転職エージェントとは

公開日:2019/05/24  更新日:2019/05/25

エンジニアが《早く転職を決める》為に転職エージェント利用時に注意すべき点とは?

キャリアアドバイザーとの打ち合わせ

キャリアアドバイザーとの連絡の流れと注意点

キャリアアドバイザーとのメールでのやり取り

転職エージェントに申し込みをすると、担当するキャリアアドバイザーから電話もしくはメールにて連絡が来ます。その際にサービスの紹介やカウンセリング・面談の日程調整がおこなわれます。

カウンセリングの中では、これまでの経験や転職に対する不安や希望の条件を伝え、その後キャリアアドバイザーが希望の条件にあった求人を紹介してくれます。

こういった過程の中で、どうしても増えてしまいがちなのがキャリアアドバイザーとのやりとりです。

キャリアアドバイザーとの連絡は、求人に応募して転職活動を進めていくためには必要不可欠なものとなります。しかし、在職中に転職活動をする方は日々の仕事を続けながらのやりとりは、その数が多いと逆に負担と感じてしまう人も多いはすです。それが電話連絡なら尚更です。

キャリアアドバイザーとの連絡は大切なものですが、あまりに回数が多く業務に支障がでる場合には、「連絡の数を控えてなるべくまとめて伝達して欲しい」という旨を伝えると良いでしょう。

また、そもそも平日は電話連絡は困るという方は、メールでのやりとりが可能かどうかを率直に伝えましょう。今後の付き合いも考慮し「在職中は日中の電話は応対できないので、連絡はメールで欲しい」などと、角が立たないような伝え方を考えましょう。

それでも状況に変化がなければ、担当者を変えてもらうことをおすすめします。もしくは「縁が無かった」と気持ちを切り替え、転職エージェントそのものを変えることも検討してください。

困惑しているにも関わらず対応を変えようとしない転職エージェントと付き合い続けることは、時間と労力の無駄遣いです。あなたが気持ちよく転職活動を相談出来るエージェントを探すほうが得策です。

条件・希望に合わない求人への対応とは?

自分の希望をメモした付箋のイメージ

キャリアアドバイザーは、カウンセリングの中で聞いた条件を元に求人情報を探して紹介してくれるのですが、多くの転職エージェントがこの初回カウンセリングのタイミングで数件の求人情報を案内してきます。

そこで一点注意して欲しいのが「即答はしない」という事です。※当然気になるものがあれば面接希望の意思を示しましょう

直感的に希望に合うものが無いのであれば、無理をしてまでも面接を受ける必要はありません。万が一急かすような雰囲気があっても「この場で即答出来るほど、ピンとくるものは無かった」という内容を素直に伝え、「他にもご紹介頂ける求人があればご連絡下さい」ともお願いしておきましょう。

初回のカウンセリングで案内される求人の中には、

  • 長い期間出ている求人
  • 離職率が高い求人
  • 人気がない求人

の可能性がありますので、注意したい点です。

ミスマッチを避けるためにも希望や意思は明確に伝える

カウンセリング以降に紹介された求人の中でも、希望している事の何かが抜けていたり、納得ができない部分がある求人も出てきます。

そういったミスマッチを避けるためには、カウセリング時から転職活動中に気をつけておきたい事があります。

  • 転職で実現したいこと、やりたいことを明確にしておく
  • 希望する待遇や業務内容はしっかりとエージェントに共有する
  • 企業の情報収集は自分でもやる

そして、以下のことはカウンセリングなどで言わないように注意してください。

  • 嘘の情報は伝えない(経歴、スキル、健康状態など)
  • ネガティブな感情は出さない(前職場への不満や人間関係など)
  • 転職に対してのビジョンが明確でない、何となくの気持ちだ

断る時には理由を明確に

紹介してもらう求人へは必ず応募しなくてはいけないというものではなく、当然決めるのはあなた自身です。

ただしキャリアアドバイザーも感情で動く部分もありますので、もし紹介してもらった求人に納得できない場合には、何がいけなかったのかという理由を明確に伝え、簡単でも良いので感謝の言葉も添えましょう。その事でキャリアアドバイザーもより希望にあった求人を探してきてくれるはずです。

転職活動を成功させるためのカギ

良いパートナー

転職支援サイトを利用した転職活動を成功させるためには、求人先とつながっているキャリアアドバイザーとの良好な関係が成功のカギとなります。

その為にはキャリアアドバイザーに「すぐにでも転職したい」という求職者の気持ちが伝わること、そしてあなたが「すぐに採用が決まる可能性がある求職者」であると思ってもらう事が大切です。

するとキャリアアドバイザーはあなたが「他のエージェントに移行」しないようにと、積極的に動いてくれるはずです。

キャリアアドバイザーのモチベーションが上がるような関係をうまく築くことで、あなたの転職活動が良い結果につながるよう願っております。

-転職エージェントとは
-,

転ストおすすめの転職エージェント

IT/WEB業界に強くとにかく内定率が高い!
《レバテックキャリアの公式サイト》

レバテックキャリア

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる
《マイナビエージェント×ITの公式サイト》

マイナビエージェント×IT

豊富な非公開求人と業界を熟知した担当者が転職を強力にサポート
《ワークポートの公式サイト》

ワークポート

圧倒的な求人数の多さで転職先の幅が広がる
《リクルートエージェントの公式サイト》

【リクルートエージェント】

納得感のある転職」の実現を大切にしている人材紹介・転職エージェント
《type転職エージェントの公式サイト》

非公開求人ならtypeの人材紹介

関連記事

社内SE転職ナビの公式サイト

社内SE転職ナビの特徴は?強みと弱みを他社と比較

社内SE転職ナビはアイムファクトリー株式会社により運営されている転職エージェントです。転職エージェントとしてのサービスは名前が示す通り、社内SEへの転職を目指すのであれば必ず利用すべきエージェントだと …

ギークリー 公式サイト

ギークリー(Geekly)の概要と特徴|過去10年のIT・WEB業界に特化した転職実績をもとにマッチングを提供!

近年は職の多様化と、ネット社会の普及により転職に関する情報を容易に得られるようになりました。中でも、近年よく耳にする「転職エージェント」は、転職を希望している方の便利なツールとして活用されています。 …

TechClipsエージェントの公式サイトへ

TechClips(テッククリップス)エージェントの特徴は?強みと弱みを他社と比較

TechClipsエージェントはnotari株式会社により2017年から運営されている転職エージェントサービスです。高年収向けの転職サイトであることを謳っており、年収500万以上を狙うことができる転職 …

DODAの公式サイト

DODAの特徴は?強みと弱みを他社と比較|未経験や第二新卒向けの求人が豊富!

DODAはパーソルキャリア株式会社により運営されている転職エージェントです。老舗の大手だけあって求人数の多さでは他の転職エージェントの追随を許しません。本記事では、DODAの特徴について、他社と比較し …

type転職エージェントの公式サイトへ

type転職エージェントの特徴は?強みと弱みを他社と比較 |転職相談会やセミナーも充実!

type転職エージェントは株式会社キャリアデザインセンターにより運営されている転職サイトです。老舗の大手だけあって豊富な求人が揃っている点は魅力的ですが、ITエンジニア向けの転職エージェントという観点 …

ページのトップへ戻る