面接対策

更新日:2020/12/03

エンジニア就活と技術面接対策【エンジニア就職を目指す大学生必見】

エンジニア就職を目指す大学生必見!エンジニア就活と技術面接対策を解説!

世間ではエンジニアの人材不足が騒がれていますが、それとは反比例してエンジニアの需要は今後も増加するとされています。そこで大学生の中にも自分の学部・専攻・アルバイトで習得したプログラミングスキルを活かしてエンジニアを目指す学生も多いかと思います。

そこでこの記事では、そんなエンジニア就活を行う学生のために役立つ、【エンジニア就活でどんなことを問われるのか】を、アクセンチュア・楽天・Yahoo・サイバーエージェント・任天堂などのエンジニア技術面接を全て突破した僕がそのポイントを紹介していきます。エンジニアを目指す学生さんは是非参考にしてみてください!!

エンジニア就活とは?普通の就活とはどこが違うの?

面接のイメージ画像

まずエンジニア就活は普通の総合職などの面接や試験と何が違うのか?僕は大きく分けて2つあると思います。

  1. 面接官が人事ではなく現場で働くエンジニア
  2. プログラミング試験の有無

またエンジニア面接をエンジニア技術面接と呼ぶこともあります。エンジニアの面接は面接官が現場で働くエンジニアがほとんどであるため、今までの学生生活で頑張ってきたことや自己PRなどのパーソナルな部分はもちろんですが、学校での研究内容や、技術面で何がどのレベルまでできるのかといったエンジニアリングの能力を中心に選考を行います。

それに伴い自己分析を行うと同時に、自分のエンジニアリングに関しての能力に関しての分析を行う必要があります。

エンジニア就活をする前に

就活の事前準備と調査

まずは業界分析を徹底しましょう。「エンジニア」と聞くと「IT」をまず思い浮かべる人が多いとは思いますが、実は「金融」や「広告」などの業界でも多くのエンジニアが活躍しています。それぞれの業界でどんなエンジニアが活躍しているのかを頭に入れておきましょう。

続いてエンジニアの職種を分析しましょう。一言で「エンジニア」といっても、扱う範囲によって様々な職種に分類されます。例えば、webサービスの見た目部分を開発するフロントエンドエンジニアや、その内部やサーバー側の開発を行うバックエンドエンジニア。システムの設計や開発を担うSE(システムエンジニア)や、AIの構築やそれを用いて開発を行うAIエンジニアなどがあります。最近ではビッグデータの解析などを行うデータサイエンティストという職種も需要があります。

データサイエンティストとは?仕事内容や必要なスキル・知識、将来性をわかりやすく解説

このように、世の中には様々なエンジニアが活躍しています。今一度自分のスキルがどのエンジニアに向いているのかを考えてみましょう。

エンジニアの技術面接を勝ち抜くために

面接で明確な説明をするイメージ

エンジニアの技術面接はエンジニアが面接官を務めます。生半可な説明をしてもすぐに知識がない、または開発経験が浅いのでは?と見抜かれます。しっかりと自分のスキルと向き合い、「なぜその会社でエンジニアをしたいのか」「どうしてその職種でないといけないのか」を明確化しておきましょう。

例えば「どうしてその職種でないといけないのか」に関しては、webのバックエンドエンジニアを志望している場合、SEではダメのか、などを自分の技術の有無以外のエビデンスを提示できると良いでしょう(正直スキルは入社後に身につけられる部分もあるので)。

事前にやるべきこととしては、自分が将来どのようなエンジニア像を描いているのか、どうなっていきたいのかを深掘りして明確な根拠を定めましょう。

エンジニアの介在価値を考える

介在価値のイメージ

ここまで考える人はまず少ないと思います。ですが技術力を重視する大手企業などはこういった価値を理解しているか否かも選考に取り入れます。

webフロントエンドエンジニアで例えるとするならば、webフロントエンドエンジニアの役割やどういった介在価値があるのか?といったことを整理しておくことです。

エンジニア面接で頻出の質問4選

面接での質問のイメージ

ここではエンジニア面接で頻出の質問を4つ紹介します。最低限これらの質問には答えられるよう準備しておきましょう。

1.研究内容・研究の意図

これは結構な確率で聞かれます。まぁエンジニアなのでそりゃ企業もどんな技術が使えてどんなことに貢献できそうかを知るにはベストな質問なので聞かれて当然ですよね。ですがただつらつらと研究内容を話すのはいけません!

以下のことに注意してしっかりと根拠を持って説明できるようにしましょう!

  • 研究をしようと思ったきっかけ
  • 研究背景
  • 研究背景を踏まえてどんなことをしているのか
  • 研究のゴール

そこで皆さん見落としがちなのが研究をしようと思ったきっかけです。研究課題や背景を話せる学生は多いですが、そもそも自分がなぜその研究をしようと思ったのかといった根本的な部分は明確に定まっていない学生が多いです。なのでそこをまずは明確にしておきましょう。また自分の研究が受ける企業・事業内容でどのように活かせるのかの説明もできたらなお良いでしょう。

2.使用可能なプログラミング言語・開発経験

技術力を重視する企業では問われることが多いです。どんな言語が使えて今まで何を開発してきたのかを詳細に話せるように一度今までアウトプットしてきた作品を整理しておきましょう。僕は以下の点に関して事前にリストアップしておきました。

  • 使用可能なプログラミング言語とその技術レベル
  • 使用可能なフレームワーク
  • 今までのアウトプット
  • 他、開発に用いたツールやソフトウェアなど

3.普段の開発で心掛けていること(技術選定)

ただサービス要件を満たすプログラムを組むことがエンジニアではありません。プロジェクトは基本チームでの開発が多いため、チームで協力しより良いサービスをリリース・その後の運用ができるかもエンジニアの腕にかかっています。そこでエンジニアは目的達成のために徹底した技術選定を行わなければなりません。

エンジニアの技術面接ではこうした技術選定の内容についても問われることがあります。普段開発に際して何か心掛けていることがあればそれを話せるようにしておきましょう。チームでの開発経験のある方はそれをもとに話せると面接官が入社後のイメージをしやすいと思います。

4.普段どうやって技術のインプットを図っているのか

エンジニアは日々技術のインプットを図る姿勢が必要な職種になります。勉強が嫌いであまり学ぶことが好きでない、向上心のないエンジニアとは一緒に働きたくないですよね。そこで面接官は普段の技術のインプット方法を聞くこともあります。しっかりと内容を整理しておきましょう。

まとめ

エンジニアの技術面接は自分の技術を見直す良いきっかけになると思います。

そして技術が足りないのではないかと思ったそこのあなた!一番の対策はとにかく手を動かして開発経験を積むことがベストです。そうすれば必然と開発に関するエピソードもできてきます。

考えている暇があったらとにかく手を動かそう!!

もう一度「大学生のためのエンジニア就活と技術面接対策」を読む ↑

大学生におすすめなプログラミングスクール

大学生が、いち早くプログラミングを習得するために通うべきプログラミングスクールを5つ紹介します。

大学生におすすめのプログラミングスクール5選!

  1. 侍エンジニア塾|レッスン満足度高いスクールNo1
    オーダーメイドカリキュラムなので、一人ひとりの特性や伸ばしたいスキルに合わせて学習できます|オンライン|学割あり|無料体験あり|分割払い(クレジットカードのみ)
  2. TechAcademy(テックアカデミー)|受講者数No.1のオンラインプログラミングスクール
    完全オンラインでメンターが受講生に一人ずつきます。24ものコースがあるので迷ったらここ|オンライン|学割あり|無料体験あり|分割払い(クレジットカードのみ)
  3. スキルハックス|最短・最速で脱プログラミング初心者
    買い切り制の動画講座で無制限に学習できるので、自分のペースで納得いくまで学習できます|オンライン|サンプル動画(無料体験版)あり|クレジットカード・銀行振込
  4. テックキャンプ プログラミング教養|未経験から最高の学習効率でスキルを習得
    月額定額で学び放題。オリジナルサービスやWebサービス開発を通じて最新技術を習得します|オンライン・オフライン(東京ほか)|各種割引あり|無料体験あり|分割払い(クレジットカードのみ)
  5. クリプテックアカデミア|大学生向けプログラミングスクール
    大学生限定のスクール。受講生同士のオンラインコミュニティサービスもあり、仲間も出来る!|オンライン|大学生限定スクール|無料体験あり|各種割引あり|分割払い(クレジットカードのみ)


もっと詳しく比較したい方は、『今通うべき『就活に活かせる』プログラミングスクール5選!【大学生必見】』という記事を参考にしてください。こちらでは、プログラミングスクールに通うメリットや選ぶ基準なども解説していますので、スクール選びに迷っている方は是非ご覧くださいね。

今通うべき『就活に活かせる』プログラミングスクール5選!【大学生必見】

エンジニア就活におすすめのエージェント

就活エージェントおすすめ5選!

  1. キャリアチケット|新卒就活支援。量より質の就活準備
    運営元:レバレジーズ株式会社|登録無料|就活セミナーあり|無料のコミュニティスペースあり
  2. MeetsCompany(ミーツカンパニー)|選考直結型の合同説明会イベント
    運営元:株式会社DYM|登録無料|就活生の5人に1人が利用するサービス
  3. JobSpring(ジョブスプリング)|就活を応援するオンラインエージェント
    運営元:株式会社Roots|登録無料|公式サイトにて適性検査が可能
  4. キャリアパーク就職エージェント|優良企業への内定多数!
    運営元:ポート株式会社|無料相談|運営元は上場企業
  5. 就職shop|100%取材した企業の求人だから安心!
    運営元:株式会社リクルートキャリア|面談予約無料|累計8500社から企業を紹介

人気のプログラミングスクール

未経験・社会人、学生におすすめなプログラミングスクールを比較するなら、「プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】」という記事を参考にしてください。

プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】

転職付き(転職保証型)のプログラミングスクールの詳細を知りたいかたは、「【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較9選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!」をご覧いただき、自分の目標や目的にぴったりのスクールを見つけてくださいね。

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較9選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!

未経験からエンジニア転職するのにおすすめな転職サイト・転職エージェント

未経験可のエンジニア求人を探すなら「IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!【現役エンジニア厳選】」という記事を参考にしてください。IT・Web系に強い転職サイトや未経験求人を多数保有した転職エージェントを比較することができるので、未経験の方でも自分にぴったりの転職先を探すことができます。

今年(2020年)はコロナの影響で4月の緊急事態宣言以降、求人数が減少傾向にありました。ですが、企業の採用活動が活性し始める【10月】移行、その求人数も徐々に増えてきているようです。とはいえ、本来のシーズンに比べると少ないのも事実です。理想の求人を取りこぼさないためにも、転職サイト・転職エージェントへの登録は必ず【複数】おこなうようにしてください。少しでも気になる転職サービスが見つかったら無料登録をしてみましょう。 → IT・Web系に強い転職サイトを比較する

IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!現役エンジニア厳選

-面接対策
-, , , , , , ,

関連記事

名刺交換のイメージ

20代でエンジニアに転職する場合、面接に向けて必要な準備は?

目次1 面接を丁寧にこなすことで実績の少なさはカバーできる2 自分のできることを整理しておく3 実績やスキルを過大に話さない4 仕事に対して負のイメージを持っている印象を与えない5 窮地に陥った場合に …

ベンチャーのオフィスのイメージ

中小・ベンチャー企業に転職する場合、面接に向けてすべき準備は?

目次1 少数精鋭になりがちな点を意識する2 志望動機で会社の特徴に言及する3 企業理念は良く調べてから賛同する4 残業にはどれくらい対応できますか?5 部署の内容以上の業務に対応できますか?6 面接対 …

職務経歴書の画像

職務経歴書で抑えるべきポイントは?書類選考を有利に進める”効果的な書き方”

目次1 能力に関する評価は職務経歴書で決まる2 具体的な記述を心がけ、曖昧さを残さない2.1 《プロジェクトの内容は具体的に書く》2.2 《プロジェクトの中であなたが挙げた成果を書く》2.3 《プロジ …

ITエンジニアの転職で資格を取得するメリット5選!

《ITエンジニアの転職》で資格を取得するメリット5選!面接・書類選考を有利に進めよう!

本記事は、 IT業界に転職したいけど、資格はあったほうが良いのかな? 仕事をしながらの転職活動で、資格を取る事ってできるかな? ITに必要な資格って、何があって何を取れば良いのかな? こういった疑問や …

エンジニアがパソコンを操作

【職種別に解説】職務経歴書に何を書く?~webシステムエンジニア編〜

目次1 技術力が何よりも大事2 利用できる技術をアピールする2.1 《使用言語》2.2 《フレームワーク》2.3 《データベース》2.4 《負荷分散》3 あなたのやる気をアピールする3.1 《独自サー …






[PR]
[PR]:
ページのトップへ戻る