転職物語

新卒で入社した会社が倒産、先輩の一言をきっかけにデータベーススペシャリストの道へ【それぞれの転職物語】

パソコンを見る男性

ユウタさん(仮名) 27歳 男性

  • 転職したときの年齢は? 24歳
  • 転職前の職種は? ソフトウェア開発のエンジニア
  • 転職後の職種は? 一般企業内でのデータベーススペシャリスト
  • 転職の成功ポイントは? 先輩の助言と、自分の特性を活かした事
  • 転職前後の収入の違いは? 280万から380万程度にあがりました
  • 性別は? 男性
  • お住いは? 東京

今回の転職物語は、SEとしてまったくの未経験でありながら転職に成功し、データベースの開発と保守運用に関わることができたという内容です。その過程でデータベーススペシャリストの試験にも受けて合格したユウタさん(仮名)ですが、いずれにしても簡単にはなれない難しい職業であることを実感したそうです。

新卒時には理系であったために、就職はすぐに決まりました。

私は理系の学生として研究活動を行う傍ら就職活動をしていました。もっとも、就職活動といってもゼミの教授からいくつか紹介された中で受けに行くという形式でしたので、すぐに内定をもらうことができました。4月から募集がスタートして5月ごろにはすぐに決まりました。自分自身を試してみたいという欲求があったために、あえて大手企業ではなく新興のベンチャー企業に就職しました。仕事の内容そのものも自分の専門分野を扱えるために十分満足でしたが、それに加えて給与や福利厚生といった面も充実していたために何の不満もなく、卒業を心待ちにしていました。

最初1年間はよかったのですが、2年目に倒産してしまいました。

やがて4月になり卒業をして無事にそのベンチャー企業に就職しました。そして最初の1年間は私にとって素晴らしい時期でした。社会経験が全くない私を、10人程度しかいない社員が全員親身になって専門技能や知識を教えてくれ、社会人としての振る舞い方も教えてくれました。給与や有給休暇といった面も十分に消化でき、私はある程度長い期間この会社で働きたいなと思い始めていました。しかし、その状況は2年目に急転してしまいます。2年目の6月のとある日に社員が一斉に集められ、社長から倒産の事実を告げられました

簡単に理由を述べますと、技術を納品した企業先が何らかの理由で倒産してしまい、私の会社も巻き添えで倒産してしまったのです。社長は涙ながらに申し訳ないといい、その後に今日を持ってみなさんを会社都合による解雇にします。あと、大した額じゃないが金を持って行ってくれ、といい全員に一律30万円を渡して会社を後にしました。

一晩たって、現実なんだということを実感してくる。

机の上で寝る男性
一晩たって、私は夢のような気がして会社に出社していました。しかし、その時にはもう社長の姿も社員の姿もなく、倒産した旨が書かれている紙が張り付けられているだけでした。私はその場で、立ち尽くしてしまったことを覚えています。私は会社をクビになってしまったのだと、という実感がふつふつとわき出てきたことを覚えています。そして、その日1日は家でただぼーっとしていたことを覚えています。

実感と同時に、現実も考えなければならない

一晩寝てとりあえず体力を取り戻した私は、失業保険の申請に行きました。お役所の対応は思っていたより早く、すぐに手続きに移行することができました。自己都合ではなく会社都合でというところが大きかったのかもしれません。とはいえ、その保険の収入もいずれはなくなります。その前までに次の職業を見つけなければならないのですが、私は理系で専門分野に特化していたために、専門分野のことしか勉強していませんでした。そのために、通常の就職活動のことがまるで分らなかったのです。数をこなしても、お祈りをもらうような毎日でしたが、そこで1人の先輩に出会います。私のゼミの4つ上の先輩でした。

この先輩がデータベーススペシャリストでした

就職活動を終了して、外で一杯やっていくかと考えていた私が偶然出会った先輩でした。一緒に飲んだところで聞くと、その先輩は私と同じように教授推薦のようなシステムで入ったところが、あまりにも給与や労働条件が違うために1年ほど前にやめて、今はデータベーススペシャリストとして企業に勤務しているとのことでした。そこで、この先輩が私に勧めてきました。曰く、論文書くことが苦ではなかった私の論理力があれば多分取れると思う、データベースの管理だからルールが一番重要だからそのルールの部分を論理的に書くような仕事だからな、ということでした。

どんなものなのか、調べてみたところ私に合いそうだと感じました。

会社をクビになって、ヒマでしたのでそのデータベーススペシャリストについて調べてみました。すると、先輩の言うとおり論理的な文章読解能力が要求される試験であり、通信講座でも進学式の講座でも受講できるとありました。そして長くてもおよそ1年程度のカリキュラムが多いこともわかったので、1年程度ならなんとかなるだろうと決心して受講しました。この時点では就職先のことについては特に考えていませんでしたが、難易度が高い試験であることも知っていましたので、習得させできればなんとかなるだろうと楽観的に考えて学習しました。

そして、1年後に無事に習得したその日に…

データを分析するイメージ
どうやら私には適性があったらしく、どんどん覚えていきました。確かに難しい面は多々ありましたが、論理的に考えると矛盾がほぼない分野であるために私にとっては都合のよい資格だったようです。結果的に1年とちょっとした後に無事に合格し、その先輩に電話をかけました。すると、なら今日の夜時間をあけておけ、と指示がありました。あと、ある程度小奇麗な格好をしておけ、とも言われました。言われたとおりにして居酒屋に行ったところ、先輩ともう一人壮年のおじさんがいました。紹介を受けると、今の会社の上司なのだそうです。しかし上司がなぜ同席しているのか、と考えて話をしたところ、今の会社でちょうど退職した人がでたので、空きがある。よかったらウチにこないか?と一本釣りで誘われたのです。

私にとっては、試験に合格してほっとしているところだったのでまったく考えていなかったのです。ただ、上司はそれもわかっているらしく、返事はすぐでなくてもいいからよく考えて決断したらウチに電話してくれればそれでいい、とのことでした。採用条件を見ると、以前のベンチャー企業よりもはるかに高い収入と条件が書かれており、非常に驚きました。結果的に今では、そこの会社にお世話になっておりまだ新米の域をでないレベルではありますが、日ごとに腕を伸ばしている毎日です。

-転職物語
-, , ,

おすすめ転職エージェント

IT/WEB業界に強くとにかく内定率が高い!
《レバテックキャリアの公式サイト》

レバテックキャリア

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる
《マイナビエージェント×ITの公式サイト》

マイナビエージェント×IT

豊富な非公開求人と業界を熟知した担当者が転職を強力にサポート
《ワークポートの公式サイト》

ワークポート

過去のデータを生かしたマッチングで自分に合った転職先が見つかる
《ギークリーの公式サイト》

ギークリー
<

圧倒的な求人数の多さで転職先の幅が広がる
《リクルートエージェントの公式サイト》

【リクルートエージェント】

関連記事

パソコンで仕事中のイメージ

公務員から未経験でIT企業に「内定」をとったお話【それぞれの物語】

タツヒロさん(仮名) 29歳 男性 転職したときの年齢は? 29歳 転職前の職種は? 公務員 転職後の職種は? 諸事情により内定を辞退 転職活動に使ったサービスは? 転職エージェント 内定の成功ポイン …

ノートパソコンを操作する女性

IT業界にデビューするも、職場の居心地の悪さに耐えかね退職・・【それぞれの物語】

カナさん(仮名) 30歳 女性 転職したときの年齢は? 28歳 転職前の職種は? 一般事務 転職後の職種は? IT企業に就職後、現在は学童保育に従事 転職活動に使ったサービスは? ハローワーク 内定の …

パソコンとスマホを操作するイメージ

私が経理の職種から、業界未経験であったSEに転職できた話【それぞれの物語】

ユキヒロさん(仮名) 35歳 男性 転職したときの年齢は? 32歳 転職前の職種は? 会計事務 転職後の職種は? SE 転職活動に使ったサービスは? ヘッドハンティング 転職前後の収入の違いは? 35 …

業界未経験から独学でプログラマー、そしてSEに転職!【それぞれの物語】

マサヒコさん(仮名) 32歳 男性 転職したときの年齢は? 28歳 転職前の職種は? プログラマー 転職後の職種は? SE 転職活動に使ったサービスは? 知人の紹介 内定の成功ポイントは? 人脈 転職 …

PCを見る後ろ姿の男性

飲食業での長時間勤務に疲弊、未経験からSE転職へ【それぞれの転職物語】

ケンジさん(仮名) 29歳 男性 転職したときの年齢は? 24歳 転職前の職種は? 接客・サービス業 転職後の職種は? ゲーム開発会社でのアプリ開発 転職活動に使ったサービスは? 転職サイト(マイナビ …

転職エージェント5選

オンラインプログラミングスクール




サイト内を検索

ページのトップへ戻る