転職物語

公開日:2018/10/06

学校事務からプログラマー・SEに転職した体験談【それぞれの物語】

学校内の教室のイメージ

エイジさん(仮名) 28歳 男性

  • 転職したときの年齢は? 23歳
  • 転職前の職種は? 学校事務
  • 転職活動に使ったサービスは? 転職サイト、直接応募
  • 転職後の職種は? プログラマー
  • 転職の成功ポイントは? 論理的思考力とコミュニケーション力をアピールする
  • 転職前後の収入の違いは? 未回答
  • お住いは? 埼玉県

第1章 スキルのない仕事に焦る

図書のイメージ

学校事務として就職

もともと、文系の大学にいた私は、特になりたい職業もなく、漠然とした学生生活を過ごしていました。卒業が迫ってきて、どこかに就職しないと、と思い、たまたま見つけた「学校事務」の求人に応募し、採用されました。

仕事は誰にでもできる仕事

採用されたのは私立学校の学校事務。仕事の内容としては、授業料の計算などの会計業務、お弁当の注文や、学校行事の準備などの庶務業務が主な仕事でした。仕事自体はそんなに難しいものではなく、誰でもできるようなものでした。職場の労働時間も、残業は少なく、休日出勤もなく、休みもしっかり取れました。

このような、環境で、特に苦労することもなく、簡単な事務作業を毎日繰り返し、定時で帰宅する日々が続きました。しかし、あるとき、ふと気付きました。本当にこのままでいいのか、そう思ったのです。

第2章 現状打破のため、転職を決意

不安を感じる男性

このままだと将来が不安

毎日同じことの繰り返しで、大したスキルも身につかない仕事。安定はしていますが、長期的な視点で見た場合、もしものことがあった時に大変なことになるのではないかと思ったのです。

例えば、少子高齢化により、経営難ということで、学校事務をリストラされた場合、あるいは、自分から辞めたいと思った時、今のような誰にでもできる仕事のスキルしかなかったら、どこにも就職できず、路頭に迷うことになるはずです。そう思い、何らかのスキルの身につく仕事がしたいと思うようになりました。

SE、プログラマーに魅力を感じる

さっそく調べてみましたが、自分には体力がなく、現場作業の仕事は向きません。また専門学校や大学に行って、国家資格を取る医療関連の仕事も考えてみましたが、そこまでの時間とお金はかけられません。そこで、たどり着いたのが「IT業界」の「プログラマー」、「システムエンジニア」という仕事でした。

プログラマー・システムエンジニアなら、体力も重視されませんし、学歴や経歴も関係ありません。完全に自分のスキルで仕事ができ、自分の努力次第で成長できるプログラマー・システムエンジニアという仕事に魅力を感じ、目指すことにしました。

第3章 転職のため、スクールへ通う

プログラミングのイメージ

Javaを学ぶ

まずは、プログラマーになろうと思いましたが、私は文系で、大学も文系の授業しか受けていません。ITの知識もないので、まずはスクールに通って、基本の知識を身につけてから就職しようと思いました。勤務していた学校事務を辞め、その後民間のITスクールに通いました。

スクールでは、Javaのコースを受講。HTMLから学び、Javaについて学習、その後SQLについて学習しました。なぜ、Javaについて学習しようかと思ったかというと、当時Javaは圧倒的なシェアがあり、様々なシステムで利用されているため、あと10年は使われるだろう、ということで、より安定して取り組めるJavaをメインに学習しました。

まずは、スクールで基礎知識を学ぶ

私の通っていたスクールは実際に一つの教室で先生が生徒に対して講義をする形式で、生徒は目の前にあるパソコンで、実際にプログラミングをしながら、授業を受けるというものでした。先生も優しく、生徒同士の結びつきも強く、わからないことはすぐに聞ける環境でした。

全ての授業の最後には、修了制作ということで、Javaを使用し、ネットショップのサイトを作成しました。このようにスクールで一通り、IT、プログラマーとしての基本的な知識を身につけたあと、転職活動をはじめました。

【独学だと続かない人へ】プログラミングスクール比較5選!多忙な社会人や初心者の方にもおすすめ!

第4章 いよいよ面接、そして見事採用

握手のイメージ

転職エージェント、転職サイトを使う

いよいよ、転職活動をはじめますが、通っていたスクールでは、キャリアセンターがあり、スクールと提携している転職エージェントの職員が面談をしてくれて、自分に合ったプログラマーの求人を紹介してくれました。また、履歴書や職務経歴書の書き方や、面接練習まで行ってもらい、転職活動に対する自信がつきました。

転職エージェントから紹介された求人とは別に、自分でインターネットで調べて見つけた求人にもいくつか応募しました。転職サイトは「リクナビNEXT」「マイナビ転職」「@Type」「FindJob」を主に使用しました。

トップページ

自分の気持ちをしっかりと面接で伝える

そして、いよいよ面接です。面接では、「なぜプログラマーを志望したのか」という質問を多くされました。その質問に対しては、今まで自分が、学校事務の仕事をして感じだ不満や不安、そして、そこから「スキルが身につく仕事」がしたいと思うようになった経緯を自分なりにしっかりと話しました。

また、スクールで学んだこともアピールし、「プログラマーになりたい」「御社で働きたい」という気持ちをアピールすることができました。その後、とあるIT企業から内定をいただき、見事採用されました。

第5章 SE、プログラマーのやりがい、楽しさ

サインを出す男性

プログラマーからシステムエンジニアへ

採用された会社では、プログラマーとして、仕事を始めました。スクールで基本的な知識は学んでいたものの、最初はなかなかプログラミングが思うようにできず、苦しい日々でした。しかし、先輩方から優しく教えていただき、少しづつプログラミングができるようになりました。最終的には、たくさんの仕事を任せてもらえるまでに成長することができました。

多くの仕事をこなしていくことで、プログラミングのスキルも向上していき、「他社でも通用するのでは」と思い始めました。そこで、再び転職活動をし、プログラマーからステップアップして、システムエンジニアとして働くことになりました。

自分らしい生き方を実現できる

プログラマー、システムエンジニアを経験して言えることは、努力した分だけスキルが身につくということです。スキルを身に付けることは大変でもありますが、それがやりがいでもあります。

スキルを身につけることで、より良い条件の企業で働けたり、独立して高収入を狙うことも可能です。プログラマー、システムエンジニアとして働くことで、一つの会社にとらわれない、より自分らしい生き方をすることができるのです。

-転職物語
-, , , ,

おすすめ転職エージェント

IT/WEB業界に強くとにかく内定率が高い!
《レバテックキャリアの公式サイト》

レバテックキャリア

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる
《マイナビエージェント×ITの公式サイト》

マイナビエージェント×IT

豊富な非公開求人と業界を熟知した担当者が転職を強力にサポート
《ワークポートの公式サイト》

ワークポート

過去のデータを生かしたマッチングで自分に合った転職先が見つかる
《ギークリーの公式サイト》

ギークリー
<

圧倒的な求人数の多さで転職先の幅が広がる
《リクルートエージェントの公式サイト》

【リクルートエージェント】

関連記事

PCを見る後ろ姿の男性

飲食業での長時間勤務に疲弊、未経験からSE転職へ【それぞれの転職物語】

ケンジさん(仮名) 29歳 男性 転職したときの年齢は? 24歳 転職前の職種は? 接客・サービス業 転職後の職種は? ゲーム開発会社でのアプリ開発 転職活動に使ったサービスは? 転職サイト(マイナビ …

タブレットを持つ男性

未経験から資格の取得、そしてIT企業のSEへ【それぞれの転職物語】

カズヤさん(仮名) 34歳 男性 転職したときの年齢は? 31歳 転職前の職種は? 飲食業 転職後の職種は? 某IT企業でのSE 転職活動に使ったサービスは? ハローワーク 転職の成功ポイントは? 資 …

キーボードを触る女性の手

飲食業からWebプログラマー、そして一度は諦めたSEへ【それぞれの転職物語】

ナナミさん(仮名) 31歳 女性 転職したときの年齢は? 29歳 転職前の職種は? テスター 転職後の職種は? システムエンジニア 転職前後の収入の違いは? 300万から360万程度にあがりました 性 …

男性がパソコンを見るイメージ

私がフリーターから、業界未経験であったSEに転職できた話【それぞれの物語】20代/男性/福岡県在住

トモキさん(仮名) 39歳 男性 転職したときの年齢は? 28歳 転職前の職種は? フリーター 転職後の職種は? プログラマーから、現在はSE 転職活動に使ったサービスは? 求人サイト 内定の成功ポイ …

銀行員のイメージ

銀行員から未経験でのIT企業転職体験談。決めてはコミュニケーション能力【それぞれの物語】

ソウタさん(仮名) 24歳 男性 転職したときの年齢は? 24歳 転職前の職種は? 地方銀行 総合職 転職活動に使ったサービスは? 転職ナビ 転職後の職種は? IT企業 現在取引先の営業支援系ツール運 …




サイト内を検索

ページのトップへ戻る