エンジニアの転職

公開日:2020/04/06|最終更新日:2020/09/04

社内SEになるには?仕事内容と取るべき【資格】を現役エンジニアが解説します。

社内SEになるには?仕事内容と取るべき【資格】を現役エンジニアが解説します。

社内SEは、自社内のプロジェクトの企画から開発、保守、運用まで幅広い業務を行う仕事です。

そんな社内SEに役立つ資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは現役エンジニアである筆者が、社内SEがどのような仕事をするのか、仕事内容や求められるスキルを含めて『取るべき資格』をいくつか紹介していきます。

社内SEに強い転職エージェント・転職サイト3選!

  1. 社内SE転職ナビ|社内SEの転職成功率が高いサイト|社内SEに特化した転職エージェント。絶対社内SEに転職したいひとはここ
  2. マイナビエージェントIT|社内SEの転職なら。非公開求人80%!|社内SEの求人を多数保有した大手転職エージェント。メガベンチャーや有名スタートアップ系に強い
  3. レバテックキャリア|エンジニア専門転職エージェント|専門用語が通じるから内定率も上がる。IT/Web系に強い転職エージェント

社内SEの仕事内容

社内SEの仕事内容

SEとはシステムエンジニアの略です。システムエンジニアとは、顧客とやり取りをして、その要求を受け取り、プログラムを作るための設計作業を行う職業になります。システム開発の工程の中では、いわゆる上流工程とよばれる「要求分析・要件定義」「基本設計」「詳細設計」「テスト」を担当することが一般的です。

社内SEとは、その会社内の情報システム部などで働くシステムエンジニアのことです。お客様先に常駐して仕事をするのではなく、自分の会社で自社のシステムの設計や管理業務を担当します。一般的に、プログラマーからシステムエンジニアにスキルアップする例も多くみられます。

社内SEに必要とされる能力

社内SEに必要とされる能力

では、社内SEに必要とされる能力には何があるのでしょうか。

その業務内容から、必要な能力をみていきます。

コミュニケーション能力

社員とのやり取り、顧客とのやり取り、あるいは会社のシステムに関して出れば経営陣とのやり取りなどを行う必要がるのが社内SEです。

社内のプロジェクトなどに参加する場合などは、要件定義やプロジェクトを円滑に進める必要があります。開発業務を外部発注する場合などは、その開発進捗の管理や、ニーズの反映なども行います

社内設備の構築や保守、社員からのトラブル対応などもありますので、要望をくみ上げたりトラブルの内容を理解したりと、その業務内容はかなり幅ひろいものがあります。これらを円滑に行うためにも、コミュニケーション能力が重要となります。

技術力

上流工程が主であり、開発に関してはプログラマーが行うことが多くなりますが、処理などの設計を考える上では技術に関する知識がないと、機能を考えることはできません。顧客に、最適なシステムを提案するために、専門知識や最新の技術情報をも勉強しておく必要があります。

社内SEが取るべき資格

社内SEが取るべき資格

社内SEとして絶対に必要な資格というものがあるわけではありません。必要なのは、先に述べたような能力や経験です。ただ、その経験を裏付ける証拠として、資格を保持しておくことは、決してマイナスにはなりません。また、自分自身のスキルアップとしても資格の取得はメリットであると言えます。

社内SEへの転職を考えている場合に、面接で有利になる資格にはどのようなものがあるのか紹介していきます。

《ITエンジニアの転職》で資格を取得するメリット5選!面接・書類選考を有利に進めよう!

技術系の国家資格

公式サイト → https://www.ipa.go.jp/index.html

IPAの情報処理技術者試験は、エンジニアにとってそのスキルを証明できる一番の資格であると言えます。

プログラマーであれば、情報処理技術者試験の中の「基本情報処理技術者試験」はとっておきたいところですが、社内SEの場合、この情報処理技術者試験の中でも、「応用情報処理技術者試験」や「ネットワークスペシャリスト試験」、「データベーススペシャリスト試験」などの、高度な知識・技能を必要とする資格試験がおすすめになります。

合格率が低いということ、また年に1回(春のみ)もしくは2回(春と秋)しか試験がないため、タイミングを逃すと取得できるまでの時期が延びてしまいます。

実務経験があるエンジニアでないと厳しいものもありますが、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。



基本情報技術者のおすすめ学習サイト
《基本情報技術者試験の解説サイト》 基本情報技術者試験ドットコム



応用情報技術者のおすすめ学習サイト
《応用情報技術者試験の解説サイト》 応用情報技術者試験ドットコム


ベンダー資格

ベンダー資格とは、パソコンやソフトウェアの開発を行う企業やメーカーが、自社の商品について適切な技術を所持しているかを認定する資格です。

インフラ系のエンジニアを含め、社内SEもぜひ持っておいた方がいい資格になります。そんなベンダー資格を二つ紹介します。

ORACLE MASTER

公式サイト → https://www.oracle.com/jp/education/index-172250-ja.html

データベースでは最大手ともいえる日本オラクル社が扱う「Oracle Database」の技術力を認定する資格です。最新の試験は「Oracle Database 12c」です。

「Bronze(ブロンズ)」、「Silver(シルバー)」、「Gold(ゴールド)」、「Platinum(プラチナ)」の4つのランクがあります。一番低い「Bronze」の試験でも、「DBA」と「SQL」の2分野の試験があり、難易度はかなり高めですが、それだけ取得できれば自身のスキルアップにもつながります。

Linux技術者認定試験

公式サイト → https://linuc.org/

もともとは「Linux技術者認定試験(LPIC)」と呼ばれていましたが、2018年3月に日本人向けの「LinuC(リナック)」が開始されました。

Linuxとは、WindowsとMacのようなオペレーティングシステムの一つです。このLinuxの技術を使えるということを証明できる国際資格になります。企業ではLinuxサーバを使用しているところも多いので、保持することでその有用性をアピールすることができます。

日商簿記

IT関連の資格ではありませんが、「日商簿記3級」は、社内SEがとるべき資格の一つとしてよくあげられます。

社内で仕事をするのが社内SEなので、その会社の様々なシステムに関わることになります。会計関連のシステムに関わることもありますし、また業務の効率化を提案するうえで会計知識があることはテストや提案など、様々な業務の効率化が図れるようになります。

可能であれば2級ぐらいまでは取得しておきたいところです。

まとめ

社内SEとはどのような仕事なのか、転職に当たり取っておくべき資格にはどのようなものがあるのか、おすすめを紹介してきました。

社内SEの仕事は、資格が必須というわけではありません。それまでの経験や実績があれば、別業種からであっても転職は可能です。ただ、差別化を図り、自身の力量をアピールするという点で、資格を保持しておくことにデメリットはありません。

社内SEへの転職を考えている方は、ぜひ資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

もう一度「社内SEになるには?仕事内容と取るべき【資格】を現役エンジニアが解説します。」を読む ↑

社内SEに強い転職エージェント・転職サイト3選!

  1. 社内SE転職ナビ|社内SEの転職成功率が高いサイト|社内SEに特化した転職エージェント。絶対社内SEに転職したいひとはここ
  2. マイナビエージェントIT|社内SEの転職なら。非公開求人80%!|社内SEの求人を多数保有した大手転職エージェント。メガベンチャーや有名スタートアップ系に強い
  3. レバテックキャリア|エンジニア専門転職エージェント|専門用語が通じるから内定率も上がる。IT/Web系に強い転職エージェント

社内SEに特化したエンジニア専門の転職支援サイト

社内SE転職ナビ

  • 社内SE
  • SI
  • Webエンジニア
  • ゲーム業界
  • 関東圏
  • 大阪
  • 20~40代

社内SE転職ナビの公式サイト

無料登録する
社内SE転職ナビの評判・口コミを見る

一人の求職者にかける時間が通常のエージェントの2倍!

社内SE転職ナビは、社内SEを目指すエンジニアの最適なキャリア形成を支援しています。

在籍するキャリアアドバイザーは社内SE専門の知識を有しています。また、アドバイザーに人数のノルマがないため、なんと「一人の求職者にかける時間が通常のエージェントの2倍」なんです。そのことで希望に沿わない求人の斡旋や、大量の求人メールを送るなどの機械的なサポートではなく、応募者に寄り添ったサービスを実現出来ているんですね。

一人ひとりの希望や経験をヒアリングしたうえで丁寧にアドバイスしてもらえ、転職活動だけでなくキャリア形成に役立つ情報も含めて相談できるので、経験が浅い方も臆することなく『気軽な気持ち』で相談してみましょう。

社内SEとして自社内に腰を据えて仕事をしたいなら、社内SE転職ナビは登録すべき転職エージェントです。

もっと詳しく知りたいかたは「社内SE転職ナビの特徴は?強みと弱みを他社と比較」で紹介していますので、ぜひご覧ください。
社内SE転職ナビを利用する3つのメリット・強み
  • 業界トップクラスの社内SE求人数
  • 「社内SEのリアル」な情報が詳しく分かる!
  • 3つの相談方法がありサポートも充実!※

※まだ転職するか分からない利用者に向けた「カジュアル面談」、転職活動を本格的に開始する利用者に向けた「キャリア面談」、日々忙しい利用者に向けた「オンライン面談」と、利用者の状況や希望に合わせた3つの相談方法があります。

ここがポイント!
登録するとマイページが発行され、客先常駐のない求人を検索出来たり、アドバイザーお勧めの求人が確認できます。
得意な職種 社内SE
求人数 公開求人:約1,139件 ※2020年8月時点
対応地域 全国
未経験可の求人 25件 ※2020年8月現在
初回の面談・カウンセリング [自宅]電話・Webによるカンセリング
[来社]東京本社、大阪支社
[対応時間]平日10:00~20:30開始まで/土曜日10:00~19:00開始まで
社内SE転職ナビの概要と特徴

社内SE転職ナビの特徴・評判を見る

社内SE転職ナビの公式サイト無料で会員登録!

顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

IT・Webエンジニアの転職に強い転職サイト

IT・Web領域に強い転職サイト・転職エージェントをもっと多く知りたい方は、「IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!【現役エンジニア厳選】」という記事をご覧ください。

IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!現役エンジニア厳選

未経験からはプログラミングスクールがおすすめ

未経験からエンジニア(社内SE)を目指すのはかなり難しいです。まずは基本的な知識をプログラミングスクールで学び、エンジニアとしてのスキルを身につけるほうが確実といえます。未経験・社会人でも仕事や家事などとも両立しながら学べるスクール転職支援や転職保証型のスクール(無料あり)など、自分の目標やライフスタイルに合わせて学習できるスクールが多くあります。ぜひご覧いただき自分ぴったりのスクールを見つけてください。

プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較7選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!

 

-エンジニアの転職
-, , , , , ,

関連記事

様々なスキルのイメージ

システムエンジニア(SE)の仕事内容と必要なスキルや経験とは?職種や働き方なども解説!

目次1 活躍の場は幅広い2 誰のためにシステムを作るか2.1 《開発システムエンジニア》2.2 《社内システムエンジニア》3 どんなシステムを作るか?3.1 《ソフトウェアを開発するソフトウェアエンジ …

ノートいnメモを取る女性のイメージ

20代でエンジニアを辞めた女性に聞いた!「当時の悩みや不安、苦労したことなど教えてください!」

SE辞めたい 結婚しても続けられるかな エンジニアの仕事が辛い 育児休業を取っても復帰できるかな キャリアプランどうしよう このような悩みを持つ女性エンジニアに向けた記事です。 一昔前は男性社会と言わ …

30代で未経験からフリーランスのITエンジニアになった【体験談】注意点や転職方法も!

30代で未経験からフリーランスのITエンジニアになった【体験談】注意点や転職方法も!

今の時代、正社員だから安心という時代でもなくなってきています。 そのため、ITフリーランスになる人も増えてきていますが、会社員からフリーランスになる時、「何をしたらいいかわからない」「自分のスキルで大 …

財布のイメージ

システムエンジニアの給料っていくらくらい?女性は活躍できる?

目次1 「専門職」としての給料2 海外から見た日本のエンジニア3 女性も働きやすい職種4 女性エンジニアの転職におすすめな転職サイト・転職エージェント5 いきなりの転職が不安な方はプログラミングスクー …

私服でカバンを持つイメージ

フリーランスのフロントエンドエンジニアの働き方や収入、将来性などを解説!未経験や女性、副業の方も必見!

本記事では、フロントエンドエンジニア、あるいは未経験者の方を対象に、フリーランスのフロントエンドエンジニアになった場合の働き方や報酬の相場、仕事の取り方や将来性について説明します。 フリーランスは自由 …






[PR]
マイナビクリエイター
[PR]
[PR]
ページのトップへ戻る