エンジニアの転職

エンジニアに説明力が必要な理由と高める方法を4つのステップで解説【未経験必見】

更新日: 投稿日:2022年2月13日 ※本記事は[プロモーション]が含まれています

エンジニアに説明力が必要な理由と高める方法を4つのステップで解説【未経験必見】

本記事はエンジニアの説明力についての記事です。
エンジニアにとって説明力が必要な理由と、説明力を高める方法について解説していきます。

筆者の簡単な自己紹介ですが、外資系のIT企業にてアプリ開発のシステムエンジニアとして5年間ほど働いています。

普段の業務ではクライアントとのミーティング、上司への報告、部下への作業依頼など様々な場面で説明力が求められていると感じています。

私自身説明の拙さで仕事をうまく進められなかったこと、逆に説明をうまくできたことでスムーズに仕事が進んだことが多々あるので、エンジニアの説明力について自身の経験を交えつつ解説します。

スキルアップにおすすめのプログラミングスクール【3選】

DMM WEBCAMP 学習コース(旧:SKILLS)
DMM WEBCAMP 学習コース
TechAcademy(テックアカデミー)の公式サイト
TechAcademy
COACHTECH(コーチテック)の公式サイトへ
COACHTECH(コーチテック)
高い継続率を誇るオリジナルカリキュラム!転職・副業サポートが充実!メンターは【全員が現役エンジニア!】コスパも良いので迷ったらここフリーランスエンジニア特化!オーダーメイドカリキュラムで挫折しない
169,800円(税込)〜174,900円(税込)〜440,000円(税込)〜
転職/副業サポートあり転職支援サービスあり案件保証サービスあり
→ 無料相談→ 無料体験→ 無料カウンセリング

最短でエンジニアスキルを習得する!
もっと多くのプログラミングスクールの中から比較したいという方は、「おすすめプログラミングスクール比較11選!社会人・未経験の転職・就職にも有利!」という記事を参考にしてください。

おすすめプログラミングスクール比較11選!社会人・未経験の転職・就職にも有利!

エンジニアに説明力が必要な理由

エンジニアの仕事に必要な能力というと、まず真っ先にシステム開発力やプログラミング力が思い浮かぶかもしれません。

もちろんそれらの力も必要なのですが、それと同じくらい大切なのが説明力です。なぜならエンジニアの仕事は自分一人ではなく、多くの人と関わりながら進めていくものだからです。

私自身、業務をする中で以下のような場面で説明力が特に必要だと感じています。

クライアントと関わる場面

クライアントと関わる場面

エンジニアがシステム開発をする際は、クライアントから業務の状況をヒアリングし、どのようなシステム化のニーズがあるかを確認しながら仕事を進めることがほとんどだと思います。

そこで難しいのが、クライアントはシステムに関しては素人だということです。

クライアントに開発するシステムの仕様や注意事項などを説明する際に、エンジニアであれば当たり前に通じる話が通じないことがよくあります。

どんなに合理的なシステムを開発しても、実際にシステムを使用するクライアントがシステムの仕様や注意事項を理解できなければ業務を効率化することはできません。

説明力が高ければ、クライアントはシステムに関して正確に仕様を理解することができ、エンジニアの仕事に対する満足度も高くなります。

またクライアントに説明するのは、システムを開発するときだけではありません。システムを実際に業務で使っていく中で、システム障害が発生することは必ずあります。

障害が発生した際に、その障害の原因や対応方法について分かりやすく納得感のある説明ができなければ、クライアントからの信頼を大きく失うことになります。

逆に障害の時に適切な説明ができることでより信頼を勝ち取ることもできるので、エンジニアがクライアントと関わる中で説明力は欠かせないことがわかると思います。

上司と関わる場面

上司と関わる場面

エンジニアが仕事をする際、システムの設計や開発について必ず上司にレビューをしてもらいながら仕事を進めていきます。その際、上司は限られた時間の中で適切なフィードバックや判断をしなければなりません。

上司へ正しく仕事の方針や内容を説明できなければ、上司は正しいフィードバックや判断ができず、結果として仕事の遅延や品質の低下が発生してしまいます。

説明力を高めることで、仕事をよりスムーズに品質高く進めることができるのです。

部下と関わる場面

部下と関わる場面

エンジニアとして働き年次が上がっていけば、自分がチームのリーダーとして部下に作業を依頼して仕事を進めていくようになります。

部下は自分に比べてスキルや経験が劣っていることが多いため、よりわかりやすく作業内容を説明することが求められます。

部下に求める作業内容をわかりやすく、正確に説明できることで作業の効率や品質が上がり、結果としてチーム全体の生産性が上がるのです。

【新卒エンジニアに悩むあなたへ!】使えない新卒エンジニアの育成方法や特徴、対処法をご紹介!

自分が上の立場になっても、説明力はとても大切であることがわかると思います。

上記のように、エンジニアにとって説明力は開発力に並んでとても重要な能力だということがわかります。
では次にどのように説明力を高めるかについても解説していきます。

説明力を高める方法

エンジニアが何かを説明する際に共通しているゴールは、「伝えたい情報を、聞き手が正確に理解する」ということです。

長々と説明したとしても、伝えたい情報が漏れていたら不十分です。またどんなに流暢に説明したとしても、聞き手がそれを理解できなければ何の意味もありません

私自身、社会人になりたての頃は伝えたいことが半分も伝わらず、歯がゆい思いを何度もしました。ただ説明の仕方を試行錯誤して改善してきたことで、今ではクライアントや社内のメンバーからも説明がわかりやすいとよく言ってもらえるようになりました。

私の中で説明をうまくするには、以下の4ステップを意識するとよいと思っています。

【1】伝えることを整理する

【1】伝えることを整理する

まず一番最初にやらなくてはいけないのは、伝えたいことを自分の中で整理することです。

相手に何を伝えたいのかを明確にし、その内容を伝えるために必要な情報を順序だてて整理していきます。整理する中で、自分自身であまり理解できていなかった部分や追加の調査が必要な部分が出て来た場合は、その都度理解できるまで準備をします。

個人的な感覚としては、この整理さえきっちりできていれば8割がた説明はうまくいくと思っています。

【2】聞き手の前提知識やスキル背景を知る

【2】聞き手の前提知識やスキル背景を知る

次にやることは、説明する相手の前提知識やスキル背景を知ることです。

同じ内容を伝えたい場合でも、聞き手の前提知識やスキル背景、もしくは立場などによって、説明の仕方を変える必要があります。

システムに関して詳しくない相手と話すときは、専門用語や難しいプログラミングのロジックについて話しても理解できません。その場合は、相手が理解できる単語に置き換えたり、一般的なものに例えて説明するなどの工夫をすることで、伝えたい内容を相手が理解できるようになります。

逆に自分よりスキルや経験がたくさんある上司に説明するときは、むしろ専門用語を使って簡潔に話すことが求められます。

聞き手についてきちんと理解することが、分かりやすい説明をするうえでとても大事なことなのです。

【3】結論とその根拠を簡潔に説明する

【3】結論とその根拠を簡潔に説明する

次に少しテクニック的なことですが、エンジニアとして説明するときにはまず結論を簡潔に伝えることが求められます。

営業などの仕事では、相手により興味を持ってもらうために前置きをしたり、購買欲を高めるために話に感情を乗せて説明したりすると思います。

しかし、エンジニアの説明において一番大切なのは、相手に過不足ない正確な情報を伝え、理解してもらうことです。なので、余計な前置きや自分の意見はわきに置いておき、まず結論を先に伝えることが大切です。

そして、結論を伝えた後にその根拠を論理だてて説明し、最初に提示した結論について正しく理解してもらいます。

クライアントに説明する場合もですが、上司に説明する場合は特にこれを意識することで効率よく内容を伝えることができるでしょう。

【4】相手の反応をみて、情報を付け足す

【4】相手の反応をみて、情報を付け足す

最後にですが、【1】〜【2】で説明したあと、聞き手の反応を見て適宜情報を付け足す必要があります。

どんなにいい説明をしても、聞き手によって疑問点や理解できない部分は発生するものです。聞き手が正確に理解するのを手助けするために、聞き手の反応を見て必要な情報を追加できるとよりわかりやすい説明になります。

まとめ|エンジニアに説明力が必要な理由と高める方法を4つのステップ

まとめ

いかがだったでしょうか。私自身、エンジニアとして働く前は開発力のようなスキルにばかり着目していましたが、5年間働く中で、説明力がとても重要だと日々感じています。

エンジニアとして働き始めたばかりの人は特に「伝えたい情報を、聞き手が正確に理解する」ということを意識して、クライアントや社内メンバーと円滑に仕事を進めてもらえれば幸いです。

もう一度「エンジニアに説明力が必要な理由と高める方法を4つのステップで解説【未経験必見】」を読む ↑

今すぐにでもエンジニア転職したい方へ!

エンジニアにおすすめ!IT/Web系に強い転職サイト11選|現役プロが比較・ランキング

エンジニア転職を最短で決める!
  • 未経験からIT/Webエンジニアになりたい
  • IT/Web系にキャリアチェンジして年収を上げたい
  • ブラック企業からホワイト企業に転職したい

異業種や未経験から最短でエンジニア転職を決めるなら、自分”ぴったり”の転職支援サービスを見つけ『フル活用』することがおすすめです。

予備情報なく、ネット検索して上位に出てきた転職支援サービスに登録して利用するも、「断られた・・」「最悪だった・・」という方も多いのではないでしょうか?

ここでは、現役エンジニアである運営者が「本当におすすめできる転職エージェントだけを厳選」してご紹介します。失敗しない転職活動を実現するためにも、ぜひご一読ください!

今すぐ登録するなら
この3サービス!

IT・Web系に強い転職エージェント・転職サイト【3選】

レバテックキャリアの公式サイト
レバテックキャリア
マイナビIT AGENTの公式サイト
マイナビIT AGENT
ワークポート 公式サイト
ワークポート
IT/Webエンジニア経験者が迷ったらここ。専門用語が通じるから安心!20代・第二新卒は最低限の登録を。ベンチャー・スタートアップ案件多数!未経験でIT・Web業界へ転職したいならここ。リモート・在宅求人にも強い!
経験者向け経験者向け未経験OK求人多数!
評判・口コミ評判・口コミ評判・口コミ
→ 無料カウンセリング→ 無料カウンセリング→ 無料カウンセリング

もっと多くの情報を集めたい方へ!

日々忙しい社会人がエンジニア転職を最短ルートで決めるなら、下記の記事でご紹介する転職サイト・転職エージェントに『複数登録』して得られる求人数の幅を大きく広げておきましょう。

エンジニアにおすすめ!IT/Web系に強い転職サイト11選|現役プロが比較・ランキング

無料で学べるITスクール

未経験から【最短】でエンジニア転職したい方におすすめの、無料でIT・プログラミングスキルを学習できるスクール【3選】をご紹介します。無料の相談会や説明会ではキャリアについての質問・相談もできるので、少しでも気になったら登録してみましょう!

もっと多くの無料で受講できるプログラミング・ITスクールを比較するなら、「無料で学べるおすすめプログラミングスクール7選!【未経験OK】」という記事がおすすめです。利用上の注意点や条件、各教室の特徴や強みなどを徹底比較しています!

無料で学べるおすすめプログラミングスクール7選!【未経験OK】

社会人・学生におすすめの人気プログラミングスクール

未経験・駆け出しエンジニアにおすすめの人気プログラミングスクール【3選】をご紹介します。気になるスクールがあれば、まずは無料カウンセリングで気軽に質問してみると良いですよ!

未経験から【最短1ヶ月】でプログラミングスキルを身につける

DMM WEBCAMP 学習コース(旧:SKILLS)

DMM WEBCAMP 学習コース(旧:SKILLS)
未経験でも高い継続率を誇るカリキュラムで挫折せずに学習できます。転職・副業サポートあり

DMM WEBCAMP 学習コース(旧:SKILLS)の[公式サイトへ]

【オンライン完結型】最短1ヶ月からの短期集中で学習できる。コスパ良し!

テックアカデミー

TechAcademy(テックアカデミー)
業界大手のスクール。学べるコースは20種類以上あるので、あなたの目的にあった言語を学ぶことが可能です。

TechAcademy(テックアカデミー)の[公式サイトへ]

フリーランスエンジニア特化のプログラミングスクール!

COACHTECH(コーチテック)の公式サイトへ

COACHTECH(コーチテック)
現役エンジニアによるコーチングで、未経験でも挫折することなくフリーランスを目指すことできます

COACHTECH(コーチテック)の[公式サイトへ]

もっと多くのプログラミングスクールの中から比較したいという方は、「おすすめプログラミングスクール比較11選!社会人・未経験の転職・就職にも有利!」という記事を参考にしてください。

おすすめプログラミングスクール比較11選!社会人・未経験の転職・就職にも有利!

-エンジニアの転職
-, , , , , ,

関連記事

インフラエンジニアの転職―キャリアパスの探求から転職エージェント活用術まで徹底解説!

インフラエンジニアの転職―キャリアパスの探求から転職エージェント活用術まで徹底解説!

現役エンジニアが語る、転職の現実と可能性 私は現役のインフラエンジニアとして、10年以上にわたりIT業界で働いてきました。 この長い間、技術の進化とともに業務の変化を経験し、多くの挑戦と成功を重ねてき …

WEBエンジニアの将来性について解説!AIに奪われる?35歳が定年?

WEBエンジニアの将来性について解説!AIに奪われる?35歳が定年?【未経験必見】

「これからエンジニアが伸びる!」という意見がありますが、具体的にどれくらい伸びるのか疑問を持っている方もいるでしょう。 結論から言うと、IT人材は大量に不足しているので、WEBエンジニアには需要しかな …

エンジニアが年収UPするための3つの方法【適性な年収を得よう】

エンジニアが年収UPするための3つの方法【適性な年収を得よう】

ITエンジニア歴20年以上の筆者は、新卒で下請け・派遣を中心としたIT企業で15年勤務した後、その経歴を活かして大手メーカーへ転職し、現在もエンジニアとして活躍しています。エンジニアは社会にとって欠か …

ビジネスマンとビルのイメージ

40代・未経験から機械設計エンジニアに転職するコツや、スキル・経験などを解説!年収・キャリアの話も!

一般的には困難だと言われる40代からの転職。それが未経験からとなれば尚の事で、ものづくり系業界においてもそれは例外ではありません。 そこで本記事では、40代・未経験から転職を成功させるためのコツを詳し …

機械設計の仕事に転職したいけど”つらい仕事”って本当?現役の機械設計者が解説!

この記事は転職活動中の機械設計者を目指すこんな方におすすめします。 機械設計の仕事ってつらい? 自分に向いているかわからない。 給与や年収はどのくらい? 機械設計に将来性はあるの? 必要な資格やスキル …

[PR]:
お得なキャンペーン中!!

転ストの中の人

  • 運営者のstaff H
  • 運営者のstaff M

エンジニア歴15年のstaffHとWebデザイナー・ディレクター歴20年のstaffMの2名が中心となりこのサイトを運営しています。転職/就職やフリーランスへの転向、未経験からのプログラミング学習など、これから”新しい一歩を踏み出そうとしている、エンジニア・クリエイター”に役立つ情報を発信しています。

プロフィール詳細 / Twitter
[PR]: