転職物語

Webエンジニアからインフラエンジニアへ転職した体験談―20代/男性/東京

更新日: 投稿日:2022年3月9日 ※本記事は[プロモーション]が含まれています

Webエンジニアからインフラエンジニアへ転職した体験談―20代/男性/東京【それぞれの物語】

リクトさん(仮名)のプロフィール

  • 転職したときの年齢は? 24歳
  • 転職前の職種は? 人材派遣の営業職(新卒1年のみ)
  • 転職後の職種は? 1度目→Webエンジニア、2度目→インフラエンジニア
  • 内定の成功ポイントは? 初転職→自分でプログラミングを少しだけ勉強しながら、未経験OKの会社へひたすら応募し、足を運んだこと。2度目→Web開発のスキルとLinuxが使えることを強みにした
  • 転職活動に使ったサービスは? 転職エージェント(リクナビ・マイナビ・エン・ジャパン)
  • 転職前後の収入の違いは? 初転職は新卒時より30%ほど収入がダウン。(250万円程度) 2度目は新卒時より20%ほどアップ。(300万円程度)
  • 性別は? 男性
  • お住いは? 愛知→東京
なぜ?華のWebエンジニアから地味なインフラエンジニアへ転職したのか

私は現在フリーランスのエンジニアとして活動しております。

サーバ・インフラ分野のエンジニアとして、サーバの構築および運用を担当しています。これまでは証券、決済系、住宅ローンなどの金融系システムをメインに構築・運用してきました。
 
今回は私のエンジニア転職〜フリーランスになるまでの体験を書いていきます。
 
転職時の戦略的なノウハウはないですが、Web開発からインフラ構築専業に移った経緯、実際の現場の様子などをお伝えできればと思います。

インフラを学べる【無料】ITスクール3選!

ネットビジョンアカデミーの公式サイト
ネットビジョンアカデミー
ProEngineer
プログラマカレッジ
GEEK JOBの公式サイト
GEEK JOB スピード転職コース
ネットワークエンジニア育成に特化したスクールで、実践的なカリキュラムを【無料】で受講できます20代の第二新卒、フリーター向けの【無料】スクール。インフラ技術を実践さながらに学習できますインフラ知識や技術を【無料】で幅広く学習できます。97.8%という驚きの転職成功率。迷ったらここ
無料で受講可能無料で受講可能
体験談1体験談2体験談3
無料で受講可能
口コミ・評判
→ 無料登録して相談してみる→ 無料登録して相談してみる→ 無料体験会に参加してみる

営業からエンジニアへ転職。私の紆余曲折なキャリア―第1章

営業からエンジニアへ転職。私の紆余曲折なキャリア―第1章

実は私、ずっとエンジニアをしてきたわけではありません。

私が新卒で就職したのは2014年。就活で苦労し、大学を卒業する少し前にやっと内定をもらえたのが人材派遣の会社でした。職種は営業です。

しかし、いざ入社するも、営業として全く結果が出せず、上司に怒られる毎日でした。会社に行くのが本当に辛かったです。そして、数ヶ月後に戦力外通告されたこともあり、入社して1年で辞めてしまいました。

その後、社員数が10名程度の小さなWeb制作会社に「Webエンジニア」として転職しました。ここから私のエンジニアとしてのキャリアが始まります。当時はまだ年齢的に若く、第2新卒という枠で採用されました。しかし、このWebの世界でも自分の力を発揮できずに終わってしまいます。

失敗しないWeb制作会社の選び方【フリーランスエンジニアを目指す未経験・学生必見】

次にそこからサーバ(インフラ)エンジニアに転職するまでを書いていきたいと思います。

辛すぎたWebアプリ開発〜挫折と次なる道の模索〜―第2章

辛すぎたWebアプリ開発〜挫折と次なる道の模索〜―第2章

1.残業160時間超、身も心もボロボロになり決意したこと

2社目でエンジニアデビューした私ですが、マルチタスクで残業の日々でした。その会社は学術機関向けのシステム開発やWebサイト運用、授業動画の編集などを手がけています。

とにかく様々なタスクがあり、手に負えない状態でした。プログラミングはおろか、HTMLやCSSのコーディングすらほとんどできない状態で、泣く泣く160時間超えの残業をしたこともあります。

会社も自転車操業のような状態で、そこで働くことの意義を見出せませんでした。結局、このWeb制作会社は2年弱で辞め、少し休んだ後に転職活動しました。

2.自分の得意を活かして畑違いの道へ

当時はJavaPHPJavascriptなどの言語でアプリ開発するよりも、Linuxなどサーバ周りの構築や運用の方が得意でした。

それに自分でアプリやサービスを作りたいという気持ちもなかったのです。どちらかと言うと縁の下の力持ち的な役割の方が向いてる気がして、インフラ専業のエンジニアを目指すことにしました。

インフラエンジニアへの転職に必要なスキル、需要について解説!

転職する時は転職エージェントは頼りませんでした。理由は初めての転職時に苦い思い出があったからです。なので、いくつかの転職サイトから自分で応募していきました。

インフラとは言え、ネットワークではなく、サーバ分野を探していたので、募集数はそれほど多くないことに気付きました。IT職種の募集はプログラマーやネットワークエンジニアのほうが多いと感じます。それでもサーバ専門での募集を探し続けました。
 
当時は名古屋に住んでいたのですが、募集案件は東京が圧倒的に多いんですよね。なので、場所は問わず、経験が浅い人でも採用してくれそうな会社を狙いました。

とにかく「Linux」「構築」というキーワードがある募集にはひたすらエントリーした記憶があります。

小さな会社の大きな魅力―第3章

小さな会社の大きな魅力―第3章

転職活動をして1ヶ月ほど経過した頃、都内の小規模なシステム開発会社の面接を受けました。当時の社員数は15名程度なので本当に小さい会社です。

面接ではアピールポイントとして、技術的な面ではLinuxが使えること、開発の経験があることを伝えました。個人的な面では好奇心旺盛であること、読書や筋トレを継続していることなどをアピールしました。
 
そして、面接した日の夜に内定をもらえました。これは嬉しかったです。それ以降も何社か受けて、2ヶ月ほど待ってもらった後、最終的にここに入社することにしたのです。
 
決め手は「SES(準委任契約)」だけでなく「社内受託」も行っていることでした。(入社後2ヶ月ほどで社内受託は停止しましたが。。)また、社長含め、皆さん人柄も良さそうで、技術力も高い人が多いのが魅力でした。

2次請け案件が多いので、他のSIerと事業内容は変わりません。しかし、案件入札や提案から参画したり、新事業を立ち上げるなど小さいながらチャレンジする会社なのは強みだと感じます。

エンジニア未経験の方には「SES」がおすすめ!Sierの違いやメリット・デメリットも

これがインフラ現場! 実体験を語ります―第4章

これがインフラ現場! 実体験を語ります―第4章

1.ミスが許されないピリピリした世界

ここでは実際にインフラエンジニアとして働いて感じたことを書きます。

初めて参画した案件は金融系(銀行・証券)システムの保守・運用でした。そこの現場ではWindows Serverで稼働しているシステムが多く、Linux OS(RedHat)は少数でした。なので、Linuxを扱える人が少なく、かなり重宝されました。

金融系の現場はミスが許されないため、社内ルールが非常に多いです。その分、無駄な事務作業も多く発生します。また、新しい案件でも数年前の古い技術を使うので、エンジニアとして成長する機会は少ないと感じます。

障害対応やミドルウェアのアップデート作業がメインで、定常作業になりがちです。監視業務をやると、夜間勤務もありえます。2年ほど同じような日々が続き、正直このままなら会社を辞めようかとも考えました。
 
そんな矢先、現場3年目にしてようやく新規のシステム構築を任されました。AWS上のLinux OSにあまり聞き馴染みのないミドルウェアをいくつか組み合わせて構築するものです。

設計書やパラメータシートの作成、運用スクリプトのコーディングなど幅広く経験することができました。この経験で少し自分に自信がつきました

その後に別の金融系の現場へ1年ほど行きましたが、ここでの体験は省略します。

インフラエンジニアへの転職に必要なスキル、需要について解説!

2.Web業界とSI業界の違い:メリット・デメリット

ここまで書いた通り、私はWeb業界とSIerなど受託開発(業務系・オープン系)の両方を経験してきました。その私が感じるのは、両者で求められるスキルが全く異なるということです。

前者は基本的にプログラマー(Webエンジニア)であり、プログラミング言語はもちろん、サーバ、ネットワーク、データベース、クラウド、デザインなどのスキルも必要です。つまり、割と何でもできなければなりません。

また、オープンソースの無料のソフトを使うことが多いので、JP1やOracleなど高価なベンダーソフトウェアを利用する機会はほとんどありません。

一方、ITベンダーの受託開発では扱うシステム規模が大きく、様々なソフトウェアが混在しています。保守付きの高価なソフトウェアが多いため、個人で利用する機会はないと思います。

Webアプリ開発だと1人のエンジニアが、フロント〜サーバサイドまで関わることがあります。もしくはフロントエンドサーバサイドという担当分けが一般的かもしれません。

しかし、SIerの現場だと必ずアプリとインフラで担当が分かれます。さらにインフラの中でも各ミドルウェア、サーバ、ネットワーク、監視など細かく分かれています。アプリも似たようなものでしょう。

その分、一つの技術や分野に詳しくなれますが、幅広く様々な技術を学ぶ機会には乏しいように感じます。(もちろん会社の方針によって違います。)

どちらが良いかは自分の向きや不向きがあるので、何がやりたいのか・何に興味があるのかを大切にして選びましょう。

転職プロに無料相談して、
理想のキャリアを明確にする!
インフラエンジニア転職を最短で決めるために利用すべき転職サイト・エージェントを比較するなら、「インフラエンジニア向けおすすめ転職サイト・転職エージェント11選!」という記事をご覧ください。好条件の求人を多数保有した転職サイトを詳しく比較することができます。未経験OKの求人を扱う転職エージェントもご紹介しているので、駆け出しエンジニアにもおすすめです!

インフラエンジニア向けおすすめ転職サイト・転職エージェント11選!

サラリーマンからフリーランスへ 〜仕事を獲得するために大切なこと〜―最後に

サラリーマンからフリーランスへ 〜仕事を獲得するために大切なこと〜―最後に

金融系の運用・構築案件を中心に4年ほど勤務した後、2021年の夏頃に会社を辞めました。理由はエンジニア以外の仕事をしたいと思ったからです。

しかし、なかなか上手くいかず、今後どうしようかと悩むことになります。
 
その時に辞めた会社から「人手が必要で、業務委託で働かないか?」という話がありました。迷いましたが、しばらくエンジニアの仕事をしながら別のスキルを勉強することにしました。
 
この提案を承諾し、現在までフリーランスのエンジニアとして働いています。

フリーランスのエンジニアになりたい人は多いと思います。その場合、専門のエージェント経由で仕事を紹介してもらうのが最近のトレンドですね。

現役フリーランスエンジニアが解説!エージェントを使うべき4つのメリット【初心者必見】

しかし、私のように所属していた会社を通じて、直接の委託契約という道もあります。

このように今の会社や現場で人間関係を良好にしておくと、その後につながる可能性があります。たとえ、会社も仕事も辞めたとしても、そこの人脈を通じて案件を紹介されることもあります。

なので、どんな現場でも人間関係は良好にしておくことが重要です。

今後は自分のエンジニア経験を伝える側としてキャリアを積んでいきたいと思ってます。この執筆もその第一歩です。

もう一度「なぜ?華のWebエンジニアから地味なインフラエンジニアへ転職したのか【体験談】」を読む ↑

インフラエンジニアに必要なスキル・知識を【無料】で学べるスクール3選!

20代未経験からのITエンジニア転職を【完全無料】でサポート!

ネットビジョンアカデミーの公式サイト

ネットビジョンアカデミー
資格(CCNA)も取得しながら、最短2ヶ月でITエンジニアへの転職を実現しています

ネットビジョンアカデミーの[公式サイトへ]


未経験から「最速で稼ぐ」!現場主義にこだわったエンジニアリングスクール

RaiseTech(レイズテック)の公式サイトへ

RaiseTech(レイズテック)
Java・AWS・WordPressに特化。高収入・副業・フリーランスなど『稼ぐチカラ』を確実に習得できる!

RaiseTech(レイズテック)の[公式サイトへ]

もっと多くのインフラエンジニアを目指せるIT/プログラミングスクールを比較するなら、「【無料あり】インフラエンジニアを目指せるおすすめIT/プログラミングスクール5選!」という記事を参考にしてください。無料で受講できるスクールや転職や副業に強いスクールなど、目的に合わせて比較できます!

【無料あり】インフラエンジニアを目指せるおすすめIT/プログラミングスクール5選!

インフラエンジニア転職を最短で決めるために利用すべき転職サイト

インフラエンジニア転職を最短で決めるために利用すべき転職サイト・エージェントを比較するなら、「インフラエンジニア向けおすすめ転職サイト・転職エージェント11選!」という記事をご覧ください。好条件の求人を多数保有した転職サイトを詳しく比較することができます。未経験OKの求人を扱う転職エージェントもご紹介しているので、駆け出しエンジニアにもおすすめです!

インフラエンジニア向けおすすめ転職サイト・転職エージェント11選!

フリーランスエンジニアにおすすめのエージェント【未経験可もあり】

フリーランス初心者が求人・案件を探すなら、「フリーランスエンジニアが[登録すべき]案件・求人紹介サイト(エージェント)比較11選!」という記事を参考にしてください。週1日や週末のみ、副業など『理想の働き方』を見つけてくださいね!

フリーランスエージェントおすすめ11選!未経験/副業/リモートOKなどを徹底比較

-転職物語
-, , , , , , , , ,

関連記事

学校事務からプログラマー・SEに転職した体験談【それぞれの物語】30代/男性/埼玉県在住

学校事務からプログラマー・SEに転職した体験談!30代/男性/埼玉県在住―それぞれの物語

エイジさん(仮名)のプロフィール 転職したときの年齢は? 23歳 転職前の職種は? 学校事務 転職活動に使ったサービスは? 転職サイト、直接応募 転職後の職種は? プログラマー 転職の成功ポイントは? …

未経験から独学でプログラミングを学び、IT系のヘルプデスクへ 【それぞれの物語】20代/男性/大阪府在住

未経験から独学でプログラミングを学び、IT系のヘルプデスクへ 【それぞれの物語】20代/男性/大阪府在住

リョウスケさん(仮名) 20代 男性の《転職体験談・口コミ》 転職したときの年齢は? 26歳 転職前の職種は? サッカーウェアメーカーの営業職 転職活動に使ったサービスは? 転職エージェント 転職後の …

https://www.tenshoku-stories.com/stories/job_infrastructure/

30代でのUターン、そしてインフラ系エンジニアへ転職した体験談!40代/男性/福岡県在住

タケユキさん(仮名)のプロフィール 転職したときの年齢は? 35歳、37歳 転職前の職種は? SE 転職後の職種は? SE 内定の成功ポイントは? トレンド的にスキルがマッチした 転職活動に使ったサー …

リーマンショック(株価下落)のイメージ

リーマンショック後の転職で異業種、そして現在はITエンジニアへ【それぞれの物語】30代/男性/大阪府在住

シゲユキさん(仮名) 30代 男性の《転職体験談・口コミ》 転職したときの年齢は? 31才 転職前の職種は? 営業事務 転職後の職種は? Web系エンジニア 内定の成功ポイントは? 積極性をアピールす …

名刺交換するイメージ

ITベンチャーの営業から基幹システム開発会社のSEへ転職!20代/男性/福岡県在住―それぞれの物語

シンゴさん(仮名)のプロフィール 転職したときの年齢は? 26歳 転職前の職種は? 営業(IT関係) 転職後の職種は? SE(EPR関係) 内定の成功ポイントは? チームで働いた経験や働きたい意欲+コ …

[PR]:
お得なキャンペーン中!!

転ストの中の人

  • 運営者のstaff H
  • 運営者のstaff M

エンジニア歴15年のstaffHとWebデザイナー・ディレクター歴20年のstaffMの2名が中心となりこのサイトを運営しています。転職/就職やフリーランスへの転向、未経験からのプログラミング学習など、これから”新しい一歩を踏み出そうとしている、エンジニア・クリエイター”に役立つ情報を発信しています。

プロフィール詳細 / Twitter
[PR]: