます。SEはお客さんから要望を聞き、設計からテストまでを担当する役職です。チームをまとめたりするので仕事は増えますが給料も上がるので皆が目指します。

異業種からの転職

異業種からの転職を考えている方でIT業界には資格が沢山あるけど「無資格だから転職は難しい」と考えている方が多いと思います。冒頭にも言いましたがIT業界は技術者不足です。ほとんどの企業が「初心者歓迎」で入社後にOJTやe-learningを通して技術や資格のことを学べるので安心して転職できます。

無資格でも業務をこなしていくと資格の勉強にもなるので資格取得は転職後でも大丈夫です。とはいってもIT業界未経験の方は基本的な知識があった方が他の転職者より有利に立つことが出来ます。

次に入社前に勉強していた方が良い資格を紹介します。

基本資格一覧

基本情報技術者試験

IT技術について幅広く学べる資格でIT業界の登竜門となる資格です。IT業界に転職する方はいずれは取得しないといけない資格になります。この資格を取得すると次に応用情報技術者試験を受けることになりますが、応用情報を取得することが出来ると一人前の技術者として認められるようになります。



基本情報技術者のおすすめ学習サイト
《基本情報技術者試験の解説サイト》 基本情報技術者試験ドットコム

Oracleのjavaプログラマー

ブロンズ、シルバー、ゴールドとランクがありますが、入社前にブロンズを取得するとプログラミングに関する基本知識を習得できます。

CCNA

世界共通のシスコのネットワーク機器の基本を習得できます。シスコのネットワーク機器は沢山の企業で使われているため勉強していると即戦力として活躍できます。シスコ機器だけではなくネットワークの知識も習得できるのでネットワークエンジニアを目指す方にはオススメの資格です。

[PR]:CCNA合格率95%!未経験から【1ヶ月で合格】できる

LPIC

Linuxのコマンドや仕組みを習得できます。LinuxとはwindowsやMACなどと同じOSの一種です。Linuxは慣れると作業が早くなるので沢山の企業で使われているOSです。

AWSアソシエイト

アマゾンが提供するAWSというクラウドサービスの基本と仮想サーバ構築について学ぶことが出来ます。クラウドサービスはAWS以外にも沢山ありますがAWSはユーザが多く、沢山の企業で使われています。最近主流になっている仮想マシンの作成から運用まで学べるので基盤構築のエンジニアを目指す方にお勧めです。

初心者向け【AWS入門】使い方やできること。転職事情や将来性についても解説!

スクールや講習会に参加する

IT業界に初めて足を踏み入れる方はいきなり資格の勉強をしても専門用語ばかりで難しいと思う方も多いです。そんな時は、プログラミングスクールや講習会に参加するのもいいかもしれません。無料で開かれている講習会などもあるので、そこでプログラミングやネットワークの知識をつけることが出来ます。

プログラミングスクールや講習会は分からないことがあれば質問できるというメリットがあるので知識の習得は早いです。無料でテキストをもらうことが出来るので活用すると資格の勉強で分からないところも減ります。

エンジニアが勉強会に参加する意味とは?メリットや価値など3つのポイントで解説!

プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較7選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!

企業の選び方

IT業界への転職は転職エージェントを活用することをお勧めします。転職エージェントの種類がたくさんあるのでその分多くの企業を探すことが出来ます。様々なエージェントを併用すると自分に合った企業を早く探せます。

IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!現役エンジニア厳選

その際気を付けないといけないことは

IT業界には派遣先に常駐する形式の業務形態と自社開発系の業務形態があるという事です。

派遣先に常駐する形式

メリット

  • 常駐する客先が定期的に変わるので様々な業界の知識が着く
  • 客先によって使用している機器や言語が違うので習得できるIT技術の幅が広がる

デメリット

  • 習得できるIT技術が広く浅いものになってしまう

自社開発系

メリット

  • 一つの技術を極めることが出来る

デメリット

  • 一つのことしかできなくなる

どちらもメリットとデメリットがあるので自分に合った企業を選ぶ必要があります。

自社サービス(インハウス)と受託開発エンジニアの働き方の違いとは?キャリアパスや年収、労働時間の差は?

受託開発・自社サービス会社のやりがいやメリットを教えてください|現役エンジニアにアンケート!

【徹底比較】あなたは「社内SE」派?「受託開発」派?〜エンジニアの働き方からみたメリット・デメリット

まとめ

  • 技術者不足の為、無資格でもIT業界に転職できる
  • 転職前にある程度、資格の勉強をしてIT技術を身に着けると転職後業務がはかどる
  • どのような技術者になりたいかを考えて転職先を決めることが大切
  • 転職後はOJTを通して技術を身に着けることが出来る
  • 技術を身に着けるとSEにキャリアアップできる

IT技術がなく、IT業界に転職を考えている方でもやる気があれば企業は快く受け入れてくれます。しかし、IT業界の人間で無資格の人はいません。入社後に業務をこなしながら資格の勉強をするのはかなり大変ですので、転職前に資格の勉強をしたり、IT技術を少しでもつけておくことが大切です。転職時にも企業へのアピールになります。

もう一度「IT業界に転職するのに資格は必須?転職の仕方や準備すべきこと」を読む ↑

未経験からの転職活動は在職中から始めましょう

未経験から転職活動を開始するのは、毎月の給料が保証されている在職中から始める事をおすすめします。

まずは転職エージェントに複数登録しておき、初回の無料カウンセリングだけでもしておきましょう。あとはキャリアアドバイザーが求職者の状況に応じた求人案件の紹介や、面接手続きをおこなってくれるのでとても便利です。

エンジニアが《早く転職を決める》為に転職エージェント利用時に注意すべき点とは?

新しい一歩を踏み出す方へ。

未経験エンジニアが利用すべき転職エージェント3選!

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる!

マイナビエージェントIT 公式サイト

マイナビエージェントIT
ベンチャー・スタートアップ系求人を多数保有。特に20代・第二新卒へのサポートには定評あり。

マイナビエージェントITの[公式サイトへ]


IT、Web、ゲーム業界に特化!豊富な非公開求人と専門知識で転職をサポート!

ワークポート 公式サイト

ワークポート
未経験求人にも力を入れているので、スキル・経験に自身のない方もまずは登録しておきましょう。

ワークポートの[公式サイトへ]


圧倒的な求人数の多さで転職先の幅が広がる!

リクルートエージェント 公式サイト

リクルートエージェント
業界最大手。書類添削や面接対策などのサポートも強力なので未経験の方でも安心です。

リクルートエージェントの[公式サイトへ]


社会人におすすめ【オンライン】プログラミングスクール3選!

【オンライン完結型】最短1ヶ月からの短期集中で学習できる!

テックアカデミー

TechAcademy(テックアカデミー)
業界大手のスクール。学べるコースは20種類以上あるので、あなたの目的にあった言語を学ぶことが可能です。

TechAcademy(テックアカデミー)の[公式サイトへ]


現役エンジニアによる【オンライン&マンツーマン】で効率よく学習!

CodeCamp

CodeCamp(コードキャンプ)
レッスンは365日、朝7時〜23時で受講可能。しかも完全オンラインなので、時間・場所を選ばずに学習できます。

CodeCamp(コードキャンプ)の[公式サイトへ]


【転職で全額キャッシュバック】未経験からRailsエンジニアに!

ポテパンキャンプの公式サイトへ

ポテパンキャンプ
未経験でも本気でWebエンジニアを目指すならココがおすすめ。転職すると全額キャッシュバック!

ポテパンキャンプの[公式サイトへ]


もっと多くの転職エージェントを知りたい方は、IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!【現役エンジニア厳選】という記事をご覧ください。

IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!現役エンジニア厳選

いきなりの転職が不安な方はプログラミングスクールという選択も

いきなり転職活動を開始する前に、「まずはプログラミング言語のスキルを身につけておきたい」。そう考える方には、プログラミングスクールの受講をおすすめします。

未経験・社会人でも安心して学習できるスクール、そして転職付き(転職保証型)のスクールなど、条件や目的によって選ぶ基準も様々だと思います。まずはじっくりと比較して、少しでも気になる教室があれば無料相談・体験会に申し込んでみると良いでしょう。

未経験・社会人、学生におすすめなプログラミングスクールを比較するなら、「プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】」という記事を参考にしてください。

プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】

転職付き(転職保証型)のプログラミングスクールの詳細を知りたいかたは、「【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較7選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!」をご覧いただき、自分の目標や目的にぴったりのスクールを見つけてくださいね。

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較7選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!

[PR]:CCNA合格率95%!未経験から【1ヶ月で合格】できる

-エンジニアの転職
-, , , , , ,

関連記事

“現役エンジニアが解説”40代の機械設計 エンジニアへの転職に 必要な能力や経験とは?

40代の機械設計エンジニアへの転職を【現役エンジニアが解説】必要な能力や経験とは?

今の自分は42歳。これまで自動車関連部品のエンジニアを10年以上してきたけど、他の機械設計にも興味があり転職を考えている。40代を超えても可能だろうか? こういった疑問や不安に、現役の産業機械設計エン …

ビジネススキルのイメージ

自社サービス(インハウス)と受託開発エンジニアの働き方の違いとは?キャリアパスや年収、労働時間の差は?

IT企業未経験で、『受託開発』と『自社サービス』どちらが良いのか分からない・・・ 『受託開発』の会社に勤務しているけど、『自社サービス』の方に転職したい・・・ そもそも『自社サービス』と『受託開発』っ …

ITエンジニアが地方へ転職・フリーランスになる方法やメリット・デメリットとは?

ITエンジニアが地方へ転職・フリーランスになる方法やメリット・デメリットとは?

筆者は、IT企業に勤めて18年目になります。その中で数回転職経験があり、その内の1回は東京から地元石川県の企業に転職しております。 今回は筆者の経験を踏まえて、「ITエンジニアが都会から地方に転職する …

ものづくりエンジニアとは?業務内容や要求されるスキル、転職事情を解説

ものづくりエンジニアとは?業務内容や要求されるスキル、転職事情を解説

本記事では、 ものづくりエンジニアの仕事内容ってどんなだろう? ものづくりエンジニア転職したいけど、どんな業種があるのかな? ものづくりエンジニアに必要なスキルや経験とは? このような疑問にお答します …

未経験・ 学生必見!失敗しないWeb制作会社の選び方!

失敗しないWeb制作会社の選び方【フリーランスエンジニアを目指す未経験・学生必見】

みなさんの中には将来、身につけたプログラミング技術を活かして「フリーランスでお金を稼いでいきたい!」と思っているエンジニア志望の未経験者や学生の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「でも技術が足り …






[PR]
マイナビクリエイター
[PR]
[PR]
ページのトップへ戻る