エンジニアの転職

更新日:2021/03/31

【SEの悩み】トップはやはり勤務時間の多さと休日出勤、会社とのミスマッチ

雨のイメージ

「休日出勤や残業が多い」がトップ

システムエンジニアを辞めた方に話を伺うと、辞めた理由で最も多かったのが、「休日出勤や残業が多い」でした。

次いで、
給料が安い
残業手当がない
人間関係の悪さ」の順です。

なぜ、システムエンジニアは休日出勤や残業が多いのでしょうか?

システムエンジニアの仕事内容はその特徴から一人でこなす作業量が多く、納期に合わせるために徹夜になることも少なくありません。システムエンジニアの仕事の多くは、システム開発を行うことです。クライアントはシステムの納期に合わせ「この日から新システムがスタートします!」などとユーザーにすでに告知していたり、そのシステムのサービス開始に合わせ連動する他のシステムやビジネスなどがすでに準備済みだったりします。

ですから、ほとんどの場合、開発するシステムの納品日を絶対に後ろ倒しすることなどできないのです。しかも、普通にプロジェクトが進んだとしても、スケジュールは遅れるものです。その上、バグが発生したり技術的な問題が発生してシステム開発が止まってしまったりすれば、当然スケジュールは遅れます。

そして、納期までに納品が間に合わなくなってしまうのです。

しかし、納期は絶対に伸ばすことができませんから休日出勤や残業が多いのが当たり前になってしまい、システムエンジニアたちはプライベートの時間を減らさざるを得ない現実があります。同時に、仕事がハードな割には、給料や手当に大変さが反映されているという実感が少ないため「辞めたい」という気持ちにつながってしまうのです。また、システムエンジニアの仕事は、どうしても個人のスキルに頼る面が大きくなります。

プロジェクトの中に熟練のプログラマーが一人しかいない場合、その人に負担が集中してしまうことになり、不満と疲労が溜まるでしょう。

自分よりもスキルの少ない上司や自分以上にできる部下と一緒に仕事をしなければならないなどという場合もあり、その狭間で悩むシステムエンジニアも多くいます。このようなシステムエンジニアの不満の根本的な原因は、慢性的な人材不足やスケジューリングの甘さにより勤務時間が多すぎることにあるのです。

やりたい仕事とのミスマッチに悩むシステムエンジニアも

システムエンジニアの悩みでもう一つ多いのが、「やりたい仕事ではなかった」というものです。

特に、想像していた仕事とのギャップが大きいのが20代の若手エンジニアです。入社3年以内で辞めるケースが多い傾向があるのです。他業種でも同じですが、数年で社員が辞めてしまうのは企業にとって大きな痛手です。たった3年では、教育のためにした投資を回収できていないからです。

20代でエンジニアを辞めた女性に聞いた!「当時の悩みや不安、苦労したことなど教えてください!」

しかし、一方で社員側にしてみると、もし他にやりたいことがあり進むべき道を間違えてしまったのならば、早めに辞めるのは選択肢の一つです。特に、システムエンジニアは転職してステップアップしていくのが一般的な職種です。それは、システムエンジニアという仕事の大きな特徴でもあります。

そもそも、システムエンジニアの仕事内容は幅が広く、最初に選んだ就職先で自分が希望する仕事ができるとは限りません。

営業職なら営業の仕事を、経理事務の仕事なら経理の仕事をする、という風に仕事内容が容易に想像できます。しかし、システムエンジニアは、プログラミングをするのか設計書を書くのか、WEBデザインをするのかゲームを制作するのか、サーバー管理をするのかオペレーターをするのか、仕事についてみなければ実際に手掛ける仕事が何かわからないことがほとんどです。

そのため、最初の就職で自分の希望を叶えられる人は、ほんの一握りしかいません。働いてみてシステムエンジニアの仕事とはこういうものだと理解し、自分がやりたいことが見えてきます。そして、自分が目指すキャリアに必要なスキルを身に着けて初めて、自分に合った転職先にたどり着けるのです。

つまり、システムエンジニアがやりたい仕事と実際に手掛ける仕事のミスマッチを防ぐためには、スキルアップしながら転職していくしかないのです。

とは言っても、最初の就職をしてからろくにスキルを身に着けないまま、数年で転職してしまうのは得策とは言えません。

システムエンジニアの仕事は、常に新しい知識や技術の習得が必要な分野です。そのスキルは、自分自身で磨いていかなければなりません。転職してキャリアアップするためには、様々な経験を積んで時間をかけてシステムエンジニアとしての信頼を得なければならないのです。

年齢が若いほど勢いで辞めてしまいがちですが、辞める前にもう一度落ち着いて考えることも必要です。

それでもつらくて、どうしても今の職場を辞めたい方は

転職エージェントを活用してミスマッチを無くす

状況に耐えきれず転職を考えるようになった場合は、すぐに退職をするのではなく、まずは複数の転職エージェントに登録をしておく事をおすすめします。※複数のエージェントに登録しておいたほうが、求人数の幅を広げる事ができます。

殆どのエージェントの場合、登録後にキャリアアドバイザーとのカンセリングを実施する事になりますが、この時に自身の希望する職種、キャリアプランや年収などを伝える事ができます。※在職中であっても、時間や曜日(土曜日)の調整もしてもらえます。

キャリアアドバイザーは、その情報を元にあなたに合った求人を探してきてくれるので、ミスマッチのリスクが軽減できます。

無料で登録・相談できるエージェントについては、「IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!【現役エンジニア厳選】」を参考にしてください。

在職中であっても転職相談可能です

20代におすすめのIT転職エージェント・IT転職サイト5選

  1. “20代の転職なら最低限の登録を”
    マイナビIT AGENT|20代・第二新卒の転職なら
    有名ベンチャーやスタートアップなど経験を活かせる若手向け求人多数
  2. “未経験エンジニアは登録必須”
    ワークポート|未経験の転職サポートサービス
    未経験可やポテンシャル採用など20代向けのIT・Web系求人に強みあり
  3. “IT・Web系の転職といえばここ”
    レバテックキャリア|エンジニア専門転職エージェント
    専門用語が通じるアドバイザーが徹底サポート。内定率&年収UP率が高い
  4. “圧倒的求人数は流石の業界NO.1”
    リクルートエージェント|転職支援実績No.1
    書類や面接対策へのサポートが手厚い。エンジニア求人保有数も業界トップ
  5. “選考スピードの早さとマッチ度に定評あり”
    ギークリー|精度の高いマッチングを提供
    IT・Web・ゲーム業界特化型。他社にはない非公開求人を多数保有


もっと多くの転職エージェントを知りたい方は、IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!【現役エンジニア厳選】という記事をご覧ください。

IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!現役エンジニア厳選

自分から辞めたいと言えない、会社から辞めさせてもらえない

今の職場を辞めたいけけど「言えない・言いづらい」「退職拒否された」などの理由から、次の一歩に踏み出せない人も多いのではないでしょうか。また、その状況に耐えられずに無断欠勤をするようになるケースも。

そこまでいくと会社との関係も最悪になってしまいますし、当然次の転職にもマイナス要因となってしまいますよね。そうなる前に、自分に代わって会社との手続きを行なってくれる退職代行サービス』の利用も検討してみましょう。

退職代行サービスおすすめ5選


-エンジニアの転職
-, , , ,

関連記事

沢山の書籍のイメージ

【2018年版】フロントエンドの皆さんへアンケート!あなたが今年買って良かった《技術書》を教えてください

”新人Webエンジニアの皆さんは日々どのようにスキルアップを図ったり、情報を得たりしてますか?” とくに駆け出しエンジニアの皆さんなどは「日々の業務を”こなす”だけで精一杯」で、スキルUPのための調べ …

未経験での女性エンジニア転職のポイントとコツを解説

女性が未経験でエンジニア転職する際、気をつけたいポイントや方法とは?実体験で解説!

エンジニア職は文系・理系を問わず、スキルを身につければ誰でも活躍していくことができます。近年、女性エンジニアも増加傾向にありますが、まだまだ男性の比率が高く、女性にとって「働きにくい業界」といったイメ …

ノートパソコンのイメージ

意外と知られていないシステムエンジニアの仕事とは?

目次1 システムエンジニアの仕事とは2 システムエンジニアの具体的な仕事内容とは?2.1 ▼要件定義~設計2.2 ▼プログラマーの仕事を管理する2.3 ▼テスト~納品2.4 ▼システム環境管理3 広が …

現場で求められるSE(システムエンジニア)の人物像とキャリアプラン

現場で求められるSE(システムエンジニア)の人物像とキャリアプラン

本記事は、 SEのキャリアアップに必要なことを知りたいな・・ 専門職と管理職どっちを選ぶべきかな・・ エンジニア職の将来性ってどうなのかな・・ このような疑問や不安を抱く方に向けた記事です。 現役エン …

ビジネスマンとビルのイメージ

40代・未経験から機械設計エンジニアに転職するコツや、スキル・経験などを解説!年収・キャリアの話も!

現役「機械設計エンジニア」の池田さん(仮名)からアドバイス! 一般的には困難だと言われる40代からの転職。それが未経験からとなれば尚の事で、ものづくり系業界においてもそれは例外ではありません。 そこで …

[PR]:




[PR]:
ページのトップへ戻る