プログラミング

初心者向け【AWS入門】使い方やできること。転職事情や将来性についても解説!

更新日: ※本記事は[プロモーション]が含まれています

初心者向け【AWS入門編】使い方やできること。転職事情や将来性についても解説!

AWSとはAmazon Web Servicesの略で、皆さんがご存じの大手通販サイトを運営しているAmazonが提供しているクラウドコンピューティングサービスです。そもそもクラウドコンピューティングを知らない方向けに説明しますと、インターネットを介して、サーバー、ストレージ、データベースなどの様々なサービスを利用することを指します。自分のパソコン1台で複数のサーバーを構築したり、データベースを作成したりと大変便利なサービスになっています。

本記事では現役エンジニアである筆者が未経験から学ぶ【AWS入門】として解説していきます。ぜひ最後までお読み頂き、AWS学習のきっかけにお役立てください。

AWSのメリット

AWSのメリット

具体的に従来の物理サーバーと何が変わったのか、比較してみます。

AWSが登場する前までは、「オンプレミス」といった、会社の中に物理サーバーを設置して利用することが一般的でした。

自社にサーバー機器が置いてあるため管理がしやすいといったメリットもありますが、サーバー機器を準備するためにはサーバーのほかにスイッチングハブやルーターといったネットワーク機器、インターネット回線、ストレージなどの機器が必要になってきます。それから設置する場所の確保や実際にサーバーが使えるようになるまで時間がかかってしまうなどの沢山のデメリットが存在します。

AWSでは先程のデメリットを全てカバーすることが出来ます。分かりやすいようにAWSの中の「EC2(Elastic Compute Cloud)」という、仮想サーバーを作成できるサービスを例にして説明します。

まずサービスを利用するには、初回利用時にアカウントを作成します。

そこからEC2サービスを選択し、説明に従ってOS、ストレージ、CPUなどを自身で設定することでサーバーを構築することが出来ます。なれてしまえば、最速で5分ほどでサーバーを構築することが出来てしまいます。

更に、サーバーの作り直しなども手軽にできるので、自分で色々なサーバーを作成して試したりとインフラの学習にも非常に便利です。

未経験向け!インフラエンジニアへの転職に必要なスキルや知識、将来性について解説!

他にも、AWS側が常にサーバーを最新の状態に保ってくれますし、世界トップレベルの技術で管理してくれるので、セキュリティ面に関しても安全であることやサービスを必要な時に必要な分だけ利用するいとった柔軟な対応ができることが魅力的です。

AWSのデメリット

AWSのデメリット

ここまでは、AWSのいいところだけを紹介しましたので、デメリットについても説明いたします。

AWSのデメリットとしましては、Amazonにデータを預ける形になるので、プライバシーなどの問題が発生することがある可能性が出てきてしまいます。

また、サーバーの物理距離によってはアクセス時間が長くなってしまうことがあります。この点においては改善する為のサービスもあるので使い慣れれば気にならなくなると思いますが、初期設定のまま使えないといった点では手間が増えてしまうことになってしまいます。

将来性は?

自社で開発したサーバーではないため、これらのAWS側のトラブルの対応が困難という点がデメリットとなってしまいますが、そういったデメリットがありながらも、クラウド市場の3割のシェアを誇っていて、他のクラウドサービスとの大きな差をつけてトップを走っているAWSはこれから更に伸びてくるのは間違いないでしょう。

AWSの需要や転職事情について

AWSの需要については私自身、企業からの案件などでも、オンプレミスからAWSへの移行の依頼があったり、AWSを使ったサーバー構築の案件などが確実に増加してきていると感じています。面談などでもAWSを使った経験があるか、資格を持っているかを聞かれることもあったので勉強しておいて損はないと思います。

クレジットカードさえあれば登録ができますし、なんと最初の1年間無料でサービスを利用することが出来ます。手軽に始めることが出来るので、実際にサーバーを構築したり、複数台サーバーを構築するといった実践的な事が自宅で行えるので是非利用してスキルアップを目指してみてください。

また、これからIT業界に挑戦する方や、転職を考えている方にとってその経験は自分の強みになりますし、自分で作ったポートフォリオをAWSにデプロイしてみたりすれば、企業からもインフラの知識も兼ね備えた人材として見てもらうことができます。

昨今では、求められるポートフォリオのクオリティも高くなってきていますので、他のエンジニアより付加価値をつけることで差別化を図れるでしょう。

転職に差がつくポートフォリオの作り方を未経験エンジニア向けに解説【参考・例あり】

AWS未経験向け【入門】まとめ

最後にまとめますと

メリット

  • 最速5分でサーバー構築をすることが出来る
  • サーバーの更新などの管理が不要
  • AWSが最新技術で管理してくれるのでセキュリティ面でも安心
  • 従量課金制だからコスト削減

デメリット

  • データをAWSに預けることになるのでプライバシーの問題が発生
  • 物理サーバーの距離によってアクセス時間が変わる
  • AWS側でトラブルが起きた際は、対応が困難

将来的には、オンプレミスはなくなり、クラウドサービスが主流になっていくことが予想されます。既にIT業界では、AWSなどのクラウドサービスは常識となってきていますし、興味がなくても名前だけは聞いたことがあるって人がたくさんいます。

また、何度も言いますがノーリスクで学習を始められ、最新技術に触れることが出来るというのが非常に大きなメリットとなりますので、是非AWSで自分の市場価値を上げてみてはいかがでしょうか。

もう一度「初心者向け【AWS入門】使い方やできること。転職事情や将来性についても解説!」を読む ↑

AWSやインフラ系スキルを習得できるプログラミングスクール

AWSを学べるプログラミングスクール【未経験OK】

AWSエンジニア・クラウドエンジニアを『最短』で目指せるおすすめプログラミングスクールを比較するなら、以下の記事を参考にしてください。現役エンジニアによる指導や挫折しないカリキュラムが組まれたスクールばかりですので、未経験の方でも安心してやり遂げることができますよ!

AWS学習におすすめのプログラミングスクール3選!稼げるクラウドエンジニアを目指す!

インフラ・ネットワークを【無料】で学ぶならここ!

20代未経験からのITエンジニア転職を【完全無料】でサポート!

ネットビジョンアカデミーの公式サイト

ネットビジョンアカデミー
資格(CCNA)も取得しながら、最短2ヶ月でITエンジニアへの転職を実現しています

ネットビジョンアカデミーの[公式サイトへ]


初心者からでも最短22日、しかも【無料】でITエンジニアになれる!

GEEK JOBの公式サイト

GEEK JOB スピード転職コース
短い期間の学習でいち早く転職するならここ。インフラスキルを広範囲で取得できます

GEEK JOB スピード転職コースの[公式サイトへ]

もっと多くのインフラエンジニアを目指せるIT/プログラミングスクールを比較するなら、「【無料あり】インフラエンジニアを目指せるおすすめIT/プログラミングスクール7選!」という記事を参考にしてください。無料で受講できるスクールや転職や副業に強いスクールなど、目的に合わせて比較できます!

【無料あり】インフラエンジニアを目指せるおすすめIT/プログラミングスクール5選!


AWSエンジニア(クラウドエンジニア)転職におすすめの転職サイト・エージェント

AWSのスキルを活かしたエンジニア転職におすすめな転職サイトを比較するなら、「インフラエンジニア向け転職サイトおすすめ11選【未経験OKあり】
」という記事がおすすめです。活かせるスキル・言語や業種など、自分の目的や条件にあった”理想の職場探し”にお役立てください。

大手エージェントdodaが公開した情報によると、2024年上半期のITエンジニアの転職市場は引き続き好調と予想されています。アプリケーションエンジニアですと、業務効率化や自動化などのDX推進に伴い、引き続き高い求人ニーズが続く見込みです。インフラエンジニアですと、SIer、SESなどでの求人ニーズが高まり、特にセキュリティー・クラウド関連のスキルを保有したエンジニアの需要が増加傾向にあります。アプリケーションエンジニアの転職では、ERP/クラウド/CRMの導入経験や知見、Java/Python/PHPの開発経験、アジャイル開発やDB設計経験などが評価されやすく、インフラエンジニアの転職では、LPIC2~3/LinuC2~3、CCNP、AWS認定資格、IPA関連資格などの資格・経験が評価されやすいです。なお、未経験者の採用については、2022年・2023年と比べると少しづつ落ち着いてきていますが、引き続き積極採用をしている企業も多いため、まだまだチャンスは見込めるでしょう。最短かつ確実に内定を勝ち取るためにも、自身の『棚卸し』はプロである転職エージェントを積極的に活用しましょう! ※引用:https://doda.jp/guide/market/001.html

インフラエンジニア向けおすすめ転職サイト・転職エージェント11選!

AWS以外のスキル・言語を学べるスクールを比較するなら

もっと多くのプログラミングスクールの中から比較したいという方は、「おすすめプログラミングスクール比較11選!社会人・未経験の転職・就職にも有利!」という記事を参考にしてください。

おすすめプログラミングスクール比較11選!社会人・未経験の転職・就職にも有利!

転職付き(転職保証型)のプログラミングスクールの詳細を知りたいかたは、「【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの就職に強い!」をご覧いただき、自分の目標や目的にぴったりのスクールを見つけてくださいね。

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの就職に強い!

-プログラミング
-, , , , ,

関連記事

【初心者必読】Python初心者の人でも作れるものをご紹介!

【初心者向け】Pythonで作れるものや出来ることを徹底解説+スクールの紹介も!

ロゴ画像:公式サイトより https://www.python.org/community/logos/ 近年では機械学習や業務の自動化・効率化といったホットなワードによってIT業界ではPythonが …

Pythonで自動化ツールを作れば効率化できることまとめ【未経験者必見!】

Pythonで自動化ツールを作れば効率化できることまとめ【未経験者必見!】

ロゴ画像:公式サイトより https://www.python.org/community/logos/ Pythonを使えば自動化ツールを作ることができ、業務の効率化が可能という紹介文はめずらしくあ …

未経験者がPythonでスクレイピングを始める前に知っておくべき内容まとめ

未経験者がPythonでスクレイピングを始める前に知っておくべき内容まとめ

ロゴ画像:公式サイトより https://www.python.org/community/logos/ Pythonを学習し始めた矢先、スクレイピングなる存在を知ったそこのあなた。奇遇ですね。筆者も …

R言語の基礎知識

R言語の特徴から学習方法、実際の仕事との関係までをわかりやすく解説!

ロゴ画像:R言語公式サイトより https://www.r-project.org/logo/ 本記事は、これからR言語の学習を始めようとしている方や、「そもそもR言語とは?」「R言語でできることって …

【初心者向け】Unityって何?できることやメリット・デメリットについて解説!

初心者向け『Unity基礎知識』できることやメリット・デメリット+おすすめスクールを解説!

ロゴ画像:Unity公式サイトより https://unity.com/ja/brand 本記事では、 Unityって何? Unityでどんな事ができるの? Unityを使うメリットを知りたいな この …

[PR]:
お得なキャンペーン中!!

転ストの中の人

  • 運営者のstaff H
  • 運営者のstaff M

エンジニア歴15年のstaffHとWebデザイナー・ディレクター歴20年のstaffMの2名が中心となりこのサイトを運営しています。転職/就職やフリーランスへの転向、未経験からのプログラミング学習など、これから”新しい一歩を踏み出そうとしている、エンジニア・クリエイター”に役立つ情報を発信しています。

プロフィール詳細 / Twitter
[PR]: