エンジニアの転職

更新日:2021/03/30

専門職と管理職、エンジニアが目指すべきキャリアパスとは?体験談をもとに解説!

専門職と管理職、エンジニアが目指すべきキャリアパスとは?体験談をもとに解説!

エンジニアにとって、管理職と専門職の選択は必ずと言ってよいほど悩む部分であり、30才~35才ほどの時期に通過しなければならない道であると思います。

私も大学卒業後から一貫してIT業界のエンジニアとして勤務して20年ほどになりますが、30代前半でその岐路に立たされ、現在は管理職として業務を行っております。

自分自身の選択が間違いだったとは思いませんが、現在の世の中の状況を踏まえ、いまの30代前半のエンジニアの方々が専門職と管理職、どちらを目指すべきなのか、私の経験も交えて記載させていただきます。

専門職と管理職どちらのほうが年収は高くなるのか?

専門職と管理職どちらのほうが年収は高くなるのか?

一番気になるところかと思いますが、業種や業態によって大きく異なる部分であり、簡単に答えることができない非常に難しいところであると思います。

一例として、私が経験してきた会社で考えると、30代前半くらいまでは専門職としてのキャリアパスの方が年収は上がりやすいと感じております。

理由としては、20代~30代前半の業務内容は個人でタスクを実施するという部分も多く、自身のスキルアップが仕事の成果向上にも直結しやすいためと考えられます。

つまり、これだけの成果を出した(≒スキルが向上した)と会社の評価でアピールしやすいことがあげられます。

ただし、35才などある程度の年齢になると個人の業務より、チームとしての業務がどんどん増えてきます。そうなってくると、自身のスキルアップだけが評価対象とならないケースが多くなってきます。

そのため、その後は管理職として地位を築いていた方が年収は上がっていき、専門職を超える年収になると感じております。

ただし、特に外資系の企業などの場合、個人評価が重視されるところもあり、専門職の年収が高い期間が続きやすいと感じますし、フリーランスのような働き方の場合も同様かと思います。

スキルを高めるためには専門職なのか?

スキルを高めるためには専門職なのか?

専門職のスキル

スキルを、技術スキルと定義する場合、この問いへの答えは間違いなく「はい」になるかと思います。

専門職、つまりはある特定分野に関するスキルの専門ということになり、業務内容に直結しているため、その分野のスキルを高めるための会社からのバックアップも得やすいと思います。

管理職になると、どうしても「管理」の部分の業務が増えてしまい、自身の技術スキルを磨くための時間が少なくなってしまいます。私も管理職としてすでに10年弱過ごしてきておりますが、やはり特定の技術に触れる時間は減っていると感じます。

昔は睡眠時間を削ってでも、興味ある技術を勉強したりもしましたが、若い時のようにはいかないとも実感しております。

管理職のスキル

ただし、スキルを、もっと広い視点でとらえれば、管理職としてのスキルを高めることは、専門職では難しいかも知れないと思います。

管理職のスキルとしては、やはり部下を持つということで、コミュニケーションのスキルや、人をマネージメントするスキルなどがあげられます。

こういったスキルは独学で身につけようとしても不可能な部分も多く、地位が人を育てる、ということだけではないですが、ある程度の実践が必要になってきますし、管理職という職に就かない限り実践も難しい部分となります。

さらには、このようなスキルは、特定の業種・業態に依存しないため、世の中の変化にも強いという特長があげられると思います。

また、現在の管理職は「人の管理」だけをしていればよい、ということも少なくなっていると思いますので、一般的な管理職と、エンジニアとしての管理職は別物とも言え、技術に捉われない幅広いスキルに興味がある方には向いているとも感じます。

まとめ

昨今の世の中の状況、特にコロナによる劇的な変化を考えると、自身のキャリアパスとして専門職を目指すことは正解の一つだと思います。

専門性のあるスキル・知識を持つことは、会社に縛られず、個人として稼ぐ力を身に着けていると言えるからです。ただし、エンジニアの専門性というものは、時代の変化によって求められる種類も変化するため、常に自分のスキルを磨いていく必要があると思います。

50歳になっても自身のスキルアップを続けていく自信がありますでしょうか。

この問いに迷うことなく、あると答えられる方は専門職に向いていると思います。私もいまは管理職として勤務しておりますが、エンジニアとして技術に対する興味は薄れておらず、日々勉強することができております。

今日時点で私が専門職と管理職を選択できる年齢であれば、専門職を目指しているかもしれませんが、いまは管理職としての楽しみも見つけつつ日々業務を行うことができておりますので、どちらの道に進んだとしても、成長できる機会はあると思いますので、いまの自分を信じて思い切って選択してみることをお勧めします。

もう一度「専門職と管理職、エンジニアが目指すべきキャリアパスとは?管理職の筆者が解説!」を読む ↑

今、転職を考えているエンジニアにおすすめの転職エージェント

将来のキャリアパスに不安があり転職を考えている方は、転職エージェントの利用がおすすめです。

最適なキャリアプランを無料で相談でき、気になる求人があれば在職中でも面接調整や給与交渉を代行してもらえます。自分の市場価値を知る上でも一度カウンセリングを受けてみると良いですよ。

IT・Web業界に強い転職サイト・転職エージェントを比較するなら、「エンジニアにおすすめ!IT/Web系に強い転職サイト11選|現役プロが比較・ランキング」を参考にしてください。『未経験可』や『ポテンシャル採用』求人を多数扱う転職サイト・転職エージェントを比較できるので、理想の職場を探すことができます。

IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!現役エンジニア厳選

-エンジニアの転職
-, , , , ,

関連記事

新人エンジニアがするべき4つの勉強法を解説!【できるITエンジニア】になろう!

新人エンジニアがするべき4つの勉強法を解説!【できるITエンジニア】になろう!

エンジニアは、IT技術の変化に常に追いついていく必要のある職業です。日々、新しい技術やトレンドが誕生します。それに追いつけないエンジニアは生き残るのに苦労します。 そう聞くと「大変だな・・・」と思いま …

データを分析するイメージ

ソフトウェア開発会社で働く「女性エンジニアの1日」その仕事内容や働き方、仕事の流れとは?

カナさん(仮名) のプロフィール 年齢 20代 性別 女性 会社の業種 ソフトウェア開発 担当の職種 ソフトウェア開発担当 今回はソフトウェア開発会社で働く「女性エンジニアの1日」をご紹介します。先輩 …

エンジニアに必要なコミュ二ケーション能力とは?苦手意識を無くせる方法を解説!

エンジニアに必要なコミュニケーション能力とは?苦手意識を無くせる方法を解説!

こんにちは!本記事を見ていただきありがとうございます! 今回は、エンジニアという職業におけるコミュニケーション能力の重要性を紹介したいと思います。 私はSESで働くネットワークエンジニアです。 SES …

SEの私がリモートワークを一年半してみての感想(在宅勤務のメリット・問題点についても)

SEの私がリモートワークを一年半してみての感想(在宅勤務のメリット・問題点についても)

パンデミックは多くのシステムエンジニアの働き方を変えたのではないでしょうか。テレワークというと、システムエンジニアのイメージがあるかもしれませんが、実際に在宅で仕事をしているエンジニアは、少数でした。 …

エンジニア1年目で 転職したい新人に 必要な心構えや準備とは?

先輩に学ぶ|エンジニア1年目で転職したい新人に必要な心構えや準備とは?

ITエンジニアとして入社して1年経ったけど・・・正直仕事についていけないし、わからないことだらけで辛い、もう辞めたい・・・ こういった悩みを持つ『入社1年目の新人エンジニア』に向けた記事です。 筆者は …

転ストの中の人

  • 運営者のstaff H
  • 運営者のstaff M

エンジニア歴15年のstaffHとWebデザイナー・ディレクター歴20年のstaffMの2名が中心となりこのサイトを運営しています。転職/就職やフリーランスへの転向、未経験からのプログラミング学習など、これから”新しい一歩を踏み出そうとしている、エンジニア・クリエイター”に役立つ情報を発信しています。

プロフィール詳細 / Twitter




ページのトップへ戻る