プログラミング

公開日:2018/11/20|最終更新日:2020/03/25

未経験者ために《JavaScript》でできることや学習方法などを解説します。

今更聞けないJavaScriptって何?

JavaScriptはホームページやWebサービスの見た目を見やすく華やかにするために欠かせないものです。しかし、プログラミングを初めて学ぶ場合、プログラミング言語の違いがわからず、どの言語から触れれば良いかわからない人も少なくありません。そこで、プログラミング言語の中でも特に人気が高いJavaScriptとはどんな言語なのかをまず知りましょう。

フロントエンドとサーバーサイドの違い

プログラミング言語は大きく分けるとフロントエンド言語とサーバーサイド(バックエンド)言語の2種類に分かれます。

JavaScriptとはどんな言語なのかを知る前にまずはフロントエンド言語とサーバーサイド言語の違いを理解する必要があります。フロントエンド言語とはホームページやWebサービスなどの見た目を作る言語のことを言います。HTML・CSS・JavaScriptがこれに分類されます。それに対してサーバーサイド言語はユーザーから見えない部分を作る言語のことを言います。サーバーサイド言語の例としてはJava・PHP・Rubyなどが挙げられます。

何ができるの?

JavaScriptはHTML・CSSで作ったものに動きを持たせる言語です。ホームページを使っていて、端にあるメニューバーをクリックしたらメニューが現れる動きを見たことがあると思います。このアニメーションはJavaScriptで作られています。このようにホームページやアプリケーションをより使いやすくするために欠かせない言語がJavaScriptです。

何で人気なの?

プログラミングを学ぶにあたって最初に学ぶ必要があるのがHTMLです。この言語はホームページやアプリケーションの骨組みとなる言語でありこれが理解できないとJavaScriptやサーバーサイド言語を理解することができません。

HTMLを習得した後に学ぶ人が多いのがCSSです。CSSはホームページの文字の色や大きさなどを決める言語であり、こちらもHTML同様プログラミングを学ぶのであればCSSの知識も必須と言えます。現在ではCSSでもアニメーションを付けるで、実際に使用されているWebサイトなどを多く見る事ができますが、それでもできる範囲は限られてしまいます。そういった理由からも、HTML・CSSを学んだ延長でJavaScriptを学ぶ人が多い傾向があります。

サーバーサイド言語の場合で言うと、1970年代はJava、1990年代~2000年代はPHP・Ruby、そしてここ数年はPythonと言うようにトレンドが変わるので、サーバーサイドエンジニアとして働くには技術のアップデートも必要になります。

それに対してフロントエンドだとJavaScript一択状態なので、「フレームワークに関する知識はアップデートする必要はあっても、仕事で使う言語を変える必要が無い」。こういった点においても人気が高い理由の1つと考えられます。

JavaScriptを勉強するには?

それではJavaScriptを未経験の人や新人エンジニアが学習する場合、どのように勉強すれば良いのでしょうか。それでは、独学の場合とスクールに通う場合の2パターンを見ていきましょう。

独学で勉強するには何が必要?

独学でJavaScriptを学ぶ場合、必要なものは以下の通りです。

  1. パソコン
  2. インターネット環境
  3. 参考書

この3点があれば問題ありません。ただし、パソコンに関してはメモリが8GB以上、ストレージが256GB以上のものを使用するのがおすすめです。ちなみに一般家庭で使われているパソコンだとメモリは2~4GB、ストレージが64~128GBのものが多い傾向があります。プログラミングをするにあたって、JavaScriptだけならメモリ・ストレージがこの程度でも問題ありませんが、フロントエンドだけだとエンジニアとして働くのは難しく、サーバーサイド言語も学ぶべきと言えるでしょう。そこで、サーバーサイド言語の場合、Javaなどプログラミングをするにあたってソフトウェアをインストールする必要があり、一般家庭用のスペックのパソコンだとなかなか難しいので、なるべくメモリ8GB以上、ストレージ256GB以上のパソコンを使いましょう。

また、JavaScriptは特にインストールするソフトウェアはありません。そのため、環境構築に手間取ってしまうなどといった心配は必要ないと言えます。ただし、作業をするにあたってはコードエディタがあった方が圧倒的に作業が捗ります。通常のメモ帳で作業をするのには流石に無理があるので、JavaScriptを学ぶ場合はコードエディタを使ってコードを書くようにします。

コードエディタに関してはBrackets・Atom・Sublimeあたりが知名度も高くおすすめです。これからはそれぞれ使い方や特徴が異なることから、とりあえず3つともインストールしてみて使いやすいものを選ぶのが良いでしょう。

そして参考書に関しては都市部の大きな書店だと種類が豊富ですが、地方だと売られている書籍が限られているのでAmazonなどを使って購入するのがおすすめです。様々な種類がある中でも特におすすめの書籍が以下の通りです。

JavaScriptおすすめ本

スクールはどこがおすすめ?

JavaScriptが学べるスクールには様々なものがあります。未経験の人を対象とした無料のスクールでプログラミングを学ぶことを考えている人もいるでしょうが、そのようなスクールはサーバーサイドエンジニアを育てることを目的としており、カリキュラムにJavaScriptが含まれていても、しっかりJavaScriptを学ぶのは難しいです。したがって、スクールでJavaScriptを学ぶなら基本的には有料のスクールを選びましょう。

JavaScriptに強いスクール
  • CodeCamp
    CodeCampならテレビ通話ができる状態であればどこでもレッスンを受けることができるオンライン学習タイプのスクールなので忙しい社会人でも利用しやすいでしょう。CodeCampでJavaScriptを学ぶ場合におすすめのコースは「WEBデザインマスターコース」です。このコースではJavaScriptだけでなくPhotoshopやIllustratorも学べるので、WEBデザイナーとして必要な基礎が身に着きます。
    プログラミングのオンラインスクールのCodeCamp
  • デジタルハリウッド STUDIO by LIG
    スクーリングでJavaScriptを学びたいならデジタルハリウッドがおすすめです。池袋・上野校で開講しているので東京都近郊に住んでいないと通うのが難しいですが、就職・転職サポートが付いており、未経験の人でも良い条件の職場に出会いやすいというメリットがあります。
    Web制作会社LIGが運営するWebデザインスクール【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】

JavaScriptで活躍できる仕事とは?

それでは、JavaScriptではどんな仕事ができるのでしょうか。

どういった職種に就ける?

JavaScriptのスキルを身に着けて目指せる仕事は以下の通りです。

  • WEBデザイナー
  • フロントエンドエンジニア

WEBデザイナー

その名の通りWebサイトやアプリケーションのデザインを担当します。JavaScript以外にはPhotoshopやIllustratorに関するスキルも求められるので、WEBデザイナーを目指すならこれらのスキルも身に着ける必要があります。

フロントエンドエンジニア

WEBデザインにおいてコードを書くことに特化した仕事がフロントエンドエンジニアです。ひたすらJavaScriptやJavaScriptのフレームワークを使ってより使いやすいWebサービスを作る仕事なので、JavaScriptのエキスパートを目指したいならフロントエンドエンジニアがおすすめです。

実務経験無しでも転職出来る?

実務経験が一切無い状態でもWEBデザイナーなら目指せる可能性があります。ただ、WEBデザイナーの場合はJavaScriptのスキルよりも、デザインに関する知識やセンス、またPhotoshop/Illustratorスキルが求められます。

PhotoshopやIllustratorは独学でも十分スキルを磨くことができるので、自分で経験を積み、SNSなどに制作物をアップロードして評価してもらうことで実績を積みましょう。JavaScriptに関してはその次ではありますが、WEBデザイナーでプログラミングができる人材は少ないことからJavaScriptのスキルがあれば実務経験が無くても採用してもらえる可能性は高くります。

その反面、フロントエンドエンジニアに関しては、基本的に実務経験が一切無い状態から目指すのは難しいと考えておくほうが良いでしょう。フロントエンドエンジニアを目指す場合、まずはHTMLコーダーと言われるHTML・CSSを書く仕事からキャリアアップするのが一般的です。HTMLコーダーの仕事は正社員とあわせ、アルバイト雇用としての求人も出している企業も多いので、まずはアルバイトとして経験を積むのも選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

《Web業界》の新人エンジニアがまず身に付けたい7つの事〜未経験者に必要なスキルや知識とは?

フリーランスのフロントエンドエンジニアの働き方や報酬、将来性などを解説!未経験者や女性、副業の方も必見!

JavaScriptの今後は?

先ほど解説した通り、フロントエンド言語は現段階でHTML・CSS・JavaScriptの3つのみであり、その中でも難易度が高いJavaScriptのスキルは今後も重宝されると言えます。そのため、JavaScriptで仕事を得ることができれば今後フロントエンドエンジニアとして仕事に困らない可能性の方が高くなります。

しかし、近年サーバーサイド側にJavaScriptを書くことができる”Node.js”の需要が高くなってきています。そのため、JavaScriptを専門とするエンジニアとして働きたいならNode.jsを習得することでより需要のあるエンジニアを目指せるでしょう。

-プログラミング
-

関連記事

初心者向け Go の基礎知識

プログラミング初心者向け「Go」の基礎知識!未経験からの勉強方法や就職・転職事情も解説します。

Go言語(golang)とは、2009年に Google が開発した比較的新しいプログラミング言語です。オープンソースであることや、あの Google が開発し実際に使用していることから瞬く間に信頼と …

Vue.jsのイメージ画像

プログラミング初心者におすすめなフレームワーク「Vue.js」の基礎知識!

皆さんはVue.jsというフレームワークをご存知でしょうか。 Vue.jsはフロントエンジニアの界隈で人気急上昇中のJavaScriptフレームワークの1つです。 未経験者ために《JavaScript …

Ruby on Railsのイメージ画像

プログラミング初心者にオススメな「Ruby on Rails」の学習方法などをわかりやすく解説します!

目次1 Ruby on Railsとは2 なぜ「Ruby on Rails」はプログラミング初心者に向いているのか3 RubyのフレームワークであるRuby on Railsでは何ができるのか4 Ru …

Ruby(プログラミング言語)のイメージ

Rubyとは?その魅力や学習方法、将来性などを[プログラミング初心者]にもわかりやすく解説!

目次1 Rubyって何?2 Rubyが使われている身近なサービス例3 Rubyを勉強するには?3.1 効率的に勉強する方法3.2 独学で勉強する方法4 Rubyを体験してみよう !4.1 環境構築4. …

pythonのロゴイメージ

今注目の言語!Pythonを徹底分析!!魅力や学習方法、将来性などを初心者にもわかりやすく詳しく解説します

今からプログラミングを始めようと考えられているあなた。一口にプログラミングと言っても実に様々な言語がありますが、今最も注目されている言語はなんだと思いますか? 正解は、今回紹介するPythonです。 …

転ストおすすめの転職エージェント

IT/WEB業界に強くとにかく内定率が高い!
《レバテックキャリアの公式サイト》

レバテックキャリア

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる
《マイナビエージェント×ITの公式サイト》

マイナビエージェント×IT

豊富な非公開求人と業界を熟知した担当者が転職を強力にサポート
《ワークポートの公式サイト》

ワークポート

圧倒的な求人数の多さで転職先の幅が広がる
《リクルートエージェントの公式サイト》

【リクルートエージェント】

過去のデータを生かしたマッチングで自分に合った転職先が見つかる
《ギークリーの公式サイト》

ギークリー

ページのトップへ戻る