SEの転職

公開日:2019/03/13

自社サービスと受託開発エンジニアの働き方の違いとは?キャリアプランや年収、労働時間に差はあるの?

ビジネススキルのイメージ

  • IT企業未経験で、『受託開発』と『自社サービス』どちらが良いのか分からない・・・
  • 『受託開発』の会社に勤務しているけど、『自社サービス』の方に転職したい・・・
  • そもそも『自社サービス』と『受託開発』って何が違うのか良く分からない・・・

このような悩みをお持ちの方は多くいらっしゃる事と思われます。

自社サービスと受託開発は同じIT企業でも、異なる点が多くあります。自社サービス、受託開発、どちらに就職するかの選択を誤ると、仕事のやりやすさやその後のキャリアにまで影響してきます。選択する際には、自分のスキルややりたいことと、良く照らし合わせる必要があります。

本記事では、自社サービスと受託開発を、以下の4つの観点から比較していきます。この4つは、就職・就職先を検討する際に重要なポイントになるはずですので、是非最後まお付き合いください。

  • 必要なスキル
  • 給与
  • 労働時間
  • キャリアアップ

自社サービスと受託開発の定義

ホワイトボードを使った会議

まず、自社サービスと受託開発、それぞれの定義や仕事内容について整理します。基本的なことは分かっているという方は、この項目はスキップしても構いません。

自社サービスのエンジニアの仕事内容

自社サービスのエンジニアは、自分の会社の商品となるWebサービスや、アプリを開発・運営します。会社や自身のスキルやキャリアによっては、サービスの企画にも関わっていくことがあります。これまで世の中には無かった新規サービスを開発したり、すでにリリース済みの自社製品のバージョンアップなどの仕事もあります。

自社サービスを運営する会社の例としては、「Yahoo!」や「Amazon」、「価格.com」「クックパット」などがあります。「サイボウズ」のように、BtoBの自社サービスを運営する会社もあります。

受託開発のエンジニアの仕事内容

受託開発のエンジニアは、クライアント(別の会社)から仕事を受注し、Webサービスやアプリを開発します。クライアントと打ち合わせを行い、システムの仕様や納期を決定した後に、開発に取り掛かっていきます。また、場合によっては納品後の更新作業なども請け負う場合があります。

受託開発には2種類のタイプがあります

  • 元請け企業
  • 下請け企業

元請け企業とは、クライアントから直接仕事を依頼される企業のことです。対して下請け企業とは、元請け企業から依頼された仕事を行う企業のことです。

元請けと下請けは、同じ受託開発でも性質や待遇が異なりますので、2つの違いは頭に入れておきましょう。

注意)社内エンジニアと自社サービスのエンジニアは全くの別物

良く混同している方がいますが、社内エンジニアと自社サービスのエンジニアは全く別の職業です。社内エンジニアとは、自社で活用する情報システムの開発や保守を行う職業です。自社の仕事を円滑に行うために、どのようなシステムが必要かを考え、開発していきます。

2つの職業について纏めると、

  • 自社サービスのエンジニア→自社が世に提供・販売するサービス(商品)を開発する
  • 社内エンジニア→自社で使うサービスを開発する

というような切り分け方になります。

この違いを理解しないまま転職・就職活動をすると後々ミスマッチなどの原因にもなりますので、間違えないようにご注意下さい。

必要なスキル

付箋を貼ったPC

まず自社サービスと受託開発、必要なスキルに関して比較します。

自社サービスと受託開発では、根本的に求められるスキルが違います。どちらがより高度なスキルを求められるとかではありません。

自社サービスの場合

自社サービスで求められるものは、サービスを使うユーザーに合わせたシステムを開発することです。ユーザーの意見を確認し、ユーザーが本当に求めているものを良く理解する必要があります。

自社サービスのエンジニアは開発スキルの他に、ニーズの調査・分析能力が求められます。更には、ユーザーの意見に素早く対応しなくてはいけないため、改良スピードの早さも大切です。

受託開発の場合

受託開発で求められるものは、クライアントの要件を理解・整理し、設計書を作成することです。クライアントから要件を聞き出さないといけないため、高いコミュニケーション能力が求められます。

また受託開発では、納期はクライアントと相談して決められます。納期に従って開発スケジュールを調整する能力も必要です。

給与

給料のイメージ

給与は雇われる側が気になることの1つです。実際、転職理由として現職の給与への不満を上げる方が多いのも実情です。

では、受託開発と自社サービス、給与に関しては違いはあるのでしょうか。

自社サービスの場合

自社サービスの場合、給与が比較的安定している企業が多いです。自社サービスを運営している会社は大企業が多いため、経営が安定しているためです。

昇給制度もしっかりしており、自分が関わったプロジェクトの評判が良ければしっかり給与に直結します。

受託開発の場合

受託開発の場合、元請けか下請けかで給与が変わる傾向があります。元請けの場合、企業にもよりますが給与は安定していることが多いです。

下請けの場合、給与は低めであることが多いのが現実です。依頼金額を元請けに決められてしまい、下請けは安い単価で受注するしかないケースが多々あります。

給与を気にするのであれば、出来るだけ元請けの会社を狙って転職活動した方が良いでしょう。

労働時間

労働時間のイメージ

IT企業は残業時間が長い、という話は聞いたことがある人が多いと思いますが、実際は企業によって異なることが多いです。

自社サービスと受託開発、どちらの方が労働時間が長いのか、解説していきます。

自社サービスの場合

自社サービスは、比較的フレキシブルな会社が多く、労働時間も柔軟である傾向が強いです。自社サービスは、納期を自分達で設定できるため、残業時間事態は短いことが多いです。

ただし、サービスに何か不具合が発生したりした場合、直ちに対応しなくてはなりません。その場合、緊急的に会社に出向したり、リモートで作業したりすることになります。

受託開発の場合

受託開発の場合、仕事量は担当するプロジェクトによって大きく変わります。納期に余裕のあるプロジェクトを担当している場合は、そこまできつくはありません。

納期が直近であるプロジェクトを担当している場合は、相当激務な状態になることもあります。特に下請けはその傾向が強く、所謂デスマーチと呼ばれるような、終電帰りが続く状況も有り得ます

キャリアアップ

キャリアプランのイメージ

キャリアアップとは、自分の能力に磨きをかけて、会社での地位を高めたり、より条件の良い会社に転職することです。

自社サービスと受託開発、どちらの方がキャリアアップしやすいのでしょうか。

自社サービスの場合

自社サービスの場合、会社の製品ばかりに関わることになります。その分、限定された分野の知識は深めることができます。

ただし、システム開発の幅広い知識を身に着けることはできません。転職するにあたっては、自社サービスのエンジニアの方が不利と言えるでしょう。

受託開発の場合

受託開発の場合、様々なプロジェクトに関わることになります。自社サービスとは違い、幅広い知識を身に着けることができ、転職・独立には有利でしょう。

会社に長く勤めていると、プログラミングよりもマネージャー業務を任されることが多くなります。マネージャーを目指すなら会社に残り、エキスパートを目指すなら独立してフリーランスになる、というのがおすすめのキャリアアップです。

タイプ別、向いているエンジニアはどちら?

二者択一

ここまで、受託開発と自社サービスの違いについて述べてきました。同じIT企業でも、それぞれ性質が異なることがお分かり頂けたと思います。

ここからは具体的に、どういう人がどちらのエンジニアに向いているのかを解説します。

自分のスキルを向上させたい方

受託開発がおすすめ!

受託開発の方がスキルアップは図りやすいです。様々なプロジェクトに関わることで、色々なスキルが得られます

自社サービスのエンジニアはどうしても自社製品のことばかり詳しくなって、幅広い知識が身に付きにくいです。また、受託開発の方が単純に作業量が多いため、実力が早く上がるというのはあります。

自らプロジェクトを進めたい方

自社サービスがおすすめ!

自社サービスの方が、より主体的にプロジェクトを進められることが多いです。長く勤めれば勤める程、サービスの企画にも携わることが増えていきます

給与を上げていきたい方

自社サービスがおすすめ!

残業代を除けば、自社サービスの方が給与は高くなる傾向があります。受託開発は会社によって昇給速度が異なることが多く、場合によってはほとんど給与が増えないことも有り得ます。

将来、役職に就きたい方

受託開発がおすすめ! ※ただし元請けのほうが有利

将来管理職などの役職に就きたい方は、受託開発の方がおすすめです。

ただし元請けの場合のほうが有利です。大企業の場合は経営も安定していて、昇給・昇格などの社内制度がしっかりしているなどの理由が挙げられます。

下請けは元請けと違い、企業の規模が小さいケースが多いのもあり、組織体制が変動しがちなどの理由から、その会社内でキャリアアップするのが難しい状況が考えられます。

将来、独立したい方

受託開発がおすすめ!

フリーランスエンジニアは、高いスキル、幅広い知識が求められます。将来独立したい場合は、スキルアップを図りやすい受託開発の方が良いでしょう。

仕事も私生活も両立したい方

自社サービスがおすすめ!

自社サービスの方が、残業時間が短く、ワークライフバランスが取れる傾向が強いです。会社にもよりますが仕事も私生活も両立したい場合、自社サービスを選んだ方が良いでしょう。

まとめ

スキルなどのイメージ
受託開発、自社サービス、どちらにもメリット・デメリットはあります。どちらがより良い、という訳ではありません。

確かに給与や労働時間などは、自社サービスの方が条件が良いことが多いです。しかし現代は会社勤めより、独立してフリーランスエンジニアとして活躍する人も多く、独立を目指すのであれば受託開発の方が良いとも言えるでしょう。

どちらの会社に勤めるかは、自分のスキルや今後やりたいことと照らし合わせて選ぶようにしましょう。

自社サービスに強い転職エージェント5選
  1. IT・WEBに強い >> レバテックキャリア
  2. 若手求人強い >> マイナビエージェント×IT
  3. 未経験OKの求人有り >> ワークポート
  4. 業界最大手 >> リクルートエージェント
  5. 転職業界の老舗 >> type転職エージェント


-SEの転職
-, , ,

転ストおすすめの転職エージェント

IT/WEB業界に強くとにかく内定率が高い!
《レバテックキャリアの公式サイト》

レバテックキャリア

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる
《マイナビエージェント×ITの公式サイト》

マイナビエージェント×IT

豊富な非公開求人と業界を熟知した担当者が転職を強力にサポート
《ワークポートの公式サイト》

ワークポート

圧倒的な求人数の多さで転職先の幅が広がる
《リクルートエージェントの公式サイト》

【リクルートエージェント】

納得感のある転職」の実現を大切にしている人材紹介・転職エージェント
《type転職エージェントの公式サイト》

非公開求人ならtypeの人材紹介

関連記事

デスクトップ周りのイメージ

【独学だと続かない人へ】プログラミングスクール比較9選!多忙な社会人や初心者の方にもおすすめ!

オンラインオフライン(通学) TechAcademy(テックアカデミー).Pro(ドットプロ) tech boost(テックブースト)tech boost(テックブースト) tech boostオンラ …

悩んで頭を抱えるイメージ

若手システムエンジニアを転職させる悩みとは?

Contents1 システムエンジニアには悩みが多い!2 身体や心を壊すことが怖い3 スキルアップができない4 仕事の裁量がない5 給料が安い6 人間関係が悪い システムエンジニアには悩みが多い! ど …

PCと履歴書のイメージ

【志望動機の例文】私たちはこう書いて採用されました〜先輩SE・プログラマー・エンジニアの履歴書を公開!

WebやITの業界に転職したいけど「未経験だし、どういうふうに志望動機を書いて良いのか分からない」というあなた。 今回は、見事に転職成功した先輩たちにアンケートに答えて頂いた結果を公開します。 業界未 …

給料のイメージ

システムエンジニアはいくら稼げる?年収アップには何が必要?

Contents1 平均年収はおよそ600万円2 スキルや立場により年収は変わる3 努力の量を考えると給料は安い?3.1 《ライバルの数が多い!》3.2 《管理職になると給料が高くなる!》4 年収アッ …

40代ビジネスマンのイメージ

アンケート【40代の転職】先輩SE・プログラマー・エンジニアの転職成功体験談!

40代の転職は、30代までの転職と比べると難しいと言われますが、実際はどうなのでしょうか?昨今ではその豊富な経験や実績に期待し、40代、50代のビジネスパーソンを対象に「第四新卒」として積極採用する企 …

ページのトップへ戻る