エンジニアの転職

更新日:2020/10/15

ITエンジニアにとって論理的思考はなぜ重要?身につけ方や学習方法などを【解説】

ITエンジニアにとって論理的思考はなぜ重要?身につけ方や学習方法などを【解説】

この記事では、前半でITエンジニアにとって論理的思考が重要な理由をご紹介します。また、後半ではどのように論理的思考を身に着ければよいかについて説明します。

なお、

  • 論理的思考とはどのようなものか?
  • エンジニアになぜ論理的思考が求められるのか?
  • 一般論としてどのように身に付ければよいのか?

については、以下の記事を参考にしてください。

エンジニアに論理的思考はなぜ必要?どのように身に着ければよい?【面接・就活に活かす】

また、プログラミングと論理的思考の関係については、以下の記事も参考にしてください。

論理的思考はプログラミング能力にどのように関係する?プログラミングを通して身に付く?

ITエンジニアでは特に論理的思考力が重要になるのはなぜ?

ITエンジニアでは特に論理的思考力が重要になるのはなぜ?

論理的思考が要求される頻度が多い

ITに限らず、エンジニアの業務の中で論理的思考が特に効いてくるのは、大別して以下の3点になります。

  • 要件定義
  • 設計
  • 不具合の調査

よく誤解されがちですが、この3つの項目自体は全てのエンジニアリング分野で重要な業務であって、ITエンジニアだから特別要求されるものではありません。

ただし、ほとんどのITエンジニアはその専門分野の性質上、他分野に比べて1人でより多くの仕事をこなすことができるという特徴があります。従って、優秀な人材であればあるほど、重要な役割である上記の3項目をこなす頻度が増えてきます。

裏を返せば、技術力や論理的思考を身に着けて効率的に仕事をこなしている人とそうでない人で、任される仕事の量が他分野に比べて顕著に開きます。当然、その差は給与や待遇に反映されます。

そのためITエンジニアにとって論理的思考を身に着けることは、自身の評価を決定しかねない極めて重要なファクターになるのです。

抽象的な概念であるプログラムは作り出す過程で手戻りなどを生じやすい

ITエンジニアはコンピュータ上の処理という抽象的な概念を取り扱う点が、目に見える機械などを取り扱う機械系エンジニアなどとは異なる点です。そのため、「必要な機能を設計段階で考慮し忘れ手戻りが生じてしまう」、「本来不必要な機能までコーディングしてしまう」といった事態が他のエンジニアリング分野に比べても起こりやすくなります。

このような事態を避け、効率的に仕事を遂行するためにも、論理的思考力が必要となります。

ITエンジニアはどのように論理的思考力を磨けば良い?

ITエンジニアはどのように論理的思考力を磨けば良い?

意識しながら仕事に取り組めばそれだけで磨かれていく

こちらの記事(エンジニアに論理的思考はなぜ必要?どのように身に着ければよい?【面接・就活に活かす】)の通り、論理的思考力はプログラミングを通して磨くことが可能です。そしてITエンジニアであれば、仕事の中でプログラミングをする機会はたくさんあります。従って、仕事の中で論理的思考を意識して実践していくだけで、論理的思考力は磨かれていきます。

真面目に仕事に取り組むことで成果が上がれば待遇も改善されますし一石二鳥です。

エンジニアに論理的思考はなぜ必要?どのように身に着ければよい?【面接・就活に活かす】

自己研鑽でプログラミングに取り組む

また、個人で技術研鑽としてプログラミングに取り組むことも重要です。個人で進めるプログラミングであれば、納期の逼迫といった論理的思考を脇に置いてがむしゃらに取り組むべき事態もそう多くは発生しません。腰を据えて技術力と論理的思考力の研鑽に取り組むことができます。

なお、論理的思考力の研鑽も目的とするのであれば、それなりに規模のあるプログラムを作成する必要があります。論理的思考力が無くとも、高々関数1~2個から成るプログラムではすぐに出来てしまうため訓練にはなりません。

また、プログラミングの中で論理的思考力が最も活きるのは、実際にコーディングする場面ではなく要件定義や設計、そしてデバッグです。デバッグは正常な動作を実現するために必ず必要となりますが、個人で取り組むプロジェクトだと責任が無い分、要件定義や設計が疎かにされがちです。興味の赴くままコーディングに取り組んでいても、技術力の研鑽にはなるかもしれませんが、論理的思考力の向上には繋がりません。

既存のアルゴリズムの学習はあまり効果的ではない

なお、ITエンジニアの場合、既存の有効なアルゴリズムを学習することがよくありますが、これだけでは論理的思考力の向上はあまり期待できません。というのも、既存のアルゴリズムの学習は基本的に最初から順に処理を追っていく形で学習することになるため、目標から少しずつ必要な処理を導いていく論理的思考とは根本的に思考の方向が真逆です。

また、無理やり論理的思考を適用して既存の有効なアルゴリズムを学ぶことはおススメしません。そういったアルゴリズムの多くは、性能を向上するために多くの工夫が施されています。これらの工夫は目標から逆算していくだけでは中々思いつかない物が多く、どちらかというと発想力が要求されるもので、論理的思考力の向上には繋がりません。

まとめ

ITエンジニアの場合、他のエンジニアと比較しても論理的思考力が重要となる傾向があります。ただし、日々の業務や技術研鑽など、論理的思考力を向上させる機会もその分多く、誠実に仕事に取り組めば自ずと論理的思考ができるようになります。

もう一度「ITエンジニアにとって論理的思考はなぜ重要?身につけ方や学習方法などを【解説】」を読む ↑

論理的思考力を活かしてエンジニア転職するなら

論理的思考力を活かしたエンジニア転職におすすめな転職エージェント・転職サイトを比較するなら「エンジニアにおすすめのIT/Web系に強い転職エージェント・サイト11選!プロが比較・厳選」という記事を参考にしてください。未経験可やポテンシャル採用などの求人を扱う転職エージェントや転職サイトを紹介していますので、ぜひ自分ぴったりの職場を見つけてくださいね。

IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!現役エンジニア厳選

いきなりの転職が不安な方はプログラミングスクールという選択も

いきなり転職活動を開始する前に、「まずはプログラミング言語のスキルを身につけておきたい」。そう考える方には、プログラミングスクールの受講をおすすめします。

未経験・社会人でも安心して学習できるスクール、そして転職付き(転職保証型)のスクールなど、条件や目的によって選ぶ基準も様々だと思います。まずはじっくりと比較して、少しでも気になる教室があれば無料相談・体験会に申し込んでみると良いでしょう。

未経験・社会人、学生におすすめなプログラミングスクールを比較するなら、「プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】」という記事を参考にしてください。

プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】

転職付き(転職保証型)のプログラミングスクールの詳細を知りたいかたは、「【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!」をご覧いただき、自分の目標や目的にぴったりのスクールを見つけてくださいね。

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較7選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!

-エンジニアの転職
-, , , , , ,

関連記事

エンジニアインターンを活用して就活で勝つ!!【エンジニア志望の学生必見】

エンジニアインターンを活用して就活で勝つ!!【エンジニア志望の学生必見】

[PR]:大学生向けのプログラミングスクール【3選】 侍エンジニア塾 ※オンライン(対面も相談可)、学割・分割あり TechAcademy ※完全オンライン、学割・分割あり スキルハックス ※買い切り …

Webエンジニアをやめたい人へ!辞めないほうがいい人の特徴を現役エンジニアが解説!

Webエンジニアをやめたい人へ!辞めないほうがいい人の特徴を現役エンジニアが解説!

イラスト素材:https://loosedrawing.com/ 本記事へ、 「Webエンジニア きつい」 「webエンジニア 辞めたい」 「webエンジニア 難しい」 などと検索してきた方に向けた内 …

専門職と管理職、エンジニアが目指すべきキャリアパスとは?体験談をもとに解説!

専門職と管理職、エンジニアが目指すべきキャリアパスとは?体験談をもとに解説!

エンジニアにとって、管理職と専門職の選択は必ずと言ってよいほど悩む部分であり、30才~35才ほどの時期に通過しなければならない道であると思います。 私も大学卒業後から一貫してIT業界のエンジニアとして …

面談をするイメージ

《現役キャリアアドバイザー》から見た、40代・未経験からのIT・Web業界への転職チャレンジ

40代未経験でもIT業界に転職できるかな? 何社くらいに応募すれば良いのかな? 転職できたとしても、給与交渉はできるかな? こういった疑問に【現役キャリアアドバイザー】がお答えします。 本記事のテーマ …

文系の学部出身者がIT業界に転職をして、 長く働くポイント

文系の学部出身者がIT業界に転職をして、長く働くポイント

私(筆者)は文系出身ですが、IT業界への転職に成功をしています。 今(2020年10月)と同じように、その当時は大不況でした。その状況でも、結果を出せました。また、エンジニアとして数年の就業経験を積み …

[PR]:




ページのトップへ戻る