エンジニアの転職

更新日:2021/02/09

エンジニアインターンを活用して就活で勝つ!!【エンジニア志望の学生必見】

エンジニアインターンを活用して就活で勝つ!!【エンジニア志望の学生必見】

[PR]:大学生向けのプログラミングスクール【3選】

  1. 侍エンジニア塾 ※オンライン(対面も相談可)、学割・分割あり
  2. TechAcademy ※完全オンライン、学割・分割あり
  3. スキルハックス ※買い切り制の動画学習サービス

※上記は当サイトからの登録が多い順になっています

こんにちは。

一昔前までは「エンジニア = 理系職種」というイメージが強い傾向にありましたが、現在は文系出身の方もエンジニアとしての就職を希望する人も増えてきています。

そんな世の中のため、近年エンジニア志望の学生向けのインターンシップを開催する企業も増えてきています。

そこで今回は、「エンジニアインターンって行った方がいいの?」「就職には有利になるの?」などの疑問に答えていこうと思います!

筆者も複数のIT企業のエンジニアインターンに参加しました!
就活ではその経験もあって、外資系コンサルティングファーム大手通信会社などの『内定』をいただくことができました!

エンジニアを目指す学生さんは是非参考にしてみてください!!

エンジニアインターンって何やるの?

エンジニアインターンって何やるの?

エンジニアインターンは普通のインターンシップと何が違うのか?
よくわからない人も多いと思います。

筆者は大きく分けて3つのタイプがあると思います。

長期就業型インターンシップ

1ヶ月〜3ヶ月程度の長期にわたってエンジニア業務を行うインターンシップです。

大手企業やメガベンチャー企業が実施しているケースが多く見受けられます。業務内容も実際のエンジニア業務に近く(というか同じ)、実際に会社の部署に配属されてそこで長期間就業するという内容が多いです。

インターンシップ参加にあたって、まずある程度のプログラミングスキルを条件とすることが多く、未経験でもエントリーすることは可能ですが選考の段階で落とされる可能性の方が高いです(特に大手企業は)。

プログラミング未経験でもエンジニア向けの長期インターンシップに参加を考えている学生はITベンチャー企業のインターンシップを探すといいかもしれませんね!

ハッカソン型インターンシップ

お次はハッカソン型インターンシップです。

「ハッカソン」という言葉に聞き慣れない人も多いかと思いますが、簡単に言えば短期間プログラミングに集中して作品を作り、他のメンバーと競い合うタイプのインターンシップです。

ハッカソン型インターンシップは単にプログラミングスキルがあるだけでなく、独創的なアイデアなどのクリエイティビティも必要になり、エンジニアとしての総合力が問われます。

ハッカソンの経験は就活におけるエントリーシートにも書くことができます。
特にエンジニアのエントリーシートではよく「長期開発系インターン・ハッカソンの経験について」などの項目があるので、この項目を埋めることができるのは就活でかなり有利に働きますね。

筆者も何社か参加しましたが、みんなバチバチしていてすごく楽しかった思い出があります(笑)。

開発業務体験型インターンシップ

こちらは比較的短期での開催が多いです。
エンジニアインターンと聞くとだいたいこれに相当します。

開発業務体験とは言いつつも、実際のエンジニアの業務を体験するというよりは「開発」というものをやってみよう!というようなエンジニアお試し体験のような内容になります。

ですので参加のハードルも低く、プログラミング未経験者でも参加できるパターンが多いです。プログラミングを全く知らなくても、メンターの社員さんが優しく教えてくれます!

逆にプログラミングを日常から行っている人からしたらおそらく有意義な時間は過ごせないと思います(本格的な開発はできないことが多いので)。

プログラミング経験者は経験者向けのインターンシップを探してみましょう!この場合、募集事項に必須のプログラミング言語等の指示が記載されていることが多いので、それをヒントに自分にあったインターンシップを探してみるのもいいかもしれませんね。

どれに参加した方がいい?

どれに参加した方がいい?

筆者のおすすめは『長期就業型インターンシップ』です!

短期のエンジニアインターンはその会社のエンジニアの仕事の説明を含めた会社説明や、少しだけパソコンを使って開発業務を体験する程度なので、エンジニアの実際の仕事を知るといった点で考えればあまり有効ではないと思います。

会社の雰囲気も一日や二日では分かりませんし…

やはり長期インターンで社員と混ざって実際のエンジニア業務を行う方が圧倒的に有意義な経験を積めると思います!

「自分のプログラミングの実力を試したい!」という学生には『ハッカソン型のエンジニアインターン』もおすすめです!

自分の目的にあったエンジニアインターンに参加しましょう!

未経験でもエンジニアインターンに参加するには?

未経験でもエンジニアインターンに参加するには?

「エンジニアインターンに参加したいけどプログラミングはやったことがない…」、「プログラミングには自信がない」と思う人も多いかもしれません。

もちろんプログラミングができるに越したことはないのですが、実際めちゃくちゃスキルが必要というインターンはほとんどありません。

文法が最低限分かれば大丈夫というレベルのインターンがほとんどです。

ですので少し勉強すれば経験者向けのインターンの参加も可能です!

もしプログラミングの独学が不安という思いがあるのでしたら、プログラミングスクールの受講を考えてもいいかもしれません。

プログラミングスクールでは実際に現場で活躍するエンジニアが懇切丁寧に教えてくれるので、わからない箇所をすぐに質問でき、また短期間で学ぶこともできます。

一度検討してみてはいかがでしょうか!!

大学生が、いち早くプログラミングを習得するために通うべきプログラミングスクールを比較するなら、下記の記事「今通うべき『就活に活かせる』プログラミングスクール9選!【大学生必見】」を参考にしてください。

今通うべき『就活に活かせる』プログラミングスクール7選!【大学生必見】

エンジニアインターンのメリット・デメリット

エンジニアインターンのメリット・デメリット

「エンジニアインターンっていく意味あるのかな?」と考えている人向けに、エンジニアインターンに行くメリット・デメリットをお話していきます!

エンジニアインターンのメリット

会社の雰囲気を知ることができる。

インターンが長期になればなるほど会社の雰囲気がわかってきます。長期の場合は実際のエンジニア業務を行うことが多いので、自分がその企業に就職した際のシミュレーションを行うことができます

エンジニアインターンに限らずどのインターンにも共通しますが、自分が働くイメージができた方が企業選びがしやすくなりますよね。

就活生は年収ばかりを気にしがちですが、自分が長く働くことを考えると年収よりもその会社の雰囲気も企業選びの重要なポイントになります。

スキルが身に付く。

これは長期・ハッカソン型のエンジニアインターンが該当します。

長期インターンの場合は現場で使用する技術を使うので、学校で習うような内容ではなく、現場で活かせるスキルを身につけることができます。

ハッカソン型の場合は、周りのメンバーと競うので「負けたくない!」という思いからプログラミングを猛勉強することになるでしょう。また短期間集中してプログラミングに没頭する機会は日常でもそう多くないので、経験としても非常に良いものとなると思います。

周りのメンバーも同様にある程度の実力を要しているので、それに感化されて自分のモチベーションにもなります!

長期・ハッカソン型いづれにせよ、インターン参加前と参加後では自分の技術レベルの差に驚くこと間違いないでしょう!

エントリーシートに書ける。

エンジニア職種のエントリーシートでは、「開発系インターンの経験はあるか?」や「長期インターンまたはハッカソンの参加はあるか?」といった項目がよくあります。

エンジニアインターン参加経験がない場合はこれらの項目は空欄で提出することになるのですが、参加経験があると、そのエピソードを書くことができます!

特に業界最大手の企業やメガベンチャー企業のエンジニア内定者は何かしらの開発業務経験を持っているケースが多く、そういった企業の内定を勝ち取りたい場合はエンジニアインターンの参加経験は必須と言っても過言ではないでしょう。

選考が進みやすい企業もある。

企業のエンジニアの長期インターンに参加していると、参加していない人に比べて選考を有利に進められる傾向があります。

人事もインターン中の学生を見ているので、インターンでの評価が選考に直結するケースも少なくありません。

エンジニアインターンのデメリット

ある程度のプログラミングスキルが必要。

未経験者向けのエンジニアインターンを除けば、基本的にはプログラミングを使用するインターンがほとんどです。

ですので、「プログラミングをほとんどやったことがないけどエンジニアインターンに参加したい!」という人にとっては、インターンに参加するまでに企業の指定するプログラミング言語を勉強しなくてはなりません。

自分のスケジュールに影響が出る可能性

インターンシップはアルバイトではありません。好きな曜日、好きな時間を指定することはほとんどできず、基本的に平日の日中は拘束されてしまいます。

長期の場合は平日のほとんどがインターンシップに行くことになるため、場合によっては学校の授業やゼミ・部活動に影響が出るかもしれません。

長期インターンに行く場合は、これらを考慮して参加を考えましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

エンジニアインターンには様々なタイプがあるので、自分の目的にあったインターンに参加してみましょう!!

会社やエンジニアの職種によって業務内容も異なるので、いろいろな会社のインターンに参加してみると自分の就活の軸が定まるかもしれませんね!

まずは積極的にエンジニアインターンを探してみましょう!

[PR]:IT系のインターン探しなら就活エージェントが有利
就活のプロに相談してみる

もう一度「就活に勝ちたい学生のためのエンジニアインターン活用術」を読む ↑

大学生におすすめなプログラミングスクール

大学生が、いち早くプログラミングを習得するために通うべきプログラミングスクールを5つ紹介します。

大学生におすすめのプログラミングスクール5選!

  1. 侍エンジニア塾|レッスン満足度高いスクールNo1
    オーダーメイドカリキュラムなので、一人ひとりの特性や伸ばしたいスキルに合わせて学習できます|オンライン|学割あり|無料体験あり|分割払い(クレジットカードのみ)
  2. TechAcademy(テックアカデミー)|受講者数No.1のオンラインプログラミングスクール
    完全オンラインでメンターが受講生に一人ずつきます。24ものコースがあるので迷ったらここ|オンライン|学割あり|無料体験あり|分割払い(クレジットカードのみ)
  3. スキルハックス|最短・最速で脱プログラミング初心者
    買い切り制の動画講座で無制限に学習できるので、自分のペースで納得いくまで学習できます|オンライン|サンプル動画(無料体験版)あり|クレジットカード・銀行振込
  4. テックキャンプ プログラミング教養|未経験から最高の学習効率でスキルを習得
    月額定額で学び放題。オリジナルサービスやWebサービス開発を通じて最新技術を習得します|オンライン・オフライン(東京ほか)|各種割引あり|無料体験あり|分割払い(クレジットカードのみ)
  5. クリプテックアカデミア|大学生向けプログラミングスクール
    大学生限定のスクール。受講生同士のオンラインコミュニティサービスもあり、仲間も出来る!|オンライン|大学生限定スクール|無料体験あり|各種割引あり|分割払い(クレジットカードのみ)


もっと詳しく比較したい方は、『今通うべき『就活に活かせる』プログラミングスクール9選!【大学生必見】』という記事を参考にしてください。こちらでは、プログラミングスクールに通うメリットや選ぶ基準なども解説していますので、スクール選びに迷っている方は是非ご覧くださいね。

今通うべき『就活に活かせる』プログラミングスクール7選!【大学生必見】

エンジニア就活におすすめのエージェント

就活エージェントおすすめ6選!

  1. レバテックルーキー|新卒エンジニア就職エージェント
    運営元:レバテック株式会社|登録無料|エンジニア就活で迷ったらまずここ
  2. JobSpring(ジョブスプリング)|就活を応援するオンラインエージェント
    運営元:株式会社Roots|登録無料|公式サイトにて適性検査が可能
  3. キャリアチケット|新卒就活支援。量より質の就活準備
    運営元:レバレジーズ株式会社|登録無料|就活セミナーあり|無料のコミュニティスペースあり
  4. MeetsCompany(ミーツカンパニー)|選考直結型の合同説明会イベント
    運営元:株式会社DYM|登録無料|就活生の5人に1人が利用するサービス
  5. 就職shop|100%取材した企業の求人だから安心!
    運営元:株式会社リクルートキャリア|面談予約無料|累計8500社から企業を紹介
  6. キャリアパーク就職エージェント|優良企業への内定多数!
    運営元:ポート株式会社|無料相談|運営元は上場企業

人気のプログラミングスクール

未経験・社会人、学生におすすめなプログラミングスクールを比較するなら、「プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】」という記事を参考にしてください。

プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】

転職付き(転職保証型)のプログラミングスクールの詳細を知りたいかたは、「【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!」をご覧いただき、自分の目標や目的にぴったりのスクールを見つけてくださいね。

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較9選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!

未経験からエンジニア転職するのにおすすめな転職サイト・転職エージェント

未経験可のエンジニア求人を探すなら「エンジニアにおすすめのIT/Web系に強い転職エージェント・サイト11選!プロが比較・厳選」という記事を参考にしてください。IT・Web系に強い転職サイトや未経験求人を多数保有した転職エージェントを比較することができるので、未経験の方でも自分にぴったりの転職先を探すことができます。

昨年2020年以降、新型コロナウイルスの影響もあり求人の募集期間が短くなっているようです。(2019年:平均7.9ヶ月→2020年:平均3.6ヶ月理想の求人を取りこぼさないためにも、転職を決めたら早めにエージェントに相談するようにしてくださいね!レバテックキャリアの公式サイトより

IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!現役エンジニア厳選

-エンジニアの転職
-, , , , , , , , ,

関連記事

“現役エンジニアが解説”40代の機械設計 エンジニアへの転職に 必要な能力や経験とは?

40代の機械設計エンジニアへの転職を【現役エンジニアが解説】必要な能力や経験とは?

今の自分は42歳。これまで自動車関連部品のエンジニアを10年以上してきたけど、他の機械設計にも興味があり転職を考えている。40代を超えても可能だろうか? こういった疑問や不安に、現役の産業機械設計エン …

フィールドエンジニアの転職事情を解説!仕事内容や求人の選び方、メリット・デメリットとは?

フィールドエンジニアの転職事情を解説!仕事内容や求人の選び方、メリット・デメリットとは?

こんにちは。 今日は下記の方を思い描きながら、『フィールドエンジニアの転職』について話します。 フィールドエンジニアへの転職を考えている方 フィールドエンジニアから別の職種に行こうかなと思っている人 …

ITエンジニアにとって論理的思考はなぜ重要?身につけ方や学習方法などを【解説】

ITエンジニアにとって論理的思考はなぜ重要?身につけ方や学習方法などを【解説】

この記事では、前半でITエンジニアにとって論理的思考が重要な理由をご紹介します。また、後半ではどのように論理的思考を身に着ければよいかについて説明します。 なお、 論理的思考とはどのようなものか? エ …

SEの私がリモートワークを一年半してみての感想(在宅勤務のメリット・問題点についても)

SEの私がリモートワークを一年半してみての感想(在宅勤務のメリット・問題点についても)

パンデミックは多くのシステムエンジニアの働き方を変えたのではないでしょうか。テレワークというと、システムエンジニアのイメージがあるかもしれませんが、実際に在宅で仕事をしているエンジニアは、少数でした。 …

現役リモートワーカーエンジニアが語るリモートワークの現状【感想・実体験】

現役リモートワーカーエンジニアが語るリモートワークの現状【感想・実体験】

今回体験談をお寄せ頂いた方のプロフィール 年齢は? 20代 性別は? 男性 お住まいは? 宮城県 現職の業種は? Web制作・コンサルティング 現在の職種は? フロントエンドエンジニア リモートワーク …

[PR]:




ページのトップへ戻る