エンジニアの転職

エンジニアに必要なコミュニケーション能力とは?苦手意識を無くせる方法を解説!

更新日: ※本記事は[プロモーション]が含まれています

エンジニアに必要なコミュニケーション能力とは?苦手意識を無くせる方法を解説!

こんにちは!本記事を見ていただきありがとうございます!

今回は、エンジニアという職業におけるコミュニケーション能力の重要性を紹介したいと思います。

私はSESで働くネットワークエンジニアです。

SESという職業柄、様々な現場を経験しています。その中で、私がエンジニアにとって最も必要だと感じる能力が「コミュニケーション能力」でした。

技術力や専門的な知識ではなく、なぜコミュニケーション能力なのか、わかりやすく説明いたします!

ぜひ最後まで見てください!

スキルアップにおすすめのプログラミングスクール【3選】

DMM WEBCAMP 学習コース(旧:SKILLS)
DMM WEBCAMP 学習コース
TechAcademy(テックアカデミー)の公式サイト
TechAcademy
COACHTECH(コーチテック)の公式サイトへ
COACHTECH(コーチテック)
高い継続率を誇るオリジナルカリキュラム!転職・副業サポートが充実!メンターは【全員が現役エンジニア!】コスパも良いので迷ったらここフリーランスエンジニア特化!オーダーメイドカリキュラムで挫折しない
169,800円(税込)〜174,900円(税込)〜440,000円(税込)〜
転職/副業サポートあり転職支援サービスあり案件保証サービスあり
→ 無料相談→ 無料体験→ 無料カウンセリング

最短でエンジニアスキルを習得する!
もっと多くのプログラミングスクールの中から比較したいという方は、「おすすめプログラミングスクール比較11選!社会人・未経験の転職・就職にも有利!」という記事を参考にしてください。

おすすめプログラミングスクール比較11選!社会人・未経験の転職・就職にも有利!

なぜエンジニアにコミュニケーション能力が必要なのか?

なぜエンジニアにコミュニケーション能力が必要なのか?

コミュニケーション能力が必要な理由は以下の3つです。

  1. 複雑なシステムを取り扱うため
  2. 個人ではなく、チームで動くから
  3. 仕事相手は「システム」ではなく「人」だから

それぞれ詳しく解説していきます。

複雑なシステムを取り扱うため

エンジニアが取り扱うのは、複雑なシステムです。膨大なコードのプログラムや、機器が幾重にも重なったネットワークを構築しています。

このようなシステムを取り扱うため、コミュニケーション不足で言葉のすれ違いや、小さな認識違いが起きてしまえば、大規模な問題を発生させてしまう原因となるのです。

個人ではなく、チームで動くから

ITの現場では、ほとんどの場合チームで業務を行います。

一人で黙々とタスクをこなすのではなく、全員で成果を出すことが求められるのです。だからこそ、チーム内の連携を円滑にするためには、積極的なコミュニケーションが重要なのです。

仕事相手は「システム」ではなく「人」だから

よく勘違いされるのですが、エンジニアの仕事相手は機械ではありません。

使う道具は「PC」で、作り上げるのは「システム」でも、お客様は「人」なのです。当然のことなのですが、技術力や知識ばかりが先行し、「人」を意識しないエンジニアは少なくありません。

誰のための仕事なのか、それを大切にしなければ良い仕事はできないのです。

求められているコミュニケーション能力とは?

求められているコミュニケーション能力とは?

コミュニケーションと一口に言っても、多くの要素で構成されています。その中でも、エンジニアが持つべき代表的な能力は以下の通りです。

  • 説明力
  • 傾聴力
  • 文章力

説明力

複雑なシステムを取り扱うエンジニアは、そのシステムを説明する場面があります。定例会議の場や、お客様へのプレゼン、新人教育などです。そのため、エンジニアには、わかりやすく理解しやすい説明をする力が求められます。

論理だけではなく、聞いている人に納得してもらえるような説明力が必要です。

エンジニアに説明力が必要な理由と高める方法を4つのステップで解説【未経験必見】

傾聴力

相手の意図を汲み取るためには、しっかりと傾聴することが必要不可欠です。

表面的な話だけではなく、相手の本質的な部分を聞き出すコミュニケーションは、的確に相手の需要を把握できます。認識違いによるやり直しや、方向修正を避けるためにも、傾聴は重要な能力なのです。

文章力

ITの現場の細かいやり取りは、文章がメインです。

会話は互いの時間を多く消費するため、基本的にメールやチャットで情報を共有します。だからこそ、わかりにくい文章は読解に時間がかかるため、本末転倒なのです。また、報告書や会議の議事録など、わかりやすい文章作成が求められる場面は多数存在します。

結論や要件を第一に伝えるような、相手への配慮ができる文章力はエンジニアに必須です。

コミュニケーション能力で得られるメリットとは?

コミュニケーション能力で得られるメリットとは?

コミュニケーション能力を高めることで、非常に多くのメリットが得られます。

今回はその中でも、私が特に大きなメリットだと感じているものを3つ紹介いたします。

  • 信頼関係
  • 生産性
  • 仕事の楽しさ

信頼関係

良いコミュニケーションは、相手との信頼関係の構築に繋がります。

業務を円滑に進めるためには、一緒に仕事をするメンバーとの関係性が大切です。相手が何を考えているのか、どの仕事を進めているのかを把握できないような関係では、良い仕事は絶対にできません。

生産性

ITはチームで動くため、コミュニケーションは仕事の生産性向上に大きく関係します。

職場の雰囲気を良くすることは、質問や相談しやすい環境を作ることとなり、生産的に仕事を進められます。逆に、暗く話しかけにくい職場では、認識違いなどの問題が発生しやすい状況となってしまうのです。

仕事の楽しさ

積極的にコミュニケーションをとることで、仕事は楽しいものとなります。

周囲の仲間と助け合い、頼られながら仕事をする職場は、人生を豊かにしてくれます。一つの目標に向かって、チームで仕事を進める経験は、かけがえのない時間だと感じるでしょう。

まとめ

最後まで見ていただきありがとうございました!

改めて、本記事で紹介した内容をまとめていきます。

まず、エンジニアにコミュニケーション能力が必要な理由として、

  • 複雑なシステムを取り扱うため
  • 個人ではなく、チームで動くから
  • 仕事相手は「システム」ではなく「人」だから

の3つを紹介しました。

次に、コミュニケーション能力を構成する代表的な能力、

  • 説明力
  • 傾聴力
  • 文章力

この3つが、エンジニアに求められている重要な能力であることを説明いたしました。

最後に、コミュニケーション能力のメリットである、

  • 信頼関係
  • 生産性
  • 仕事の楽しさ

について、解説させていただきました。

私が伝えたかったことは、エンジニアにとって重要なスキルは技術や知識だけではないということです。

エンジニアは、仲間と一緒に働き、誰かの問題を解決する職業です。どれだけ高い技術や豊富な知識を持っていても、人を大切にしなければ良いエンジニアとは言えないのです。

私もまだまだ勉強中です。良いエンジニアとなるため、一緒にコミュニケーションを学び、市場価値を高めていきましょう!

もう一度「エンジニアに必要なコミュニケーション能力とは?苦手意識を無くせる方法を解説!」を読む ↑

スキルアップしたい新人エンジニアが通うべきプログラミングスクール

新人エンジニアのみなさんにとって、スキルアップのためとはいえ日々の業務と両立しながらの独学は、モチベーションの維持も難しいですよね。そんな方はオンラインで現役メンターによる指導を受けられる、プログラミングスクールの受講をおすすめします。

プログラミングスクールであれば、目的や生活スタイルにあわせたカリキュラムで学習を進めることができるので、忙しい新人エンジニアのみなさんも『挫折することなく』スキルアップできます。どの教室も無料の体験会や相談会があるので、気軽に参加してみてくださいね。

未経験・社会人、学生におすすめなプログラミングスクールを比較するなら、「おすすめプログラミングスクール比較11選!社会人・未経験の転職・就職にも有利!」という記事を参考にしてください。

おすすめプログラミングスクール比較11選!社会人・未経験の転職・就職にも有利!

転職付き(転職保証型)のプログラミングスクールの詳細を知りたいかたは、「【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの就職に強い!」をご覧いただき、自分の目標や目的にぴったりのスクールを見つけてくださいね。

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの就職に強い!

20代や未経験の転職に強い転職サイト・エージェント

この記事に訪れた新人エンジニアの中には、なかなか思うように仕事に慣れず、今の職場を「辞めたい」と悩み退職・転職を考えている方もいるかと思います。

特に若い方は体力的・精神的に辛い事などが続くと勢いだけで退職しがちです。気持ちばかり先走って退職し、そこから焦って転職をすると企業とのミスマッチを引き起こす要因にも繋がってしまいます。

そこで、活用したいのでが転職エージェントサービスです。転職エージェントに無料登録し、カウンセリングを受けておけば、在職中でも求人紹介してもらえます。気になる求人があれば面接の調整、そして現職を退職するタイミングなどへのアドバイスや、転職先への入社日の調整などのサポートも受けられます。もちろん全て無料です。

辞めてから慌てて転職活動をするのではなく、自身の市場価値を知る上でも、在職中から転職活動をする選択肢も検討してみてください。

20代におすすめのIT転職エージェント・IT転職サイト5選

  1. “20代の転職なら最低限の登録を”
    マイナビIT AGENT|20代・第二新卒の転職なら
    有名ベンチャーやスタートアップなど経験を活かせる若手向け求人多数
  2. “未経験エンジニアは登録必須”
    ワークポート|未経験の転職サポートサービス
    未経験可やポテンシャル採用など20代向けのIT・Web系求人に強みあり
  3. “IT・Web系の転職といえばここ”
    レバテックキャリア|エンジニア専門転職エージェント
    専門用語が通じるアドバイザーが徹底サポート。内定率&年収UP率が高い
  4. “圧倒的求人数は流石の業界NO.1”
    リクルートエージェント|転職支援実績No.1
    書類や面接対策へのサポートが手厚い。エンジニア求人保有数も業界トップ
  5. “【未経験OK】20代のITエンジニア就職に強い”
    ウズカレIT|エンジニア就職に特化したエージェント
    内定率83%!20代【未経験】のエンジニア就職・転職に強いエージェントです。独自の審査基準でブラック企業を排除!

もっと多くの20代エンジニアにおすすめな転職サイト・エージェントを比較したい方は、「20代エンジニアにおすすめな転職サイト・エージェント厳選11社!未経験OKあり」をご覧ください。各サービスの特徴や強み、20代へのおすすめポイントなどを詳しく解説していますよ!

20代エンジニアにおすすめな転職サイト・エージェント厳選11社!未経験OKあり

-エンジニアの転職
-, , , ,

関連記事

大学生がフリーランスエンジニアとして稼ぐ4つのステップとは?【未経験者必見】

大学生がフリーランスエンジニアとして稼ぐ4つのステップとは?【未経験者必見】

みなさん、こんにちは。昨今日本中で、いや世界中でプログラミングが注目され始めていますよね。 そんな中で学生のうちからプログラミングをしっかり勉強し、なんならバイト代わりにプログラミングで稼ぎたいという …

新卒でのエンジニア就職に必要な対策や準備とは?これを読んで成功させよう!

新卒でのエンジニア就職に必要な対策や準備とは?これを読んで成功させよう!

こんにちは。この記事は新卒でエンジニア就職したい『未経験・初心者』に向けた記事となっています。 今テクノロジーの革新により、エンジニアの需要が高まってきていますよね。そういった時代の流れから、エンジニ …

SESは転職できないというのは本当?キャリアアップの道筋をSES経験者がお伝えする!

SESは転職できないというのは本当?キャリアアップの道筋をSES経験者がお伝えする!

ITエンジニア歴20年以上の筆者は、新卒で下請け・派遣を中心としたIT企業で15年勤務しました。 その間、自社開発、客先常駐請負、派遣といった様々な業務形態、長時間労働が常態化した開発現場から、毎日定 …

SIer(エスアイヤー)とは|仕事内容や向いている人、SESとの違いなどを解説!

SIer(エスアイヤー)とは|仕事内容や向いている人、SESとの違いなどを解説!

SIer(エスアイヤー)とは『システム開発を請負で開発する企業』を意味する言葉でIT業界では一般的に使われています。しかし、SIerという言葉は知っているものの「仕事内容はよくわからない」という方も多 …

30代後半ITエンジニアが転職に成功するためには?【現役エンジニア】が解説!

30代後半ITエンジニアが転職に成功するためには?【現役エンジニア】が解説!

私自身39歳で某電機メーカーの子会社から大手電機メーカーに転職の経験がございます。その経験を踏まえて30代後半でITエンジニアとして転職するために準備してきたことやそれまでの流れをお伝えしたいと思いま …

[PR]:
お得なキャンペーン中!!

転ストの中の人

  • 運営者のstaff H
  • 運営者のstaff M

エンジニア歴15年のstaffHとWebデザイナー・ディレクター歴20年のstaffMの2名が中心となりこのサイトを運営しています。転職/就職やフリーランスへの転向、未経験からのプログラミング学習など、これから”新しい一歩を踏み出そうとしている、エンジニア・クリエイター”に役立つ情報を発信しています。

プロフィール詳細 / Twitter
[PR]: