面接対策

公開日:2019/06/12|最終更新日:2019/11/01

業種別【職務経歴書】Web業界のエンジニア・SEがアピールすべき点とは?

自己アピールを提示するイメージ

web系エンジニア・SEの職務経歴書はここがポイント

プログラミングの画面

アピールしたいのはまずは開発言語とデータベース、そしてフレームワークのスキル

web系エンジニアには、webブラウザを基本としたシステム開発の際に、JavaやPHP、Javascrip、ASP.NET、JSPなどにおける開発スキルが必要とされます。さらに、データベース(MySQLやSQL Server)やフレームワーク(Ruby on RailsやAngularJS)における知識と経験もぜひアピールしたいポイントです。

このような知識や経験、そして資格は職務経歴書の中で具体的にアピールするようにしましょう。

例)スキルの書き方

[OS]
Windows Server 3年以上 Windows Server 2008R2
Windows Server 2012
Linux 3年以上 基本構築〜開発用サーバーの構築までは実務経験があります。
※使用出来るものはRedHatとDebianです。
UNIX 5年以上 サーバ運用・保守からshell開発まで経験があります。
[言語]
PHP 5年以上 PHP(Cake, Laravelなど)によるウェブアプリの設計から運用までの経験が多数あります。
Java 3年以上 デスクトップアプリケーション、Webスクレイピングツールの制作経験があります。
JavaScript 3年以上 フロントエンドとしてのスキル
・AngularJS
・React.js
・Vue.js

バックエンドとしてのスキル
・Node.js
・AWS Serverless
・Socket.io WordPressなどCMSのカスタマイズ経験も多数あります。

Ruby 2年以上 スクレイピングなど、APIを利用したサービス開発の経験があります
HTML 5年以上 HTML5コーディング、CMSのデザインを変更カスタマイズなどの経験が多数あります。
CSS 5年以上 CSS3によるスマホサイトおよびレスポンシブデザインなどの経験が多数あります。
[DB]
Oracle 4年以上 SQL文の生成ほか、Object Browser ERを使用してDBへの反映、各種定義の経験があります。
PostgreSQL 3年以上 WEBシステム開発にともなう基本的な知識があります。
MySQL 5年以上 Webアプリのバックエンドとして、テーブル設計、パフォーマンスチューニングなどの経験があります。

転職にはフロントエンドとバックエンドの両方ができると更に有利

フルスタックエンジニアのイメージ

WEBサイト(システム)構築の現場では、フロントエンドとバックエンドの開発経験を併せ持つなど、全ての開発業務を一人で行うことができるフルスタックエンジニア市場価値が高いとされます。

プログラミングのスキルだけではない

フルスタックエンジニアに求められるスキルは、フロントエンド・バックエンドに必要な言語やフレームワーク、ライブラリーの経験・知識だけではなく、OSやミドルウェアそしてプロジェクトマネジメントのスキルも求められます。

プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーのポジションを経験した方、もしくはそれに近しい立場でプロジェクトをマネージメントした経験がある方は積極的にアピールしましょう。職務経歴書には詳細かつ内容が相手にイメージしやすいように明記するよう心がけましょう。

例)プロジェクトリーダーの場合

【プロジェクトの概要】
中規模規模ECサイトのシステム構築・運用
プロジェクトの期間:20××年××月~20××年××月
プロジェクトの規模:10名(自社6名、協力会社4名、××人月)
役職:プロジェクトリーダー(開発スタッフ及び協力会社の管理、クライアントとの折衝、スケジュール管理など)
担当:要件定義、設計、プログラミング
クライアント:××薬品株式会社

高待遇を狙える

フルスタックエンジニアには全ての業務を一通り対応する事ができるスキルが求められるため、そのような優秀な人材が少ないという実情もあり、自ずと年収の相場も高くなっています。ゆえに希少価値が高いため、自分自身にフルスタックエンジニアとしての自覚がある方は積極的にアピールしてみると良いでしょう。

自己アピールは「これから」やりたい・挑戦したい事を書く!

自己アピールする事をメモするイメージ

自己アピールでは次にやりたい・挑戦したい仕事をしっかりアピールする事が重要になります。

例)フロントエンドエンジニア
これまでフロントエンドエンジニアとして約5年以上Web業界に携わり、コーポレートサイトなど小・中規模のWebサイトや、ECサイトなど大規模サイトのコーディング・マークアップを担当して参りました。今後はこれまでのスキルを活かしつつも、チームのマネジメントや後進への指導など、技術以外の業務にも積極的にチャレンジし、その事で御社の業績アップに貢献したいと思っております。

【解説】未経験でもなれる!フロントエンジニアになる方法と、そのキャリアパスとは?

例)バックエンド(サーバーサイド)エンジニア
前職では自社サービス(Webサービス)におけるバックエンドの高速化・効率化の経験や実績を多数残してきました。今後はより高負荷な環境にて挑戦することでバックエンド開発の知識・経験値を高めつつ、将来はフルスタックエンジニアを目指して行きたいと考えております。

【解説】未経験からのサーバーサイド(バックエンド)エンジニアへの道!

技術系のWebサービスやSNSアカウントを明記しておく

各サービスのロゴイメージ

職務経歴書に過去の実績をURLともに明記するのはもはや必須といえますが、それ以外にも GitHub や Qiita、SlideShare や Speaker Deck、teratailなど、自身が普段からどういった活動をしているかが分かるように、各アカウントを明記することをおすすめします。こちらは必須ではありませんが、企業にとっても採用後に配属する部署や案件をイメージしやすくなり、ミスマッチのリスクも軽減します

また、FacebookやTwitterなどSNSのアカウントについても、抵抗感がなければ自己紹介の一つとして明記するのも良いでしょう。

エンジニアの転職は在職中にすべき

転職活動は毎月の収入のある在職中に始めましょう。特に若い方は勢いで辞める方もいますが、次の仕事もあてのない状況で無収入が続く事で気持ちばかり焦って転職を急ぎ、結果的にミスマッチを招く事も多々あります。

まずは、Web・IT業界に強い転職エージェントにいくつか登録して、自身の市場価値を照らし合わせながら転職活動をする事を強くておすすめします。

自身の適正年収や市場価値を診断できるサービスもありますので、積極に使ってみましょう。転職のタイミングが「今で良いのか?」と迷っているような方には特におすすめします。

自分の市場価値が分かる!
  • 【無料!】適正チェックで自分の「強み」が分かる!
    ミイダスの公式サイトへ

-面接対策
-, , , ,

関連記事

履歴書の画像

履歴書を書く際に気をつけるポイントは?SEがアピールすべき点などを解説

Contents1 応募を決めたら履歴書を作成しましょう!2 誤字脱字なく、丁寧に3 まずは基本情報を記入する4 学歴・職歴は正式名称で書く5 資格は正式名称で、応募先に関連するものを6 志望動機は応 …

指を指すビジネスマンのイメージ

30代でエンジニアに転職する場合、面接に向けてすべき準備は?

Contents1 将来性アピールはもう通用しない2 「技術力はないけどこれから…」はもう通用しない3 業界の動向は即答出来ないと恥ずかしい4 マネジメント能力は実際の経験で証明する5 部下への指導能 …

名刺交換のイメージ

20代でエンジニアに転職する場合、面接に向けて必要な準備は?

Contents1 面接を丁寧にこなすことで実績の少なさはカバーできる2 自分のできることを整理しておく3 実績やスキルを過大に話さない4 仕事に対して負のイメージを持っている印象を与えない5 窮地に …

握手のイメージ

エンジニアの転職で絶対に対策しておくべき、良く聞かれる質問は?

Contents1 必ずされる質問には絶対に対策を2 自己紹介は簡潔に、全部話す必要はない3 志望動機では応募先の企業を褒め、自分が役に立つことをアピールする4 長所にはエピソードを沿えて説得力を増や …

キャリアチェンジのイメージ

SEのキャリアチェンジの場合、面接に向けてすべき準備は?

Contents1 キャリアチェンジには説得力のあるストーリーが必要2 志望動機にキャリアチェンジの理由を含める2.1 《今の職種では取り組めない業務に取り組みたい》2.2 《会社の業務内容に魅力を感 …

転ストおすすめの転職エージェント

IT/WEB業界に強くとにかく内定率が高い!
《レバテックキャリアの公式サイト》

レバテックキャリア

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる
《マイナビエージェント×ITの公式サイト》

マイナビエージェント×IT

豊富な非公開求人と業界を熟知した担当者が転職を強力にサポート
《ワークポートの公式サイト》

ワークポート

圧倒的な求人数の多さで転職先の幅が広がる
《リクルートエージェントの公式サイト》

【リクルートエージェント】

過去のデータを生かしたマッチングで自分に合った転職先が見つかる
《ギークリーの公式サイト》

ギークリー

ページのトップへ戻る