エンジニアの転職

ネットワークエンジニアになりたい方におすすめの資格とは?メリットや難易度についても!

投稿日:

ネットワークエンジニアになりたい方におすすめの資格とは?メリットや難易度についても!

未経験でありながらネットワークエンジニアに興味を持ったり、お仕事の幅を広げるためにネットワークエンジニアに興味を持ったりという方は、たくさんいらっしゃるでしょう。その中には、ネットワークエンジニアとしての就職や転職を考えている方もきっと大勢いらっしゃるでしょう。

また、「どんな資格を取得すれば良いの?」と悩む方もいらっしゃるでしょう。
このような悩みや夢を持っていたら、すこしでも早く解消・実現をさせたいですよね。

そこで当記事では、IT業界で働いておりCCNAとITILを取得している筆者が下記の通りの内容を解説していきます。

  • 資格を取得することによるメリット
  • おすすめの資格一覧

当記事を読んで、ネットワークエンジニアになるための就職や転職・キャリアアップについて抱えている悩みを解決させましょう。

資格を取得することによるメリット

資格を取得することによるメリット

当記事で紹介する資格を取得することによるメリットは、下記の通りです。

  • ネットワークエンジニアの基本的なスキルがそなわっていることの証明になる
  • 就職や転職に有利に働く
  • 給与増加

つまり、勉強に対して努力した分が何かしらの形で自分に返ってくることになります。

このようなメリットがあるということを認識したうえで、資格試験の勉強に取り組むと、モチベーションのアップにつながります。

おすすめの資格一覧

おすすめの資格一覧

ネットワークエンジニアの間では有名かつ取得しておきたい、かつ、知っておきたい6つの資格について解説していきます。

具体的には、下記の通りです。

  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • LinuC
  • CCNA
  • ITIL

上記の資格についてはご存じでしょうか?
「これは聞いたことある」「初めて聞いた」等、色々なことを思い浮かべるでしょう。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験

『基本情報技術者試験』はエンジニアにとって最初に目指すべきともいえる国家資格です。

基礎理論やコンピュータシステム、技術要素、開発技術、プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント等といったように試験の出題範囲が広く、基礎的な知識が幅広く求められます。

ネットワークエンジニアだけでなく、開発エンジニアを含むITエンジニアにとっての登竜門ともいえる資格です。

「午前」「午後」の二部構成になっている試験として有名です。

「基本情報」と略されて呼ばれることもある試験です。



基本情報技術者のおすすめ学習サイト
《基本情報技術者試験の解説サイト》 基本情報技術者試験ドットコム

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験

『応用情報技術者試験』は、基本情報技術者の次に挑戦することが多い上位の資格試験です。

基本情報技術者試験では基本的な知識が問われますが、応用情報技術者試験ではシステムの設計・構築においての応用力が問われる傾向があります。

この応用情報技術者試験の勉強をすることで、ITについての知識をかなり広く深く得ることが可能です。

また、ネットワークエンジニアのみならず、ITコンサルタントやITシステム関連の技術営業職、運用・保守エンジニアや社内SE等の職種を目指す上でも勉強するのに適した資格です。

社内SEになるには?仕事内容と取るべき【資格】を現役エンジニアが解説します。

午前試験の出題範囲は、基本情報技術者試験と同じですが、内容は更に難化したものが出題されます。

午前については過去問からの再出題もありますが、暗記しながらではなく理解しながら勉強しましょう。それは、午後試験の内容の理解度アップにもつながります

更に、午後試験は記述式で解答する必要があるため、日頃から文章をまとめる練習(参考賞に書かれてある説明を要約する練習等)をしておきましょう。

この試験は、「応用情報」と略されて呼ばれることもある試験です。



応用情報技術者のおすすめ学習サイト
《応用情報技術者試験の解説サイト》 応用情報技術者試験ドットコム

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験

『ネットワークスペシャリスト試験』は、情報処理技術者試験の中で最も難しい国家資格です。そしてこの資格は、受験した人に対する合格者の割合である「合格率」がとても低い難関資格です。

特に受験資格が決まっているわけではありませんが、以下のように順を追って受験していくのが良いでしょう。

  1. 基本情報技術者試験
  2. 応用情報技術者試験
  3. ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークエンジニアとして求められる設計開発のスキルやネットワーク管理者としての能力が問われます。

現場での実務経験で得た結果が問われるネットワーク知識の問題のみならず、論述形式の問題もあります。

基本情報技術者試験や応用情報技術者試験を取得するよりも、キャリアアップにつながりやすい資格であるといえます。

「ネスぺ」と略されて呼ばれることもある試験です。

未経験向け!インフラエンジニアへの転職に必要なスキルや知識、将来性について解説!

LinuC

LinuC

『LinuC(リナック)』は、LPI-JAPANが提供しているLinuxについての技術者認定資格であり、レベル1からレベル3までの3段階に分かれているのが特徴です。

サーバー構築・運用・保守に求められるLinuxについての技術や知識が問われる資格です。また、他にも、仮想化技術であるクラウドやオープンソースについてのリテラシー、アーキテクチャの基礎的理解なども問われます。

LinuCレベル2まで取得しておいたら、クラウドにおいても即戦力であるという証明になると言えるでしょう。

「クラウド」とは、インターネット等のネットワーク経由でユーザにサービスを提供する形態のことを意味します。

AWS学習におすすめのプログラミングスクール3選!稼げるクラウドエンジニアを目指す!

CCNA

CCNA

『CCNA(Cisco Certified Network Associate)』は、米国シスコシステムズが主催するシスコ技術者認定資格のうち、初級(アソシエイト)レベルに位置付けられる資格です。

CCNAは『基礎的なネットワークの技能力を認定する資格』になっています。また、ネットワークに関する基礎知識が求められる資格でもあります。

実施しているシスコシステムズは、IT業界で最大手のネットワーク関連機器メーカーですので、シスコシステムズのネットワーク機器を使っている企業は多くあります。

ネットワーク業界では、CCNA取得によって技術者としての実力を証明できるため、取得者が多い傾向があります。

ネットワークエンジニア・インフラエンジニアへキャリアアップしたい場合や転職をしたい方もいるでしょう。

CCNAを取得することにより、未経験でも即戦力で働けることのアピールが可能です。

無料で資格を取得できるスクールあり!
インフラエンジニアを目指せるIT/プログラミングスクールを比較するなら、「【無料あり】インフラエンジニアを目指せるおすすめIT/プログラミングスクール5選!」という記事を参考にしてください。無料で受講できるスクールや転職や副業に強いスクールなど、目的に合わせて比較できます!

【無料あり】インフラエンジニアを目指せるおすすめIT/プログラミングスクール5選!

転職プロに無料相談して、
理想のキャリアを明確にする!
インフラエンジニア転職を最短で決めるために利用すべき転職サイト・エージェントを比較するなら、「インフラエンジニア向けおすすめ転職サイト・転職エージェント11選!」という記事をご覧ください。好条件の求人を多数保有した転職サイトを詳しく比較することができます。未経験OKの求人を扱う転職エージェントもご紹介しているので、駆け出しエンジニアにもおすすめです!

インフラエンジニア向けおすすめ転職サイト・転職エージェント11選!

ITIL

ITIL

『ITIL』とは、英国の政府機関から出版されたITシステム運用管理のための枠組みを指します。Information Technology Infrastructure Libraryを略したのがITILで、「アイティル」と読みます。

『ITIL』(ITIL Foundation)は、ITサービスマネジメントについての知識を証明できる世界共通のITIL入門認定資格です。過去に何度か試験の改定を経て、シラバスの内容が変更され、2018年3月現在の試験内容は、ITIL(2011年版)となっています。

ITILを採用したシステム運用業務をする企業が増えています。

数あるIT資格試験の中でも、ITエンジニア、とりわけSEやインフラエンジニア、もちろん、ネットワークエンジニアの間でもよく耳にする資格となっています。

まとめ|ネットワークエンジニアになりたい方におすすめの資格

まとめ

当記事でお伝えした内容をもう一度おさらいしておきます。

資格を取得するとどのようなメリットがあるのか、それは、下記の通りです。

  • ネットワークエンジニアの基本的なスキルが備わっていることの証明になる
  • 就職や転職に有利に働く
  • 給与増加

ネットワークエンジニアの間では有名かつ取得しておきたい、かつ、知っておきたい6つの資格について解説しました。

具体的には、下記の通りです。

  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • LinuC
  • CCNA
  • ITIL

「ネットワークエンジニアになりたい」という目的を持っている方は、その夢を達成するために求められているものや目的や自身のスキルに応じた勉強が必要です。

当記事でお伝えした内容が、資格の勉強の参考になれば幸いです。

もう一度「ネットワークエンジニアになりたい方におすすめの資格とは?メリットや難易度についても!」を読む ↑

インフラエンジニアに必要なスキル・知識を【無料】で学べるスクール3選!

20代未経験からのITエンジニア転職を【完全無料】でサポート!

ネットビジョンアカデミーの公式サイト

ネットビジョンアカデミー
資格(CCNA)も取得しながら、最短2ヶ月でITエンジニアへの転職を実現しています

ネットビジョンアカデミーの[公式サイトへ]

初心者からでも最短22日、しかも【無料】でITエンジニアになれる!

GEEK JOBの公式サイト

GEEK JOB スピード転職コース
短い期間の学習でいち早く転職するならここ。インフラスキルを広範囲で取得できます

GEEK JOB スピード転職コースの[公式サイトへ]


もっと多くのインフラエンジニアを目指せるIT/プログラミングスクールを比較するなら、「【無料あり】インフラエンジニアを目指せるおすすめIT/プログラミングスクール5選!」という記事を参考にしてください。無料で受講できるスクールや転職や副業に強いスクールなど、目的に合わせて比較できます!

【無料あり】インフラエンジニアを目指せるおすすめIT/プログラミングスクール5選!

未経験の転職を在職中からすべき理由

未経験から転職活動は、毎月の給料が保証されている在職中から始めるのがおすすめ。退職後でお金に余裕もないと、焦ることで判断が鈍り『ミスマッチ』を起こしかねません。

まずは、在職中から転職エージェントに複数登録しておき、初回の無料カウンセリングだけでもしておきましょう。あとはキャリアアドバイザーが応募者の状況に応じた求人案件の紹介や、面接の日程調整や給与年収交渉などを行なってくれるのでとても便利です。

エンジニアが《早く転職を決める》為に転職エージェント利用時に注意すべき点とは?


新しい一歩を踏み出す方へ。

インフラエンジニアの転職に強い転職サイト3選!

専門用語が通じるIT/Web系に強いエージェント。徹底した企業研究で面接通過率が高い!

レバテックキャリアの公式サイト

レバテックキャリア
面接対策やポートフォリオへの技術的なアドバイスもあり。専門的な知識が深いからマッチング率が高い!

レバテックキャリアの[公式サイトへ]

年収500万円以上の紹介企業100%!

TechClipsエージェントの公式サイトへ

TechClipsエージェント
ITエンジニア専門で高年収・高待遇に特化したエージェント。現役エンジニアによるキャリアサポートに定評あり。

TechClipsエージェントの[公式サイトへ]

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる!

マイナビIT AGENT 公式サイト

マイナビIT AGENT
ベンチャー・スタートアップ系求人を多数保有。特に20代・第二新卒へのサポートには定評あり。

マイナビIT AGENTの[公式サイトへ]

もっと多くのインフラエンジニアの転職におすすめの転職エージェント・転職サイトを比較するなら、「インフラエンジニア向けおすすめ転職サイト・転職エージェント11選!」という記事をご覧ください。好条件の求人を多数保有した転職サイトを詳しく比較することができます。未経験OKの求人を扱う転職エージェントもご紹介しているので、駆け出しエンジニアにもおすすめです!

インフラエンジニア向けおすすめ転職サイト・転職エージェント11選!

[PR]:1ヶ月という短期間で、未経験からITエンジニアを目指す!

CCNAを1ヶ月で取得して安定の「インフラエンジニア」に。

-エンジニアの転職
-, , , , , , , ,

関連記事

財布のイメージ

システムエンジニアの給料っていくらくらい?女性は活躍できる?

目次1 「専門職」としての給料2 海外から見た日本のエンジニア3 女性も働きやすい職種4 女性エンジニアの転職におすすめな転職サイト・転職エージェント5 いきなりの転職が不安な方はプログラミングスクー …

3つのポイントで解説!エンジニアが勉強会に参加する意味とは?

エンジニアが勉強会に参加する意味とは?メリットや価値など3つのポイントで解説!

エンジニアとして働いていると周りから仕事終わりや土日に勉強会のお誘いなどの声がかかることがあります。 ITエンジニアの中ではエンジニア同士の間で行う勉強会が存在します。勉強会と一言で言っても中身は様々 …

入社1年目や新人エンジニアにおすすめのIT資格4つ←初心者必見!

入社1年目や新人エンジニアにおすすめのIT資格4つ←初心者必見!

こんにちは。文系新卒2年目 現役SEのYumeです。 受託系SIerでPython案件に携わっています。 IT系の資格はたくさんありますよね。また、プログラマやエンジニアには資格はいらない!と仰る方も …

現役エンジニアが解説!未経験でも機械設計に挑戦しやすい理由とは?

現役エンジニアが解説!未経験でも機械設計に挑戦しやすい理由とは?

自動車、電車、航空機といった大きなものから、家電のような家庭にあるものまで、全ての工業製品は誰かの設計によって作られています。さらにはその製品を作るマシン、ラインもまた、設計士が設計したものです。機械 …

【2020年版】フロントエンドエンジニアにアンケート!あなたが今年買って良かった《技術書》を教えてください

2020年版!フロントエンドエンジニアが買って良かった技術本とは?―アンケート企画

フロントエンドを独学で勉強したい 現役エンジニアおすすめの技術書とは? どのような基準で選んだら良いのかな このような方に向けた記事です。 本記事のテーマ 《2020年版》現役のフロントエンドエンジニ …

[PR]:
お得なキャンペーン中!!

転ストの中の人

  • 運営者のstaff H
  • 運営者のstaff M

エンジニア歴15年のstaffHとWebデザイナー・ディレクター歴20年のstaffMの2名が中心となりこのサイトを運営しています。転職/就職やフリーランスへの転向、未経験からのプログラミング学習など、これから”新しい一歩を踏み出そうとしている、エンジニア・クリエイター”に役立つ情報を発信しています。

プロフィール詳細 / Twitter
[PR]:





[PR]:
ページのトップへ戻る