エンジニアの転職

更新日:2021/07/26

30代後半ITエンジニアが転職に成功するためには?【現役エンジニア】が解説!

30代後半ITエンジニアが転職に成功するためには?【現役エンジニア】が解説!

私自身39歳で某電機メーカーの子会社から大手電機メーカーに転職の経験がございます。その経験を踏まえて30代後半でITエンジニアとして転職するために準備してきたことやそれまでの流れをお伝えしたいと思います。※営業職からITエンジニアに転職するような未経験での転職に関する内容ではありませんのでご承知おきください。

30代後半のエンジニアに求められるスキル

30代後半のエンジニアに求められるスキル

開発経験およびスキル

これは実際の技術的なスキルが問われます。例えば、マイコン上の組込みソフトウェアの開発10年、もしくはC/C++言語を使ったソフトウェア開発経験5年、のような内容になります。

もちろん、応募求人の求めるスキルにはいろいろとありますが、必ずしも応募求人の企業と同様の製品を開発している必要はありません。あくまでも応募求人で必要とされる技術的なスキルがマッチングするかどうかになります。

さらに、20代から30代前半であれば「C言語での開発が得意です」等アピールするれば応募求人から評価をもらえますが、30代後半であればそうはいきません。

30代後半の場合は、若手(20代から30代前半)を指導できるレベルの技術的な知見が問われます。30代後半ではリーダー職種として若手指導までを要求される場合が多いためです。

上流工程での開発経験

プログラミング経験は十分だけど、上流工程の経験(仕様作成、要件定義、設計)がないと30代後半での転職は難しいかもしれません。特に日本の企業(大企業であればあるほど)は、プログラミング等の実装フェーズは外注する企業が多いです。

外注しない場合でも、プログラミング等の実装フェーズは若手のメンバや派遣社員に依頼する傾向があります。したがって、その実装フェーズのインプットになる上流工程をどれだけ経験しているかが30代後半で転職に成功するためのカギになると思います。

インフラエンジニアへの転職に必要なスキル、需要について解説!

マネジメントスキル

マネジメントスキルについては30代後半での転職を楽に成功するためのポイントになると考えています。またマネージメント経験についてはその規模も重要視されます。

5人くらいのチームを管理している、もしくは30人くらいのプロジェクトをマネージメントしているとでは、採用側としても転職後のポジションを決めるのに重要だと考えています。ただ、このマネジメントスキルについては採用する企業によって求められるスキルが異なります。

例えば、プレイングマネージャーを求める企業であれば、実際に手を動かしながら数名程度のチームをマネジメントできることが必要になります。

また、プレイングマネージャーではなくプロジェクトマネージャーのような人材を欲しいと考えている場合は、全体的な日程調整や顧客折衝、部門間との調整等幅広いマネージメント要素が必要になってきます。

30代のSE転職に必要な面接対策と転職後の働き方を【体験談】もとに解説!

30代後半のエンジニアが転職でつまずきやすいポイント

30代後半のエンジニアが転職でつまずきやすいポイント

20代~30代前半と比べて転職の難易度が高くなる

これは実際にあった私の経験です。書類選考は通過するのですが、1次面接で不採用となることが多いことがありました。

転職エージェントを利用して転職活動をしていたのですが、不採用理由を聞くと「20代~30代前半であれば内定をもらえたかもしれない」とのことでした。この不採用理由を突き詰めて考えて行くと、マネージメントやリーダー経験が足りないということが要因でした。

自分自身も2、3年程度のリーダー経験はあったのですが、他の選考者に同世代には、5~7年程度リーダー経験している方も実際には多いのが事実であり、そのような方たちと比較されるとリーダー経験が多い応募者に軍配が上がってしまうのです。

お見送り理由で意外と多いのは「求めるスキルと経験がマッチしない」

企業は即戦力を求めてきますので、当然といば当然の理由ですが、「求めるスキルと経験がマッチしない」で書類選考が通過しないことは多々ありました。

これを払拭するのは難しいですが、求人票の求めるスキルや業務内容を確認し、職務経歴書をその求人に合わせて記載することが良いと思います。その際は転職エージェントの担当者に相談するのがよいでしょう。ただし、職務経歴書を完璧にしたとしても必ずしも書類選考が通過できる訳ではありませんのでご注意ください。

30代のエンジニア転職におすすめな転職エージェント・転職サイトを比較するなら「エンジニアにおすすめのIT/Web系に強い転職エージェント・サイト11選!プロが比較・厳選」という記事を参考にしてください。キャリアアップや年収アップを実現するために徹底サポートしてくれるサービスを厳選しています、ぜひご覧ください!

エンジニアにおすすめのIT/Web系に強い転職エージェント・サイト11選!プロが比較・厳選

「変化への対応力や柔軟性」が重視される

30代後半になりますと、10年以上同じ製品等を開発している方も多いかと思います。さらに、その道のスペシャリストになっている方も多いはずです。逆にそれが落とし穴になるケースがあります。

専門職と管理職、エンジニアが目指すべきキャリアパスとは?体験談をもとに解説!

転職というのは前職までの経験を活かすことが前提だとは思いますが、仮に同業同職種であっても転職すれば前職とは進め方も異なるケースがありますし、その企業特有のやり方があります。「前職では~だった」や「前職~が違う」等の意見を言っていると、変化への対応力や柔軟性が無いと思われてしまいます。

前職の経験はとても大切ですが、前職までのやり方にこだわらず、新しい職場での考え方ややり方を吸収できる対応力や柔軟性が重要となってきます。

マーチャンダイザーからIT企業のSEに転職した体験談【それぞれの物語】30代/女性/東京都

未経験のホテルマンがIT業界のエンジニアへ転職した体験談【それぞれの物語】30代/男性/埼玉県

30代後半のエンジニアが転職のためにやっておくべきこと

30代後半のエンジニアが転職のためにやっておくべきこと

転職理由を明確にする

なぜ転職したいのかを十分に自分なかでまとめておくことが重要です。

誰でも年収をアップしたい、と思うことはありますしそれが本音での転職理由かもしれません。ただし、実際の面接で転職理由を聞かれた時に「年収をアップしたいためです」と答えるのは良くない回答だと思います。

個人的には年収アップの理由を回答すべきでないと考えています。転職理由を考える時は、現職では解決できないことを明確にし、それを転職先の企業で実現できるのか?ということを考えます。

マネージメント業務を経験する

マネージメントについては現職での体制や役割もあるので必ずしもすぐに経験できるわけではありません。ただし、一つ言えるのがマネージャーやリーダーではなくても自分自身をマネージメントすることはできると思います。

ゴールは何なのか、何をインプットとして何をアウトプットするのか、何をいつまでにやるのか、といったことは自分の作業やタスクに対しても管理できることだと思います。

自分を管理できない人は他人も管理できません。自分の作業を自分できちんと管理していれば、近いうちにマネージャーやリーダーになれると思います。

キャリアプランを具体的に持つ

これは面接でもよく聞かれることだと思います。5年後や10年後にどのようなポジションでどのような形で会社に関わっていくかということを具体的に考えておく必要があります。ただ、管理職になりたいとか部長になりたいとかでは良くありません。

管理職になってどうするのか?そのためには今の自分には何が足りないのか?どうすれば足りないところを補えるのか?のようなことを具体的に考えておく必要があります。具体的にキャリアプランを考えておくことは転職してもしなくても大切なことです。

30代後半エンジニアが転職する際のリスク

30代後半エンジニアが転職する際のリスク

何歳になっても転職にリスクはありますが、30代後半以降になるとリスクは増えると考えています。そのリスクを2つほど上げておきます。

1つ目は職務内容が大きく変わる可能性があります。例えば、面接で職務内容を十分に確認したつもりなのに、実際に入ってみると前職までに長年やっていた仕事のやり方とは大きく変わり、環境の変化になかなか馴染めないということがあります。

慣れるまでに時間が掛かる可能性があり、その間の期間はとても辛くて、転職して失敗したと思うことがあるかもしれません。

2つ目は次に転職しようとした場合、40代になるということです。40代の転職は30代後半(とは言っても30代)と比較してさらに難しいということです。

30代後半で転職が上手くいったイメージが残っていると、40代でさらに転職しようとした時、同じ感覚で上手くいくのではと思ってしまいがちがですが、実際はそうではないということです。40代になると、さらにマネージメント経験が問われます。

転職で失敗したくない30代後半のエンジニアにおすすめの転職エージェント

転職で失敗したくない30代後半のエンジニアにおすすめの転職エージェント

まとめ:30代後半ITエンジニアが転職に成功

35歳転職限界説などの話題もありましたが、30代後半になってもITエンジニアという職種であれば転職を成功することは十分可能だと考えています。30代後半の方でこれから転職したい方、転職活動中の方により良いアドバイスとなれば幸いです。

もう一度「30代後半ITエンジニアが転職に成功するためには?【現役エンジニア】が解説!」を読む ↑

30代過ぎたサラリーマンへの朗報。業務未経験からIT業界へ転職は難しくないです。

IT・Web業界に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント

30代のエンジニア転職におすすめな転職エージェント・転職サイトを比較するなら「エンジニアにおすすめのIT/Web系に強い転職エージェント・サイト11選!プロが比較・厳選」という記事を参考にしてください。キャリアアップや年収アップを実現するために徹底サポートしてくれるサービスを厳選しています、ぜひご覧ください!

エンジニアにおすすめのIT/Web系に強い転職エージェント・サイト11選!プロが比較・厳選

いきなりの転職が不安な方はプログラミングスクールという選択も

いきなり転職活動を開始する前に、「まずはプログラミング言語のスキルを身につけておきたい」。そう考える方には、プログラミングスクールの受講をおすすめします。

未経験・社会人でも安心して学習できるスクール、そして転職付き(転職保証型)のスクールなど、条件や目的によって選ぶ基準も様々だと思います。まずはじっくりと比較して、少しでも気になる教室があれば無料相談・体験会に申し込んでみると良いでしょう。

未経験・社会人、学生におすすめなプログラミングスクールを比較するなら、「プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】」という記事を参考にしてください。

プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】

転職付き(転職保証型)のプログラミングスクールの詳細を知りたいかたは、「【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!」をご覧いただき、自分の目標や目的にぴったりのスクールを見つけてくださいね。

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!

副業や週末/夜間勤務の求人・案件を探す

副業や週末/夜間勤務したいエンジニアが案件・求人を確実に獲得するなら、「フリーランスエンジニアが[登録すべき]案件・求人紹介サイト(エージェント)比較11選!」という記事を参考にしてください。高額案件や週1、副業など様々な条件にあった仕事を探すことができます。

フリーランスエンジニアにおすすめのエージェント11選!未経験OKの求人サイトも徹底比較

-エンジニアの転職
-, , , , , ,

関連記事

新卒でのエンジニア就職に必要な対策や準備とは?これを読んで成功させよう!

新卒でのエンジニア就職に必要な対策や準備とは?これを読んで成功させよう!

こんにちは。この記事は新卒でエンジニア就職したい『未経験・初心者』に向けた記事となっています。 今テクノロジーの革新により、エンジニアの需要が高まってきていますよね。そういった時代の流れから、エンジニ …

インフラエンジニアへの転職に必要なスキル、需要について解説!

インフラエンジニアへの転職に必要なスキル、需要について解説!

IT技術が急激に発展したことにより、サーバーやネットワークなどインフラの構成も大きく変化しています。それにともない、クラウド技術や仮想化技術などの新しい技術がインフラエンジニアの現場でも普及しはじめて …

面談をするイメージ

《現役キャリアアドバイザー》から見た、40代・未経験からのIT・Web業界への転職チャレンジ

40代未経験でもIT業界に転職できるかな? 何社くらいに応募すれば良いのかな? 転職できたとしても、給与交渉はできるかな? こういった疑問に【現役キャリアアドバイザー】がお答えします。 本記事のテーマ …

ものづくりエンジニアとは?業務内容や要求されるスキル、転職事情を解説

ものづくりエンジニアとは?業務内容や要求されるスキル、転職事情を解説

本記事では、 ものづくりエンジニアの仕事内容ってどんなだろう? ものづくりエンジニア転職したいけど、どんな業種があるのかな? ものづくりエンジニアに必要なスキルや経験とは? このような疑問にお答します …

未経験から女性エンジニアになるメリットと方法

未経験でも女性エンジニアになれる?エンジニアのメリットや、おすすめの職種をご紹介!

IoTやAIなど、どんどん進化していく情報社会の中で、エンジニアという職業は常に必要とされていて、仕事がなくなる可能性が極めて低い職業です。 昨今の社会事情としてテレワークが推奨される中、パソコンがあ …

[PR]:




ページのトップへ戻る