エンジニアの転職

公開日:2018/10/14|最終更新日:2020/06/23

40代未経験からエンジニア/プログラマー/SEに転職する為のコツやポイント!〜Web・IT業界編

40代ビジネスマンが走るイメージ

本記事は、

  • 40代・未経験でIT業界に転職できるのか?
  • プログラミングを習得したところで仕事はあるのか?
  • でも、IT・Web業界への転職を諦めたくない、良い方法はないか?

このような40代で転職を考える方に向けた記事です。

まず結論から先に申し上げると、40代未経験からの転職は『可能』です。実際、当サイトでも「40代・未経験からエンジニア転職を成功させた方の体験談」を紹介しています。当然簡単なことではありませんし厳しい転職活動になることも予想されます。その難しさに途中で諦める方が多いのも事実です。

簡単では無いが、視野や考え方を変えれば可能性はある

近年はIT技術の普及により、これまでインターネット関連は有線が主流であったにも関わらず、Wi-fiなどの無線が一般でも扱われるようになったり、AIによる人工知能の向上でさまざまなIT機器が扱いやすくなったりと便利な社会となっています。

そのような社会的背景の中、Web業界やIT業界が注目されたことで他の業種から転職を考えたり、未経験の方でもプログラミングスクールなどを利用してキャリアチェンジする方が増えています。

そこで、今回は自身も40代でエンジニア転職した経験のある筆者が、未経験からの転職に必要な準備やコツ、職種の選び方などを詳しく解説します。ぜひ最後までお付き合い頂ければ幸いです。

[PR]:今すぐ無料登録したい方はこの3サイト

登録は簡単ですので「何はともあれ」複数登録をオススメします。選べる求人の幅が広がります。
  1. パソナキャリア ※「質」の高い求人に定評があり!
  2. リクルートエージェント ※「求人数の多さ」は流石の業界最大手!
  3. ギークリー ※40代以上にも強い!

※上記は当サイトからの登録が多い順になっています

40代未経験からのIT業界への転職はどのくらい可能なのか?

人手不足のイメージ

Web業界やIT業界は、近年人員不足が慢性化しています。急速なIT技術の進歩により、社会的に求められる技術と開発に関する需要と供給のバランスがとれず、IT技術と開発者の間で摩擦が生じています。ここでは、40代のWeb業界やIT業界への転職について取りあげたいと思います。

[前段階]今の自分に転職が必要かを再確認する

技術の進歩やトレンドの移り変わりが早いWeb・IT業界へ40代の未経験者がいきなり就職することは困難を極めます。

一般的に40代ともなると企業の管理職に就いていてもおかしくない年代で、その責任やおかれた立場から見ても会社・同僚・部下・取引先、そして家族への影響も考える必要があります。それらを踏まえ上で転職する事が自分のキャリアとして本当に必要な事なのかを見極める事が重要です。

もし明確な判断が出来なければ一旦白紙に戻し、冷静になって考え直して見ることも大切です。

最善の選択をするためにも将来のキャリアプランや自分の市場価値をしっかり考えてみてください。

今ではミイダスのように適正年収・市場価値診断が出来るサービスもあるので、一度試してみるのも良いでしょう。

[技術職以外]でのIT・Web業界への就職も検討する

採用する側の企業の立場からすれば、「開発経験無しの40代」と「20代・30代」を比較した場合、教育コストやその後の勤続年数などの観点から後者を採用するのは当然の判断です。

「この業界に入る事が目的で、開発の仕事にこだわらない」という方は、営業職やプロマネ、ITコンサルタントなど、40代までに培ったプロジェクト管理能力やマネジメント能力を活かせる職種も検討してみてください。またIT・Web業界未経験でも自社販促物の制作や広報・人事・採用に携わった経験のあるかたは、Webマーケティングや広告担当というポジションなどは未経験でも採用されるチャンスがあります。

Webマーケティングが学べるスクール3選
  1. デジプロ ※現役トップマーケターのマンツーマン指導によるオンラインスクール
  2. DMM MARKETING CAMP ※未経験特化型カリキュラムでWebマーケターへの転職を目指す
  3. ビズデジ ※現場で活躍できるITビジネススキルを【7週間】で身につける

IT業界の人材不足が続いているのも事実

開発・技術職を目指すなら[事前準備]はしっかりする

先にも述べたとおり業界の人材不足のなか、研修制度などをしっかり用意し「学歴不問」や「未経験可」などを掲載している求人も出てきています。40代・未経験から開発・技術職への転職を目指すのであれば、下記の2つは在職中から進めておくことをおすすめします

転職エージェントに登録しておく【複数が基本】

より多くの情報を得るためにも、複数のエージェントへの登録は必須だと考えましょう。エージェントであれば、これまでの経験や実績のアピール方法やポートフォリオ作成のサポートも受けられます。

[PR]:40代・未経験からのIT/Web業界への転職なら、現役エンジニアが厳選した「40代エンジニアにおすすめ!転職エージェント・サイト比較8選!〜大手・外資企業の求人も〜」という記事をご覧ください。
プログラミングスクールを受講する【転職保証型もあり】

プログラミングスクールであればメンターへの質問や相談がいつでも出来るので、未経験・社会人でも挫折することなく学習可能です。また、スクールによっては『転職支援・保証型』もあるので、必ず全てを比較した上で、自分の目的に合ったスクールを選ぶ事をおすすめします。

これらは、収入がある期間(在職中)におこなうのが理想です。40代の転職活動は長期になる事が多いので、金銭的にも精神的も負担を減らす事ができます。

転職に成功する人の特徴

ここまでの内容を踏まえ、40代の転職に成功する人の特徴を上げると、

  • 自分の市場価値を理解している
  • マネジメントの経験がある
  • 広い視野を持てる(職種にこだわらない
  • 転職に向けた事前準備が出来ている

これらに該当するものが無い人は、今一度転職を考え直すべきでしょう。

では、ここからはより具体的な『40代・未経験の転職』を解説していきたいと思います。

Web業界の転職

まずは、Web業界についてご紹介していきます。

Web業界では、大きく『受託開発会社(制作会社)』と『自社サービス会社』の2つに分けることができます。

受託開発会社(制作会社)では企業などのWebサイトやシステムなどを受注し、デザインやシステム要件定義などの提案から制作、公開・運用までを行います。それらの業務では、プロジェクトマネージャー(PM)をはじめ、プロジェクトリーダー(PL)のもとチームを組んで取り掛かります。※デザイン会社であればPM=プロデューサー、PL=ディレクターと位置づけされることが多いです

自社サービス会社では、自社が提供するサービスやアプリなどの開発・運用・販売などをおこないます。それらに関連するWebサイト(システム)、販促物、プロモーション、マーケティングなど業務は多岐にわたり、これらを自社スタッフ、外部パートナーで進めます。PM、PL、マーケター、営業、採用、アートディレクター、デザイナー、エンジニア、ライター・・・などさまざまな職種のスタッフが携わるのが特徴です。

Webに関する知識やスキルはもちろん、チームをまとめてプロジェクトを成功に導く能力を求められますので、マネジメントスキルやプロジェクト管理能力などを積極的にアピールすることがポイントとなります。

ここがポイント!
面接では、携わったプロジェクトの規模や人員数、スケジュールなどの成功体験を具体的に説明するようにしましょう。また、苦労した点などを「どのように改善したか」をアピールすると面接官の印象も良くなります。

[PR]:Webマーケティングを学ぶならここ

ポートフォリオを作っておく

40代未経験でWebデザイナー・ディレクターを志望であれば、最低限のデザイン関連のセンスも問われることから、転職する際は制作実績としてポートフォリオ(作品)を提示するとよいでしょう。

【転職に差がつく】ポートフォリオ作成のコツ・ポイントを未経験エンジニアに向けて解説。

また、そのポートフォリオ(これまで自分が作ったサイトやブログ、グラフィック作品など)を実際にWeb上に公開しておけば、そのURLを履歴書に記載したり面接時に伝えることで、採用側にとってもあなたの「スキル」や「やる気」がより明確かつ容易に伝わります。40代の転職を少しでも有利に進めるためにも、このポートフォリオの準備は積極的に行うようにしてください。

尚、レンタルサーバーを契約するならエックスサーバーヘテムルがおすすめです。コスパも良いですし、管理画面の設定もとても分かりやすく初学者でもストレスなく使えます。

[PR]:

WordPressしか使わなく、高速表示にこだわる下記のようなかたは、KUSANAGIを使ってみるので良いでしょう。

  • 公開するサイトはWordPressのみだ
  • コマンドによるSSHやVPSの操作ができる、もしくは、勉強しながら操作したい
  • とにかくWPを高速表示させたい

尚、KUSANAGIを使用するためには、KUSANAGIを使用できるVPSを契約する必要があります。

[PR]:KUSANAGIが使える高速で高性能なVPSなら、ConoHa VPSがおすすめです。

IT業界の転職

次に、IT業界についてご紹介していきます。

IT業界は、主に情報技術を扱いソフトウェア開発やハードウェアの組込みなど制御技術にも精通している業務を遂行します。特にIT業界のエンジニアは、IT関連の深い知識とスキルが問われてくることから、一般的に未経験者の採用は殆どありません。

IT業界では、40代はプロジェクトを総括する役職に就く年代です。

基本的な流れは、クライアントから受注があるとシステムエンジニア(SE)が要件をまとめます。そして、SEが定めた工程や日程を要件指示書に従って、エンジニアが成果物制作に取り掛かります。

IT業界の業務内容は、未経験でさらに40代であるということを考慮すると転職活動はしっかりとした対策が必要になります。

面接対策

Web業界と同様にマネジメントや顧客との折衝・提案スキルなど経験に基づいた強みをアピールする必要があります。40代ともなれば過去の面接やプレゼンなど人前で話す経験も積んでいるかもしれません。

ただし、未経験からのIT・Web業界への転職ともなれば、専門用語など意味を理解しないまま質問に答えてしまうケースも予想されます。『志望動機』や『逆質問』などは要点をまとめ面接官に刺さる内容に仕上げておきましょう。

逆質問まとめ!「何か質問はありますか?」に先輩エンジニアは面接でこう答え内定を勝ち取った!

エンジニアの志望動機まとめ!内定を決める書き方・コツを先輩の例文に学ぶ!

企業情報の収集

面接を希望する企業の情報は必ず事前に収集しておきましょう。自社サイトで『事業内容』『企業理念』『経営者の氏名』『社員の声』など、また競合他社についてもチェックしておくとよいでしょう。

IT/Web業界に必要なスキルや経験とは?未経験者はプログラミングスクールの選択も

パソコンの前で勉強するイメージ

Web業界やIT業界には求められる技術が異なることから、それぞれ必要なスキルや経験にも違いがあります。ここでは、Web業界やIT業界で必要なスキルや経験、さらにそれらを学ぶためにプログラミングスクールをおすすめする理由についてご紹介していきます。

Web業界で必要なスキルや経験

Web業界では、クライアントやチーム内での情報交換が頻繁に行われます。例えば、Webディレクターを中心に、プロジェクトに関する会議を開きチーム全体で方針を固めたり、その後の工程や成果物の精度についての取り決めを行います。

このときに、チームに関与しているとして客観的に意見を述べなければならない場面があります。そこで、Web業界に従事するうえで、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力が問われます。

人前で話すことが苦手であっても、Web業界に勤めていればいつも間にか克服している、というケースも少なくありません。

IT業界で必要なスキルや経験

IT業界では、プログラミング言語を主に扱うことから、プログラミング言語に関する知識や論理的思考が求められます。例えば、プログラミング言語が理解できるだけではIT業界で通用しません。

プログラミング言語を扱ってどのように組み合わせていくのか、さらに、ベストな状態でソフトウェア的にもハードウェア的にも負担をかけないように組めるようなスキルを身につけておかなければなりません。また、SEから提示された業務フローをこなせる能力がなければ業務を遂行することが困難であるため、チーム内での協調性も問われます。

一般的にはクライアントと要件を照らし合わせて定義したものをSEが取りまとめています。それをプログラマーなどのエンジニアに提供し、工程とチームを組んでプロジェクトにとりかかります。

プログラミングに関する能力は経験がなければ難しく、知識だけではコーディングすることさえ難しく感じることがあります。


プログラミングスクールをおすすめする理由

日々の業務で忙しく、年齢的にも職場では責任のある立場の方も多い40代。

そういった方がWeb業界やIT業界の勉強を独学で続けていくことは大変困難です。分からないことに対して、1つ1つ解決していかなければ長続きしません。そこで、Web業界やIT業界に精通しているプログラミングスクールで学ぶことをおすすめします。

プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較7選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!

プログラミングに関するスクールはたくさん存在し、直接学校に行かなくても、オンラインスクールでプログラミングを学ぶことができるスクールも多数あります。

プログラミングスクールでは課せられたカリキュラムをこなし、着実に知識やスキルが身についているという実感を得ることができます。また、スクールでは転職に関するアドバイスやサポートも受けられますし、受講中に何か作品(ポートフォリオ)を作れば面接時の一つのアピールポイントして活用できます。

[PR]:ポートフォリオを作るなら、スクールで学びながら作ると効率的!社会人・未経験におすすめ!「プログラミングスクール比較11選!」

これからWeb業界やIT業界で活躍したいと思っている40代の方は是非一度検討してみてください。

フリーランスとして仕事を請けてみる

スクールの受講中もしくは卒業してからでも良いので、クラウドソーシングランサーズクラウドワークスココナラなど)やフリーランス向けの求人サイトなどで「小さめ・簡単め」な案件を探してみるのも良いでしょう(在職中の方は副業が可能であれば)。実績を作るという意味でも転職活動の武器の一つなります。

フリーランスエンジニアが[登録すべき]案件・求人紹介サイト(エージェント)比較11選!未経験でも挑戦可能!

SEの転職先はIT企業だけではない、社内SEやフリーランスの道も!

尚、こういったクラウドソーシングではWeb制作の案件も多く、最近では特に『WordPress(ワードプレス)』の制作案件が増えてきています。WordPressの案件であれば、簡単なカスタマイズ作業で日数も短めの『比較的容易な案件』も受注できるので、これから経験を積みたい方にとっても参入しやすいといえます。

WordPressやWebサイト制作に必要なスキルである、PHP・JavaJcript・HTML・CSSなどを独学で身につけるのは時間もかかり、日々の忙しさで『挫折』する方がほとんどですので、プログラミングスクールで基礎の部分をしっかり学習することが重要です。

Webサイト・WordPress制作を学ぶことができるプログラミングスクール

Webサイト・WordPresの知識・スキルを学ぶことができる、おすすめのプログラミングスクールは、

です、体験や相談は無料でできるので、ぜひ試してみてください。

IT/Webに強い転職エージェントを利用する

机の上で腕を組むイメージ

近年はインターネットの普及により、転職エージェントについてよく耳にします。転職エージェントは独自のビジネスモデルを確立し、求職者に対して適切に求人を案内することができます。ここでは、Web業界、IT業界未経験の40代が転職エージェントを利用する理由についてご紹介していきます。

40代Web業界、IT業界未経験者が転職エージェントを利用する理由

40代の転職となれば、これまでのキャリアに余程の自信が無い限りは、自分の力だけで採用を決めるのは容易ではありません

20代や30代前半の頃と比べても、とにかくより多くの求人数を集め・応募していくことが転職を勝ち取るコツです。その為には「求人数の多い大手や、専門職に強い」など気になる転職エージェントには可能な限り登録して、担当のキャリアアドバイザーと良好な関係を築くことで、マッチ度の高い求人を少しでも多く得ることが重要なポイントとなります。

キャリアアドバイザーとのやり取りにあたっては、あなたが、

  • すぐに次の転職が決まる「可能性」のある求職者である
  • すぐにでも転職したいと強い意志のある求職者である

この2つを前提に臨むことをおすすめします。

そうする事でキャリアアドバイザーのモチベーションも上がり、紹介してもらえる求人数も増え、マッチ度の精度が良くなる事が見込めます。

アピールすべきポイント

エージェントとの面談やカウンセリングでアピールすべき事として、これまでの実績や経験において自身が強みとしていること、そして今後のキャリアプランを明確に伝える事があげられます。

また、転職への強い意志表示として「自分の希望がこうですが、それに近い求人があれば是非ご紹介いただきたい」など、視野を幅広く持ち求人と向き合う姿勢があることをアピールすると良いでしょう。

決して最初から希望する範囲を限定し過ぎずないように注意してください。

40代におすすめの転職エージェント8選
  1. 「質」の高い求人とサポート力に定評あり
    パソナキャリアの[公式サイトへ]
  2. 求人数の多さは、さすがの業界最大手
    リクルートエージェントの[公式サイトへ]
  3. 40代にも強い、IT・Web系専門エージェント
    ギークリーの[公式サイトへ]
  4. ミドル層の転職にも強く、地方求人も多数保有
    dodaの[公式サイトへ]
  5. 高年収・高待遇に特化、事業会社の求人多数
    TechClipsエージェントの[公式サイトへ]
  6. ハイクラス・グローバル求人、高年収狙うなら
    JACリクルートメントの[公式サイトへ]<
  7. CMでも有名、即戦力のハイクラス人材
    BIZREACH(ビズリーチ)の[公式サイトへ]
  8. 業界トップクラスのハイクラス求人数を保有
    レバテックエキスパートの[公式サイトへ]

すべてのエージェントについて詳しく見る

面接時のアピールポイントは?

ネクタイを締め直すイメージ

Web業界やIT業界ではそれぞれに求められる要件が異なることから、面接時のアピールの仕方も違いがあります。ここでは、面接時のアピールポイントをWeb業界とIT業界ごとに解説していきます。

Web業界の面接アピールポイントとは

40代、ましてや未経験となるとWeb業界へ転職することは書類審査さえも通過するのが困難になります。

マネージメント力をアピールする

Web業界ではクライアントやチーム内で連携を図らなければならず、また、40代となればチームをまとめていかなければなりません。そこで、求心力や統率力が問われることから、面接時にはこれまで発揮してきた求心力や統率力についての実績を述べるとよいでしょう。

未経験であることと40代であることを考慮すれば、知識やスキルよりもチームをまとめる能力やクライアントとの交渉能力などを強くアピールしたほうが高い評価を得られやすくなります。

IT業界の面接アピールポイントとは

40代でIT業界への転職は相当難しいとされています。しかし、諦めてしまってはそこで終わりです。自分の持てる全ての知識や習得しているスキルについてアピールしましょう。IT業界の面接では、その場で簡単な試験が行われることがあります。専門用語や疑似言語の扱い方などの知識が問われます。この試験で高得点を取ることでアピールポイントとして評価される場合があります。

アンケート【40代の転職】先輩SE・プログラマー・エンジニアの転職成功体験談!

キャリアパスと年収について

厚生労働省発布の平成29年度賃金構造基本統計調査によりますと、Web業界やIT業界の40代平均年収は男性が440万円、女性が341万円と出ています。しかし、Web業界やIT業界の未経験であれば40代であっても、年収はそれほど見込めません。

実績に伴う評価をする企業が多く、未経験であることがマイナスの要素として働き年収が低く設定されるなど決して安泰とは言い難いです。本来であれば、40代はリーダー以上の役職に就いていてもおかしくはありません。しかし、未経験であることがネックで、その後のキャリアパスやキャリアアップがほとんど望めないことも事実です。

まとめ

最後に、Web業界やIT業界未経験の40代が転職に成功する可能性は低く、現実は非常に厳しいですが必ずチャンスはあります。そのチャンスをつかみ取るためには、自身のアピールポイントをしっかりと把握しておくことが重要です。

Web業界やIT業界が未経験の40代でも、転職のタイミングや希望職種の範囲を広げる、そして転職エージェントをうまく活用する事で転職に成功する確率が上がります。何事も諦めないことが大切です。

また、冒頭でもご紹介しましたが、当サイトの40代で転職を成功させた方々の体験談を是非ご一読ください。

この記事が40代でWeb業界やIT業界に興味があり、転職したいと考えている方への参考になれば幸いです。

[PR]:Webマーケティングを学ぶならここ


40代におすすめの転職エージェント8選
  1. 「質」の高い求人とサポート力に定評あり
    パソナキャリアの[公式サイトへ]
  2. 求人数の多さは、さすがの業界最大手
    リクルートエージェントの[公式サイトへ]
  3. 40代にも強い、IT・Web系専門エージェント
    ギークリーの[公式サイトへ]
  4. ミドル層の転職にも強く、地方求人も多数保有
    dodaの[公式サイトへ]
  5. 高年収・高待遇に特化、事業会社の求人多数
    TechClipsエージェントの[公式サイトへ]
  6. ハイクラス・グローバル求人、高年収狙うなら
    JACリクルートメントの[公式サイトへ]<
  7. CMでも有名、即戦力のハイクラス人材
    BIZREACH(ビズリーチ)の[公式サイトへ]
  8. 業界トップクラスのハイクラス求人数を保有
    レバテックエキスパートの[公式サイトへ]

すべてのエージェントについて詳しく見る

-エンジニアの転職
-, , , , , ,

関連記事

女性SEがパソコンを操作するイメージ

先輩に聞いた!SIerで働く「女性SEの1日」の仕事の流れと勤務時間や業務内容

ミサキさん(仮名) の場合 年齢 30代 性別 女性 会社の業種 某大手システムインテグレーター 担当の職種 SE 目次1 仕事概要2 1日の流れ〜SIer編2.1 9:00 出社2.2 10:00  …

データを分析するイメージ

先輩に聞いた!企業で働く「ソフトウェア開発者の1日」の仕事の流れと勤務時間や業務内容

カナさん(仮名) の場合 年齢 20代 性別 女性 会社の業種 ソフトウェア開発 担当の職種 ソフトウェア開発担当 目次1 1日のスケジュール1.1 8:001.2 8:30~1.3 10:00~1. …

面談をするイメージ

《現役キャリアアドバイザー》から見た、40代・未経験からのIT・Web業界への転職チャレンジ

40代未経験でもIT業界に転職できるかな? 何社くらいに応募すれば良いのかな? 転職できたとしても、給与交渉はできるかな? こういった疑問に【現役キャリアアドバイザー】がお答えします。 本記事のテーマ …

パソコンを操作するイメージ

《転職のプロに聞いた》未経験でも挑戦可能!女性がエンジニアで活躍する理由!

結婚しても、出産しても、定年まではたらきたいー。 そんな希望を持った女性が年々増えてきていると感じています。しかしその一方で、まだまだはたらき方が整っていない職場も多く、ライフイベントのタイミングで職 …

GitHubのイメージ

【2018年版】フロントエンドの皆さんへアンケート!あなたが《日々チェックするサイト》を教えてください

新人フロントエンドエンジニアの皆さんににとって、Web業界のトレンドの動きはとても早く、身に付けなければならない事もたくさんありますよね。それは理解していても、「日々の業務に追われ、勉強時間もなかなか …






[PR]
ページのトップへ戻る