エンジニアの転職

【現役エンジニア解説】インフラエンジニアがきつい7つの理由とは?

更新日: 投稿日:2024年2月21日 ※本記事は[プロモーション]が含まれています

【現役エンジニア解説】インフラエンジニアがきつい7つの理由とは?

企業のホームページやシステムの基盤となるITインフラ。それらのITインフラの構築・運用は、インフラエンジニアというエンジニアが担っています。

大変やりがいのある仕事ですが、その反面ネット記事には「つらい」「やめとけ」などの単語を多く見かける職業でもあります。

本記事では、インフラエンジニア歴8年となる筆者が、インフラエンジニアの仕事内容ときついと感じる理由についてIT未経験の方向けにご紹介します。

インフラを学べる【無料】ITスクール3選!

ネットビジョンアカデミーの公式サイト
ネットビジョンアカデミー
ProEngineer
プログラマカレッジ
GEEK JOBの公式サイト
GEEK JOB スピード転職コース
ネットワークエンジニア育成に特化したスクールで、実践的なカリキュラムを【無料】で受講できます20代の第二新卒、フリーター向けの【無料】スクール。インフラ技術を実践さながらに学習できますインフラ知識や技術を【無料】で幅広く学習できます。97.8%という驚きの転職成功率。迷ったらここ
無料で受講可能無料で受講可能
体験談1体験談2体験談3
無料で受講可能
口コミ・評判
→ 無料登録して相談してみる→ 無料登録して相談してみる→ 無料体験会に参加してみる

もっと多くのインフラエンジニアを目指せるIT/プログラミングスクールを比較するなら、「【無料あり】インフラエンジニアを目指せるおすすめIT/プログラミングスクール5選!」という記事を参考にしてください。無料で受講できるスクールや転職や副業に強いスクールなど、目的に合わせて比較できます!

【無料あり】インフラエンジニアを目指せるおすすめIT/プログラミングスクール5選!

インフラエンジニアの仕事とは?

インフラエンジニアの仕事とは?

インフラエンジニアとは、インターネットや企業内ネットワークなどのITインフラにおいて構築・運用・保守を行うエンジニアです。主にサーバーやルーターといった機器を扱い、Webサイトやネットワーク通信が24時間365日安定して動作することを目的に業務を行います。

また、ファイアウォールなどのセキュリティ対策や、データのバックアップ、冗長性の確保、災害対策なども実施します。近年ではAWSなどのクラウド構築・移管などの役割も担うことも多くなってきました。

インフラエンジニアの仕事は、企業システムやインターネットサービスの基盤を支えるため、1つのミスがシステムダウンや機密情報漏えいなどにつながるため、非常に高い専門性と責任感が求められる仕事と言えるでしょう。

インフラエンジニアへの転職に必要なスキル、需要について解説!

インフラエンジニアがきつい理由7選

インフラエンジニアがきつい理由7選

インフラエンジニアの仕事は収入が安定している面や、やりがいがあるなど多くの魅力がある一方で、厳しい側面も存在します。

ここからは、この職業がきついと言われる7つの理由を解説します。

夜間・休日に働く必要がある

一つ目の理由として、夜間・休日に働く必要があるという点です。

サーバーはパソコンと同様に精密機器であり、24時間365日稼働しています。そのため、サーバーやルーターなどは夜間・休日・年末年始問わず故障が発生します。

機器の故障・障害時はそのシステムが継続でダウンしていると同義となるため、ほとんどの場合は即時対応が必要です。

また、サーバーメンテナンスも本番環境などの重要なシステムの場合は、アクティブユーザーの少ない夜間に実施されることが多くなります。

インフラエンジニアは夜間・休日も働かなければいけない特殊な職種だと言えるでしょう。

サーバーエンジニアとは?仕事内容や転職事情、必要なスキルや知識を解説!

突発的な業務が発生する

インフラエンジニアの業務では突発的な業務が発生します。上述したように、サーバー障害やトラブルはいつ発生するか分かりません。

運用・保守以外の業務やミーティング、メールの確認中にも障害が発生する可能性があります。その際は、現在している業務を中断して障害対応を優先しなければなりません。

また、組織の体制にもよりますが、トラブルが発生した場合は復旧するまで帰宅できない場合があります。サービス断=ユーザー利用不可であるため、復旧するまで原因究明・対応しなければなりません。

他にも、トラブル解消後もお客様への説明や暫定対処・障害発生当時の状況などの書類を作成する必要があります。私自身も、ネットワーク障害対応のため、最長で27時間業務を行ったことがありました。

20代・30代の若いころはまだ大丈夫かもしれませんが、年齢と共に長時間労働がつらく感じることがあるかもしれません。

インフラエンジニアの転職―キャリアパスの探求から転職エージェント活用術まで徹底解説!

業務の影響範囲・責任が大きい

インフラエンジニアの仕事は、企業全体、時にはその外部にまで影響を及ぼす場合があります。

例えば、オンラインショッピングサイトのサーバーがダウンすると、販売機会の損失だけでなく、ブランドイメージの毀損にも繋がりかねません。

インフラエンジニアがサーバーを復旧させない限り、サーバーダウンが続くため、責任も重くのしかかります。

危険作業がある場合も

一般的なITエンジニアの場合は、命に係わる作業はなく自宅でリモートワークも可能です。しかしインフラエンジニアの仕事には、データセンターの物理的な環境での作業など、危険を伴う場合もあります。

例えば、サーバールーム内での作業は、DC電源などの高電圧設備や熱を発する機器の近くで行われることが多く、適切な安全対策を講じなければ、感電や火災、機器の破損などのリスクがあります。

このような物理的な作業環境は、精神的なストレスに加え、身体的な負担も大きくなりがちです。

インフラエンジニアは、情報技術のスキルだけでなく、これらの環境で安全に作業を行うための知識と準備も必要とされます。

仕事の成果が見えづらい

インフラエンジニアの仕事は成果が見えづらいというデメリットがあります。

デザイナーやフロントエンドエンジニアの場合は、実際に稼働するWebサイトやアプリケーションとして目に見えて成果を実感することができます。ポートフォリオとして就職活動やアピールとして利用することも可能です。

一方インフラエンジニアの場合、アプリケーションやシステムの基盤部分となるため分かりやすい形で仕事の成果を見ることができません。そのため、転職活動をする際もポートフォリオを作成することが難しく、職務経歴書などの文言のみでアピールすることとなります。

また、障害対応においてもダウンタイムが少ないことによってのみ測定されるため、マイナススタートから始まってしまいます。

技術的な問題を解決した場合でも、その成果は「問題が起きなかった」という形でしか表れないため、人事部などの非技術者にはその価値を理解しにくい場合があります。

求人が少ない

インフラエンジニアのポジションにおける求人数やキャリアパスが少ないことも理由の一つに挙げられます。

企業において、営業メンバーは頭数が多いほど営業成績が良く、それぞれの地域に必要です。

しかし、ルーターやサーバーはどうでしょうか。

ルーターは拠点に1台、サーバーも本社に複数台必要ですが、支社には不要な場合がほとんどです。拠点ごとにインフラエンジニアを置く必要が無く、本社にチームがあれば十分となります。

以上の理由により、ISP企業やSES、アウトソーシングを専門としている企業以外ではインフラエンジニアの求人数が少ないことになります。そのため、求人を探す場合はインフラエンジニアに強いの転職サイトの利用をおすすめします。

インフラエンジニアに強い転職エージェントについては本記事の後半で紹介しているので、参考にしてみてください。

自己研鑽が難しい

インフラエンジニアは自己研鑽が難しい職種でもあります。

フロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアなど、プログラミング言語を扱うエンジニアの場合は、パソコン1台あれば自己研鑽が可能です。しかし、インフラエンジニアは主にサーバーやルーターを主に利用します。

サーバーやルーターは1台当たり数十万円~数百万円掛かるため、個人で購入することはできません。そのため、サーバーやルーターのハンズオンをできる機会が少なく、自己研鑽がやりづらい職種と言えるでしょう。

また、インフラエンジニアの人口も少ないため、インターネット上の学習教材など、プログラミング言語と比較すると非常に少ないという現状があります。

ただし、最近ではAWSなどのクラウドサービスを利用すると、個人でも簡単・低コストでサーバーを構築することができるようになりました。

他にもサーバーやルーターなどの資格があったり、社会人スクールとして講座が開かれている場合もあるため、未経験でインフラエンジニアを目指す場合は、これらの技術・サービスを活用して自己研鑽をするとよいでしょう。

未経験におすすめなITスクールについては本記事の後半で紹介しているので、参考にしてみてください。

まとめ

まとめ

インフラエンジニアは、企業のITインフラを構築・運用・保守する重要な役割を担っています。

サーバーやルーターなどの機器を扱い、セキュリティ対策やデータバックアップなども実施し、システムが24時間365日安定して動作することを目的とします。

一部のネット記事や口コミサイトでは、「インフラエンジニアはきつい・やめとけ」などの情報が記載されていますが、これは夜間・休日対応や業務時間が不規則であること、成果が見えづらい、自己研鑽が難しいという理由などが原因となっています。

しかし、社会基盤を支える重要な職種でもあるため、その部分にやりがい・魅力を感じて仕事に従事する人もいます。

インフラエンジニアとしてのキャリアに興味がある場合は、未経験からの場合はITスクールを受講したり、インフラエンジニアに強い転職エージェントに登録するなどしてキャリアを積んでいくとよいでしょう。

もう一度「【現役エンジニア解説】インフラエンジニアがきつい7つの理由とは?」を読む ↑

未経験OKあり!
インフラエンジニアに強い転職エージェント・転職サイト!

最速でエンジニア転職!人気転職エージェント・サイト!!

現役インフラエンジニアでキャリア・年収アップしたい!
未経験からインフラエンジニアを目指したい!
自社開発企業や事業会社などへ転職したい!

このような方が最短で理想のキャリアを実現するなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントであれば、求人紹介はもちろん必要書類の添削や面接対策、面接日の調整、年収交渉や入社日の調整など、忙しい社会人にとっては面倒なことも、全て『無料』で代行してくれます。

また、今後のキャリアプランや、未経験からのエンジニア転職に関する悩みなども相談可能ですので、まずは気軽に無料カウンセリングに申し込んでみると良いですよ!

エンジニアが《早く転職を決める》為に転職エージェント利用時に注意すべき点とは?

新しい一歩を踏み出す方へ。

インフラエンジニアの転職に強い転職サイト3選!

専門用語が通じるIT/Web系に強いエージェント。徹底した企業研究で面接通過率が高い!

レバテックキャリアの公式サイト

レバテックキャリア
面接対策やポートフォリオへの技術的なアドバイスもあり。専門的な知識が深いからマッチング率が高い!

レバテックキャリアの[公式サイトへ]


【最短2週間】100%『自社内開発求人』に強いエージェント!

クラウドリンク公式サイト

クラウドリンク(Cloud Link)
IT・WEB・ゲーム業界の【自社内開発】求人に強いエージェントです。サポートも手厚く『年収UP率が高い』です!

クラウドリンク(Cloud Link)の[公式サイトへ]


年収500万円以上の紹介企業100%!

TechClipsエージェントの公式サイトへ

TechClipsエージェント
ITエンジニア専門で高年収・高待遇に特化したエージェント。現役エンジニアによるキャリアサポートに定評あり。

TechClipsエージェントの[公式サイトへ]

もっと多くのインフラエンジニアの転職におすすめの転職エージェント・転職サイトを比較するなら、「インフラエンジニア向けおすすめ転職サイト・転職エージェント11選!」という記事をご覧ください。好条件の求人を多数保有した転職サイトを詳しく比較することができます。未経験OKの求人を扱う転職エージェントもご紹介しているので、駆け出しエンジニアにもおすすめです!

インフラエンジニア向け転職サイトおすすめ11選【未経験OKあり】

未経験におすすめ!
インフラを学べるITスクール【無料あり】

最速でスキル習得できるおすすめの人気プログラミングスクール!

いきなり転職活動を開始する前に、「スキルアップ・スキルチェンジのための勉強をしておきたい」。そう考える方には、プログラミングスクールの受講をおすすめします。

20代未経験からのITエンジニア転職を【完全無料】でサポート!

ネットビジョンアカデミーの公式サイト

ネットビジョンアカデミー
資格(CCNA)も取得しながら、最短2ヶ月でITエンジニアへの転職を実現しています

ネットビジョンアカデミーの[公式サイトへ]


未経験から「最速で稼ぐ」!現場主義にこだわったエンジニアリングスクール

RaiseTech(レイズテック)の公式サイトへ

RaiseTech(レイズテック)
Java・AWS・WordPressに特化。高収入・副業・フリーランスなど『稼ぐチカラ』を確実に習得できる!

RaiseTech(レイズテック)の[公式サイトへ]


もっと多くのインフラエンジニアを目指せるIT/プログラミングスクールを比較するなら、「【無料あり】インフラエンジニアを目指せるおすすめIT/プログラミングスクール5選!」という記事を参考にしてください。無料で受講できるスクールや転職や副業に強いスクールなど、目的に合わせて比較できます!

【無料あり】インフラエンジニアを目指せるおすすめIT/プログラミングスクール5選!

AWSエンジニア・クラウドエンジニアを『最短』で目指せるおすすめプログラミングスクールを比較するなら、以下の記事を参考にしてください。現役エンジニアによる指導や挫折しないカリキュラムが組まれたスクールばかりですので、未経験の方でも安心してやり遂げることができますよ!

AWS学習におすすめのプログラミングスクール5選!稼げるクラウドエンジニアを目指す!

スキルアップ・スキルチェンジしたい”現役インフラエンジニア”が受講すべきプログラミングスクール

未経験・社会人でも安心して学習できるスクール、そして転職付き(転職保証型)のスクールなど、条件や目的によって選ぶ基準も様々だと思います。まずはじっくりと比較して、少しでも気になる教室があれば無料相談・体験会に申し込んでみると良いでしょう。

未経験・社会人、学生におすすめなプログラミングスクールを比較するなら、「おすすめプログラミングスクール比較11選!社会人・未経験の転職・就職にも有利!」という記事を参考にしてください。

おすすめプログラミングスクール比較11選!社会人・未経験の転職・就職にも有利!

転職付き(転職保証型)のプログラミングスクールの詳細を知りたいかたは、「【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの就職に強い!」をご覧いただき、自分の目標や目的にぴったりのスクールを見つけてくださいね。

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの就職に強い!

-エンジニアの転職
-, , , , , , , ,

関連記事

【実体験】30代未経験でIT業界に転職できたポイントを6つのステップで解説!

【実体験】30代未経験でIT業界に転職できたポイントを6つのステップで解説!

コロナ禍や時代の変化、自由な働き方の増加により、IT業界、IT企業、プログラマー、システムエンジニアに転職を考えている人は多いと思います。 何を隠そう私もそう考えた内の1人で、年齢30代でIT未経験で …

“現役エンジニアが解説”40代の機械設計 エンジニアへの転職に 必要な能力や経験とは?

40代の機械設計エンジニアへの転職を【現役エンジニアが解説】必要な能力や経験とは?

今の自分は42歳。これまで自動車関連部品のエンジニアを10年以上してきたけど、他の機械設計にも興味があり転職を考えている。40代を超えても可能だろうか? こういった疑問や不安に、現役の産業機械設計エン …

現役エンジニアが アドバイス!新人エンジニア だった頃の 悩みの解決方法

現役エンジニアがアドバイス!新人エンジニアだった頃の悩みの解決方法

今、この記事を読んでいる新人エンジニアの方。 「プログラミングができない」 「仕事が進まない」 「エンジニアに向いていないかも」 「もう、エンジニアを辞めたい」 こんな風に考えていませんか? 筆者が新 …

IT業界に転職するのに資格は必須?転職の仕方や準備すべきことなど【現役エンジニアが解説】

IT業界に転職するのに資格は必須?転職の仕方や準備すべきことなど【現役エンジニアが解説】

未経験で無資格だけど、IT業界に転職したい。やはり資格の一つでも取得しておく必要ってあるのかな?仕事をしながらでも勉強できるかな・・ このような疑問や不安にお答えします。 本記事では、某事業会社に勤務 …

エンジニアの勉強方法【基本の4つ】!スキルや知識を効率的に習得しよう

エンジニアの勉強方法【基本の4つ】!スキルや知識を効率的に習得しよう

皆さんこんにちは。エンジニアになるため勉強中のidekunです。 今回は、 「エンジニアになるためには何から始めたらいいの?」 「勉強方法は?」 など、初心者がプログラミング学習する上での理解すべき4 …

[PR]:
お得なキャンペーン中!!

転ストの中の人

  • 運営者のstaff H
  • 運営者のstaff M

エンジニア歴15年のstaffHとWebデザイナー・ディレクター歴20年のstaffMの2名が中心となりこのサイトを運営しています。転職/就職やフリーランスへの転向、未経験からのプログラミング学習など、これから”新しい一歩を踏み出そうとしている、エンジニア・クリエイター”に役立つ情報を発信しています。

プロフィール詳細 / Twitter
[PR]: