プログラミング

公開日:2019/10/07|最終更新日:2019/11/08

プログラミング初心者にオススメな「Ruby on Rails」の学習方法などをわかりやすく解説します!

Ruby on Railsのイメージ画像

Ruby on Railsとは

「Ruby on Rails」とは、Rubyというプログラミング言語のフレームワークのことです。プログラミング言語ではWEBアプリケーションというWEBブラウザを介して利用するアプリケーションを開発することができます。

Rubyとは?その魅力や学習方法、将来性などを[プログラミング初心者]にもわかりやすく解説!

といっても、WEBアプリケーションってよくわからないですよね。具体的には私たちがパソコンやスマホで見ている検索エンジン、ブログ、インターネットバンキングなどのことです。

このプログラミング言語の一つである「Ruby」の書く手間を少なくしたフレームワークを「Ruby on Rails」と言います。もしあなたが料理を作る時に何も手元になくて、調味料から材料まで買い出しに行くのは大変ですよね。

もしも料理にフレームワークがあるとすれば、材料は揃っていてしかも分量が分けられていて、野菜は下ごしらえまで終わっている状態なのです。いわば3分クッキングです。プログラミングでもフレームワークを使えば手間が少なくなるのです。

なぜ「Ruby on Rails」はプログラミング初心者に向いているのか

現在Rubyがプログラミング初心者にオススメな理由は3つあります。

  • 文法が理解しやすい
  • 日本語で検索できる情報量が多い
  • 需要があり、給与が高い

1つ目は文法が理解しやすいということです。プログラミングが初心者に難しく感じる理由として、暗号のような感じがして理解しづらいことが挙げられます。しかし、Rubyは英語に近く、文法が直感的に理解しやすいようになっています。また、フレームワークが用意されているため、たくさんのコードを書く必要がなく、他の言語に比べて高速で開発することができます。

2つ目は日本語で検索できる情報量が多いということです。プログラミング言語の多くは海外で作られていますが、このRubyは日本で作られたものなので、日本語で書かれた有用な参考書がたくさんあります。海外の言語だと最新の情報や公式チュートリアルが英語で書かれていて、読むのだけでも億劫になってしまったり、時間がかかってとっかかりにくくなってしまいます。

プログラミングをする上ではエラーにぶつかることが何度もあり、その度にインターネットを使ってたくさん検索する場面がたくさんあります。その時には英語ではなく、日本語で検索できるため、プログラミング初心者にとって取り組みやすい学習環境が整っています。

3つ目は需要があり、給与が高いことです。Ruby on Railsを使ったプロジェクトが多く、特にベンチャーやスタートアップに人気があります。なので、プログラミング未経験からの転職フリーランスへの転身を考えている方には、案件数が多いというところでもRubyはおすすめです

[PR]:未経験からのエンジニア転職なら「IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!【現役エンジニア厳選】」という記事へ
[PR]:フリーランスの案件・求人探しなら「フリーランスエンジニアの仕事探しに利用すべき《求人・案件サイト比較10選!》高単価もあり!」という記事へ

RubyのフレームワークであるRuby on Railsでは何ができるのか

Rubyでできることは主に以下の3つです。

  • Webアプリケーション開発
  • スクレイピング
  • API

Rubyでは、SNSやオンラインショッピングサイトなどのWebアプリケーションを作ることができます。Rubyで作られている有名なWebアプリケーションにはAirbnbクックパッドなどがあります。また、wordpressなどを使わなくてもRubyだけでブログを作成することもできます。

スクレイピングは、webの情報を抜き取り、加工して使用する技術です。Rubyではスクレイピング用のライブラリも用意されているので、他の言語に比べて簡単にスクレイピングを行うことができます。

APIとは、ユーザー情報の管理やログイン機能の実装などサーバーでデータを保存したり、処理をする時に実装するものです。

Rubyはとても汎用性が高いのですが、Rubyに向いてないものも存在します。それは「スマートフォンアプリ」と「機械学習」です。作れないことはないのですが、スマートフォンアプリであればJavaSwift、機械学習であればPythonの方がベターです。なので、スマートフォンアプリや機械学習に特化したい人は学習する言語を考えた方が良いでしょう。

今注目の言語!Pythonを徹底分析!!魅力や学習方法、将来性などを初心者にもわかりやすく詳しく解説します

Ruby on Railsを勉強するには

では、初心者はどうやってRubyを勉強すれば良いのでしょうか。勉強方法としては2つ考えられます。まず1つは独学で勉強する方法です。もう一つはプログラミングスクールに通って勉強することです。どちらにもメリット、デメリットが考えられるので一つずつ見ていきましょう。

独学で勉強する

まず、独学で勉強する方法について考えていきましょう。独学でプログラミングを学ぶメリットとしては、プログラミングスクールに通うのに比べて費用がかからない点が挙げられますが、デメリットとして挙げられるのは、自分で勉強方法を考えて自走しなければならないという点です。

独学で勉強する場合、最初に立てた勉強計画がうまくいっていないと、習得までに必要以上に時間がかかって遠回りしてしまいます。逆に言えば最初にきちんと情報収集ができて、勉強計画を立てることができれば、コストパフォーマンス良く学べるということです。

全くのプログラミング初心者におすすめなのは「Progate」と「ドッドインストール」です。これらはどちらもプログラミングの基礎を学べるオンラインサイトです。無料のプランでも学習可能です。

「Progate」と「ドッドインストール」を使えば、手を動かしながらどんな感じでプログラミングを書いていくのか感覚をつかむことができます。ゲーム感覚で進めることができるので、プログラミング学習が楽しいという感覚にもなるでしょう。そのあとは「Railsチュートリアル」で、一通りwebアプリケーションを作っていくと良いのではないでしょうか。

こちらを進めていく段階でエラーが出たり、同じようにやっているはずなのに、なかなかうまくいかないことが何度も出てきます。その際は自分でエラーを検索して解決していかなければなりません

「Progate」と「ドッドインストール」を終えた後に「Railsチュートリアル」などで学習し、いきなり難しくなったような気がする人には、動画学習をおすすめします。YouTubeなどに小さなアプリケーションを一緒に作ることができる動画があるので、参考にしながら手を動かして、その後「Railsチュートリアル」に入ると、理解が深まるのではないでしょうか。

一通りwebアプリケーションを作ったら、自分で作りたいアプリを調べながら作ってみましょう。自分でwebアプリケーションを作ることができたら、プログラミングの基礎を習得したと言えるでしょう。

プログラミングスクールで勉強する

一方、プログラミングスクールで勉強する場合を考えてみましょう。プログラミングスクールのデメリットは、何と言ってもコストがかかることです。何十万円もかけてスクールに入っても、挫折してしまったら勿体無いですよね。

メリットはカリキュラムが組んであること、わからないところは質問できるところ、周りにも同じように勉強している人がいるので、周りに刺激されて勉強する気になります。

独学で勉強するより、プログラミングスクールで勉強する方が、プログラミングを習得するまでの時間は短縮できます。また、お金をかけただけ勉強に対しての覚悟も決まります。

独学で勉強できることに越したことはないですが、プログラミングスクールでは一緒に勉強する仲間、勉強する環境も手に入れることができるので、一人では学習できるか不安な人やどうやって勉強すればいいのかわからない人などは、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

スクールによって金額やカリキュラムなどが異なるので、自分の目的にあったスクールを選ぶようにしましょう。

何か手に職をつけたいと思っている人や、将来が不安だけどどうしたらいいかわからないと思っている人は、プログラミングを勉強してみてはいかがでしょうか。

プログラミングは最初習得するのは大変ですが、勉強しただけできるようになります。迷ったらまずは、Ruby on Railsを勉強してみましょう!

Rubyとは?その魅力や学習方法、将来性などを[プログラミング初心者]にもわかりやすく解説!



Ruby on Railsに強いスクール5選
“メンターは現役エンジニア!”
TechAcademy(テックアカデミー) ※Webアプリケーションコース

“オンライン&マンツーマンで効率良く学べる!”
CodeCamp(コードキャンプ) ※Rubyマスターコース

“最新技術がわかるエンジニアに!”
Tech Boost ※ベーシックターム、ディべロップターム

“Webエンジニアに必要な技術を学ぶ!”
DIVE INTO CODE ※Webエンジニアコース

“未経験からRubyエンジニアに!”
【ポテパンキャンプ】 ※Ruby on Railsを中心とした学習

[PR]:未経験からのエンジニア転職なら「IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!【現役エンジニア厳選】」という記事へ
[PR]:フリーランスの案件・求人探しなら「フリーランスエンジニアの仕事探しに利用すべき《求人・案件サイト比較10選!》高単価もあり!」という記事へ

-プログラミング
-, ,

関連記事

javascripのイメージ

未経験者ために《JavaScript》でできることや学習方法などを解説します。

Contents1 今更聞けないJavaScriptって何?1.1 フロントエンドとサーバーサイドの違い1.2 何ができるの?1.3 何で人気なの?2 JavaScriptを勉強するには?2.1 独学 …

Ruby(プログラミング言語)のイメージ

Rubyとは?その魅力や学習方法、将来性などを[プログラミング初心者]にもわかりやすく解説!

Contents1 Rubyって何?2 Rubyが使われている身近なサービス例3 Rubyを勉強するには?3.1 効率的に勉強する方法3.2 独学で勉強する方法4 Rubyを体験してみよう !4.1 …

pythonのロゴイメージ

今注目の言語!Pythonを徹底分析!!魅力や学習方法、将来性などを初心者にもわかりやすく詳しく解説します

今からプログラミングを始めようと考えられているあなた。一口にプログラミングと言っても実に様々な言語がありますが、今最も注目されている言語はなんだと思いますか? 正解は、今回紹介するPythonです。 …

転ストおすすめの転職エージェント

IT/WEB業界に強くとにかく内定率が高い!
《レバテックキャリアの公式サイト》

レバテックキャリア

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる
《マイナビエージェント×ITの公式サイト》

マイナビエージェント×IT

豊富な非公開求人と業界を熟知した担当者が転職を強力にサポート
《ワークポートの公式サイト》

ワークポート

圧倒的な求人数の多さで転職先の幅が広がる
《リクルートエージェントの公式サイト》

【リクルートエージェント】

過去のデータを生かしたマッチングで自分に合った転職先が見つかる
《ギークリーの公式サイト》

ギークリー

ページのトップへ戻る