エンジニアの転職

更新日:2021/07/26

インフラエンジニアへの転職に必要なスキル、需要について解説!

インフラエンジニアへの転職に必要なスキル、需要について解説!

IT技術が急激に発展したことにより、サーバーやネットワークなどインフラの構成も大きく変化しています。それにともない、クラウド技術や仮想化技術などの新しい技術がインフラエンジニアの現場でも普及しはじめています。

当記事では、大手独立系SIer企業サーバーエンジニア歴2年の筆者が インフラエンジニアの転職市場の状況、仕事内容、必要なスキルについて詳しく紹介します。

この記事を読むことで、インフラエンジニアとして今後転職するために必要なスキルについて充分に理解することができるでしょう。

[PR]:1ヶ月という短期間で、未経験からITエンジニアを目指す!

CCNAを1ヶ月で取得して安定の「インフラエンジニア」に。

インフラエンジニアの需要

インフラエンジニアの需要

IT技術の急激な発展や、IT業界の深刻な人手不足の状況からIT人材の需要は上昇してます。インフラエンジニアについても例外ではありません。

クラウド技術が普及したことによって、オンプレミス型のサーバーを構築や運用する機会が減少し、インフラエンジニアの需要がなくなると心配されていた時期もありました。

しかし、企業がオンプレミスでサーバーを構築や運用する機会は今後減っていくかもしれませんが、ITインフラのシステムがそのものがなくなるわけではありません。よって、サーバー環境が、クラウドサービス上に整備されるように変わっただけといえます。

したがって、インフラエンジニアの業務は減少したということではありません。しかし、仮想化技術やクラウド技術などの新しい技術を利用した業務を行う必要が増加しています。

特に近年では、オンプレミス環境からクラウド環境へインフラシステムを移行する案件が多くあります。よって、オンプレミスとクラウドの両方のスキルが必要とされています。

インフラエンジニアの職種と仕事内容

インフラエンジニアの職種と仕事内容

インフラエンジニアの需要は今後も続いていくことが理解できたでしょうか。ここでは、インフラエンジニアの職種や仕事内容について詳しく紹介します。

インフラエンジニアは「サーバーエンジニア」と「ネットワークエンジニア」に大きく分類することが可能です。しかし、近年ではクラウド技術が発展したことから「クラウドエンジニア」もインフラエンジニアの職種の一つといえます。

サーバエンジニア

サーバーエンジニアは、サーバーに関しての設計や構築、保守・運用までさまざまな工程に携わります。サーバーの具体例を挙げると、WebサーバーやAPサーバー、DBサーバーが代表例です。サーバーエンジニアのなかには、データベースに特化した「データベースエンジニア」という職種もあります。

これまでにも説明したように、クラウドサービスが発展しているため、物理サーバーの必要性が減少しています。よって、今後のサーバーエンジニアにはクラウド技術に関する知識やスキルが求められるようになるでしょう。

サーバーエンジニアとは?仕事内容や転職事情、必要なスキルや知識を解説!

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、データの送受信が適切に実施できる基盤を構築する業務を主に担います。たとえば、ネットワークの経路を設計し、ルーターやスイッチなどの機器の設置をおこないます。

近年ではリモートツールが普及したことによって、セキュリティが懸念されています。ネットワークエンジニアには今後セキュリティに関する高度な知識やスキルが要求されるでしょう。

クラウドエンジニア

クラウドエンジニアは、クラウド技術を利用してシステムを設計・構築・運用をおこないます。「AWS」「Azure」「GCP」などが代表的なクラウドサービスとして挙げられます。

クラウドエンジニアのなかでも最も需要が高いのがAWSエンジニアです。クラウドサービスが普及しはじめたのは近年であるため、クラウド技術を使いこなすことのできるインフラエンジニアはまだまだ少ないのが現状です。そのため、クラウドエンジニアの市場価値は非常に高いといえるでしょう。

初心者向け【AWS入門】使い方やできること。転職事情や将来性についても解説!

インフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアに必要なスキル

これまでに、インフラエンジニアの需要や仕事内容について解説しました。ここからは、今後インフラエンジニアとして転職やキャリアップするために必要なスキルを詳しく紹介します。

上流工程に関するスキル

インフラエンジニアとして市場価値を高めるためには、「要件定義」「設計」などの上流工程に携わる経験が要求されます。

プロジェクトの成功は「要件定義」によって左右されるといっても過言ではありません。たとえば、テスト工程でシステムの要件に不備が発見された場合、手戻りが発生し、工数が多くかかります。

したがって、上流工程の経験や高度なスキルがあるインフラエンジニアは市場価値が高い傾向にあります。

上流工程とは?キャリアアップを目指すエンジニアが知っておくべきこと

セキュリティに関する知識

インフラエンジニアには、今後セキュリティに関する深い知識が求められます。

セキュリティエンジニアという職種が注目されているように、現在の情報社会ではセキュリティに関する意識が高まりつつあります。

たとえば、近年ではシステムのセキュリティが甘いために企業の機密情報が外部へ流出するなどの事例が多く起こっています。

セキュリティ技術は年を重ねるごとに変化するため、日々知識をアップデートすることが重要です。

クラウドサービスに関するスキル

インフラエンジニアには、今後クラウドサービスに関するスキルも要求されます。

これまでにも説明したように、近年ではクラウド技術が非常に注目を浴びています。クラウドサービスを利用すると、コスト削減が期待できることが理由の一つとして挙げられます。

現在では、オンプレミス環境からクラウド環境へ移行する企業の案件が多数あります。そのため、オンプレミス環境に関する知識や経験に加えて、クラウド技術を身に付ける必要があるでしょう。

プログラミングスキル

インフラエンジニアはプログラミングスキルは必要ないと思われている方も少なくありません。しかし近年では、インフラエンジニアもプログラミングスキルが求められる場面が増加しています。

業務効率を上げるために、プログラミング言語を用いてコード化をおこなうことで、業務を自動化する仕組みが徐々に導入されはじめています。この仕組みをインフラ構成管理ツール(IaC)といい、業務効率の向上が期待できます。

したがって、インフラエンジニアも、プログラミングに関するスキルが今後は必要とされるでしょう。

コミュニケーションスキル

インフラエンジニアにはコミュニケーションスキルも求められます。インフラエンジニアは一人で仕事を進めていくことはありません。そのため、組織でプロジェクトを進めていくことが多いです。

また、クライアントや下請け会社、パートナー会社の社員の方々などとやり取りをおこなう機会も多くあります。さらに、要件定義などの工程では、正確にクライアントからシステムに必要な要件をヒアリングしなければなりません。

そのため、コミュニケーションスキルがあると、仕事を円滑に進めることができるでしょう。

エンジニアに必要なコミュニケーション能力とは?苦手意識を無くせる方法を解説!

インフラを学べる【無料】ITスクール3選!

  1. GEEK JOB スピード転職コース|初心者から【最短22日】でエンジニアデビュー
    インフラ知識や技術を【無料】で幅広く学習できます。97.8%という驚きの転職成功率。迷ったらここ

  2. ネットビジョンアカデミー|20代・未経験からネットワークエンジニアへ
    ネットワークエンジニア育成に特化したスクールで、実践的なカリキュラムを【無料】で受講できます
  3. エンジニアカレッジ|就業率96.2%!未経験からITエンジニアになる
    20代の第二新卒、フリーター向けの【無料】スクール。インフラ技術を実践さながらに学習できます

まとめ

IT技術の発展や、IT業界の深刻な人手不足の観点からインフラエンジニアの需要は高い状況が続くと予想されます。しかし、インフラエンジニアに求められるスキルは変化してきている点には注意が必要です。クラウド技術やセキュリティに関する知識、プログラミングスキルと新しいスキルも磨いていくことが今後は重要です。

インフラエンジニアとしてキャリアップの転職を考える場合は、技術を磨くことはもちろんですが、上流工程の経験が高収入へとつながります。また、コミュニケーションスキルやプロジェクトマネジメントスキルがあると企業から重宝される人材となることができるでしょう。

もう一度「インフラエンジニアへの転職に必要なスキル、需要について解説!」を読む ↑

インフラエンジニアのキャリアアップ・年収アップにおすすめの転職サイト

インフラエンジニアが経験を活かしたキャリアアップ・年収アップを目指すなら「インフラエンジニア向けおすすめ転職サイト・転職エージェント7選!」という記事をご覧ください。好条件の求人を多数保有した転職サイトを詳しく比較することができます。未経験OKの求人を扱う転職エージェントもご紹介しているので、駆け出しエンジニアにもおすすめです!

インフラエンジニア向けおすすめ転職サイト・転職エージェント7選!

いきなりの転職が不安な方はプログラミングスクールという選択も

いきなり転職活動を開始する前に、「まずはプログラミング言語のスキルを身につけておきたい」。そう考える方には、プログラミングスクールの受講をおすすめします。

未経験・社会人でも安心して学習できるスクール、そして転職付き(転職保証型)のスクールなど、条件や目的によって選ぶ基準も様々だと思います。まずはじっくりと比較して、少しでも気になる教室があれば無料相談・体験会に申し込んでみると良いでしょう。

未経験・社会人、学生におすすめなプログラミングスクールを比較するなら、「プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】」という記事を参考にしてください。

プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】

転職付き(転職保証型)のプログラミングスクールの詳細を知りたいかたは、「【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!」をご覧いただき、自分の目標や目的にぴったりのスクールを見つけてくださいね。

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!

-エンジニアの転職
-, , , , , ,

関連記事

付箋のイメージ

システムエンジニア(SE)に求められるスキルは?プログラミング経験や資格についても解説!

目次1 プログラミング以外に幅広いスキルが求められる2 そうはいってもプログラミングスキルは必須2.1 《プログラミングコンテンストに参加する》2.2 《独自に開発した成果物を公開しましょう》3 計算 …

専門職と管理職、エンジニアが目指すべきキャリアパスとは?体験談をもとに解説!

専門職と管理職、エンジニアが目指すべきキャリアパスとは?体験談をもとに解説!

エンジニアにとって、管理職と専門職の選択は必ずと言ってよいほど悩む部分であり、30才~35才ほどの時期に通過しなければならない道であると思います。 私も大学卒業後から一貫してIT業界のエンジニアとして …

新人エンジニアの悩み「7つ」のイメージ

《IT業界編》新人エンジニアがまず身につけておきたい7つのコト!辞める前に一度読んでください。

新人エンジニア(SE)として仕事をスタートさせたは良いけど、覚える事も多いしわからない事だらけ。というか、そもそも何がわからないかが分からない・・。このまま今の仕事を続けていいのかな? こういった悩み …

未経験からのIT転職は20代が有利!転職するために重要なことは?

未経験からのIT転職は20代が有利!転職するために重要なことは?

「IT転職したいけど、未経験で雇ってもらえるの?」 「経歴に自信が無いから、転職が不安…」 このように考えている人もいるかも知れませんが、未経験からのIT転職は可能です。 現在IT業界は深刻な人手不足 …

IT業界に転職するのに資格は必須?転職の仕方や準備すべきことなど【現役エンジニアが解説】

IT業界に転職するのに資格は必須?転職の仕方や準備すべきことなど【現役エンジニアが解説】

未経験で無資格だけど、IT業界に転職したい。やはり資格の一つでも取得しとく必要があるのかな?仕事をしながらでも勉強できるかな? このような疑問にお答えします。 本記事では、ご自身も現役エンジニアとして …

[PR]:




ページのトップへ戻る