エンジニアの転職

更新日:2021/05/14

新人エンジニアがするべき4つの勉強法を解説!【できるITエンジニア】になろう!

新人エンジニアがするべき4つの勉強法を解説!【できるITエンジニア】になろう!

エンジニアは、IT技術の変化に常に追いついていく必要のある職業です。日々、新しい技術やトレンドが誕生します。それに追いつけないエンジニアは生き残るのに苦労します。

そう聞くと「大変だな・・・」と思いますよね?

この記事では、新人エンジニアが成長のためにするべき『4つの勉強法』を紹介します。これらをこなせば、あなたはきっと「できる新人エンジニア」です!!!

スキルアップにおすすめなプログラミングスクール【3選】

TechAcademy(テックアカデミー)の公式サイト
TechAcademy
ポテパンキャンプの公式サイト
ポテパンキャンプ
CodeCamp(コードキャンプ)の公式サイトへ
CodeCamp
メンターは【全員が現役エンジニア!】コスパも良いので迷ったらここ【Webエンジニア輩出No1】の人気スクール!自社開発企業への転職に強い現役エンジニアによる【オンライン&マンツーマン】で効率よく学習
174,900円(税込)〜220,000円(税込)〜165,000円(税込)〜
→ 無料体験→ 無料カウンセリング→ 無料体験

汎用的に活用できる勉強をしよう

汎用的に活用できる勉強をしよう

エンジニアの仕事も、使う技術もプログラミング言語もそれぞれです。なので、あなたが何を勉強するべきかは、正直「現場による」としか言えません。しかし、下記2つについては、勉強の経験や得た知識が確実に力になるかと思います。

①基本情報技術者試験を受ける

毎年春と秋に実施される、IT技術者向けの国家試験です。初心者でも十分な勉強時間を確保して励めば合格できる試験であり、IT資格受験の入門として活用する新人エンジニアは多いです。

出題範囲は、「コンピュータ科学基礎・コンピュータシステム・システムの開発と運用・ネットワーク技術・データベース技術・セキュリティと標準化・情報化と経営」など幅広く、新人エンジニアがこの資格を持っていると「勉強したんだなあ」と好印象です。

メジャーな資格であるため、対策本や過去問などの書籍は豊富です。勉強しているうちは、「なんのこっちゃ」と思うような知識をとにかく詰め込んでいくだけかと思いますが、エンジニアとして過ごしていくうちに、現場で「あー、試験で勉強したのはこういうことかあ」とニヤッとできるかと思います。



基本情報技術者のおすすめ学習サイト
《基本情報技術者試験の解説サイト》 基本情報技術者試験ドットコム

②UMLについて学習する

UML(Unified Modeling Language)とは、複雑なシステム開発を図で表現し、統一された表記方法で設計の表現・解読を効率化する手法です。

UMLを使用することで、複雑なシステムを視覚的に理解できたり、脆弱性や欠陥を発見しやすくなったり、システム仕様を第三者に的確に伝達しやすくなったりします。

現場では当然のように先輩エンジニアがUMLの図で説明や指示を投げてくることが多いです。都度、「え、これなんですか」状態になるのではなく、UMLを渡された瞬間に「あーそういうことね完全に理解した」状態になるとかなり評価は高いです。

おすすめ書籍!

トレンドに敏感になる

トレンドに敏感になる

情報の流行り廃りが激しいのが、エンジニアの生きる世界です。昨日まで正義とされていた知識や風潮が、明日にはゴミ扱いされる世界。そんなとき、常に世の中の最新情報にアンテナを張るのが、できるエンジニアです。

書籍はどうしても中身の情報が古くなってしまいがち。情報や感覚をアップデートするのは、やはりオンラインで。

下記2つが、トレンドを追うオススメの方法です。

①Qiitaのトレンド記事は毎日チェックしよう

Qiitaとは、ITに関わるエンジニアたちが、記事を自由に投稿できる投稿サイトです。仕事で新しく得た技術情報のアウトプット、生み出した開発手法の紹介、自身の経験談・・・等々、記事は豊富。

自由に投稿できるサイトなので、情報として間違った内容の記事や「チラシの裏にでも書いてろよ・・・」みたいな内容もあるのですが、トレンドにあがってくるような記事は、多くのエンジニアが有益だと感じたものなので、是非読んでみてください。

例えば、通勤電車の中の30分。トレンド記事をスマホで読んでいれば時間は潰れます。新しい技術の情報やエンジニア界隈のトレンドを日々インプットすることは、エンジニアとして生きていく上では最も重要です。

営業職のサラリーマンが毎日日経新聞を読むように、エンジニアは毎日Qiitaを読んで、世の中の流れをキャッチしましょう!

②はてなブックマークの活用。「テクノロジーの人気エントリー」をチェック

「①Qiitaのトレンド記事は毎日チェック」と並行して続けてほしいのが、はてなブックマークでの、「テクノロジーの人気エントリー」のチェック。

はてなブックマークは、登録者が気になったりシェアしたりといったWebページを、オンラインでブックマーク登録できるサービスです。たくさんブックマークされたサイトは人気エントリーとしてトレンドに表示されます。

QiitaのトレンドでチェックできるのはQiitaに投稿された記事のトレンドのみですが、はてなブックマークの人気エントリーでは、個人ブログや他サービスにてバズった記事をチェックできます。

エンジニアがどんな記事をブックマークしているのか、把握してみましょう!
通勤電車でQiita、退勤電車ではてな、みたいなスタイルがオススメです。

アウトプットすることを始めてみる

エンジニアとして一番大事なのが、「アウトプットする」ことです。エンジニアって、割と「知ってて当たり前」な世界です。

まあ正確に言うと、「知らないことでも周りに聞くなり情報収集するなりで知識をつけておくのが当たり前」でしょうか。なので、いくら勉強したとはいえ、「この知識があります!」と胸を張っても、「あっそう・・・で?ググれば出てくる情報を知ってるからってドヤ顔されても・・・」みたいな扱いが多いです。

一目置かれるエンジニアに共通するのは、「アウトプットできること」だと思います。

  1. 「Qiita」やブログに記事を投稿して、他のエンジニアが参考にできるような情報を発信する
  2. 個人でサービスを開発する

この2つを「合わせ技」でやると最強です。
詳しく説明します。

①「Qiita」やブログに記事を投稿して、他のエンジニアが参考にできるような情報を発信する

業務で得た知識を、自分の言葉でまとめて形にする。これをすると、得た知識は完全にモノにできます。

執筆過程で改めて情報収集をすることもあるため、最初に身に付けた際に誤解して覚えていた知識を修正することもできます。

他のエンジニアからのコメントやお気に入り登録等を活力にしたい(SNSみたいな使い方をしたい)ならばQiita、個人でメディアを運営し、PV数の増加を活力にしたい。あわよくば広告料でお小遣い稼ぎしたい・・・ならばブログでしょうか。

②個人でサービスを開発する

これは力になります。
業務上だと、どうしてもやる仕事に偏りが生じてしまいます。大きな企業で働くと特に。

書類ばかり作成して一日が終わるエンジニアもいれば、既存システムのバグ修正で一日が終わるエンジニアもいるかと思います。そんな状況が長く続くと、「それしかできないエンジニア」の誕生です。あまりよろしくないですね。

個人でシステムを開発すると、仕様決め・基本設計・詳細設計・開発・テスト・運用を、全部経験できます。

すべて一通り成し遂げれば、あなたは立派なエンジニア。
周りの新人エンジニアより頭一つ分飛び抜けています。自信が持てますよ!

勉強会で、「生きた情報」を吸収する

勉強会で、「生きた情報」を吸収する

エンジニアが一番参考にできるのは、現場で働くエンジニアの先輩たちの生の声です。エンジニアが集まる勉強会は、各地で毎日のようにおこなわれています。「エンジニア 勉強会」でググるとイベント情報サイトが出てくるので、そちらから興味のある勉強会を検索して参加してみましょう。

勉強会では、現在のエンジニアのトレンドや・悩み・悩みの解決法など、ぶっちゃけた話がいろいろ聞けます。「ツールは何を使ってますか?」「作業を効率化するために何をしていますか?」「どんな技術を使って、どんなサービスを作ってますか?」等、
参考になる話もたくさん聞けます。

勉強会にもいろいろ種類があって、勉強会のテーマをもとに有志のエンジニアがトークをするLT(ライトニングトーク)が中心の勉強会、エンジニアたちが、ただひたすら自分がしたい開発をする俗にいう「もくもく会(黙々作業をする会)」、テーマに沿ってみんなで議論をする会・・・などなど、自分にあった会を選んで参加できます。

どの会にもいろんな熟練度のエンジニアが参加します。ベテランの優秀なエンジニアは色々聞いてほしいと思っていますし、初心者エンジニアはいろいろ教えてほしいと思っています。

気の合うエンジニアとの出会いを見つけて、お互いに高め合える関係を作っていきましょう!

エンジニアが勉強会に参加する意味とは?メリットや価値など3つのポイントで解説!

まとめ

この記事では、新人エンジニアがどんな方法で勉強すれば力になるかを紹介しました。

  • 現在の仕事内容に限らない、汎用的な勉強をする(基本情報技術者試験を受ける、UMLを学習する)
  • Qiitaやはてなブックマークを活用してトレンドに敏感になる
  • Qiitaや個人ブログの執筆・個人開発等で、アウトプットする
  • LT会やもくもく会、議論会等のエンジニア勉強会に参加して生の声を聞く

等、エンジニアが勉強するにはいろんな方法があります。

ここまで読んで、新人エンジニアが「大変だな・・・」と思う気持ち、よくわかります。最初は苦労することもあるかもしれません。しかし、信じられないかも知れませんが、コツコツやっていくと結構面白くなるんです。

資格試験は合格体験を積み重ねるの達成感が最高です。

Qiitaはてなブックマークはチェックが日課になれば、体が自然と求めるようになります。

執筆記事を積み上げると達成感があり、何気ない気付きは残らず書き留めておきたくなります。

個人開発は、開発したサービスを伸ばすのが楽しくなります。

勉強会では、仕事以外でのいろいろな仲間との出会いがあります。

そして、これらを苦痛に感じず、純粋に楽しめるようになったとき、あなたは立派な「エンジニア」です。

決して楽なことばかりではないとは思いますが、是非これらを実践して、エンジニアとしての人生を楽しみましょうね!!

もう一度「新人エンジニアがするべき4つの勉強法を解説!【できるITエンジニア】になろう!」を読む ↑

スキルアップしたい新人エンジニアが通うべきプログラミングスクール

新人エンジニアのみなさんにとって、スキルアップのためとはいえ日々の業務と両立しながらの独学は、モチベーションの維持も難しいですよね。そんな方はオンラインで現役メンターによる指導を受けられる、プログラミングスクールの受講をおすすめします。

プログラミングスクールであれば、目的や生活スタイルにあわせたカリキュラムで学習を進めることができるので、忙しい新人エンジニアのみなさんも『挫折することなく』スキルアップできます。どの教室も無料の体験会や相談会があるので、気軽に参加してみてくださいね。

未経験・社会人、学生におすすめなプログラミングスクールを比較するなら、「プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】」という記事を参考にしてください。

プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】

転職付き(転職保証型)のプログラミングスクールの詳細を知りたいかたは、「【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!」をご覧いただき、自分の目標や目的にぴったりのスクールを見つけてくださいね。

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!

20代・未経験の転職に強い転職サービス・サイト

この記事に訪れた新人エンジニアの中には、なかなか思うように仕事に慣れず、今の職場を「辞めたい」と悩み退職・転職を考えている方もいるかと思います。

特に若い方は体力的・精神的に辛い事などが続くと勢いだけで退職しがちです。気持ちばかり先走って退職し、そこから焦って転職をすると企業とのミスマッチを引き起こす要因にも繋がってしまいます。

そこで、活用したいのでが転職エージェントサービスです。転職エージェントに無料登録し、カウンセリングを受けておけば、在職中でも求人紹介してもらえます。気になる求人があれば面接の調整、そして現職を退職するタイミングなどへのアドバイスや、転職先への入社日の調整などのサポートも受けられます。もちろん全て無料です。

辞めてから慌てて転職活動をするのではなく、自身の市場価値を知る上でも、在職中から転職活動をする選択肢も検討してみてください。

20代におすすめのIT転職エージェント・IT転職サイト5選
  1. “20代の転職なら最低限の登録を”
    マイナビIT AGENT|20代・第二新卒の転職なら
    有名ベンチャーやスタートアップなど経験を活かせる若手向け求人多数
  2. “未経験エンジニアは登録必須”
    ワークポート|未経験の転職サポートサービス
    未経験可やポテンシャル採用など20代向けのIT・Web系求人に強みあり
  3. “IT・Web系の転職といえばここ”
    レバテックキャリア|エンジニア専門転職エージェント
    専門用語が通じるアドバイザーが徹底サポート。内定率&年収UP率が高い
  4. “圧倒的求人数は流石の業界NO.1”
    リクルートエージェント|転職支援実績No.1
    書類や面接対策へのサポートが手厚い。エンジニア求人保有数も業界トップ
  5. “第二新卒・既卒・フリーター・ニートOK!”
    DYM就職|プロの正社員就職サポート
    第二新卒・既卒・フリーターに向け優良企業の求人が多数。最短1週間でのスピード入社も

もっと多くの転職エージェントを知りたい方は、エンジニアにおすすめのIT/Web系に強い転職エージェント・サイト11選!プロが比較・厳選という記事をご覧ください。

エンジニアにおすすめのIT/Web系に強い転職エージェント・サイト11選!プロが比較・厳選

-エンジニアの転職
-, , , , ,

関連記事

現役エンジニアが アドバイス!新人エンジニア だった頃の 悩みの解決方法

現役エンジニアがアドバイス!新人エンジニアだった頃の悩みの解決方法

今、この記事を読んでいる新人エンジニアの方。 「プログラミングができない」 「仕事が進まない」 「エンジニアに向いていないかも」 「もう、エンジニアを辞めたい」 こんな風に考えていませんか? 筆者が新 …

機械設計エンジニアの仕事内容

【未経験の転職】機械設計エンジニアの仕事内容を解説!必要なスキルや知識・経験とは?

本記事は、機械設計エンジニアへの転職を目指しているかたへ向けた記事となります。 現役の機械設計エンジニアである池田さん(仮名)に寄稿して頂きましたので、未経験から機械設計エンジニアやものづくり業界を目 …

体温計のイメージ

《セルフケアを忘れずに!》激務のシステムエンジニアの体調管理に必要なこととは?

転職したいけど「辞めたいと言えない・辞めさせてもらえない」かたへ 今の職場を辞めたいけけど「言えない・言いづらい」「退職拒否された」などの理由から、次の一歩に踏み出せない人も多いのではないでしょうか。 …

書類選考で 差をつける ポートフォリオ 作成術!

フロントエンドエンジニアを目指す大学生は必見!【書類選考で差をつけるポートフォリオ作成術】

「デザイナーじゃないのにポートフォリオ作るの?」という疑問をお持ちのそこのあなた!!実はエンジニアの選考でもポートフォリオの提出を求める企業が最近増えています! 特にその中でもweb制作会社などのフロ …

SEの私がリモートワークを一年半してみての感想(在宅勤務のメリット・問題点についても)

SEの私がリモートワークを一年半してみての感想(在宅勤務のメリット・問題点についても)

パンデミックは多くのシステムエンジニアの働き方を変えたのではないでしょうか。テレワークというと、システムエンジニアのイメージがあるかもしれませんが、実際に在宅で仕事をしているエンジニアは、少数でした。 …

[PR]:




ページのトップへ戻る