その他

【フリーランスを目指している方向け】動画編集の仕事は本当にもうオワコンなのか?

更新日: 投稿日:2021年2月7日 ※本記事は[プロモーション]が含まれています

【フリーランスを目指している方向け】動画編集の仕事は本当にもうオワコンなのか?
イラスト素材:https://tyoudoii-illust.com/

こんにちは。
今回は、ここ1〜2年前から話題になっている”動画編集”の仕事について、副業として動画編集を続けてきている僕の視点からまとめました。

最近では「動画編集の仕事は人が増えすぎたため仕事がない」という話を多く見聞きします。

そこで今回は「本当に動画編集はもう仕事としてオワコンになってしまったのか?」を、紐解いていきたいと思います。

最短で動画編集を習得するならこの3教室!

ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座の公式サイト
ヒューマンアカデミー|動画クリエイター講座
DMM WEBCAMP 学習コース(旧:SKILLS)|動画クリエイターコースの公式サイト
DMM WEBCAMP 学習コース|動画クリエイターコース

MOOCRES(ムークリ)の公式サイトMOOCRES(ムークリ)
現役クリエイターの徹底指導を通学・オンラインから選べるスクール。転職、副業、スキルアップなどへのサポートも手厚い!未経験でも高い継続率を誇るカリキュラムで挫折せずに学習できる人気スクール。副業での案件獲得サポートあり!現役クリエイターの指導と実践的なカリキュラムで学習できます。受講中の案件受注や卒業後の案件紹介もあります!
→ 無料説明会はこちら→ 無料相談はこちら→ 無料個別相談会はこちら

もっと多くの”最短で動画編集スキルが習得できるスクール”を探すなら、「転職に強い!動画編集スクールおすすめ11選!評判・口コミあり」という記事を参考にしてみてください。オンラインや通学、転職/副業など、目的やライフスタイルに合わせたスクールを見つけることができます。

転職に強い!動画編集スクールおすすめ11選!評判・口コミあり

結論

結論

はじめに結論からお伝えします。

確かに動画編集の仕事は1年前ほど前のように”誰でも稼げる仕事”ではなくなりました。

ただ、“まだまだ稼げる可能性がある仕事”です。

ポイントは”誰でも稼げる仕事”という部分にあります。この点を説明するにあたり、動画編集の仕事内容を含めて順番に説明いたします。

動画編集の仕事内容

動画編集の仕事内容
イラスト素材:https://tyoudoii-illust.com/

まずは、動画編集の仕事内容について説明です。

動画編集の仕事といっても様々な種類がありますが、代表されるものとして下記のような仕事があります。

  • YouTube動画の編集
  • 広告動画の制作
  • 企業のイメージ動画の制作

etc….

その中でも一番イメージがわきやすいのは、YouTube動画の編集だと思います。

実際にクラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシングサービスでも、YouTube動画の編集案件は多く募集されています。

動画編集に必要なスキル

動画編集に必要なスキル
イラスト素材:https://tyoudoii-illust.com/

次に実際にどのようなスキルが必要かを説明します。YouTube動画の編集案件などでは、基本的に以下のような作業を行います。

カット

不要な場面を切り、不自然にならないよう場面と場面をつないでいく作業です

テロップ入れ

画面内に字幕、説明文、注釈などを文字として表示させる作業です

SE(サウンドエフィクト)

動画に合わせて効果音やバックミュージックを挿入していく作業です

画像 / アニメーション挿入

動画に合わせて画像やアニメーションを挿入していく作業です

サムネイル制作(案件によります)

案件によってはYouTubeのサムネイルも一緒に依頼されるケースも多いです

以上が、YouTube動画で必要な基本作業です。

マンガ系動画、Vlog系動画などは別途、スキルが必要になってきますが、エンタメ系動画や昨年から盛り上がりだしたビジネス系動画は、上記の作業だけでできることが多いです。

どのような方法で学べるか

どのような方法で学べるか
イラスト素材:https://soco-st.com/

動画編集を学ぶためには、以下のような方法があります。

  1. YouTubeから無料で学ぶ
  2. オフラインの学校に通う
  3. オンラインサービスを利用する

それでは、ひとつひとつ解説していきます。

①YouTubeから無料で学ぶ

この方法に関しては、自己学習能力が高い方は良いかも知れません。編集方法やソフトの使い方などはYouTubeに多くアップロードされており無料で見ることができます。

また、動画編集で使うソフトは世界的に使われているものなので、英語が堪能な方であればより多くの情報に触れることができます。ただし、体系的に学ぶことができないというのが一番のデメリットです。

効率良く学びたいという方にはおすすめできない学習方法です。

②オフライン(通学)の学校に通う

こちらについては、講師(メンター)からの直接指導を受けることができるため、疑問点をその場ですぐに解消しながら学習を進められます。そのため、学習効率も上がり挫折もしにくく、モチベーションの維持もしやすいです。

学習中に「リアルタイムでフィードバックをもらえる」のは、オフライン(通学)ならではのメリットと言えます。

その反面、まとまった時間を確保できない方や決まった時間に学習できない方にとっては、あまりおすすめではありません。

というのも、どのレベルの動画編集、映像制作をしたいかにもよります。もしあなたが動画編集を趣味ではなくビジネスとしてお金を稼ぐことに優先順位を置いていたら、時間的にも、コスト的にも見合わない可能性が高いです。

③オンラインサービスを利用する

僕自身実際に学んでみて、おすすめなのがこの学習方法です。

オンラインサービスでは、学ぶべき項目がプログラム化されており効率良く学ぶことができます。また、オンラインですので自分の時間の空いたタイミングで進めていけるため、働いていて時間が無い方にもおすすめです。

加えて、編集ソフトをお持ちでない方は用意する際に初期コストがかかりますが、オンラインスクールを利用することにより、学生特典として費用を4割以上抑えられるメリットもあります。

未経験から動画・映像編集を学びたい方におすすめのスクールをまとめました。社会人でも無理なく学習できるので気になるスクールがあれば、無料の相談・説明会や資料請求をしてみると良いでしょう!

動画編集を学べるスクール5選

  1. ヒューマンアカデミー|動画クリエイター講座
    現役クリエイターの徹底指導を通学・オンラインから選べるスクール。転職、副業、スキルアップなどへのサポートも手厚い!
  2. DMM WEBCAMP 学習コース|動画クリエイターコース
    未経験でも高い継続率を誇るカリキュラムで挫折せずに学習できます。副業サポートあり
  3. MOOCRES(ムークリ)
    現役クリエイターの指導と実践的なカリキュラムで学習できます。受講中の案件受注や卒業後の案件紹介もあります
  4. エディターキャンプ
    通学orオンラインを選択可能なサブスク型の動画編集スクールです。プロのクリエイターによる直接指導で学習可能です
  5. MOVA(ムーバ)
    動画編集技術だけではなく、企画や構成、実務案件などフリーランスに必要なスキルを網羅的に習得できます

もっと詳しく比較したい方は、『転職に強い!動画編集スクールおすすめ11選!評判・口コミあり』という記事を参考にしてください。こちらでは、動画編集・映像制作スクールに通うメリットや選ぶ基準なども解説していますので、スクール選びに迷っている方は是非ご覧くださいね。

転職に強い!動画編集スクールおすすめ11選!評判・口コミあり

動画編集界隈の実情

動画編集界隈の実情
イラスト素材:https://www.linustock.com/

さて、ここまでで動画編集の仕事のイメージはできましたでしょうか。

そこで今回の本題に戻ります。動画編集の仕事は稼げるのかという点に関してです。

実際にクラウドワークスランサーズといったクラウドソーシングサービスを見ていただくと、動画編集に関しての多くの案件が掲載されています。

しかしながら、1年前は案件単価5,000円以上の仕事が3,000円、安いものだと1,000円ほどに落ちています。案件価格が下落しているのというのが実情です。理由としては、冒頭に申し上げたとおり動画編集者が増えてきたことがあります。

代表的なクラウドソーシングサービスとして、ココナラクラウドワークスランサーズがあります。これらはすべて無料利用できるので、どのような仕事がやり取りされているかを探るためにも、アカウントを発行しておくことをおすすめします。

動画編集が増えた理由と今後の動向

動画編集が増えた理由と今後の動向
イラスト素材:https://tyoudoii-illust.com/

そしてここで大事なのが、なぜ動画編集者が増えたのかということです。

理由としては下記の2つのポイントがあります。

  1. YouTubeや企業での動画制作が増加したため動画制作の需要が増えた
  2. 簡単にスキルを習得でき、単価の高い仕事として注目を集めた

更にその理由から現状と未来を考えてみましょう。

まず①の需要についてのポイントですが、動画編集の需要は今も伸び続けています。YouTubeももちろんですが、企業でも積極的に動画を使おうというところも増えております。テキストメディアから動画メディアへ移っていく時代の流れは引き続きあります。

そして、もう一つの理由である”簡単にスキルを習得できる”という点ですが、ここが現在、動画編集の仕事がオワコンと言われているポイントとなります。

正直、カット、テロップ、SEや画像の挿入だけであれば早い人なら1週間あれば覚えられますし、ゆっくり覚えても1ヶ月あれば覚えられます。以前であれば、このレベルでも案件の獲得ができたのですが、現状はかなり厳しくなってきています。

他の動画編集者と差別化していくためには

他の動画編集者と差別化していくためには
イラスト素材:https://tyoudoii-illust.com/

今増えていると言われている動画編集者の多くは1ヶ月足らずで習得できる技術で止まっている方も多いです。

そのためプラスαのスキルを持っている動画編集者は大きな差別化ができます。ではどのようなプラスαが必要かについて説明します。

ここでプラスαとなる一つが専門性です。

ゲームが好きな人はゲーム実況の動画、ビジネスキャリアがある方はビジネス系動画など、自分の知見があるジャンルの編集をする際、自身が持つ専門性は強みとなります。なぜなら、どんな編集が良い編集かわかるからです。

そして、もう一つ大事なものがあります。それがマーケティングのスキルです。

どうしたら動画の再生回数を増やし、チャンネルを伸ばしていけるかという視点を持てるかどうかです。

このマーケティング視点を持つと何が変わるかというと、ディレクター、コンサルティングといった更に上のレイヤーで仕事をすることができます。そうなれば、必然と単価も上がります。

今、動画編集をするなら、動画編集のスキルだけでなく、マーケティングのスキルは必須だと思います。

未経験からWebマーケティングを目指す方におすすめなスクールをまとめました。挫折することなくやり遂げられるカリキュラムとサポート体制が整ったスクールばかりです。気になるスクールがあれば、無料の体験会や相談会へ参加をしてみると良いでしょう。

Webマーケティングが学べるスクール3選

  1. デジプロ|Wwb広告運用のプロを育成
    現役トップマーケターのマンツーマン指導によるオンラインスクール
  2. マケキャンbyDMM.com|3ヶ月から未経験でWebマーケターへ
    未経験特化型カリキュラムでWebマーケターへの転職を目指す
  3. インターネット・アカデミー Web担当者コース|日本初のWebデザイン・ITスクール
    開校25年の実績!実践的なスキルを習得して就/転職を目指す

もっと詳しく比較したい方は、『転職に強い!Webマーケティングスクールおすすめ11選!現役マーケターが比較・厳選』という記事を参考にしてください。こちらでは、マーケティングスクールに通うメリットや選ぶ基準なども解説していますので、スクール選びに迷っている方は是非ご覧くださいね。

転職に強い!Webマーケティングスクールおすすめ11選!現役マーケターが比較・厳選

動画編集でフリーランスは可能か

動画編集でフリーランスは可能か
イラスト素材:https://www.linustock.com/

先述したとおり動画編集単体では、よほど差別化できるほどの動画編集技術がなければフリーランスはかなり厳しいと思います。

しかし、動画編集+マーケティングを組み合わせることで、フリーランスの可能性は大きく広がります。

実際、僕の知っている方でも、始めて2年ほどで動画編集のディレクターやコンサルティングでフリーランスをしている人もいます。


まとめ

  • 動画編集単体での仕事は単価が下がっているため難しい
  • 動画編集×マーケティングとかけあわせて成長できると仕事の幅が大きく広がる
  • コンサル、ディレクターなどのレイヤーで仕事ができれば給与レンジが変わるため、フリーランスとして活動している人も多い

最後に

以上が動画編集の副業経験者としての僕からの解説でした。

僕としては、いきなりフリーランスとして活動するのではなく、まず副業として始めて最低限のスキルを養い、同時並行でご自身のYouTubeチャンネルを作るなどポートフォリオを作っておくと、フリーランスになりやすいと思います。(僕の知り合いの、動画編集フリーランスをしている人はこのやり方をしていました)

是非、あなたの挑戦が成功することを願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

もう一度「【フリーランスを目指している方向け】動画編集の仕事は本当にもうオワコンなのか?」を読む ↑

未経験から動画・映像編集を学びたい方におすすめのスクール5選

未経験から動画・映像編集を学びたい方におすすめのスクールをまとめました。社会人でも無理なく学習できるので気になるスクールがあれば、無料の相談・説明会や資料請求をしてみると良いでしょう!

未経験から動画編集のプロを目指す!最大手の動画編集スクール

ヒューマンアカデミー|動画クリエイター講座の公式サイト

ヒューマンアカデミー|動画クリエイター講座
現役クリエイターの徹底指導を通学・オンラインから選べるスクール。転職、副業、スキルアップなどへのサポートも手厚い!

ヒューマンアカデミーの[公式サイトへ]


未経験から【最短1ヶ月】で動画編集・制作スキルを身につける

DMM WEBCAMP 学習コース(旧:SKILLS)|動画クリエイターコースの公式サイト

DMM WEBCAMP 学習コース(旧:SKILLS)
未経験でも高い継続率を誇るカリキュラムで挫折せずに学習できます。副業サポートあり

DMM WEBCAMP 学習コース(旧:SKILLS)の[公式サイトへ]


プロが教える『超実践型』の動画編集スクールで即戦力スキルを習得!

MOOCRES(ムークリ)の公式サイト

MOOCRES(ムークリ)
現役クリエイターの指導と実践的なカリキュラムで学習できます。受講中の案件受注や卒業後の案件紹介もあります

MOOCRES(ムークリ)の[公式サイトへ]


【業界最安値(初月980円から)】サブスクで学べる動画編集スクール!

動画編集スクール「エディターキャンプ」公式サイトへ

エディターキャンプ
通学orオンラインを選択可能なサブスク型の動画編集スクールです。プロのクリエイターによる直接指導で学習可能です

エディターキャンプの[公式サイトへ]


最短【6ヶ月】の学習でフリーランスの動画クリエイターになれる学校!

MOVA(フリーランスの動画クリエイターになれる学校)の公式サイト

MOVA(ムーバ)
動画編集技術だけではなく、企画や構成、実務案件などフリーランスに必要なスキルを網羅的に習得できます

MOVA(ムーバ)の[公式サイトへ]


もっと詳しく比較したい方は、『転職に強い!動画編集スクールおすすめ11選!評判・口コミあり』という記事を参考にしてください。こちらでは、動画編集・映像制作スクールに通うメリットや選ぶ基準なども解説していますので、スクール選びに迷っている方は是非ご覧くださいね。

転職に強い!動画編集スクールおすすめ11選!評判・口コミあり

未経験からWebマーケティングを学習するのにおすすめなスクール5選

未経験からWebマーケティングを目指す方におすすめなスクールをまとめました。挫折することなくやり遂げられるカリキュラムとサポート体制が整ったスクールばかりです。気になるスクールがあれば、無料の体験会や相談会へ参加をしてみると良いでしょう。

現役トップマーケターのマンツーマン指導によるオンラインスクール!

デジプロの公式サイト

デジプロ
未経験から【最短】で広告運用のスキルを習得するならここ。オンラインor通学を選択でき社会人でも安心です。

デジプロの[公式サイトへ]


未経験特化型カリキュラムでWebマーケターへの転職を目指す!

マケキャンbyDMM.comの公式サイトへ

マケキャンbyDMM.com
未経験からWebマーケターへの転職を『2ヶ月or3ヶ月』で目指せる、転職支援・保証つきのスクールです

マケキャンbyDMM.comの[公式サイトへ]


Webデザイン+広告運用のスキル習得で希少価値の高い人材へ!

studio US(スタジオアス)の公式サイト

studio US(スタジオアス)
WebデザインとWebマーケティングの両方を学べるスクール。副業・フリーランス、就/転職に強いスキルが身につく!

studio US(スタジオアス)の[公式サイトへ]


業界唯一のSEOマーケターに特化した完全オンラインスクール

WEBMARKSの公式サイト

WEBMARKS(ウェブマークス)
即戦力のWebマーケターとして必要なスキルを3ヶ月で習得できます。案件獲得や就職・転職支援も手厚いです

WEBMARKS(ウェブマークス)の[公式サイトへ]


3ヶ月で実践力が身につく!本質的なマーケティング戦略が学べるスクール!

マーク エデュケーション|マーケティング戦略講座の公式サイト

マーク エデュケーション|マーケティング戦略講座
元Yahoo!マネージャーによる実践的な指導や、体系的に学べるカリキュラムに強みがあります。【補助金制度あり】

マーク エデュケーション|マーケティング戦略講座の[公式サイトへ]

最短3ヶ月!広告運用のプロを目指せる実践的マーケティングスクール!

マーク エデュケーション|広告運用者育成講座の公式サイト

マーク エデュケーション|広告運用者育成講座
広告運用の基礎から広告出稿までを網羅的に学ぶことができます。生涯無料のコミュニティもあり【補助金制度あり】

マーク エデュケーション|広告運用者育成講座の[公式サイトへ]


もっと詳しく比較したい方は、『転職に強い!Webマーケティングスクールおすすめ11選!現役マーケターが比較・厳選』という記事を参考にしてください。こちらでは、マーケティングスクールに通うメリットや選ぶ基準なども解説していますので、スクール選びに迷っている方は是非ご覧くださいね。

転職に強い!Webマーケティングスクールおすすめ11選!現役マーケターが比較・厳選

[広告・PR]:未経験からたった5ヶ月でプロレベルの動画制作スキルが身につく

自分で稼ぐ力が身に付く!超実践型動画クリエイタースクール【MOOCRES(ムークリ)】

-その他
-, , , , ,

関連記事

子ども向けプログラミング教室の選び方+おすすめ教室を紹介!

子ども向けプログラミング教室の選び方+おすすめ教室を紹介!

はじめに―現役エンジニア兼プログラミング教室の講師が解説! 近年、小学校から高校教育におけるプログラミング教育の必修化や、大学共通入試「情報Ⅰ」科目の新設などの理由により、プログラミング教育の需要が高 …

Webマーケティングとは?魅力・仕事内容・やりがい・面白さなどを現役マーケターが徹底解説

Webマーケティングとは?魅力・仕事内容・やりがい・面白さなどを現役マーケターが徹底解説

Webマーケティングとはどういう仕事内容なのかよくわからない方や、未経験からWebマーケティングをやりたいと目指す方向けに、Webマーケター歴10年の現役マーケターである筆者が詳しく解説します。 We …

転職に強い!Webマーケティングスクールおすすめ11選!現役マーケターが比較・厳選

転職に強い!Webマーケティングスクールおすすめ11選!現役マーケターが比較・厳選

おすすめWebマーケティングスクール Webマーケティングスクールのおすすめが知りたい! 転職やフリーランス・副業に強いスクールってあるのかな? 未経験からでもプロのWebマーケターを目指せるのかな? …

編集会議のイメージ

女性Webデザイナーの1日の流れ|自社サービス会社での仕事内容と働き方、生活スタイルとは?

コズエさん(仮名) のプロフィール 年齢 20代 性別 女性 会社の業種 自社サービス会社(オウンドメディア運用) 担当の職種 Webデザイナー・ディレクター お住いは? 東京都 Webデザインを学ぶ …

転職に強い!Webデザインを学習できるおすすめスクール7選【副業・フリーランスにも】

転職に強い!Webデザインを学習できるおすすめスクール7選【副業・フリーランスにも】

Webデザイナーに強いスクール ピックアップ情報【お得な特典あり!】 【忍者CODEを新たに追加掲載しました!】 業界最安級の受講料で実践的なスキルが習得できる人気スクール【忍者CODE】を追加掲載し …

[PR]:
お得なキャンペーン中!!

転ストの中の人

  • 運営者のstaff H
  • 運営者のstaff M

エンジニア歴15年のstaffHとWebデザイナー・ディレクター歴20年のstaffMの2名が中心となりこのサイトを運営しています。転職/就職やフリーランスへの転向、未経験からのプログラミング学習など、これから”新しい一歩を踏み出そうとしている、エンジニア・クリエイター”に役立つ情報を発信しています。

プロフィール詳細 / Twitter
[PR]: