エンジニアの転職

更新日:2021/06/26

《セルフケアを忘れずに!》激務のシステムエンジニアの体調管理に必要なこととは?

体温計のイメージ

転職したいけど「辞めたいと言えない・辞めさせてもらえない」かたへ

今の職場を辞めたいけけど「言えない・言いづらい」「退職拒否された」などの理由から、次の一歩に踏み出せない人も多いのではないでしょうか。また、その状況に耐えられずに無断欠勤をするようになるケースも。

そこまでいくと会社との関係も最悪になってしまいますし、当然次の転職にもマイナス要因となってしまいますよね。そうなる前に、自分に代わって会社との手続きを行なってくれる『退職代行サービス』の利用も検討してみましょう。

退職代行サービスおすすめ5選

  1. 《退職代行》 SARABA
    ※25000円(税込)のリーズナブルな価格設定!
    ※行政書士監修+行政書士監修の退職届付き!
  2. 退職代行Jobs
    ※顧問弁護士監修の退職代行だから安心!
    ※全額返金保証(条件規定あり)!
  3. 退職代行ニコイチ
    ※弁護士監修で27,000円(税込)と安心の価格設定!
    ※創業15年&17,000人の退職代行実績で業界No.1!
  4. 《あんしん退職・転職》reフレッシュ転職
    ※弁護士対応の退職代行サービス!
    ※指定の転職支援サービスで採用が決まると、退職代行費用が無料に!
  5. 《女性の退職代行》 わたしNEXT
    ※女性の退職代行に特化!※相談は無料!
    ※退職成功率100%!

システムエンジニアが注意すべきなのはメンタル系の病気

システムエンジニアが注意すべき病気は、うつ病などのメンタル系の病気と言われています。

システムエンジニアは絶対に納期までにシステムをクライアントに納品しなければならなりません。しかも、ただでさえスケジュールが厳しいのに、開発中にバグが発生したり問題が発生してプロジェクトが止まったりなどという状況に陥ることもしばしばあります。

そんな状況に陥ると、納期前は毎日残業で家に帰れないなどということもありがちです。そんな、厳しい職場環境で働くシステムエンジニアが注意すべき病気は、メンタル系の病気です。

ここでは、システムエンジニアの多くがなってしまううつ病の特徴と、うつ病にならないためのセルフケアのポイントについてお話しします。

システムエンジニアの多くがかかるうつ病とは?

システムエンジニアがかかってしまいがちな病気の一つとして、うつ病などのメンタル系の病気があげられます。

うつ病はストレスや人間関係の悩みが原因といわれますが、はっきりとした原因がないにも関わらず発生することもあります。症状としては、気分の落ち込みのような心の面はもちろん、頭痛や肩こり、腰痛、だるさなどといった体に現れる場合もあります。

システムエンジニアにうつ病が多いとされるのは、実はその仕事の特徴と関係があります。システムエンジニアは、パソコンで作業をすることがほとんどです。

パソコンの設置環境を優先した場所での仕事になるため、湿度や温度が調整され直射日光に当たらないところで働くことが多く、パソコンに向き合ったまま同じ姿勢で体を動かさずに何時間と過ごすこともあります。

クライアント先で作業する場合なら、知らない場所での緊張の中、他者とのコミュニケーションもなくパソコンと向かい合うだけなので孤独になりがちです。システムエンジニアの行うシステム開発の仕事自体は会社が受けますが、実際の作業はシステムエンジニア一人ひとりが行います。

そのため個人の能力に頼る部分が多く、労働時間や精神的な負担が大きくなってしまうのです。その上、残業が続けば十分な睡眠がとれなくなり徐々に生活リズムも狂ってきます。その結果、食欲がなくなる、眠れなくなる、憂うつになることにつながるのです。

反対に、イライラして落ち着かなくなったり、異常に食べるようになったりといった症状が表れることもあります。

システムエンジニアにとって、うつ病は職業病とも言える病気なのです。

体を壊さないためのセルフケアのポイント

では、システムエンジニアが体を壊さないためには、日ごろからどのようなことに気を付けたら良いのでしょうか?

うつ病を含め、一般的に病気の予防には、「規則正しい生活」と「適度な運動」が大切だと言われています。例えば気分が落ち込むことが続いたら、太陽の光を浴びて体内時計をリセットする、軽い運動をするなどの方法で改善することはできます。

また、システムエンジニアの仕事は運動不足になりがちであることをあらかじめ意識しておけば、日々の生活でも自然に体を動かすようになるでしょう。

どうしても症状の改善が難しい場合には、早めに医療機関を受診し、抗うつ薬などを処方してもらいます。システムエンジニアに限らず、毎日激務の中で働いている人はメンタルを壊しやすいものです。

今職場で自分がいなくなってしまうわけにはいかない、仕事がつらいなどと弱音を吐けるような人間関係ではないと考え、一人で抱え込んでしまう人は特に要注意です。職場のキーマンなので自分がいなくなると仕事が回らないと心配する人も多いかもしれません。しかし、職場のメンバーが一人いなくなっても、最初は大変かもしれませんが残りの人たちで何とかなってしまうものです

それに、仕事を一人だけでしょい込んでしまうと、あなたが倒れた時にかえって周りに迷惑をかけてしまいます。ですから、いつも仕事は誰かと相談しながら進め、全てを自分一人でしょい込まないようにしましょう。

そうすることで、もしあなたに何かあった場合にも何とかなりますし、何よりあなた一人に負担が集中しないようにすることが大事です。企業によっては、メンタルヘルス対策を行っているところもありますが、まだまだ少数です。自分でできるとこは取り入れてみましょう。

日頃から上司や部下との信頼関係を築き、仕事の問題点は早めに相談し、一人で悩まないことも大切です。

転職したいけど「辞めたいと言えない・辞めさせてもらえない」かたへ

今の職場を辞めたいけけど「言えない・言いづらい」「退職拒否された」などの理由から、次の一歩に踏み出せない人も多いのではないでしょうか。また、その状況に耐えられずに無断欠勤をするようになるケースも。

そこまでいくと会社との関係も最悪になってしまいますし、当然次の転職にもマイナス要因となってしまいますよね。そうなる前に、自分に代わって会社との手続きを行なってくれる『退職代行サービス』の利用も検討してみましょう。

退職代行サービスおすすめ5選

  1. 《退職代行》 SARABA
    ※25000円(税込)のリーズナブルな価格設定!
    ※行政書士監修+行政書士監修の退職届付き!
  2. 退職代行Jobs
    ※顧問弁護士監修の退職代行だから安心!
    ※全額返金保証(条件規定あり)!
  3. 退職代行ニコイチ
    ※弁護士監修で27,000円(税込)と安心の価格設定!
    ※創業15年&17,000人の退職代行実績で業界No.1!
  4. 《あんしん退職・転職》reフレッシュ転職
    ※弁護士対応の退職代行サービス!
    ※指定の転職支援サービスで採用が決まると、退職代行費用が無料に!
  5. 《女性の退職代行》 わたしNEXT
    ※女性の退職代行に特化!※相談は無料!
    ※退職成功率100%!

-エンジニアの転職
-, , ,

関連記事

ITエンジニアが地方へ転職・フリーランスになる方法やメリット・デメリットとは?

ITエンジニアが地方へ転職・フリーランスになる方法やメリット・デメリットとは?

筆者は、IT企業に勤めて18年目になります。その中で数回転職経験があり、その内の1回は東京から地元石川県の企業に転職しております。 今回は筆者の経験を踏まえて、「ITエンジニアが都会から地方に転職する …

エンジニアの志望動機まとめ!内定を決める書き方・コツを先輩の例文に学ぶ!

エンジニアの志望動機まとめ!内定を決める書き方・コツを先輩の例文に学ぶ!

未経験からIT・Web業界に転職できるかな・・ 志望動機になんて書いたらいいのかな・・ 他のみんなはどう書いてるんだろう? このような不安を抱いているエンジニア未経験のあなた。他のエンジニアは「どのよ …

Pythonに興味がある方は必読!【Djangoの求人・会社】のあれこれをご紹介!

Pythonに興味がある方は必読!【Djangoの求人・会社】のあれこれをご紹介!

ロゴ画像:公式サイトより https://www.python.org/community/logos/ Pythonにてシステム開発やDjangoのアプリケーション開発など実務経験3年になる筆者が解 …

インフラエンジニアへの転職に必要なスキル、需要について解説!

インフラエンジニアへの転職に必要なスキル、需要について解説!

IT技術が急激に発展したことにより、サーバーやネットワークなどインフラの構成も大きく変化しています。それにともない、クラウド技術や仮想化技術などの新しい技術がインフラエンジニアの現場でも普及しはじめて …

20代がIT転職を成功させるコツやポイントを解説!メリット・デメリットも【未経験は必見】

20代がIT転職を成功させるコツやポイントを解説!メリット・デメリットも【未経験は必見】

イラスト素材:https://soco-st.com/ 本記事では、 転職って20代でもしていいの・・・? どんな利点が転職にあるの?失敗しないかな・・・ IT転職するのはいいけど、なにから取り組もう …

[PR]:




ページのトップへ戻る