エンジニアの転職

公開日:2019/09/21|最終更新日:2020/09/05

自社サービス会社で働く「Webディレクターの1日」|仕事内容や働き方、生活スタイルとは?

アクセス解析を見るディレクター

ヨシタカさん(仮名) の場合

  • 年齢 30代
  • 性別 男性
  • 会社の業種 某通信系サービス会社
  • 担当の職種 ディレクター
  • お住いは? 東京

はじめまして、私は某通信系サービス会社の『インハウス ディレクター』として働いています。

私の現場はいわゆる受託開発(制作)の会社ではなく、自社で開発した商品(サービス)を販売・レンタル、そしてそれらを紹介するWebサイトを運営する自社サービス会社です。

元々は受託開発の制作会社でWebデザイナーをしていた私が、今の自社サービス会社に転職したのが30代になって間もない頃でした。

きっかけは制作会社における広告代理店やクライアントのスケジュールに合わせた納品スケジュール、つまり、作って終わりの繰り返し」の日々に疑問を覚えた事でした。

「じっくりとコンテンツやサービスに向き合いたい」と一念発起し転職した現職では、自社の商品(サービス)をユーザーに購入してもらい、喜んで頂くための施策を『考え・実行(制作)』、そして『改善』というサービスやWebサイトを育てている事を日々実感できています。

大変さや苦労で言うと受託開発の時と変わらないですし(むしろ忙しいさは増した?)、何よりも自分の施策が上手くいかなければダイレクトに会社への損失になり、結果自分の給与へも関係してくるプレッシャーは多々あります。

しかしそれ以上のやりがいを感じている点では、「転職をして良かった」と思っています。

これを読んでくださる皆さんの中には、自社サービス会社のクリエイティブ職ってどういう働き方?と疑問に思われている方も多いと思います。私の1日のスケジュールが少しでも参考になれば幸いです。

[PR]:Web広告やマーケティングのスキルを身につけるなら

インハウスディレクター|1日のスケジュール

9:15 出社

始業(9:30)の15分前くらいにはデスクに着くようにしています。とりあえずはPCを起ち上げておき、コーヒーを入れたりデスク周りを片付ながら近くのスタッフと他愛もない話をします(笑)

このときにメールのチェックもしておき、緊急のものがあれば返信等すぐに対応します。

9:30 朝礼

部署をまたいだ会社全体の朝礼があります。主に各部署の上長からの連絡事項や部署の目標などの話があります。

9:40 部署の進捗ミーティング

ミーティングのイメージ

私が所属するマーケティング部の進捗ミーティングです。

部署の人員構成としては、

  • 部長
  • ディレクター(2名)
  • 営業(1名)
  • システム(1名)
  • デザイナー(3名)

で構成され、私はディレクターとなります。

ここで自分も含めた各スタッフのタスクや進捗状況を確認しながら、それぞれに困った事が無いか?問題はないか?なども把握できるようにします。もし相談事などがあれば、この時点で解決策などを話し合います。それが後のトラブル回避となります。

その他予算の管理・把握も常に意識しながら今後のプロジェクトの計画を立てていきます。

10:00 データのチェック

先日リリースした自社キャンペーンページをのPVやコンバージョンなどの数値を、Googleアナリティクスで隈なくチェックします。あわせて運営サイト全体の数値も確認します。

これらの数値の改善点を考えながら、具体的な作業と依頼するスタッフを検討します。このアクセス解析の分析は毎日必ずおこなう作業です。

11:00 作業の依頼

先程検討したキャンページの具体的な改修事項をドキュメント化し、デザイナーとシステムのスタッフに資料と一緒に口頭で説明をしました。

私がその際に気をつけていることは、「この作業に工数がどのくらいかかるのか?」を聞いた上で、優先順位を明確に伝える事です。

デザイナーやプログラマーにそれまでやっている作業の手を止めさせてでも、優先順位の高いもは早急に対応してもらう。これは、スピード感を持ってサービスを育てていく事にはとても重要なポイントだと思っています。(スタッフに無理を言って、心が痛む事もありますが・・)

それを日々おこなう事でユーザーからの評価をダイレクトに知ることができ、また自分が思ったとおりの数値に上がる事が実感できれば達成感につながります。これこそ自社サービス・ディレクターの楽しさの一つだと思います。

11:30 更新作業

自社サービスのサイトの更新作業(コピーや写真の差し替え)をおこないます。私は元々Webデザイナー出身ですので、簡単な更新であれば自分で対応する事も多々あります。

この作業に関しては、優先順位や緊急性、各スタッフのタスクなど多角的に見ながら、「誰が対応するかを都度判断」するようにしています。(新人スタッフがいるときには、仕事に慣れるまでの重要な仕事の一つです)

[PR]:クリエイティブ系の転職で高待遇を狙うなら
マイナビクリエイター

12:00 ワイヤーフレームの作成

ワイヤーフレームを作るイメージ

自社Webサイトの新コンテンツ公開に向けて

数日前から続けている新コンテンツのワイヤーフレームを作成します。企画の内容を踏まえ、UI・UXは勿論、アクセス解析の数値やマーケティングの観点から考慮し作りあげます。また、そのワイヤーフレームを見てデザインを作り上げる担当者にも意図がうまく伝わるようにも配慮します。

13:00 昼食

昼食はいつもこの時間くらいにとっています。部署のメンバーと言うことが多いですが、たまに他部署の方とも行くようにもしています。

14:00 協力会社とのミーティング

自社サイトのプロモーションを委託する外部企業との定例のミーティングをします。広告周りの施策もお願いしているので、この日は自社のSEO・SEOを共有しながら今後の広告戦略を提案してもらいました。

15:30 再びワイヤーフレームの作成

お昼頃におこなっていたワイヤーフレームの作成を進めます。

16:00 役員へ状況報告

上司にプレゼンするイメージ

部署の上長(部長)に各施策の状況の報告をおこないます。先月との売上の比較や今後の売上見込や目標値・方針などの提案をおこないます。また、部長からは経営陣からの指摘やアドバイスももらいます。この時はかなり神経を使います・・

17:00 スタッフへのフィードバック

先程部長と話した内容を踏まえて部署内でミーティングを実施します。参加出来なかったスタッフの為に議事録は必ず誰かが残すようにしています。(大体は入力の早いシステムのスタッフが買って出てくれます・感謝)

自社サービス(サイト)の特徴として、キャンページ一つを打つにしてもその戦略において短いスパンだけではなく、中長期的なスパンで計画を立てられるので、そこは受託開発の環境とは違う点かなと思います。

これは制作側としてもある程度じっくりコンテンツと向き合う事ができるので、より自分の提案がしやすい環境であると思います。

18:00 制作物のチェックとフィードバック

制作物のチェック

デザイナーやシステム担当者から制作物のチェック依頼がきます。修正が簡単なものであればチャット、複数の依頼があれば指示書を渡すようにしています。

19:00 メールのチェック

帰宅前にもメール、チャットのチェックをします。たまにですが、部長が次の日の朝礼で話す内容(ネタ)の相談に乗るのも大体この時間です(笑)

19:30 退社

会社を出る時間はいつもこのくらいの時間です。

20:30 帰宅

ブログを書くイメージ

帰宅後食事などを一通り終わらせたら、個人で運営しているブログの更新をします。内容はWebを始めとしたデザインに関する事などを、日記代わりにほぼ毎日書いています。

好きなデザインの事について調べたり、購入した書籍の感想などを不特定多数の人に対し「わかり易く伝える」事はとても難しいのですが、これは仕事にも活かせると思って続けています。

以上、自社サービス会社で働くWebディレクターの1日でした。最後までご覧いただきありがとうございました。これからWebディレクターやクリエイティブ職を目指すかたの一助となれば嬉しいです。

もう一度「自社サービス会社で働く「Webディレクターの1日」|仕事内容や働き方、生活スタイルとは?」を読む ↑

Webディレクターへの転職におすすめな転職サイト・転職エージェント

未経験からWeb・クリエイティブ領域に転職したいなら、業界に強い転職サイト・転職エージェントには複数登録しておきましょう。その中で、少しでも気になる求人があれば気軽に質問や相談をしてみてください。

未経験ですと求人内容を読んで不安になったり応募を躊躇してしまいがちですが、企業に「話を聞きに行く」くらいの気持ちで行動に移したほうが効率的なので、ぜひ実行してみてください。※コロナの影響もありオンライン面接[可]の企業も増えていますので積極的に活用しましょう。

登録するエージェントのおすすめの組み合わせは[大手]+[特化型]。対応や相性が微妙であれば別のエージェントで進めれば大丈夫なので、大手は全て登録しておいても損はないです。

Web・クリエイティブ業界に強い転職サイト・転職エージェント5選

未経験からWebマーケティングを学習するのにおすすめなスクール3選

未経験からWebマーケティングを目指す方におすすめなスクールをまとめました。社会人でも無理なく学習できるので気になるスクールがあれば、無料の体験会や相談会へ参加をしてみると良いでしょう。

Webマーケティングが学べるスクール3選

  1. デジプロ|Wwb広告運用のプロを育成|現役トップマーケターのマンツーマン指導によるオンラインスクール
  2. DMM MARKETING WEBCAMP|3ヶ月から未経験でWebマーケターへ|未経験特化型カリキュラムでWebマーケターへの転職を目指す
  3. ビズデジ|未経験でも7週間でITに強くなれるビジネススクール!|現場で活躍できるITビジネススキルを【7週間】で身につける

[PR]:Web広告やマーケティングのスキルを身につけるなら

 

-エンジニアの転職
-, , , ,

関連記事

ビジネスマンとビルのイメージ

40代・未経験から機械設計エンジニアに転職するコツや、スキル・経験などを解説!年収・キャリアの話も!

現役「機械設計エンジニア」の池田さん(仮名)からアドバイス! 一般的には困難だと言われる40代からの転職。それが未経験からとなれば尚の事で、ものづくり系業界においてもそれは例外ではありません。 そこで …

《転職のプロに聞いた》未経験でも挑戦可能!女性がエンジニアで活躍する理由!

《転職のプロに聞いた》未経験でも挑戦可能!女性がエンジニアで活躍する理由!

結婚しても、出産しても、定年まではたらきたい ー そんな希望を持った女性が年々増えてきていると感じています。しかしその一方で、まだまだはたらき方が整っていない職場も多く、ライフイベントのタイミングで職 …

体温計のイメージ

《セルフケアを忘れずに!》激務のシステムエンジニアの体調管理に必要なこととは?

自分から辞めたいと言えない、会社から辞めさせてもらえない 退職代行サービス4選 《あんしん退職・転職》reフレッシュ転職[公式サイトへ] ※弁護士対応の退職代行サービス! ※指定の転職支援サービスで採 …

社内SEになるには?仕事内容と取るべき【資格】を現役エンジニアが解説します。

社内SEになるには?仕事内容と取るべき【資格】を現役エンジニアが解説します。

社内SEは、自社内のプロジェクトの企画から開発、保守、運用まで幅広い業務を行う仕事です。 そんな社内SEに役立つ資格にはどのようなものがあるのでしょうか。 ここでは現役エンジニアである筆者が、社内SE …

未経験者がプログラマーとして採用される7つのポイント!

《面接官から見た》未経験者がプログラマー・エンジニアとして採用される7つのポイント!

この記事を読んでいる皆さんは、 「未経験なのにプログラマーやSEを目指すのは所詮無理・・・」 「プログラマーやエンジニアって理系出身ばかりで、文系が目指すには難しい職種」 というイメージをお持ちではな …






[PR]
マイナビクリエイター
[PR]
[PR]
ページのトップへ戻る