エンジニアの転職

更新日:2021/01/13

【徹底比較】あなたは「社内SE」派?「受託開発」派?〜エンジニアの働き方からみたメリット・デメリット

プログラムのソースコード画面

システムエンジニア(SE)やプログラマーは、所属する会社によって2種類に分けられるのはご存知でしょうか。

1つは受託開発会社(システム、ソフトウェア開発会社等)のSE、もう1つは企業内のSE(社内SE)です。どちらも同じSEなのですが、役割・業務内容・待遇などに違いがあります。

ここでは受託開発会社SEと社内SEそれぞれについて、仕事内容、必要なスキル、労働時間、将来性など、メリット・デメリットを交えながら比較紹介します。最後にタイプ別にどちらのSEの方が向いているのか、アドバイスもいたします。

今回の記事では一般的な内容を記載しております。会社によって事情が異なる場合があり、記載内容と著しく異なる会社が存在するかもしれません。予めご了承ください。
注) 本記事で云う社内SEは「自社サービス(自社開発)におけるSE・エンジニア」の事ではありませんので、自社サービス(自社開発)に関する記事を読みたい方は、「自社サービス(インハウス)と受託開発エンジニアの働き方の違いとは?キャリアパスや年収、労働時間に差はあるの?」をご覧ください!

それでは「受託開発会社SEと社内SEの違い」について、一つ一つ詳しくご紹介いたします。

[PR]:社内SEの求人多数の大手転職エージェント

仕事内容

受託開発会社SEと社内SE(企業内SE)で仕事内容はどう違うのでしょうか。詳細を見ていきましょう。

受託開発会社SEの場合

外部の会社から依頼を受け、システムやソフトウェア等を開発します。業務内容は案件により様々です。

一般的にはシステム開発におけるシステム設計・テストが主な仕事になりますが、ホームページ作成やデータベース作成、一般に販売するソフトウェアの作成のような業務もあります。また、社内SEがいない企業で社内SEと同じ役割を行う事もあります。

社内SEの場合

自社の業務に特化したシステムを開発・運用します。

自社の業務を効率化するシステムの企画・設計や、開発チーム(外部業者の場合あり)のマネジメント(進捗・品質管理)を行うのが主な業務となり、それ以外にも社内のインフラ管理(ネットワーク構築、PCのセッティング、ヘルプデスク等)も業務範囲に入ります。

同じSEでも業務内容はかなり異なりますね。

社内SEの仕事とは?転職に向けてすべき準備や必要なスキル・経験とは?

立場や役割

仕事内容が異なるため、自分の立場や仕事における役割も当然異なります。どう違うのか見てみましょう。

受託開発会社SEの場合

受注した状況にもよりますがお客さんが困っていることを助ける立場であるため、お客さんと対等にお仕事を行えることが多いです。業務内容により直接お客さんからお金をいただく立場のため、会社としても重要な役割の人間といえます。

受託開発会社SEの中でも客先に常駐するタイプのSEと開発会社内で開発に携わるSEがあり、前者はお客さんと直接交渉しながらシステムを企画・設計していく役割、後者は受注したシステム開発案件について開発会社内で設計を行う役割になります。

社内SEの場合

社内の人間のサポート的な立場であり、運用中のシステムについて社員から使い勝手や改善してほしい点を収集する役割です。お客さんからお金をいただくわけではないので、立場は経理や総務と同じといえます。仕事を回す上ではもちろん重要なポジションなのですが、時にはコンピュータやネットワークの雑用係となることもあります。

場合によっては、社長から直々に社内の重大プロジェクトへの協力依頼が来ることもあります。

必要なスキル

SEなら必要なスキルは一緒なのでは?と思われるかもしれませんが、実は求められるスキルには違いがあります(もちろんどちらにも必要なスキルもたくさんあります)。どのように違うか見ていきましょう。

受託開発会社SEの場合

プログラミングの知識はもちろん、ネットワーク、データベース、ソフトウェア設計手法、テスト手法など、ソフトウェア開発に関わる一連の知識は必須です。
特定の分野に特化する場合は、誰にも負けない深く広い知識が必要となってきます。

また、お客さんの業務内容を理解する必要があります。全く経験や興味のない業種であっても、一通りの知識を有する必要があります。

お客さんとの交渉(金銭交渉、条件交渉、納期交渉など)が多いため、対人スキルも必要です。

社内SEの場合

社内システム構築に携わる場合は自社の業務を詳しく理解している必要があり、外部開発会社のSEや開発チームをマネジメント(進捗管理や品質管理)する能力も必要になります。

また、パソコンやネットのトラブル対応が多いため、よくあるトラブルに対する知識は必須で、社内の人間の役職、業務内容なども詳しく知っておく必要があります。

給与

働く上で最も気になることといっても過言ではない「給与」の待遇はどう違うのでしょうか?

受託開発会社SEの場合

本人の能力や実績、所属する会社が「元請けか下請けか」などでも変わってきますが、経験を積むことで上がっていくことが多いです。また残業や休日出勤が多い場合は残業手当でかなりの給与を手にすることができます。 一般的には下請けだと給与が低くなると言われています。

社内SEの場合

年功序列的な上がり方をすることもありますが、あまり変わらないことが一般的です。部門内の管理職になったり、自社内での社内SEの立場が向上すれば(会社内で重要な部門と認識されれば)、給与アップも期待できます。

一般的には受託開発会社SEの方が給与は多くなるでしょう。もちろん大手の社内SEならば給与も十分期待できます。

[PR]:【事業会社の求人に特化】客先常駐から脱却したいならここ
評判・口コミ:TechClipsエージェントの評判・口コミを読む

昇進

昇進したり役職に就くにはどちらがより良いのでしょうか。

受託開発会社SEの場合

受託開発会社ではSEがメインであるため、本人の意欲や希望があれば上の役職を目指すことは可能です。ただし、求められるスキルが異なってくるため(プロジェクト管理能力や交渉能力が必要)、独自の勉強を行う必要があります。

社内SEの場合

所属会社の業務内容によるが、一般的にはあまり昇進は期待できないことが多いようです。社内SEのトップにはなれますが、会社の重役になるのは困難かもしれません。社内の重大プロジェクトに関わり、多大な功績を上げた場合などは昇進のチャンスです。

こちらも一般的には受託開発会社SEの方が可能性は高そうです。

労働時間

会社員として労働者として、非常に気になる「労働時間」の違いはあるのでしょうか。

受託開発会社SEの場合

受注した案件によりバラバラです。定時内でも余裕がある場合もあれば、毎日深夜残業+休日出勤という過酷な労働を強いられる場合もあります。たまたま受注案件が無い場合は定時で帰宅できることもあります。

社内SEの場合

緊急トラブルが発生しない限り、残業は少ないもしくは無いのが一般的です。ネットワークトラブルが発生して業務が止まってしまう場合などは、残業や休日出勤の場合もあります。

労働時間は社内SEの方が安定していそうです。

転職

もしも他の会社に転職したいと思った場合、どちらのSEが転職で有利なのでしょうか?

社内SEに強い転職エージェント・転職サイト3選!

  1. 社内SE転職ナビ|社内SEに特化した転職エージェント
    社内SEに特化した転職エージェント。絶対社内SEに転職したいひとはここ

  2. マイナビIT AGENT|国内最大級の転職支援実績
    社内SEの求人を多数保有した大手転職エージェント。メガベンチャーや有名スタートアップ系に強い

  3. レバテックキャリア|エンジニア専門転職エージェント
    専門用語が通じるから内定率も上がる。IT/Web系に強い転職エージェント

受託開発会社SEの場合

転職のチャンス自体は多いです。自身の得意分野を行う会社であれば、実績と人となりで転職もしやすいでしょう。

ネットワーク関連の仕事経験が豊富なら社内SEへの転職も可能です。フリーランスになる、自分で会社を立ち上げるなどといった転職とは少し異なった選択も可能です。

社内SEの場合

転職のチャンスは少なめです。ライバル会社(同業他社)、社内ネットワーク管理を外部からサポートする会社、グループウェア開発などならスキルを生かした転職も可能です。

受託開発会社SEへの転職は業務内容が合わないと難しいと思われます。

転職に関しては受託開発会社SEの方が有利と思われます。どちらのSEに転職する場合でも、情報処理技術者試験やベンダー資格などを所持していると有利に働きます。

社内SEになるには?仕事内容と取るべき【資格】を現役エンジニアが解説します。



基本情報技術者のおすすめ学習サイト
《基本情報技術者試験の解説サイト》 基本情報技術者試験ドットコム

タイプ別、向いているSEはどっち?

ここではSE業界に入ろうとするあなたの目的・目標に合うのはどちらのSEなのかをご紹介します。あくまで一般的な意見ですので参考程度に見ていただければと思います。


専門分野を極めたい方

プログラムのコードの画面

→受託開発会社SEがおすすめ

データベースのプロ、ネットワークのスペシャリストなど、特定分野で誰にも負けない能力を持ちたいなら受託開発会社SEがオススメです。会社に入る時も入ってからも「この分野なら私に任せてください!」と言い続けることで、特定分野の仕事をたくさん行えるチャンスが増えます。


仕事で感謝の言葉をたくさん聞きたい方

握手するイメージ

→社内SEがおすすめ

社内で困っている人を助けることが多い仕事であるため、上司・部下・同僚から「ありがとう」という言葉を聞ける頻度は多いです。受託開発会社SEも感謝の言葉は聞けるのですが、1つのプロジェクトの開発期間が長いことが多いため、頻度は少なくなりがちです。


いっぱいお金が欲しい方

給料のイメージ

→受託開発会社SEがおすすめ

個人の能力・経験が金額に反映されやすいです。つまり、能力が高ければその分、高い給与も期待できます。また、残業が多くなることも多いので、単純に長時間労働することで残業代が稼げます。ただし、入社時の待遇はきちんと確認してください。俗にいう「ブラック企業」も受託開発会社SEの方が割り合いが高いです。

何か疑問点があれば、入社前に必ず確認しましょう!


将来、役職に就きたいかた

キャリアアップ

→受託開発会社SEがおすすめ

SEがメインである受託開発会社は昇進がしやすく、将来の道もたくさんあります。ただし、求められるスキル・能力の範囲は広く、レベルも高くなります。


将来、独立したい方

独立するイメージ

→受託開発会社SEがおすすめ

様々な仕事を経験できるため、独立をお考えなら受託開発会社をオススメします。円満退社で独立した場合、前に在籍した会社と協力して仕事できたりもします。


転職しやすい仕事が良い方

クラウドのイメージ

→受託開発会社SEがおすすめ

色々な経験を積みやすいので、潰しがききます。また、専門知識が高い人ならば、他の会社でも即戦力として重宝されることでしょうす。


仕事も私生活も両立したい方

休日のイメージ

→ 社内SEがおすすめ

立場的に残業や休日出勤が少なく、有給休暇も比較的取得しやすいです。ある程度の安定した収入を得ながら、家庭や趣味にも時間を割くことが可能です。


まとめ

SEといっても受託会社SEと社内SEでかなり違いがあると思っていただけたのではないでしょうか。

知っておくべき知識、求められる役割などがかなり異なっていますね。受託開発会社SEと社内SE、一概にどちらが良い悪いとは言えません。どちらも会社にとって、そして社会にとって大切な役割なのです。

ご自身の経歴・得意分野・性格などを分析し、ご自身にに合ったSEを目指すことで仕事をより良いものにできると思います。

この記事が仕事を探しているみなさんの参考になればと思います。良いお仕事に出会えますように。

注) 本記事で云う社内SEは「自社サービス(自社開発)におけるSE・エンジニア」の事ではありませんので、自社サービス(自社開発)に関する記事を読みたい方は、「自社サービス(インハウス)と受託開発エンジニアの働き方の違いとは?キャリアパスや年収、労働時間に差はあるの?」をご覧ください!

もう一度「【徹底比較】あなたは「社内SE」派?「受託開発」派?〜エンジニアの働き方からみたメリット・デメリット」を読む ↑

社内SEに強い転職エージェント・転職サイト3選!

  1. 社内SE転職ナビ|社内SEに特化した転職エージェント
    社内SEに特化した転職エージェント。絶対社内SEに転職したいひとはここ

  2. マイナビIT AGENT|国内最大級の転職支援実績
    社内SEの求人を多数保有した大手転職エージェント。メガベンチャーや有名スタートアップ系に強い

  3. レバテックキャリア|エンジニア専門転職エージェント
    専門用語が通じるから内定率も上がる。IT/Web系に強い転職エージェント

社内SEに特化したエンジニア専門の転職エージェント

おすすめ度:★★★☆☆

  • 社内SE
  • SI
  • Webエンジニア
  • ゲーム業界
  • 関東圏
  • 大阪
  • 20~40代

社内SE転職ナビの公式サイト

出典:社内SE転職ナビ公式サイト
おすすめポイント・強み

  • 業界トップクラスの社内SE求人数
  • 公式サイトで閲覧できる求人情報が「かなり具体的」
  • 状況や志向に合わせた個別面談が可能(全て無料

社内SE転職ナビに[無料登録する]

社内SE転職ナビの特徴

一人の求職者にかける時間が通常のエージェントの2倍!

社内SE転職ナビは、社内SEを目指すエンジニアの最適なキャリア形成を支援しています。

社内SE転職ナビが保有する求人は業界トップクラス。公式サイトで閲覧できる求人情報が具体的(仕事内容や必要なスキルなど) なので、転職活動が効率良く進めることができます。

ここがポイント!
公式サイトに登録するとマイページが発行され、客先常駐のない求人を検索出来たり、コンサルタントお勧めの求人が確認できます。

在籍するコンサルタントは『社内SE専門の知識』を有しているので、応募者のスキルや経験などの強みを最大限に引き出した上で企業へ推薦してくれます。また、コンサルタントに人数のノルマがないため、なんと「一人の求職者にかける時間が通常のエージェントの2倍」なんです。そのことで希望に沿わない求人の斡旋や、大量の求人メールを送るなどの機械的なサポートではなく、応募者に寄り添ったサービスを実現出来ているんですね。

社内SE転職ナビでは、一人ひとりの希望や経験を丁寧にヒアリングしたうえで最適なキャリアプランを提案しています。転職活動だけでなくキャリア形成に役立つ情報も含めて相談できるので、経験が浅い方も臆することなく『気軽な気持ち』で相談してみましょう。

応募者の状況や志向に合わせた3つの個別面談(全て無料)

[カジュアル面談] → 転職前提ではなく、まずは情報収集だけしたい方におすすめ
[キャリア面談] → すでに転職活動をしている方におすすめ
[スカイプ面談(オンライン)] → 対面での面談が難しい方におすすめ

社内SE転職ナビの弱み・デメリット

取り扱う求人が関東圏・大阪への勤務に集中しているため、地方勤務の求人はあまり多くありません。地方勤務の求人をより多く集めたい方は他の転職エージェントを併用することをおすすめします。

地方にも強い転職サイト・エージェント3選

  1. 求人数の多さは流石の業界最大手!
    リクルートエージェントの[公式サイトへ]
  2. 案件の幅も広く、地方求人も豊富!
    dodaの[公式サイトへ]
  3. サポートに定評あり!地方求人も多い!
    パソナキャリアの[公式サイトへ]

社内SE転職ナビを利用すべき人

社内SEとして自社内に腰を据えて仕事をしたいなら、社内SE転職ナビは登録すべき転職エージェントです。

もっと詳しく知りたい方は「社内SE転職ナビの特徴は?強みと弱みを他社と比較」で紹介していますので、ぜひご覧ください。

社内SE転職ナビの主な概要[比較表]

※2021年4月現在

得意な職種 社内SE
求人数 公開求人:約1,192件
対応地域 全国
未経験可の求人
未経験可の求人数 20件
リモートワーク・在宅勤務の求人数 [リモートワーク]20件 [在宅勤務]3件
言語・スキル [C/C++]75件 [Java]414件 [PHP]226件 [Python]157件 [JavaScript]217件 [Ruby]184件 [Go言語]6件 [Scala]55件 [R言語]1件 [Swift]76件 [Kotlin]56件 [SQL]341件 [PL/SQL]56件 他
初回の面談・カウンセリング [自宅]電話・Webによるカンセリング
[来社]東京本社、大阪支社
[対応時間]平日10:00~20:30開始まで/土曜日10:00~19:00開始まで

社内SE転職ナビの詳細を見る

社内SE転職ナビの口コミ・評価

20代/男性/★★★☆☆

投稿日:2020年10月21日

30代を前に環境を変えたいと思い、転職活動をはじめました。これまで数社のWeb制作会社でフロントエンドとバックエンドの両方を経験してきました。こちらのエージェントは社内SE専門との事でしたが、サイトの求人を見てみると自社開発や自社サービスの企業も結構あったので、登録してみました。担当の方はWebエンジニア系の知識に詳しかったです。キャリアセミナーやイベントも沢山開催しているのも興味深かったですね。自社サービスの企業や起ち上げ間もないスタートアップなど条件に近い求人を揃えてくれた事、それと、採用する側がどういった人物像を求めているか?などの情報を教えてもらえたのは良かったです。ただ、求人数的には東京の求人が多くを占めていたので、神奈川県での仕事を探している身としては若干物足りませんでした。現在も数社の採用結果待ちなので評価は「3」としました。

20代/女性/★★★★☆

投稿日:2020年10月5日

これまでソフトウェアの開発会社でJavaアプリの開発を担当してきましたが、労働時間と給与のバランスに不満があり、社内SE転職ナビに相談することにしました。担当の方は大手エージェントのカウンセラーと比べると、業界のことに詳しかったです。特化しているとはいえ、そこまで社内SEの求人は多くないだろうと思っていましたが、中小からスタートアップ系、大手企業など幅広く案内してもらいました。マイナビエージェントやdodaに比べると数こそ見劣りしますが、他のエージェントで紹介されなかった企業など、「こんな職場があるんだ」というような求人もあり、興味深く選ぶことが出来ました。また、担当者の方は各企業の特徴や風土などにも詳しかったので、面接対策としてもとても参考になりました。社内SEはとにかく倍率が高いので、気になる求人があれば面接だけも直ぐに行ったほうが良いと思います。


30代/男性/★★★★★

投稿日:2020年9月30日

SIer(客先常駐SE)として4年ほど働いてきましたが、技術的向上に限界を感じ転職活動を開始しました。当初は受託開発系の企業への転職も考えましたが、自社内開発であれば腰を据えて開発に集中できると考え、こちらの転職エージェントに登録しました。カウンセリングはとても丁寧で時間かけてじっくりとヒアリングしてもらいました。こちらのエージェントは社内SEに特化しているので、紹介される求人にSIerや受託開発系の案件が混ざっていなかったので、安心して書類選考へのエントリーに進むことができました。求人数については、他のエージェントを使っていなかったので比較できませんが、少ない印象ではなかったです。現在は某企業の社内エンジニアとして開発をメインとしながらも、チームのマネジメントやプロジェクト管理など様々な経験ができています。総じて利用して良かったと思えるエージェントです。


30代/男性/★★★★☆

投稿日:2020年9月25日

はじめは転職サイトを使って自分の力だけで求人探しをしていましたが、社内SEに限定していることで限界を感じていました。そこで、ネットで知ったこちらのサイトに登録をして求人の紹介をしてもらいました。登録してからの求人紹介までの流れはとてもスムーズでしたね。エージェントの方も企業の説明や面接に向けてのアドバイスも無駄がない感じで好印象でした。どの求人も社内SEに関する求人だったので、競争率の高さを考えて、給与と勤務地が自分の条件に近いものはすべての応募をお願いしました。面接の日程調整も早かったです。数社面接が決まると、エージェントの方と面接に向けての相談をしました。結果2社から内定を頂きましたが、前職でのインフラ周りの経験を活かせる企業への就職を決断しました。

社内SE転職ナビの公式サイト

IT業界トップクラスの求人数で、理想の【社内SE案件】に出会える!

社内SE転職ナビの公式サイト

社内SE転職ナビ
客先常駐が嫌で社内SEを目指すならまずはここ。社内SEのリアルがわかる求人情報はおすすめです。

社内SE転職ナビの[公式サイトへ]

[PR]:【事業会社の求人に特化】客先常駐から脱却したいならここ
評判・口コミ:TechClipsエージェントの評判・口コミを読む

-エンジニアの転職
-, , , ,

関連記事

3D CADのイメージ

「機械設計エンジニアの1日」の仕事の流れと働き方、生活スタイルとは?未経験者は必見です

池田さん(仮名)のプロフィール 年齢 40代 性別 男性 会社の業種 大型機械の製造メーカー 担当の職種 機械設計エンジニア 池田さんには40代・未経験からエンジニア・プログラマー・SEに転職成功する …

30代でプログラマーからSEへの転職面接の質問と転職後の働き方【筆者体験談】

30代のSE転職に必要な面接対策と転職後の働き方を【体験談】もとに解説!

30代SEの転職面接で聞かれることと求められるスキルは何でしょうか。 それは、マネジメント力と実績です。 面接でも、同僚とのチームワークやコミュニケーション能力、これまでどのような業務に取り組んだかを …

エンジニアがキャリアアップするためにやるべきことを解説!新人エンジニア必見!

エンジニアがキャリアアップするためにやるべきことを解説!新人エンジニア必見!

近年高齢化が進んで「終身雇用」という制度の維持は難しくなってきています。大企業であるトヨタ自動車の豊田章男社長も「終身雇用は難しい」と発言されていることから、今後の働き方として1つの会社で長く勤める時 …

書類選考で 差をつける ポートフォリオ 作成術!

フロントエンドエンジニアを目指す大学生は必見!【書類選考で差をつけるポートフォリオ作成術】

「デザイナーじゃないのにポートフォリオ作るの?」という疑問をお持ちのそこのあなた!!実はエンジニアの選考でもポートフォリオの提出を求める企業が最近増えています! 特にその中でもweb制作会社などのフロ …

現役エンジニアが アドバイス!新人エンジニア だった頃の 悩みの解決方法

現役エンジニアがアドバイス!新人エンジニアだった頃の悩みの解決方法

今、この記事を読んでいる新人エンジニアの方。 「プログラミングができない」 「仕事が進まない」 「エンジニアに向いていないかも」 「もう、エンジニアを辞めたい」 こんな風に考えていませんか? 筆者が新 …

[PR]:




[PR]:
ページのトップへ戻る