プログラミング

公開日:2019/03/06  更新日:2019/06/07

今注目の言語!Pythonを徹底分析!!魅力や学習方法、将来性などを初心者にもわかりやすく詳しく解説します

pythonをプログラミングするイメージ

今からプログラミングを始めようと考えられているあなた。一口にプログラミングと言っても実に様々な言語がありますが、今最も注目されている言語はなんだと思いますか?

正解は、今回紹介するPythonです。

名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。本文で詳しく書きますが、Pythonは機械学習など様々な分野で採用されており、将来性抜群!しかも、学習がしやすい魅力たっぷりな言語なのです。

今回は、そんなPythonを徹底分析!Pythonの魅力、学習方法、更にはPythonを活かして働くにはどうすればいいかなど、盛りだくさんの内容でお届けします。少しでもPythonに興味をもたれたあなたは、ぜひ最後までお付き合いください!!

未経験からの学習はスクールもおすすめ

Pythonに強いプログラミングスクール5選
“メンターは現役エンジニア!”
TechAcademy(テックアカデミー) ※Pythonコース

“未経験から即戦力になれる”
.Pro(ドットプロ)(旧:クリエイターズハイブ) ※Pythonコース

“「本気」なら経験や年齢関係なし!”
DIVE INTO CODE(ダイブ イントゥ コード) ※機械学習エンジニアコース

“Pythonの学習に特化!”
PyQ™(パイキュー)

人工知能特化型!完全オンライン!
Aidemy

Contents

Pythonとはどういう言語ですか?

pythonのロゴイメージ

Pythonは、1991年にオランダ人のグイド・ヴアン・ロッサム氏が開発した言語です。主な特徴は、以下の3つです。

(1)読みやすく、書きやすい

Pythonの設計思想は、「誰が書いても同じようなコードになる」こと。その設計思想を可能にすべく、文法や記述方法はシンプル。そのため、Pythonは読みやすく、書きやすい言語であり、プログラミング初心者にも学びやすい言語と言えるでしょう。

(2)様々な環境に対応して汎用性が高い

Pythonはオープンソースとして公開されており、基本的な文法がまとまっていることから、様々なプラットフォームがリリースされています。幅広い環境で動かせるだけに、非常に汎用性が高い言語と言えるでしょう。

(3)将来性抜群の分野で注目される

Pythonは汎用性が高く、様々な用途で使用できます。主な用途は後述しますが、機械学習やデータ解析など将来性抜群の分野においても、データ分析用のライブラリが充実していたこともあり、Pythonの使用がメインストリームとなっています。

ということは、Pythonもまた、将来性に期待できると言えるでしょう。

これらの特徴を備えるPythonは、実に様々な場面で活用でき、今非常に人気の言語なのです。

Pythonで何ができるのですか?

pythonのコードのイメージ

Pythonは、読みやすく、書きやすい言語で汎用性が高いため、幅広い用途で用いられています。その中でも主な用途を3つご紹介します。

(1)スクレイピング

スクレイピングとは、自動的にWEBサイトにアクセスして、インターネット上の情報を取得してダウンロードする技術です。営業など情報収集が必要な仕事をしている人にとっては非常にありがたい技術ですが、Pythonで簡単にシステムを作れます。

(2)WEBサイト作成

WEBサイト作成に使われる言語は様々ですが、Pythonも多くの企業で採用されています。その中にはGoogle、Instagramなど有名企業も多数!Django、Flaskなど、フレームワークも充実しているのもポイントが高いですね。

(3)データ分析

Pythonには、データ分析のためのライブラリが非常に充実しています。そのため、エクセルではできないような特殊な可視化や複雑な解析ができます。

現状では、ライブラリの充実度やデータ分析のしやすさはすば抜けており、データ分析、それにデータ分析のスキルが必要になる機械学習やAIといった分野では、Pythonのマスターは必須と言えるでしょう。

また、WEBサイト作成にも使えるだけに、データ分析過程をWEB上で共有したり、データ分析やAIプログラムをWEB上で共有したりすることも容易にできます。汎用性の高いPythonだからこその芸当ですね。

なぜPythonは人気なのですか?

AIロボットのイメージ

ここまで、Pythonの特徴や用途をお話ししてきました。その中で、Pythonの人気の秘密がいくつか出てきましたので、ここで2つまとめましょう。

(1)シンプルイズベスト!読みやすく書きやすい言語で初心者も学習しやすい

Pythonの設計思想は、「誰が書いても同じようなコードになる」こと。そのため、読みやすく書きやすい言語と言えます。そのため、初心者が学習しやすい言語の一つと言えます。

また、後述しますが、Pythonを学習するための書籍やサイト、Pythonを学べるプログラミングスクールも増えてきており、学習が一層容易になってきています。

(2)将来性抜群!

Pythonは汎用性が高く様々な用途で活用できる言語なので、幅広い分野で採用されています。しかも、データ分析のライブラリが非常に充実しており、現状ではデータ分析、機械学習、AIの分野ではPythonのマスターは必須と言えます

汎用性が高く、しかも機械学習、AIという将来性抜群の分野でメインストリームなだけに、Pythonは将来性抜群と言えるでしょう。実際、言語別年収ランキングではここ最近常に上位に入っています。それだけ、将来性抜群で、なおかつ使えるエンジニアが不足しているということです。

Pythonを使うにはどうすればいいですか?

Pythonの公式サイト

ではここで、Pythonを実際に使うにはどうすればいいかお話しします。

(1)Pythonのダウンロード方法

Python は公式ホームページ(https://www.python.org/)よりダウンロードできます。Pythonには2系と3系がありますが、基本的には3系を選ぶと良いでしょう。

2系と3系では、3系の方が新しく、かつ2系のサポートは2020年に終了します。3系は新しいですが、初出から時間が経過しており、サンプルも多数存在しています。ただし、2系と3系では細かい部分の表記が異なり、2系のコードは3系で動かないという事象が起こり得ます。

ダウンロードが完了したらパッケージを開きます。画面が開いたら、「続ける」をクリックし続ければインストールできます。

(2)開発環境

大規模な開発でなければ、Pythonの実行に必要なのはテキストファイルのみです。これは実はなかなかすごいことで、多くの言語では開発を行う際には「開発ツール」という専用のツールを用意する必要があるので、非常にお手軽です。ただ、大規模な開発であれば、Pythonであっても管理のため開発ツールが必要となります。

(3)テキストエディタ

Pythonのプログラマが使うテキストエディタは、MacならATOM、Windowsならnotepad++などです。豊富な機能があるテキストエディタが使用されます。

Pythonを学習するにはどうすればいいですか?

Pythonの書籍

Pythonを学ぶ方法をここではご紹介します。

(1)書籍を使った学習

初心者がPythonを学習する場合、定番の2冊を紹介します。これら2冊はプログラミング未経験者でも理解できるように書かれているので、Pythonを最初を学びたいならチェックしておきたい書籍です。基本的な文法を学ぶのにぴったりです。

転ストおすすめ書籍
みんなのPython 第4版
入門 Python 3

また、Pythonを使ってやりたいことが見えてきたら、その分野の入門書を読んでみましょう。WEB制作やデータ分析、機械学習など様々な書籍があります。

いずれにしても大切なのは、購入する前に自分の目で内容を確認して、今の自分に適した書籍かどうか確認することと、単に読むだけでなく手を動かして学習することです。書籍を買うだけで積ん読状態になってはもったいないですし、手を動かして学習した方が理解力が違いますからね。

ただ、書籍だけを使った学習の場合、周りにプログラミングに詳しい人がいない場合質問できなくて挫折してしまうリスクが少なくない、書籍の情報がすぐ古くなるといったデメリットがあるので、そこは注意が必要でしょう。

(2)WEBサイトを使った学習

Pythonを学べるWEBサイトは多数存在します。動画で学習したい場合はドットインストールhttps://dotinstall.com/)、コードを書きながら学習したい場合はProgatehttps://prog-8.com)といったサイトが定番でしょう。

これらは一部のサービスを無料で利用できるので、まずは無料で試してみましょう。書籍と違い、アップデートされるのも魅力ですね。

有料サイトでPythonを学びたいなら是非押さえておきたいのは、PyQhttps://pyq.jp/)です。こちらはなんと、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協議会の推薦教材なのです!Python3エンジニア認定基礎試験の参考教材として推薦されているだけに、クオリティは確かです。

過去投稿された質問の閲覧や、プロによる質問回答といったサービスを受けられる個人スタンダードプランでも、料金は7,980円(税)/月だけなので、気軽に始めることができるのではないでしょうか。

PyQ™(パイキュー)受講の体験談|プログラミングスクールを本音でレビューして頂きました!

PyQ™(パイキュー)の口コミ・評判|Pythonに特化したオンライン学習サービス

他にも、noteやyoutubeといったサイトでも様々な学習教材を探せます。qiita(https://qiita.com/)などエンジニア向けコミュニティサイトも注目です。とにかく、オンライン学習できるサイトはたくさんありますので、あなたも自分にあったサイトを探してみましょう。

(3)プログラミングスクールを使った学習

(1)、(2)と違い、プログラミングスクールを使うと一般的にかなり高額になります。しかし、それを補って余りあるメリットがありますので、特に初心者は、高額でもプログラミングスクールを活用することをオススメします。主なメリットは以下のとおりです。

1.メンターに質問できる

プログラミングには独特のロジックがあり、初心者にはなかなか理解できない部分があります。しかも、些細なミスで動かなくなることはよくあることで、厄介なことにそのミスに自分で気づかなくて挫折してしまうことはよくあることです。

ですが、メンターに質問できるプログラミングスクールであれば、その心配はありません。理解できない部分を質問したり、ミスを指摘してもらえば、学習スピードは段違いです!

2.転職活動をサポートしてくれるプログラミングスクールが多い

未経験から転職する場合、自分一人で転職活動を進めるのは困難です。しかし、多くのプログラミングスクールでは、提携している転職エージェントや自前の転職サービスがあなたの転職をサポート!きっと強力な味方になってくれるでしょう。

また、未経験者だと相場がわからず不当に不利な条件で転職するリスクが少なくありませんが、転職サポートを受けて転職すれば、そのようなリスク軽減にもつながりますね。

3.単にプログラミングを学ぶだけでなく、実戦的な仕事の進め方も覚えられるプログラミングスクールもある

特に教室で学ぶプログラミングスクールに多いのですが、ただ単にプログラミングを学ぶだけでなく、グループワークや制作発表会などを通じて実践的な仕事の進め方を学べるスクールがあります。未経験から転職するにあたって、実践的な経験は本やWEBサイトで学ぶだけでは得られない大きな財産になるのではないでしょうか。

また、一部のプログラミングスクールではクラウドワークなどで案件獲得、業務遂行するところまでサポートしてくれます。学習を進めながら、学費の一部を稼げるのは、非常においしい話ではないでしょうか。

(1)〜(3)いずれにおいても、ある程度学習が進んできたらWEBサイトなど、何かポートフォリオを作ってみるといいでしょう。

実際に手を動かしてみることで理解力は段違いですし、完成したら大きな自信になること間違いなしです。しかも、フレームワークなどPython以外のスキルを使う必要があるので、幅広いスキルの使い方を学ぶことにつながります

それに、うまくいかない時が必ず出てくるので、そのような場合どのように対処すればいいのか実践的に学ぶことができます。

更にうまく行けば、ポートフォリオを活かしてクラウドワークなどで案件を獲得するとより実践的な学びを得ることができます。特に、転職活動をする際には業務の進め方を実戦の場で学んだことは大きな経験やアピールポイントになること間違いなしです。

なお、こちらの記事で様々なプログラミングスクールを紹介しています。オンライン、教室形式など様々気になるプログラミングスクールがありましたら、ぜひ無料相談してみてください!

【独学だと続かない人へ】プログラミングスクール比較10選!多忙な社会人や未経験者にもおすすめ!

Pythonを使う仕事に就きたいのですが、どうすればいいですか?未経験でも転職できますか?

Pythonを使った仕事のイメージ

結論から言えば、未経験でも30代前半までであれば、Pythonを使う仕事に転職できる可能性は少なからずあります。それより年上でも、努力次第では可能性はゼロではありません。ただし、注意点があります

(1)未経験の新人がいきなり花形分野で活躍することや高給取りになれることはほぼありえない

確かに、Pythonは機械学習やAIなど今話題の分野で多く採用されており、言語別年収ランキングでここ最近上位です。しかし、花形分野で活躍できる、もしくは高給取りということは、それだけ重要な仕事を任せられる実力者と認められている人物ということです。

実力者と認められるには、それだけの優れた実績を多数あげないといけないのはどこの世界でも同じでしょう。ということは、未経験で実績のないあなたがいきなり花形分野で活躍することや高給取りになれることはほぼありえないということです。

それでも花形分野で活躍することや高給取りになれることを夢見るなら、しっかり足元を固めて実績を作っていくしかありません。

(2)Pythonにこだわりすぎてはいけない

Pythonに限らず一つの言語にこだわる未経験者の転職は非常に困難と言えます。多くの企業にとって言語はあくまでもサービスを提供するための手段に過ぎません。そのため、一つの言語に固執すると手段と目的を取り違えていないかと思われて企業から敬遠されます。

また、逆説的ですがPythonしかできない人間はPythonのスペシャリストにはなり得ません。本当のスペシャリストは、どの用途でPythonが有効か正しく見極めて、道具として使いこなせる人間です。つまり、Python以外の言語やフレームワークなど周辺知識も一定以上ないとスペシャリストにはなり得ません。

また、言語は多数あり、複数の言語を学ぶことでそれぞれの言語の特徴が理解できてくるもの。実務上も日進月歩のIT業界で一つの言語しかできないエンジニアの市場価値は、下がることはあっても上がることはありません。

未経験者がまずはじめにPythonを学ぶことは一つの有効な選択肢です。しかし、Python以外の言語やスキルも将来的には覚えていくことを念頭に置いておくのが必須です。

これまで厳しいお話をしてきました。その上で、未経験から転職したいのであれば、以下の方法が一番確実でしょう。

(1)Pythonを学ぶ

上記の<Pythonを学習するにはどうすればいいですか?>に、様々な学習方法を掲載しています。基礎的な文法から少しずつマスターしていきましょう。

(2)ポートフォリオを作成する

(1)である程度Pythonの使い方がわかってきたら、WEBサイトなどポートフォリオを作ってみましょう。そこまで基本的知識を完璧にする必要はありません。

それよりも、ポートフォリオ作成でつまずいた時に復習して知識を定着させるぐらいの気持ちで構いません。実践的な学びを得られるとともに、実際転職活動する際には実力ややる気のアピールに非常に有効です。

尚、レンタルサーバーを契約するならエックスサーバーヘテムルがおすすめです。コスパも良いですし、管理画面の設定もとても分かりやすく初学者でもストレスなく使えます。

  • 月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー!
    エックスサーバー
  • まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー!
    ヘテムル

WordPressしか使わなく、高速表示にこだわる方は、KUSANAGIを使ってみるので良いでしょう。※KUSANAGIを使用するためには、KUSANAGIを使用できるVPSを契約
する必要があります。

KUSANAGI使うなら、こんな人がおすすめ

  • 公開するサイトはWordPressのみだ
  • コマンドによるSSHやVPSの操作ができる、もしくは、勉強しながら操作したい
  • とにかくWPを高速表示させたい
  • KUSANAGIが使える高速で高性能なVPS!
    ConoHa VPS

(3)転職活動を行なって就職する

未経験から転職する際には、転職エージェントを使うのがオススメです。IT業界をよく知るエージェントを使った方が、効率よく転職活動を進められるでしょう。また、前述のポートフォリオを有効活用しましょう。大きなアピールになります。

また、勉強会やIT関連のイベントに参加してみることも非常に有効です。未経験者歓迎の勉強会やイベントは少なくありません。

勉強会やイベントは、単にスキルを勉強できるだけではなく、現役のエンジニアとお話しできる貴重な機会でもあります。勉強方法だけでなく、インターネットや書籍だけでは分からないリアルな業務現場のお話しを聞けるかもしれませんよ。

また、勉強会やイベントを通じて、案件を獲得したり魅力的な人物を紹介してもらえることも実際にあります。あまり前面に押し出すと嫌がられる恐れがありますが、営業や人脈拡大につながることを頭に入れて参加するといいのではないでしょうか。

Pythonの今後はどうですか?

Pythonの未来のイメージ

将来性はかなりあると言えます。汎用性が高く、しかも機械学習、AIという将来性抜群の分野でメインストリームなだけに、Pythonは将来性抜群と言えるでしょう。言語別年収ランキングではここ最近常に上位に入っています。

とは言え、IT業界は移り変わりが激しい世界。いつまでもPythonがメインストリームとは言い切れません。また、単にPythonを使えるだけでなく、ライブラリやフレームワークなども使いこなせないと仕事では使えません。

どの言語を学ぶ場合でもそうですが、Pythonだけをいつまでも学ぶのではなく、そのライブラリやフレームワーク、更には他の言語も将来的には学んでいくことが必須です。

繰り返しますが、一つの言語しかできないエンジニアの需要は決して大きくありません。また、他の言語を学ぶことで、Pythonの特徴が一層わかり、理解が深まることでしょう。

では、あなたがPythonを学んでエンジニアとして活躍することをお祈りしています。その際に、この記事がきっかけになれば幸いです。

未経験からの学習はスクールもおすすめ

Pythonに強いプログラミングスクール5選
“メンターは現役エンジニア!”
TechAcademy(テックアカデミー) ※Pythonコース

“未経験から即戦力になれる”
.Pro(ドットプロ)(旧:クリエイターズハイブ) ※Pythonコース

“「本気」なら経験や年齢関係なし!”
DIVE INTO CODE(ダイブ イントゥ コード) ※機械学習エンジニアコース

“Pythonの学習に特化!”
PyQ™(パイキュー)

人工知能特化型!完全オンライン!
Aidemy

Pythonを学べるコースのあるスクールを全て見る!

【独学だと続かない人へ】プログラミングスクール比較10選!多忙な社会人や未経験者にもおすすめ!

-プログラミング
-, , ,

転ストおすすめの転職エージェント

IT/WEB業界に強くとにかく内定率が高い!
《レバテックキャリアの公式サイト》

レバテックキャリア

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる
《マイナビエージェント×ITの公式サイト》

マイナビエージェント×IT

豊富な非公開求人と業界を熟知した担当者が転職を強力にサポート
《ワークポートの公式サイト》

ワークポート

圧倒的な求人数の多さで転職先の幅が広がる
《リクルートエージェントの公式サイト》

【リクルートエージェント】

納得感のある転職」の実現を大切にしている人材紹介・転職エージェント
《type転職エージェントの公式サイト》

非公開求人ならtypeの人材紹介

ページのトップへ戻る