転職サイトまとめ

公開日:2020/04/04|最終更新日:2020/04/11

機械系エンジニアが利用すべき転職エージェント5選!現役キャリアアドバイザーが転職ポイントを解説!

機械設計をするエンジニア

未経験から機械系エンジニアになりたいけど、どういった準備をすればいいのかわからない。この業界専門の転職サイトやエージェントなんてあるのかな?

このような方に向けたまとめ記事です。 某転職エージェントで8年キャリアコンサルタントをしている筆者(30代・男性)が解説します。

機械系エンジニアの転職ポイント3点

分かりやすい職務経歴書を作成する

書類選考の通過率は3割と言われています。書類選考では履歴書と職務経歴書が必要で重要なのは職務経歴書です。

職務経歴書では自分の経歴の中でも、応募する企業のニーズに合った内容かどうかが求められます。したがって職務経歴書は応募する企業に合わせてカスタマイズしなければなりません。 特に重要な項目は以下です。

  • 数字で表せる実績と実績の残すために行った工夫
  • 活かせられる経験、スキル
  • 自己PR

上記3点が重要です。

自分の経験の強みを整理する

転職において経験の棚卸しは初期段階に行う作業です。自分の経験は他の企業ではどんなことが活かせられるかを整理し、箇条書きでまとめていきます。

例えば

  • 機械系の経験が得意なのか、電気系が得意なのか
  • プロジェクトマネジメントはできるか
  • 英語の仕様書は読めるか
  • 資格は持っているか

など業界や職種によって異なります。 自分の経験を整理し、市場価値に合わせて強みをまとめていくことが重要です。

エンジニアに特化したエージェントもしくはエンジニア経験のあるコンサルタントにサポートしてもらう

転職活動は「自分で応募する」方法と「転職エージェントにサポートしてもらう」方法の2つのパターンがあります。

転職エージェントを利用すると以下のようなメリットがあるため、転職エージェントを利用することをお勧めします。

  • 非公開求人がある
  • 履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる
  • 面接対策を実施してくれる
  • 年収の交渉
  • 専門のアドバイザーがサポートしてくれる

中でも専門的なアドバイスが重要です。ただし注意点があります。すべてのエージェントが専門的な知識を持っているわけではありません。

機械系エンジニア職種に強みを持ったエージェントや製造メーカーに強いエージェント、もしくは元エンジニアのキャリアコンサルタントにサポートしてもらえるとより具体的なキャリアの相談が可能になり、アドバイスを質も上がります。

転職エージェントの中でも専門的な知見を持った会社に登録をするべきです。

転職サイトに登録するときの工夫(3つのポイント)

自分の経験を具体的に記入する

転職エージェントは転職サイト(リクナビNEXTマイナビ転職エン転職ビズリーチキャリアカーバーミドルの転職など)に登録している人の情報を見ることができます。(個人情報の関係ですべての情報を見れるわけではありませんが、業務経験や年収、スキルなどはすべて確認できます)その内容を転職エージェントは確認し、スカウトメールを送ります。

登録している情報の内容が薄い人は何をしている人なのか、どの分野に強みを持っているのか分かりません。経験が分からない人にはスカウトメールはあまり届きません。

自分の経験についてはより細かい登録することで、スカウトメールを多くすることができ、さらにミスマッチするスカウトメールを避けることができます。すべての転職サイトにおいて登録情報は出来るだけ細かく具体的に記入するべきなのです。

実績を入れる

どの職種においても自分の実績を入れることが重要です。

実績とは数字で表せる実績が良いですが、営業職以外の場合は数字で表せないことも多いと思います。その場合は、会社に貢献した実績。評価されたことなどを記載することがお勧めです。また記載ポイントとしては実績だけを書くのではなく「工夫したポイント」を追加することです。

実績を出すために、どんなプロセスを踏んだのか、工夫をするために考えたことなど、実績を生み出した理由を書くことで人事担当はイメージしやすくなります。

希望はできるだけ幅広く見せる

転職サイトや転職エージェントに登録する際に、希望条件を入力します。例えば、希望職種、業界、勤務地、年収など。出来るだけ幅広く希望を入れることがお勧めです。

転職エージェントのコンサルタントは希望をよく見ています。希望から少しでも外れていると、ミスマッチなスカウトになると考えてしまうので、案件の紹介数が減少します。

間口は出来るだけ広くして、案件を紹介してもらった後に受けるか受けないかの判断をする方が可能性が広くなりますにで、希望条件は出来る限り幅広く見せることが重要です。

おすすめの転職エージェント5選

マイナビエージェント(ものづくりエンジニア)

マイナビエージェント(ものづくりエンジニア)公式サイト

マイナビエージェント(ものづくりエンジニア)の特徴は以下3点です。

  • CMなどを含めた20代の若手層からの知名度
  • 業界に特化したキャリアアドバイザーからのサポート
  • 独占求人、非公開求人の多さ

マイナビが持つ転職サイトもあるため登録者数が非常に多く、様々な成功ケースを持っています。

そのノウハウをキャリアアドバイザーが習得しているため、丁寧なキャリアサポートが魅力です。特に業界別にキャリアアドバイザーが分かれているため、機械系エンジニアの人にとっても安心してキャリアの相談ができるエージェントと言えます。

公式サイト → https://mynavi-agent.jp/maker/

メイテックネクスト

メイテックネクスト公式サイト

メイテックネクストの特徴は以下3点です。

  • エンジニア系職種に特化したエージェント
  • エンジニア職の求人数で業界NO.1
  • 各企業に内情を理解しているキャリアアドバイザーからのサポート

メイテックネクストの最大の魅力は会社としてエンジニア系職種に特化していることです。

大手企業では総合的なサポートをしている中で専門のチームがあるという組織が多いですが、メイテックネクストは会社そのものがエンジニア系職種に強いということです。 もちろんキャリアアドバイザーも専門的な知見がある人ばかりという点も魅力の一つです。

公式サイト → https://www.m-next.jp/

パソナキャリア

パソナキャリアの公式サイト

パソナキャリアの特徴は以下3点です。

  • 2019年・2020年と2年連続で、オリコン顧客満足度調査 転職エージェント総合第1位を獲得する実績
  • 職務経歴書の書き方から面接対策までサポートが厚い
  • 案件の質が高い

パソナキャリアの特徴は求人案件の質の高さとキャリアアドバイザーによりサポートの厚さです。

細かい履歴書・職務経歴書の添削、面接1社1社のサポートなど密に行ってくれるので、じっくりとサポートしてほしい人にとっては非常にお勧めのエージェントです。

公式サイト → https://www.pasonacareer.jp/

doda

DODAの公式サイト

dodaの特徴は以下3点です。

  • 非公開求人を含む10万件以上と圧倒的な求人の多さ
  • 20代の若手層や未経験採用に強い
  • レスポンスが早い

DODAの最大の特徴は案件数の多さです。

特に20代であれば1人で10社以上の案件を紹介してもられることが多いです。また20代~30代のキャリアアドバイザーが多く、レスポンスも早いです。スピーディーに転職を行いたい人にとっては「案件数の多さ」「レスポンスの速さ」から魅力的なエージェントです。

公式サイト → https://doda.jp/

リクルートエージェント

リクルートエージェント 公式サイト

リクルートエージェントの特徴は以下3点です。

  • なんと言っても業界トップの知名度と実績
  • 実績が豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍
  • 書類添削から選考サポートまでの手厚いアドバイス

リクルートエージェントは言うまでもなく業界トップの会社です。

キャリアアドバイザーの質も高く、実績も多いため様々ケースで質の高いアドバイスをもられます。案件数も多いので、自分に合った仕事が見つけやすく、安心してサポートを受けられるエージェントです。

公式サイト → https://www.r-agent.com/

転職エージェントを利用するポイント

転職エージェントにはそれぞれのカラーがあります。大手総合エージェントの場合は、「求人案件数」は圧倒的に多いです。案件数が多いことのメリットは、

  • 様々な案件の内容を見て、市場分析ができる
  • 同時に複数の会社を進めることで比較ができる
  • 自分の希望と照らし合わせて選択することができる

など様々なことがあります。一方でデメリットとしては「本当に自分に合った案件がどれか分かりづらい」ということです。ある程度自分の中で希望条件や理想、キャリアパスを描けている人にとって、大手エージェントは使いやすさを感じます。

一方で自分のキャリアをどうしていけばいいか悩んでいたり、より専門的なアドバイスがほしい場合は大手エージェントではなく、専門エージェントを利用することがお勧めです。

専門エージェント、もしくは業界経験があるキャリアアドバイザーであれば、自分の経験をより深く理解してくれ、細かいアドバイスをもられます。自分では気づかなかった選択が見えたり、新たな発見もあります。自分の状況に合わせて転職エージェントは選ぶべきです。

機械系エンジニアの転職に関するまとめ

機械系エンジニアの転職は特に専門的な領域ですので、他の職種に比べても転職エージェントの選択が重要になります。20代から30代で自分の夢やキャリアの未来を明確に持っている人は大手エージェントから多数の案件の紹介をもらい、自分で選択していくことが可能性を広げられるやり方です。

まだ先のビジョンが見えていない、もしくは40代以上の転職であれば、業界特化型のエージェントもしくは業界の精通したキャリアアドバイザーによるサポートがお勧めです。専門性の高いキャリアアドバイザーは様々な角度でアドバイスをくれ、また企業のことをよく理解しています。求人票では見えない部分が重要です。具体的には

  • 組織体制
  • どんな人が活躍しているのか
  • 応募するポジションの会社としての位置づけ
  • レポートライン
  • 評価制度

など企業のことを理解しているキャリアアドバイザーでないと答えられない質問です。逆にこのような質問に対して抽象的な回答をするキャリアアドバイザーには頼らない方がいいでしょう。専門性の高いキャリアアドバイザーであれば必ず回答がもらえます。

機械系エンジニアの転職においてはこのような考え方が重要であり、良い転職エージェントを選択出来れば満足の転職になる可能性が高くなります。

本記事を参考にして頂き、転職でキャリアを作って頂ければと思います。

この記事で紹介したエージェント(案件・求人サイト)一覧

[PR]:各エージェントの公式サイト

この記事で紹介したエージェント以外のエージェントをみてみる

本記事で紹介したエージェント以外でも、非公開求人を含め『機械設計』『ものづくり系』の案件を保有したエージェントは多数ありますので、ぜひ下記もチェックしてください。またエージェントへの登録をする場合は、必ず「複数への登録」をして選択できる求人の幅を広げておきましょう。

[PR]:未経験からの転職なら「IT/Web業界転職サイトまとめ|現役エンジニアが比較した11選!」で各転職サイトを比較する事ができます。
[PR]:40代・未経験からのIT/Web業界への転職なら、現役エンジニアが厳選した「40代エンジニアにおすすめ!転職エージェント・サイト比較7選!〜大手・外資企業の求人も〜」という記事をご覧ください。

-転職サイトまとめ
-, , , , , , ,

関連記事

《40代エンジニア》にもおすすめ!転職エージェント・サイト比較7選!〜大手・外資企業の求人も〜

こちらのページでは、「40代から目指すIT・Web業界への転職」に強い転職エージェント(一部転職サイト有り)をご紹介いたします。 これまでの経験や知識を活かし、より好条件な求人を探すには、最低でも2〜 …

IT・Web系に強い!転職サイト・エージェント11選

IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!【現役エンジニア厳選】

お知らせ:新型コロナウィルス感染拡大防止に対する[各エージェントの対応状況]まとめ [PR]:今すぐ登録したい方はこの3サイトがおすすめ! レバテックキャリア ※専門用語が通用する!面接の通過率が高い …

フリーランスエンジニアのためのエージェント探し

フリーランスエンジニアが[登録すべき]案件・求人紹介サイト(エージェント)比較11選!未経験でも挑戦可能!

お知らせ:新型コロナウィルス感染拡大防止に対する[各エージェントの対応状況]まとめ [PR]:今すぐ登録したい方はこの3サイトがおすすめ! レバテックフリーランス ※業界最大手!高単価多い! ギークス …





マイナビクリエイター
ページのトップへ戻る