その他

更新日:2021/09/21

Webマーケティングに向いてる人・向いていない人の特徴とは?必要なスキルや経験も解説!

Webマーケティングに向いてる人・向いていない人の特徴とは?必要なスキルや経験も解説!

この記事ではマーケターに向いている人について紹介します。マーケターになるにはどうすれば良いのか考えている人の参考になればと思います。

近年のインターネット広告費の伸びから「webマーケティングは成長市場、マーケターは需要が高い」と言われています。

マーケターとして転職するにはどうすればいいのか?と考えている人や、現役のマーケターでも自分には適性がないのでは?と悩んだり、激務で辞めたいと考えている人、よくIT業界を知らない学生時代の友人に「やめとけ」と言われた人もなかにはいると思います。

そんな人に向けて、筆者が長年のメーカー勤務の中で接してきたマーケターとしてバリバリ働いている人の特徴、性格を次の通り5つ挙げます。

マーケターに向いている人

1.パソコンにいくらでも噛り付いていられる人
2.自分の頭で考えられる人
3.変化に対応できる人
4.論理的に深堀できる人
5.周りと連携を取って仕事を進められる人

以下、それぞれの特徴について説明していきます。

1.パソコンにいくらでも噛り付いていられる人

パソコンにいくらでも噛り付いていられる人

webマーケティングはIT、Web業界である以上、パソコンの前に長時間座るデスクワークが必須です。

マーケターと聞くと、なんとなく華やかなイメージを抱く人もいるかと思います。ユーザーの行動を鋭く分析し、ずばり的確な施策を打って、一気にPVを上げる、といったことをイメージするかもしれません。そうしたイメージとは反対で、実際のマーケターの仕事内容は、地道な作業の繰り返しです。

webマーケティングとは、ユーザーにWebサイトにアクセスしてもらい、サイト内を回遊してもらい、最終的なコンバージョンに繋げる方策を考える仕事です。そのためには、施策を立案して、実施して、効果を確認して、試行錯誤を重ねながら地味な作業を粘り強く続けていく必要があります。

パソコン作業が苦手、好きでない人には向いていない仕事です。目的を達成するのために、パソコンの前に何時間でも座って作業に没入することが求められます。

パソコンでの作業が苦でない、マーケティングの仕事が好きで好きでたまらない、成果を出すためなら長時間労働も厭わない、マーケターにはそうした人が多いです。

2.自分の頭で考えられる人

自分の頭で考えられる人

webマーケティングの世界には正解がありません。IT業界の動きは速く、刻々と状況が変化するからです。

分析を重ねて打った施策であっても必ずしも上手くいくとは限りません。それでも根気よく自分の頭で考えて、行動し、試行錯誤を重ねて改善をして行くことが必要です。

マーケターは商品が売れる仕組みを編み出すのが仕事です。どうすれば商品が売れるようになるのか、想像力と分析力を掛け合わせて、ロジックを積み重ねて解を導き出すことが求められます。

指示待ちの人よりも、能動的に自分で答えを見つけ出す人、考え抜ける人が向いていると言えます。

3.変化に対応できる人

変化に対応できる人

IT業界の変化は速いです。

以前のWebマーケティングはSEOがメインでしたが、最近ではYoutube、Twitter、InstagramなどのSNSが主要なプラットフォームです。

かつてはPCユーザーを対象とした施策を打っていればよかったのが、スマホの登場であっという間に対象ユーザーの行動パターンが変化しました。その時代の環境変化に合わせて、自分を適応させて行かないと時代に乗り遅れてしまいます。

また技術進化のスピードも上がってきているので、新しいものをより早く取り入れていく姿勢が重要です。webマーケティングが多様化してきているので、その時々の新しいツールや手法に柔軟に対応することが求められます。

4.論理的に深堀できる人

論理的に深堀できる人

webマーケティングに正解はないと先ほど申し上げましたが、論理的に考え抜くことで精度の高い施策を打つことができます。

Webサイトの滞在時間が想定より短いときに、なぜこうなのか、それはなぜなのか、となぜなぜ分析を繰り返すことで具体的な原因に落とし込むことができます。

刻々と新しい技術が生まれるIT業界ですが、結局はお客さまの「不」を取り除く施策をロジカルに考えることがマーケターの役目であることは変わりがありません。もちろんすべての施策が当たることはありませんので、試行錯誤を地道に重ねていく必要があります。

そうした中で少しでも正解に近づくために、論理的に深堀をしていく、なぜなぜを繰り返していくことがマーケターには求められます。

未経験の方の中には論理的思考と聞いてたじろいでしまう方もいるかもしれませんが、マーケターとして確実に成果を出すには論理的思考が必須ではありますが、Web業界で働くうちに養われていくので心配いりません。

また、逆に現役のマーケターの方で辞めたいと思っている方は、日々の業務の中で「本当に自分で論理的に考え抜いて行動しているか」を振り返ってみてはいかがでしょうか。なぜなぜを繰り返す癖をつけることで、自然と論理的な考え方が身につくはずです。

5.周りと連携を取って仕事を進められる人

周りと連携を取って仕事を進められる人

マーケターの実務において、関連する人や部署はどのくらいあるでしょうか?

自部署の上司に予算の承認をもらう、webデザイナー、エンジニア、営業とチームを組んでプロジェクトを進める、クライアントの要望を聞くなど多くの人が関わってきます。また、多くの人を動かしていかなければいけません。

そうした中で、マーケターとして自分はこう思う、こうしたいと自己主張をして、自分の考え抜いたあるべき姿に周りを引っ張っていく姿勢が大事なのはもちろんです。ですが、自分の目的を達成するためには効率的に周りを動かしていかなければ、円滑に仕事が回りません。

自分の主張はしっかりしつつも、うまく周りの意見も傾聴することが必要です。コミュニケーションを良く取ることができれば、社内調整やクライアントとのやり取りもスムーズに進みますし、プロジェクトも効率的に進めることができます。

まとめ|Webマーケティングに向いてる人・向いていない人の特徴

まとめ

どんな業界や仕事にも「向いてる人」、「向いてない人」がいます。そして、人それぞれ結果の出し方は異なります。一概にこの職種の人はこうだと言い切れるわけではありません。ただし、私がこれまで見てきた「できる」マーケターは、上にあげた5つの特徴を持っている人が多いと感じます。

それはなぜか?
そうした人は未経験の新人のときからこうした資質を持っていたのでしょうか?

答えは「No」です。

もちろん元々マーケター向きのずば抜けた資質の持ち主もいるかもしれませんが、多くのマーケターは実務で揉まれるなかで、こうした特徴を身に着けてきたのです。むしろ身に着けた人が生き残ってきたとも言えます。

webマーケティングの世界に身を置き、必死に頑張って経験を積むことで自然と成長して、身に付けてきたのです。未経験の方やまだ駆け出しで悩んでいる方もいるかもしれませんが、自分の可能性は自分で切り開くものです。

実務経験を積む前に、まずはマーケティングスクールに通ってみるのも良いでしょうし、転職エージェントに相談するのも良いでしょう。

とにかく第一歩を踏み出してみましょう。

日本企業はまだまだWebマーケティングの活用が不十分で、マーケターの存在感が今後も増していくことは間違いありません。慢性的に人材不足に悩まされていることもあり、将来性がある職種と言えます。

転職を考えている方は、是非マーケターとしてWebマーケティングの世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか。webマーケティングは集客数など、事実をデータで把握でき、数字で分析したり検証したりできます。そのため、自分の打った施策の結果が数字で出てくるので、成果や達成度を感じやすい職業です。

確固とした達成感がやりがいに通じますし、ビジネスパーソンとして大いに成長できる場と言えます。

もう一度「Webマーケティングに向いてる人・向いていない人の特徴とは?必要なスキルや経験も解説!」を読む ↑

マーケターへの転職におすすめな転職サイト・転職エージェント

未経験からマーケティング領域に転職したいなら、業界に強い転職サイト・転職エージェントには複数登録しておきましょう。その中で、少しでも気になる求人があれば気軽に質問や相談をしてみてください。

未経験ですと求人内容を読んで不安になったり応募を躊躇してしまいがちですが、企業に「話を聞きに行く」くらいの気持ちで行動に移しましょう。そのほうが効率的に転職活動を進められますよ!

コロナの影響もありオンライン面接[可]の企業も増えていますので積極的に活用してくださいね。

登録するエージェントのおすすめの組み合わせは[総合型]+[特化型]。対応や相性が微妙であれば別のエージェントで進めれば大丈夫なので、総合型は全て登録しておいても損はないです。

マーケターへの転職におすすめな転職サイト・転職エージェント5選

もっと多くの転職サイト・エージェントを比較したい方は、下記のまとめ記事もください。それぞれWebデザイナーやエンジニア向けとなっていますが、マーケティング領域の求人も多数保有したサービスばかりですのでおすすめです。

Webデザイナー向け!おすすめの転職エージェント・サイト【11選】IT・Web系に強い!

エンジニアにおすすめ!IT/Web系に強い転職サイト11選|現役プロが比較・ランキング

未経験からWebマーケティングを学習するのにおすすめなスクール5選

未経験からWebマーケティングを目指す方におすすめなスクールをまとめました。社会人でも無理なく学習できるので気になるスクールがあれば、無料の体験会や相談会へ参加をしてみると良いでしょう。

現役トップマーケターのマンツーマン指導によるオンラインスクール!

デジプロの公式サイト

デジプロ
マーケ職や広告運用への転職を目指す方におすすめ。オンラインor通学を選択でき社会人でも安心です。

デジプロの[公式サイトへ]

未経験特化型カリキュラムでWebマーケターへの転職を目指す!

マケキャンbyDMM.comの公式サイトへ

マケキャンbyDMM.com
未経験からWebマーケターへの転職を『3ヶ月』で目指せる、『転職サポートあり』のスクールです。

マケキャンbyDMM.comの[公式サイトへ]

実務特化型のカリキュラムで【3ヶ月】で実践レベルのWebマーケターへ!

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)の公式サイトへ

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)
未経験歓迎の実務経験を通じて学習できるオンラインスクール。追加料金なしで最長7ヶ月のサポートを受けられます。

Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)の[公式サイトへ]

パーソナルメンターがつくので挫折しない!コスパ良しのスクール

テックアカデミー Webマーケティングコース

テックアカデミー Webマーケティングコース
完全オンラインの大手スクール。Webマーケティングに必要な基礎から実践的なスキルまで【短期間】で学習できます。

テックアカデミー Webマーケティングコースの[公式サイトへ]

業界唯一のSEOマーケターに特化した完全オンラインスクール

WEBMARKSの公式サイト

WEBMARKS(ウェブマークス)
即戦力のWebマーケターとして必要なスキルを3ヶ月で習得できます。案件獲得や就職・転職支援も手厚いです

WEBMARKS(ウェブマークス)の[公式サイトへ]


もっと詳しく比較したい方は、『Webマーケティングスクールおすすめ9選!選び方やメリット・デメリットを解説!』という記事を参考にしてください。こちらでは、マーケティングスクールに通うメリットや選ぶ基準なども解説していますので、スクール選びに迷っている方は是非ご覧くださいね。

Webマーケティングスクールおすすめ9選!選び方やメリット・デメリットを解説!

[PR]:未経験からWebマーケティング・Web広告を学ぶならここ

売上に繋がるスキルを学ぶ超実践デジタル広告スクール『デジプロ』

-その他
-, , , , ,

関連記事

htmlとcssのイメージ

女性Webデザイナーの1日の仕事の流れ|受託開発での仕事内容と働き方、生活スタイルとは?

リノさん(仮名) のプロフィール 年齢 20代 性別 女性 会社の業種 Web制作会社 担当の職種 Webデザイナー お住いは? 福岡県 目次1 1日のスケジュール1.1 10:00[出社〜メールのチ …

新型コロナウィルス感染拡大防止に対する[各エージェントの対応]まとめ

緊急事態宣言(新型コロナウィルス感染拡大防止)にともなう転職エージェント各社の対応状況をまとめました。最新の情報があれば随時更新します。不安な気持ちを持った方へ、少しでもお役に立てれば幸いです。 目次 …

《番外編》Webマーケターの1日|Web通販マーケティング部の仕事の流れと働き方

Webマーケターの1日の流れ|Web通販マーケティング部の仕事内容と働き方、生活スタイルとは?

ナオヒロさん(仮名) のプロフィール 年齢 30代前半 性別 男性 会社の業種 専業EC 転職回数 無し こんにちは、Webの専門通販運営会社で働いているWebマーケティングの担当者です。メーカーから …

《番外編》SNSマーケターの1日|広報・集客担当者の仕事の流れと働き方に密着!

SNSマーケターの1日の流れ|広報・集客担当者の仕事内容と働き方、生活スタイルとは?

ユイさん(仮名) のプロフィール 年齢 20代半ば 性別 女性 会社の業種 ウェディング・ホテル・レストランを経営する会社 転職回数 なし(新卒入社) こちらもおすすめ! Webマーケティングスクール …

【2021年】動画編集・映像制作スクールおすすめランキング5選!未経験者も歓迎

【2021年版】動画編集・映像制作スクールおすすめランキング9選!未経験OKも

動画編集・映像制作を学べるおすすめスクール 皆さんは、「未経験からでも動画編集の仕事が取れるようになりたいけど、どうすればいいかわからない…」といった悩みを抱えてはいませんか? 近年、5Gなどのインフ …

[PR]:




ページのトップへ戻る