エンジニアの転職

更新日:2020/10/07

社内SEになるには?仕事内容と取るべき【資格】を現役エンジニアが解説します。

社内SEになるには?仕事内容と取るべき【資格】を現役エンジニアが解説します。

社内SEは、自社内のプロジェクトの企画から開発、保守、運用まで幅広い業務を行う仕事です。

そんな社内SEに役立つ資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは現役エンジニアである筆者が、社内SEがどのような仕事をするのか、仕事内容や求められるスキルを含めて『取るべき資格』をいくつか紹介していきます。

社内SEに強い転職エージェント・転職サイト3選!

  1. 社内SE転職ナビ|社内SEに特化した転職エージェント
    社内SEに特化した転職エージェント。絶対社内SEに転職したいひとはここ

  2. マイナビIT AGENT|国内最大級の転職支援実績
    社内SEの求人を多数保有した大手転職エージェント。メガベンチャーや有名スタートアップ系に強い

  3. レバテックキャリア|エンジニア専門転職エージェント
    専門用語が通じるから内定率も上がる。IT/Web系に強い転職エージェント

社内SEの仕事内容

社内SEの仕事内容

SEとはシステムエンジニアの略です。システムエンジニアとは、顧客とやり取りをして、その要求を受け取り、プログラムを作るための設計作業を行う職業になります。システム開発の工程の中では、いわゆる上流工程とよばれる「要求分析・要件定義」「基本設計」「詳細設計」「テスト」を担当することが一般的です。

社内SEとは、その会社内の情報システム部などで働くシステムエンジニアのことです。お客様先に常駐して仕事をするのではなく、自分の会社で自社のシステムの設計や管理業務を担当します。一般的に、プログラマーからシステムエンジニアにスキルアップする例も多くみられます。

社内SEに必要とされる能力

社内SEに必要とされる能力

では、社内SEに必要とされる能力には何があるのでしょうか。

その業務内容から、必要な能力をみていきます。

コミュニケーション能力

社員とのやり取り、顧客とのやり取り、あるいは会社のシステムに関して出れば経営陣とのやり取りなどを行う必要がるのが社内SEです。

社内のプロジェクトなどに参加する場合などは、要件定義やプロジェクトを円滑に進める必要があります。開発業務を外部発注する場合などは、その開発進捗の管理や、ニーズの反映なども行います

社内設備の構築や保守、社員からのトラブル対応などもありますので、要望をくみ上げたりトラブルの内容を理解したりと、その業務内容はかなり幅ひろいものがあります。これらを円滑に行うためにも、コミュニケーション能力が重要となります。

技術力

上流工程が主であり、開発に関してはプログラマーが行うことが多くなりますが、処理などの設計を考える上では技術に関する知識がないと、機能を考えることはできません。顧客に、最適なシステムを提案するために、専門知識や最新の技術情報をも勉強しておく必要があります。

社内SEが取るべき資格

社内SEが取るべき資格

社内SEとして絶対に必要な資格というものがあるわけではありません。必要なのは、先に述べたような能力や経験です。ただ、その経験を裏付ける証拠として、資格を保持しておくことは、決してマイナスにはなりません。また、自分自身のスキルアップとしても資格の取得はメリットであると言えます。

社内SEへの転職を考えている場合に、面接で有利になる資格にはどのようなものがあるのか紹介していきます。

《ITエンジニアの転職》で資格を取得するメリット5選!面接・書類選考を有利に進めよう!

技術系の国家資格

公式サイト → https://www.ipa.go.jp/index.html

IPAの情報処理技術者試験は、エンジニアにとってそのスキルを証明できる一番の資格であると言えます。

プログラマーであれば、情報処理技術者試験の中の「基本情報処理技術者試験」はとっておきたいところですが、社内SEの場合、この情報処理技術者試験の中でも、「応用情報処理技術者試験」や「ネットワークスペシャリスト試験」、「データベーススペシャリスト試験」などの、高度な知識・技能を必要とする資格試験がおすすめになります。

合格率が低いということ、また年に1回(春のみ)もしくは2回(春と秋)しか試験がないため、タイミングを逃すと取得できるまでの時期が延びてしまいます。

実務経験があるエンジニアでないと厳しいものもありますが、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。



基本情報技術者のおすすめ学習サイト
《基本情報技術者試験の解説サイト》 基本情報技術者試験ドットコム



応用情報技術者のおすすめ学習サイト
《応用情報技術者試験の解説サイト》 応用情報技術者試験ドットコム


ベンダー資格

ベンダー資格とは、パソコンやソフトウェアの開発を行う企業やメーカーが、自社の商品について適切な技術を所持しているかを認定する資格です。

インフラ系のエンジニアを含め、社内SEもぜひ持っておいた方がいい資格になります。そんなベンダー資格を二つ紹介します。

ORACLE MASTER

公式サイト → https://www.oracle.com/jp/education/index-172250-ja.html

データベースでは最大手ともいえる日本オラクル社が扱う「Oracle Database」の技術力を認定する資格です。最新の試験は「Oracle Database 12c」です。

「Bronze(ブロンズ)」、「Silver(シルバー)」、「Gold(ゴールド)」、「Platinum(プラチナ)」の4つのランクがあります。一番低い「Bronze」の試験でも、「DBA」と「SQL」の2分野の試験があり、難易度はかなり高めですが、それだけ取得できれば自身のスキルアップにもつながります。

Linux技術者認定試験

公式サイト → https://linuc.org/

もともとは「Linux技術者認定試験(LPIC)」と呼ばれていましたが、2018年3月に日本人向けの「LinuC(リナック)」が開始されました。

Linuxとは、WindowsとMacのようなオペレーティングシステムの一つです。このLinuxの技術を使えるということを証明できる国際資格になります。企業ではLinuxサーバを使用しているところも多いので、保持することでその有用性をアピールすることができます。

日商簿記

IT関連の資格ではありませんが、「日商簿記3級」は、社内SEがとるべき資格の一つとしてよくあげられます。

社内で仕事をするのが社内SEなので、その会社の様々なシステムに関わることになります。会計関連のシステムに関わることもありますし、また業務の効率化を提案するうえで会計知識があることはテストや提案など、様々な業務の効率化が図れるようになります。

可能であれば2級ぐらいまでは取得しておきたいところです。

まとめ

社内SEとはどのような仕事なのか、転職に当たり取っておくべき資格にはどのようなものがあるのか、おすすめを紹介してきました。

社内SEの仕事は、資格が必須というわけではありません。それまでの経験や実績があれば、別業種からであっても転職は可能です。ただ、差別化を図り、自身の力量をアピールするという点で、資格を保持しておくことにデメリットはありません。

社内SEへの転職を考えている方は、ぜひ資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

もう一度「社内SEになるには?仕事内容と取るべき【資格】を現役エンジニアが解説します。」を読む ↑

社内SEに強い転職エージェント・転職サイト3選!

  1. 社内SE転職ナビ|社内SEに特化した転職エージェント
    社内SEに特化した転職エージェント。絶対社内SEに転職したいひとはここ

  2. マイナビIT AGENT|国内最大級の転職支援実績
    社内SEの求人を多数保有した大手転職エージェント。メガベンチャーや有名スタートアップ系に強い

  3. レバテックキャリア|エンジニア専門転職エージェント
    専門用語が通じるから内定率も上がる。IT/Web系に強い転職エージェント

社内SEに特化したエンジニア専門の転職支援サイト

おすすめ度:★★★☆☆

  • 社内SE
  • SI
  • Webエンジニア
  • ゲーム業界
  • 関東圏
  • 大阪
  • 20~40代

社内SE転職ナビの公式サイト

出典:社内SE転職ナビ公式サイト
おすすめポイント・強み

  • 業界トップクラスの社内SE求人数
  • 公式サイトで閲覧できる求人情報が「かなり具体的」
  • 状況や志向に合わせた個別面談が可能(全て無料

社内SE転職ナビに[無料登録する]

社内SE転職ナビの特徴

一人の求職者にかける時間が通常のエージェントの2倍!

社内SE転職ナビは、社内SEを目指すエンジニアの最適なキャリア形成を支援しています。

社内SE転職ナビが保有する求人は業界トップクラス。公式サイトで閲覧できる求人情報が具体的(仕事内容や必要なスキルなど) なので、転職活動が効率良く進めることができます。

ここがポイント!
公式サイトに登録するとマイページが発行され、客先常駐のない求人を検索出来たり、コンサルタントお勧めの求人が確認できます。

在籍するコンサルタントは『社内SE専門の知識』を有しているので、応募者のスキルや経験などの強みを最大限に引き出した上で企業へ推薦してくれます。また、コンサルタントに人数のノルマがないため、なんと「一人の求職者にかける時間が通常のエージェントの2倍」なんです。そのことで希望に沿わない求人の斡旋や、大量の求人メールを送るなどの機械的なサポートではなく、応募者に寄り添ったサービスを実現出来ているんですね。

社内SE転職ナビでは、一人ひとりの希望や経験を丁寧にヒアリングしたうえで最適なキャリアプランを提案しています。転職活動だけでなくキャリア形成に役立つ情報も含めて相談できるので、経験が浅い方も臆することなく『気軽な気持ち』で相談してみましょう。

応募者の状況や志向に合わせた3つの個別面談(全て無料)

[カジュアル面談] → 転職前提ではなく、まずは情報収集だけしたい方におすすめ
[キャリア面談] → すでに転職活動をしている方におすすめ
[スカイプ面談(オンライン)] → 対面での面談が難しい方におすすめ

社内SE転職ナビの弱み・デメリット

取り扱う求人が関東圏・大阪への勤務に集中しているため、地方勤務の求人はあまり多くありません。地方勤務の求人をより多く集めたい方は他の転職エージェントを併用することをおすすめします。

地方にも強い転職サイト・エージェント3選

  1. 求人数の多さは流石の業界最大手!
    リクルートエージェントの[公式サイトへ]
  2. 案件の幅も広く、地方求人も豊富!
    dodaの[公式サイトへ]
  3. サポートに定評あり!地方求人も多い!
    パソナキャリアの[公式サイトへ]

社内SEとして自社内に腰を据えて仕事をしたいなら、社内SE転職ナビは登録すべき転職エージェントです。

もっと詳しく知りたい方は「社内SE転職ナビの特徴は?強みと弱みを他社と比較」で紹介していますので、ぜひご覧ください。

社内SE転職ナビの主な概要[比較表]

※2020年12月現在

得意な職種 社内SE
求人数 公開求人:約1,192件
対応地域 全国
未経験可の求人
未経験可の求人数 25件
リモートワーク・在宅勤務の求人数 [リモートワーク]21件 [在宅勤務]2件
言語・スキル [C/C++]79件 [Java]479件 ← 11月より300件程度増! [PHP]245件 ← 11月より180件程度増! [Python]169件 [JavaScript]236件 ← 11月より200件程度増![Ruby]199件 [Go言語]2件 [Scala]50件 [R言語]6件 [Swift]89件 [Kotlin]65件 [SQL]383件 ← 11月より200件程度増![PL/SQL]73件 他
初回の面談・カウンセリング [自宅]電話・Webによるカンセリング
[来社]東京本社、大阪支社
[対応時間]平日10:00~20:30開始まで/土曜日10:00~19:00開始まで

社内SE転職ナビの詳細を見る

社内SE転職ナビの口コミ・評価

20代/男性/★★★☆☆

投稿日:2020年10月21日

30代を前に環境を変えたいと思い、転職活動をはじめました。これまで数社のWeb制作会社でフロントエンドとバックエンドの両方を経験してきました。こちらのエージェントは社内SE専門との事でしたが、サイトの求人を見てみると自社開発や自社サービスの企業も結構あったので、登録してみました。担当の方はWebエンジニア系の知識に詳しかったです。キャリアセミナーやイベントも沢山開催しているのも興味深かったですね。自社サービスの企業や起ち上げ間もないスタートアップなど条件に近い求人を揃えてくれた事、それと、採用する側がどういった人物像を求めているか?などの情報を教えてもらえたのは良かったです。ただ、求人数的には東京の求人が多くを占めていたので、神奈川県での仕事を探している身としては若干物足りませんでした。現在も数社の採用結果待ちなので評価は「3」としました。

20代/女性/★★★★☆

投稿日:2020年10月5日

これまでソフトウェアの開発会社でJavaアプリの開発を担当してきましたが、労働時間と給与のバランスに不満があり、社内SE転職ナビに相談することにしました。担当の方は大手エージェントのカウンセラーと比べると、業界のことに詳しかったです。特化しているとはいえ、そこまで社内SEの求人は多くないだろうと思っていましたが、中小からスタートアップ系、大手企業など幅広く案内してもらいました。マイナビエージェントやdodaに比べると数こそ見劣りしますが、他のエージェントで紹介されなかった企業など、「こんな職場があるんだ」というような求人もあり、興味深く選ぶことが出来ました。また、担当者の方は各企業の特徴や風土などにも詳しかったので、面接対策としてもとても参考になりました。社内SEはとにかく倍率が高いので、気になる求人があれば面接だけも直ぐに行ったほうが良いと思います。


30代/男性/★★★★★

投稿日:2020年9月30日

SIer(客先常駐SE)として4年ほど働いてきましたが、技術的向上に限界を感じ転職活動を開始しました。当初は受託開発系の企業への転職も考えましたが、自社内開発であれば腰を据えて開発に集中できると考え、こちらの転職エージェントに登録しました。カウンセリングはとても丁寧で時間かけてじっくりとヒアリングしてもらいました。こちらのエージェントは社内SEに特化しているので、紹介される求人にSIerや受託開発系の案件が混ざっていなかったので、安心して書類選考へのエントリーに進むことができました。求人数については、他のエージェントを使っていなかったので比較できませんが、少ない印象ではなかったです。現在は某企業の社内エンジニアとして開発をメインとしながらも、チームのマネジメントやプロジェクト管理など様々な経験ができています。総じて利用して良かったと思えるエージェントです。


30代/男性/★★★★☆

投稿日:2020年9月25日

はじめは転職サイトを使って自分の力だけで求人探しをしていましたが、社内SEに限定していることで限界を感じていました。そこで、ネットで知ったこちらのサイトに登録をして求人の紹介をしてもらいました。登録してからの求人紹介までの流れはとてもスムーズでしたね。エージェントの方も企業の説明や面接に向けてのアドバイスも無駄がない感じで好印象でした。どの求人も社内SEに関する求人だったので、競争率の高さを考えて、給与と勤務地が自分の条件に近いものはすべての応募をお願いしました。面接の日程調整も早かったです。数社面接が決まると、エージェントの方と面接に向けての相談をしました。結果2社から内定を頂きましたが、前職でのインフラ周りの経験を活かせる企業への就職を決断しました。

社内SE転職ナビの公式サイト

IT業界トップクラスの求人数で、理想の【社内SE案件】に出会える!

社内SE転職ナビの公式サイト

社内SE転職ナビ
客先常駐が嫌で社内SEを目指すならまずはここ。社内SEのリアルがわかる求人情報はおすすめです。

社内SE転職ナビの[公式サイトへ]

IT・Webエンジニアの転職に強い転職サイト

IT・Web領域に強い転職サイト・転職エージェントをもっと多く知りたい方は、「IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!【現役エンジニア厳選】」という記事をご覧ください。

IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!現役エンジニア厳選

未経験からはプログラミングスクールがおすすめ

未経験からエンジニア(社内SE)を目指すのはかなり難しいです。まずは基本的な知識をプログラミングスクールで学び、エンジニアとしてのスキルを身につけるほうが確実といえます。未経験・社会人でも仕事や家事などとも両立しながら学べるスクール転職支援や転職保証型のスクール(無料あり)など、自分の目標やライフスタイルに合わせて学習できるスクールが多くあります。ぜひご覧いただき自分ぴったりのスクールを見つけてください。

プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較7選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!

 

-エンジニアの転職
-, , , , , ,

関連記事

ITエンジニアが地方へ転職・フリーランスになる方法やメリット・デメリットとは?

ITエンジニアが地方へ転職・フリーランスになる方法やメリット・デメリットとは?

筆者は、IT企業に勤めて18年目になります。その中で数回転職経験があり、その内の1回は東京から地元石川県の企業に転職しております。 今回は筆者の経験を踏まえて、「ITエンジニアが都会から地方に転職する …

30代過ぎたサラリーマンへの朗報。業務未経験からIT業界へ転職は難しくないです。

30代過ぎたサラリーマンへの朗報。業務未経験からIT業界へ転職は難しくないです。

30代・業界未経験からITエンジニアに転職したい。プログラミングは独学ではやっていたけど、実務経験はない。それでもIT業界を目指すことってできるかな・・? このような疑問に現役エンジニアである筆者が解 …

ITエンジニアへ転職【30代未経験】から求人に応募をする際の注意点

ITエンジニアへ転職【30代未経験】から求人に応募をする際の注意点

30代未経験でエンジニア転職を目指す方は、 30代未経験だけどエンジニアへキャリアチェンジしたい プログラミング初心者におすすめな学習方法をしりたい 30代のエンジニア求人ってどのくらいあるのかな な …

40代ビジネスマンのイメージ

アンケート【40代の転職】先輩エンジニア・プログラマー・SEの転職成功体験談!

40代の転職は、30代までの転職と比べると難しいと言われますが、実際はどうなのでしょうか?昨今ではその豊富な経験や実績に期待し、40代、50代のビジネスパーソンを対象に「第四新卒」として積極採用する企 …

自社開発の魅力とは!?受託開発と何が違うのか?【エンジニア就活生必見】

自社開発の魅力とは!?受託開発と何が違うのか?【エンジニア就活生必見】

この記事はエンジニアとしての就職を考えている大学生や第二新卒。また、未経験から自社開発へのエンジニア転職を検討している方向けの記事となっています。 こんにちは。 エンジニアとして就職・転職を考えている …






[PR]
[PR]:
ページのトップへ戻る