SEの転職

公開日:2018/08/10  更新日:2018/08/24

アンケート【40代の転職】先輩SE・プログラマー・エンジニアの転職成功体験談!

40代ビジネスマンのイメージ

40代の転職は、30代までの転職と比べると難しいと言われますが、実際はどうなのでしょうか?昨今ではその豊富な経験や実績に期待し、40代、50代のビジネスパーソンを対象に「第四新卒」として積極採用する企業も出始めてますね。

今回は40代からのエンジニア・プログラマー・SE転職に見事成功した先輩方にアンケートを実施しましたので、是非参考にしてみてください。

40代で転職成功した先輩への質問事項

  • Q1. あなたの性別は?
  • Q2. 現在の年齢は?
  • Q3. 転職活動中の年齢は?
  • Q4. 転職前の業種は?
  • Q5. 転職先の業種は?
  • Q6. 転職する前に悩んでいた事や、転職をしようと思った理由やきっかけは?
  • Q7. 転職先をどうやって探しましたか?
  • Q8. 求人への応募は何社ほどしましたか?
  • Q9. 転職活動中、どのような苦労がありましたか?
  • Q10. 転職活動をはじめてから内定までどのくらいの期間がかかりましたか?
  • Q11. 転職活動の中で、これはうまくできたと思ったことは?
  • Q12. 転職先をその会社にした理由は?
  • Q13. 現在、その会社で働いてみて心境や待遇はどうですか? 転職した事についてどう思ってますか?
  • Q14. これからSE・プログラマー・エンジニア転職を考えている方へ、アドバイスをお願いします

40代で転職成功した先輩の回答一覧

45歳/男性/システム開発

Q1. あなたの性別は?
男性
Q2. 現在の年齢は?
45歳
Q3. 転職活動中の年齢は?
36歳
Q4. 転職前の業種は?
ウェブ製作会社
Q5. 転職先の業種は?
Web制作会社
Q6. 転職する前に悩んでいた事や、転職をしようと思った理由やきっかけは?
私が転職しようと思ったのは、会社の業績不振による所属部の業務縮小にともなう体制変更の影響により、このまま会社に残っても先細りしていくだけだとの考えがあった為です。転職したほうが将来の見透しが明るいと思ったからです。
Q7. 転職先をどうやって探しましたか?
転職サイト
Q8. 求人への応募は何社ほどしましたか?
12社
Q9. 転職活動中、どのような苦労がありましたか?
転職活動中の苦労といえば、いろいろありますが、一番の苦労と言えば率直に言って気苦労ですね。久々の転職活動でしたし、仕事がない無職の状態というのは、何よりも不安でしたし、将来が見えないことが怖かったです。
Q10. 転職活動をはじめてから内定までどのくらいの期間がかかりましたか?
6週間
Q11. 転職活動の中で、これはうまくできたと思ったことは?
結果的にうまくいったなというのは、転職活動におけるスケジューリングです。転職活動をはじめてから内定を得るまで6週間という期間については、比較的短時間で結果を出すことができたのではないかと、満足しています。
Q12. 転職先をその会社にした理由は?
自分のスキルを活かせる仕事ではないかと思ったことです。それと最も早く必要としてくれたことですね。それで決めました。
Q13. 現在、その会社で働いてみて心境や待遇はどうですか? 転職した事についてどう思ってますか?
SE・プログラマー・エンジニア転職を考えている人は今は、求人が比較的多いので仕事が見つけられやすい状況ではないかと思います。この職種は実力次第では、かなり稼げる仕事ではないかと思います。最近では、サラリーマンではなく、フリーランスで仕事をしている方も増えています。フリーランスの方が皆さん、実力者とは限りません。働き方は、様々なスタイルがある仕事だと思いますので、それも個人で選べるところだと思います。

48歳/男性/Web制作会社

Q1. あなたの性別は?
男性
Q2. 現在の年齢は?
48歳
Q3. 転職活動中の年齢は?
46歳
Q4. 転職前の業種は?
建設
Q5. 転職先の業種は?
Web制作会社
Q6. 転職する前に悩んでいた事や、転職をしようと思った理由やきっかけは?
建設は現在、空前の活況を呈していますが、バブル崩壊後の不況は20年に及ぶ惨憺たる状況でした。いいときはいいのですが、悪いときはどうしようもないほどひどい業界に将来の不安は大きく、もっと安定した成長の見込める業界に転じたいと常々考えていました。
Q7. 転職先をどうやって探しましたか?
ハローワーク
Q8. 求人への応募は何社ほどしましたか?
30社
Q9. 転職活動中、どのような苦労がありましたか?
ハローワークの担当者から言われたことですが、私くらいの年齢だと1,000社受けて1,000社落ちた人がいますとのことでしたが、本当にそんな状態でした。そもそも履歴書を出しても面接までいけません。そこが一番きつかった。
Q10. 転職活動をはじめてから内定までどのくらいの期間がかかりましたか?
9ヶ月
Q11. 転職活動の中で、これはうまくできたと思ったことは?
ハローワークと提携する職業訓練校に入り、そこでWEBプログラミングを体得しつつあったため、その時点で持てる技術を全てつぎ込んだポートフォリオを作成して、履歴書に添えたことは面接までこぎつける手立てになりました。
Q12. 転職先をその会社にした理由は?
ハローワークと訓練校の双方から紹介された企業リストは50社程度でした。その中で一番社員研修に力を入れていた会社にしました。
Q13. 現在、その会社で働いてみて心境や待遇はどうですか? 転職した事についてどう思ってますか?
WEBサイト制作の傍ら、WEBプログラミング等の書籍も出版している会社なので、WEBデザイン、WEB制作に関して、かなり発言権を持っています。私自身はまだ、そうした書籍を執筆できるほどのスキルがありませんが、いずれそうした業務が出来るようになりたいというのが今の一番の目標です。

 

将来的には独立して、フリーで仕事を受けたいのでまずは、事務所でこなしている仕事だけでなく、そうした啓蒙活動にまでチャレンジをしておきたい。異業種の転職でしたが、してよかったです。

Q14. これからSE・プログラマー・エンジニア転職を考えている方へ、アドバイスをお願いします
なんといっても日進月歩の業界ですから、付いていくだけで大変です。人より先を行っているくらいの気持ちで取り組んで、やっと人についていけているのが実際です。そのためには勉強を続けなくてはならないので、とても厳しいです。しかし、その全てはスキルという形で自分に返って来ますから、出来るだけ厳しい環境に身を転じた方が結局は得です。楽しようと考えない方がいいです。それと、人を育てようとしている会社を選ぶべきです。そういう会社が見つかったら、あとはやるだけです。

42歳/男性/製造業

Q1. あなたの性別は?
男性
Q2. 現在の年齢は?
42歳
Q3. 転職活動中の年齢は?
42歳
Q4. 転職前の業種は?
エンジニア
Q5. 転職先の業種は?
製造業
Q6. 転職する前に悩んでいた事や、転職をしようと思った理由やきっかけは?
課長に昇進して、開発現場から遠ざかり、人事マネージメントが主業務になってしまい、新技術などとの関わりがなくなってしまったため、ものづくりの現場で試行錯誤しながら製品を開発し世の中に送り出す楽しみがなくなってしまったため
Q7. 転職先をどうやって探しましたか?
転職サイト
Q8. 求人への応募は何社ほどしましたか?
2社
Q9. 転職活動中、どのような苦労がありましたか?
2社同時平行で面接が進んだけど、どちらの方が良いか決めきれないまま、内定までいってしまいました。内定をもらってから1週間で入社意思を示さないといけなかったので、短期間ですがどうすべきかきなり悩みました。
Q10. 転職活動をはじめてから内定までどのくらいの期間がかかりましたか?
3ヶ月です
Q11. 転職活動の中で、これはうまくできたと思ったことは?
職務経歴書のサマリーがとてもわかりやすいと言われました。技術面接の面接官は人事業務が主な仕事ではないのであまり細かく読む時間がないそうです。サマリーだけ読めばどのような人が面接に来たのかわかりやすくしたのが良かったです。
Q12. 転職先をその会社にした理由は?
エネルギーがあったからです。企業規模としても小さいですが技術面接した部長のチャレンジ精神に共感しました。
Q13. 現在、その会社で働いてみて心境や待遇はどうですか? 転職した事についてどう思ってますか?
給与も1年目はボーナスがかなり少ない分、前職より50万円程ダウンですが2年目以降は前職を超える見込みなので収入面では非常に満足です。最初の6ヶ月間が試用期間で休みもほとんどありません。おまけに月に1回程度土曜日の出社もあります。年休がある人はほとんど休むので来年からは良いけど今は辛いです。子供の入学式で数少ない有休も使ってしまったのであとは多少しんどくても出社しなければなりません。仕事内容自体はフレッシュで楽しめてます。
Q14. これからSE・プログラマー・エンジニア転職を考えている方へ、アドバイスをお願いします
転職活動を行ってみるだけでも全く違う社会を感じることができます。長く同じ会社にいると慣れが生まれます。もちろん、慣れにより生産性が高まるなど良いこともたくさんありますが、逆に慣れすぎて良くない習慣を良くないと気がつかなくなります。今は売り手市場といわれており、比較的転職しやすいといっても誰でも採用してくれるわけではありません。転職活動は真剣に行えばきっと新しい世界見えてくると思います。まだ見ぬ世界にチャレンジしてみましょう!

45歳/男性/Web制作会社

Q1. あなたの性別は?
男性
Q2. 現在の年齢は?
45歳
Q3. 転職活動中の年齢は?
42歳
Q4. 転職前の業種は?
不動産
Q5. 転職先の業種は?
Web制作会社
Q6. 転職する前に悩んでいた事や、転職をしようと思った理由やきっかけは?
一度は不動産ビジネスで身を立てるべく飛び込んだ業界でしたが、元来物作りが好きな性分であったため、ただ土地建物を管理する仕事ではなく、何でもいいから作り出す仕事をしたいと思い、以前の会社でWEB担当をしていたこともあり、制作に回ることを考えました。
Q7. 転職先をどうやって探しましたか?
ハローワーク
Q8. 求人への応募は何社ほどしましたか?
15社
Q9. 転職活動中、どのような苦労がありましたか?
ハロワの窓口に行くと担当者から開口一番、40代の転職はものすごく大変ですといわれました。中には1,000社応募して一つも引っかからなかった人もいますとこともなげに言われたのですが、いざ始めるとまさに私がその状態でした。
Q10. 転職活動をはじめてから内定までどのくらいの期間がかかりましたか?
3ヶ月
Q11. 転職活動の中で、これはうまくできたと思ったことは?
ハロワの紹介で通った職業訓練校ではWEB制作のために必要なプログラミングを主に習いましたので、それを組み込んだサイトをポートフォリオとしていくつも作成しました。一番インパクトがあったのはポートフォリオでした。
Q12. 転職先をその会社にした理由は?
正直、就職先を選べる状況にはありませんでした。唯一内定が取れた会社に決めるしかなかったというのが実際です。
Q13. 現在、その会社で働いてみて心境や待遇はどうですか? 転職した事についてどう思ってますか?
プログラミングの技術を身に付けたらすぐにでもフリーでやりたいと思っていたのですが、訓練校に半年通っただけではとうてい、それが出来るほどの知識も技術も身に付きませんでしたから、下積みのつもりで3年ほど働こうと思い直しました。そうしたキャリアを描いた上での転職でしたから、与えられた仕事をこなすことが楽しく、ほとんど毎日残業があることや、それに応じた収入にはなっていないことも、さほど苦痛ではありませんでした。
Q14. これからSE・プログラマー・エンジニア転職を考えている方へ、アドバイスをお願いします
私が習得したのはWEBプログラミングですから、あくまでその範囲内でしか接するプログラマーもいませんが、この限られた範囲内で見ていても出来る人は本当に出来ます。では、その人たちが優先的立場で仕事が出来ているかといえば、必ずしもそうではなく、中には派遣待遇であったり、持っている技術に見合わない不安定な処遇で仕事をしている人がすごく多い印象です。ですから、技術を修めたからといってそれが身分保障ではないので、簡単に転職を考えない方がいいと思います。

42歳/男性/システム保守会社

Q1. あなたの性別は?
男性
Q2. 現在の年齢は?
42歳
Q3. 転職活動中の年齢は?
40歳
Q4. 転職前の業種は?
物流倉庫管理業
Q5. 転職先の業種は?
システム保守会社
Q6. 転職する前に悩んでいた事や、転職をしようと思った理由やきっかけは?
物流倉庫内で総務の仕事を行っていましたが、自動化が進んだ際に営業職へと異動を命じられる同僚が増えていました。慣れない営業職に回されると、大半が退職を余儀なくされることから、次の仕事を早期に決めておく必要があると実感したわけです。
Q7. 転職先をどうやって探しましたか?
転職エージェント
Q8. 求人への応募は何社ほどしましたか?
4社
Q9. 転職活動中、どのような苦労がありましたか?
現在の職務内容を聞かれた時に、総務部でありながらスーツ着用がほとんど無く、実際にはマテハン修理業務が中心でした。役職との乖離が激しかったので、どこまで真実を話すべきか転職エージェントと相談しながら面接に望むことになったわけです。
Q10. 転職活動をはじめてから内定までどのくらいの期間がかかりましたか?
転職活動開始から面接開始まで3ヶ月を要したので、最終的に内定を1社に絞り込むまでに7ヶ月かかりました。
Q11. 転職活動の中で、これはうまくできたと思ったことは?
書類作成は得意でしたが、面接に苦手意識があったので転職エージェントの担当者に面接のプロを紹介してもらい、ひたすら模擬面接を繰り返したことが面接に活かせて良かったです。想定問答が多いほど、想定外の質問が来た時だけ慎重に答えれば良いので、全体を緊張せずに済みました。
Q12. 転職先をその会社にした理由は?
職務内容が明確に規定されていて業務日報により仕事内容を毎日正確に会社側で管理してもらえるシステムに納得したからです。
Q13. 現在、その会社で働いてみて心境や待遇はどうですか? 転職した事についてどう思ってますか?
給与面では労働時間がシフト勤務制のために従来よりもばらつきが増えましたが、残業があまり無いので体力的に楽になりました。給与面は以前と変わらずに勤務時間は減少しているので、実質的にはアップと考えられます。査定制度が充実しているので、日々の日報だけでなく改善提案による評価基準が明確に定められている状況です。技術職という分野となるために、定年制が実質的に無くなるので希望すれば70歳程度まで働くことが出来ます。
Q14. これからSE・プログラマー・エンジニア転職を考えている方へ、アドバイスをお願いします
SEとして転職するためには、プログラミング言語の習得と使用経験が必要です。面接時に具体的に作成したプログラム内容や成果物を持っているか確認が入るので、趣味で自分のために作成したプログラムであっても転職時に役立ちます。実際のSE勤務内容は、プログラマーへ作業内容を振り分ける業務が多いので、実際にプログラミングに携わることはデバッグ状況の確認や緊急対応を求められた時だけです。チームで動くことが多いので、異業種転職者ならば出来ることから始められる点が良いです。

45歳/男性/IT企業

Q1. あなたの性別は?
男性
Q2. 現在の年齢は?
45歳
Q3. 転職活動中の年齢は?
40歳
Q4. 転職前の業種は?
不動産会社
Q5. 転職先の業種は?
IT企業
Q6. 転職する前に悩んでいた事や、転職をしようと思った理由やきっかけは?
システムエンジニアとして勤める以前の会社は、賃貸物件などを扱う不動産会社でした。前職は2度目の転職で入社しました。ここでは社内インフラの整備と社内のアプリなども作っていました。情報処理の専門学校も卒業し知識は多少ありましたが、転職においては自分のスキルが心配でした。
Q7. 転職先をどうやって探しましたか?
転職エージェント「DODA」を利用しました。
Q8. 求人への応募は何社ほどしましたか?
6社
Q9. 転職活動中、どのような苦労がありましたか?
苦労したのは、やはり時間の調整です。前の会社に在籍中に転職活動していたので、前職の仕事もしつつ、引き継ぎ業務があった中での転職活動は、気持ち的にも線引きができなくて、想った以上に気を漬かって疲れましたね。
Q10. 転職活動をはじめてから内定までどのくらいの期間がかかりましたか?
約8週間です。
Q11. 転職活動の中で、これはうまくできたと思ったことは?
うまくできたと想ったことなど正直ないですね。とにかく仕事を探すのに一生懸命でしたね。一家の大黒柱である私がしっかりしなければと思いつめていました。転職というのは、自分を見つめ直すことができるので、その面は良かったです。
Q12. 転職先をその会社にした理由は?
私の希望の職種だったことと、企業側の求める人物像が合致したからです。面接でお話しした際に決まる予感がしました。
Q13. 現在、その会社で働いてみて心境や待遇はどうですか? 転職した事についてどう思ってますか?
ポジション的には社内se的な役割で仕事をしています。前社は、不動産業でしたが私は営業職ではなく会社のインフラ整備やパソコンの管理、サーバーの管理などをおこないつつ、社内での業務効率をあげるアプリなどの開発もしており、システムサポート部でした。その経験と実績を生かし採用されましたが、転職後は、システムサポート面で技術者として仕事ができるので、やりがいを感じています。40代になってから新しいことを勉強する必要があり必死です。
Q14. これからSE・プログラマー・エンジニア転職を考えている方へ、アドバイスをお願いします
私の場合は、ポジション的には社内システムサポートから技術者へ、会社的には不動産業からIT企業へとシフトしました。私が転職した時には雇用情勢の影響もあり、40代のキャリア中途採用がたまたま多かったのかもしれません。私のケースは特殊で、そもそも情勢処理の学校で学んだことと、宅建士の免許も取得していましたので、不動産会社に就職できましたが、現在の会社に入ったのも、情報処理の知識とスキルがあったからです。エンジニアは常に勉強が必要です。

《DODAの公式サイト》

DODAエージェントサービスで転職

43歳/男性/製造業

Q1. あなたの性別は?
男性
Q2. 現在の年齢は?
43歳
Q3. 転職活動中の年齢は?
41歳
Q4. 転職前の業種は?
製造業
Q5. 転職先の業種は?
製造業
Q6. 転職する前に悩んでいた事や、転職をしようと思った理由やきっかけは?
大学卒業後からずっと同じ会社に勤めていたのですが、年々業績の落ち込みが続いていました。ボーナスはわずかながら出ていたのですがベースアップはほとんど無く、いよいよリストラが始まったところで転職を決意することになりました。
Q7. 転職先をどうやって探しましたか?
転職サイトを複数利用していました。
Q8. 求人への応募は何社ほどしましたか?
エントリーは15社ほどです。
Q9. 転職活動中、どのような苦労がありましたか?
募集要項にはっきりと書かれていない理由で書類審査の段階で落ちることもありました。具体的には年齢不問となっていても40歳オーバーだとわかると対応が消極的になるのを実感しました。また会社勤めをしながら並行して転職活動をしていましたので面接の日取りなどには苦労しました。
Q10. 転職活動をはじめてから内定までどのくらいの期間がかかりましたか?
4ヶ月ほどかかりました。
Q11. 転職活動の中で、これはうまくできたと思ったことは?
前職ではSE/プログラマーの他に営業技術の職に就いていた期間もありましたので、技術畑の割にはコミュニケーションにもある程度自信がありました。面接はどこの企業ともうまく対応しましたので、上手にアピールすることができたと思います。
Q12. 転職先をその会社にした理由は?
まず第一には給与のアップが明確に期待できたことがあります。また前職よりも将来性のある製品を多数手がけていることがわかりましたので前向きなイメージで仕事に取り組むことができると思ったからです。会社の規模は少し小さくなりましたが気になりませんでした。
Q13. 現在、その会社で働いてみて心境や待遇はどうですか? 転職した事についてどう思ってますか?
20年近く勤めた会社から異なる場所に来ましたので、仕事の内容も進め方も異なり、初めのうちは戸惑うことが多かったです。特に仕事のやり方が前職では一人ではじめから終わりまで開発を行うことは無く、部分的な開発を行うことがほとんどでした。現職では開発の要員もそれほど多くないので一人で開発全部を担当することもあり、大変ですが新鮮な気持ちで取り組めています。また年下の社員も多いのでフレッシュな気分で日々コミュニケーションをして、新しい技術についても積極的に学ぶ機会が増え楽しんでいます。収入もわずかですが増えましたので満足しており、何より精神的にやる気が出てきました。
Q14. これからSE・プログラマー・エンジニア転職を考えている方へ、アドバイスをお願いします
まずはじめに正直40代での転職は20代30代の転職と比べると大変だと思います。明らかに募集している人員の分母が少ないのでなかなか希望に添う企業を見つけることは難しかったです。しかし、絶対に無理というわけでは無く、40代でも採用しようと考えている企業は中堅以上のスキルやノウハウを具体的に欲しくて採用活動を行っていますので十分検討するに値します。40超えたから転職は無理とは思わずに苦しいことも多いですが検討する価値はあると思います。また実際に活動してみて感じたのですが、社員の平均年齢が低い企業が意外と40オーバーの採用を考えていたりすることもありますのであまり物怖じせずに飛び込んでみる勇気も必要だと思いました。

41歳/男性/IT企業

Q1. あなたの性別は?
男性
Q2. 現在の年齢は?
41歳
Q3. 転職活動中の年齢は?
40歳
Q4. 転職前の業種は?
食品工場の生産
Q5. 転職先の業種は?
IT企業
Q6. 転職する前に悩んでいた事や、転職をしようと思った理由やきっかけは?
もともと工業系の大学を出ていたので、基本的な知識はあったのですが、卒業時にあまり就職活動に力を入れず、実家近くにある食品工場で働き始めました。特に食品工場に不満があったわけではないのですが、社会人として定年まであと20年ほどとなった時に「このままで良いのだろうか」と考えはじめました。社会人として残された期間に何か自分にできることがあるのではないかと感じ、転職に至りました。
Q7. 転職先をどうやって探しましたか?
ハローワーク
Q8. 求人への応募は何社ほどしましたか?
4社ほど
Q9. 転職活動中、どのような苦労がありましたか?
前職で仕事をしながらの就職活動だったので、書類審査が通って面接の連絡がきた日に、会議が入っていて面接を受けられなかったり、面接の際に「仕事をしながら面接に来るなんて失礼にあたるのではないか」と面接官に怒鳴られたこともありました。こちらとしては、そんなことは知っていましたが、40代で妻と子供を養わなくてはいけないので、そんな一般常識にとらわれていることはできませんでした。
Q10. 転職活動をはじめてから内定までどのくらいの期間がかかりましたか?
半年(実際に履歴書などを送ってから)~1年(ハローワークで仕事を検索したり、履歴書の書き方などを検索していた期間も込み)
Q11. 転職活動の中で、これはうまくできたと思ったことは?
40歳でしたがSEとしての実績は皆無で、業種も違うので面接がうまくいくか不安でしたが、逆に前職での自分の経験を新しいプログラムの開発に使えるのではないか?という発想で面接に向かいました。その結果、採用となったので、自分の考え方をうまく変換して面接で説明できたことがうまくいた秘訣だと思います。
Q12. 転職先をその会社にした理由は?
私の前職での経験に興味を持ってくれたこと。
会社までの交通の便が良かったこと。
給料が前職の時の85%ほどで提示されたこと。
(自分の中では許容範囲でした)
Q13. 現在、その会社で働いてみて心境や待遇はどうですか? 転職した事についてどう思ってますか?
最近、転職したばかりでまだ仕事が良く分からないこともあるのですが、転職して良かったと思います。仕事の内容は難しくなり、覚えることも多いですが、40代で新入社員となったからには、若い人には負けられないという気持ちと、家族に迷惑をかけてまで、自分のやりたかったことをしているから頑張らなくてはいけないという気持ちで日々の仕事に取り組んでいます。給料は前職より減りましたが、妻がパートで協力してくれているので、家庭内の雰囲気も明るくなりました。
Q14. これからSE・プログラマー・エンジニア転職を考えている方へ、アドバイスをお願いします
40代で転職となると、家族がいたり、親の介護等で自分の事だけでは済まされないことも多々あると思います。しかし、残り少ない社会人としての生活の中で、今まで自分が社会に育ててきてもらった恩返しをするべきではないでしょうか。まだまだ自分の知恵と工夫で乗り越えられる問題はたくさんあると思います。これから転職しようと考えている皆さんが、今後自分の満足するような仕事をするようになると、家族や友人など周りを明るくすることができます。その時が、本当の意味での輝いている時間なのではないでしょうか。ご検討をお祈りいたします。

45歳/男性/一般企業

Q1. あなたの性別は?
男性
Q2. 現在の年齢は?
45歳
Q3. 転職活動中の年齢は?
40歳
Q4. 転職前の業種は?
web製作会社
Q5. 転職先の業種は?
システム開発会社
Q6. 転職する前に悩んでいた事や、転職をしようと思った理由やきっかけは?
転職しようと思ったきっかけは、転職せざるを得ない状況となったからです。よくある話しですが、会社の業績不振により待遇と給与が下がりました。家族もいる身であることから、将来的にやっていけない状況となったからです。
Q7. 転職先をどうやって探しましたか?
転職サイト
Q8. 求人への応募は何社ほどしましたか?
12社
Q9. 転職活動中、どのような苦労がありましたか?
転職活動中にあった苦労はやはり、面接対策でした。転職活動をはじめて最初の会社がいわゆる圧迫面接を受けた為、精神的にはかなりやられましたね。最初から出鼻を挫かれた感じがしました。精神的につらかったです。
Q10. 転職活動をはじめてから内定までどのくらいの期間がかかりましたか?
1ヶ月
Q11. 転職活動の中で、これはうまくできたと思ったことは?
二社目に受けた会社は、一次面接、二次面接と比較的上手くできた手応えはありました。結果は採用となり、結局それが今の会社となりました。私が上手くできたのではなく、面接官との相性や会社の雰囲気にあったのだと思います。
Q12. 転職先をその会社にした理由は?
今の会社を選んだのは、まず第一にどこよりも早く内定をくれたからですね。面接の時から、これはいけるかなと予感はありました。
Q13. 現在、その会社で働いてみて心境や待遇はどうですか? 転職した事についてどう思ってますか?
正直、待遇自体は悪くはないと思います。しかし、特別良いというほどでもありません。入社するにあって給与面では、かなり妥協してしまいました。前職よりも年収はさがってしまいましたが、将来性にかけ入社することにしました。入社するにあたり、かなり悩みましたが、できるだけ早く転職先を決めたいということで、最も早く内定をくれたこともポイントです。入社してみて全てが満足ということではありませんが、時には、妥協も必要です。
Q14. これからSE・プログラマー・エンジニア転職を考えている方へ、アドバイスをお願いします
SEやプログラマ、システム系の仕事をこれからしたいという若い方や、転職したい方にお伝えしたいのは、エンジニアなどの需要は、実際に今でも多いと思います。ですから仕事自体はあると思います。エンジニアは技術レベルやスキルによって個人差があります。実力のある人ならサラリーマンではなく、フリーランスなど様々な形態で仕事をしている方も非常に多いです。ですから、仕事への関わり方は、様々な方法がありますのて、自分にあった道を決めればよいのでしょう。

51歳/男性/一般企業

Q1. あなたの性別は?
男性
Q2. 現在の年齢は?
51歳
Q3. 転職活動中の年齢は?
40歳
Q4. 転職前の業種は?
販売会社の営業
Q5. 転職先の業種は?
一般企業のヘルプデスク部門
Q6. 転職する前に悩んでいた事や、転職をしようと思った理由やきっかけは?
IT関連商品の営業職についていたのですが、既存の商品の特徴などを調べてお客さんに説明していく内に、もっと深い知識と経験に基づいてアドバイスや提案をしてみたいと思い、個人的に勉強してみたもののどうしても限界を感じていました。
Q7. 転職先をどうやって探しましたか?
複数の転職エージェントに登録しました
Q8. 求人への応募は何社ほどしましたか?
5社程度
Q9. 転職活動中、どのような苦労がありましたか?
実務経験がないため、実際にどのような知識があり、どのように実務上活かしていくことができるのかをどのようにアピールしていけばいいのかを試行錯誤しました。やはり、経験のある営業での実際のやり取りの中からアピールポイントを選びました。
Q10. 転職活動をはじめてから内定までどのくらいの期間がかかりましたか?
1か月程度
Q11. 転職活動の中で、これはうまくできたと思ったことは?
しゃべること、人の話を聞くことは得意ですので、面接時には面接官と上手くコミュニケーションを取ることができたと思います。未経験の分野ですので、面接官の言葉から自分の新たなアピールポイントを引き出すぐらいのつもりで、真剣なやり取りができたと思います。
Q12. 転職先をその会社にした理由は?
経験豊富な先輩もおり、技術力はもちろんのことコミュニケーション能力を重視した雰囲気を感じたため、この先も十分対応できると判断しました。
Q13. 現在、その会社で働いてみて心境や待遇はどうですか? 転職した事についてどう思ってますか?
全くの異業種に転職することになり、当然のことながら最初は必要な知識を覚え、経験を積むことに時間がかかりましたが、一つ一つこなしていくことで何とか日々の業務をこなしていくことができました。先輩や同僚には大変お世話になりましたが、今になってようやく恩返しができているのかなと思います。一つの職業を極めることも当然素晴らしいことだと思いますが、新たな職業・業種に挑戦することで人間として職業人として幅が広がったと感じています。
Q14. これからSE・プログラマー・エンジニア転職を考えている方へ、アドバイスをお願いします
技術職はどうしても知識や経験が豊富でないと通用しないと思いがちですが、実際の現場では既存の知識の量よりも「知ろうとする能力」や「コミュニケーション能力」の方がより重要視されると感じます。日々新しい情報がアップデートされますので、他業種で培ったチャレンジ精神やコミュニケーション能力を活かすことができる場所が必ずあると思います。現状は残念ながら欠けている知識や経験をどのように埋めていくのかを上手くアピールすることが重要だと思います。決して臆することなく頑張ってください!

《DODAの公式サイト》

DODAエージェントサービスで転職

-SEの転職
-, , , , ,

おすすめ転職エージェント

IT/WEB業界に強くとにかく内定率が高い!
《レバテックキャリアの公式サイト》

レバテックキャリア

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる
《マイナビエージェント×ITの公式サイト》

マイナビエージェント×IT

豊富な非公開求人と業界を熟知した担当者が転職を強力にサポート
《ワークポートの公式サイト》

ワークポート

過去のデータを生かしたマッチングで自分に合った転職先が見つかる
《ギークリーの公式サイト》

ギークリー
<

圧倒的な求人数の多さで転職先の幅が広がる
《リクルートエージェントの公式サイト》

【リクルートエージェント】

関連記事

ノートと付箋のイメージ

先輩に聞いた!企業で働く「SEの1日」の仕事の流れと勤務時間や業務内容

ミサキさん(仮名) の場合 年齢 30代 性別 女性 会社の業種 某大手システムインテグレーター 担当の業種 SE Contents1 仕事概要2 1日の流れ2.1 9:00 出社2.2 10:00  …

ノートパソコンでプログラミングするイメージ

先輩に聞いた!企業で働く「業務系プログラマー(常駐フリーランス)の1日」の仕事の流れと勤務時間や業務内容

トモヤさん(仮名) の場合 年齢 40代 性別 男性 会社の業種 銀行業務系、保険業務系、薬局業務系、物流。現在はフリーランス 担当の業種 業務系プログラマー(VB.netやC#)。現在は業務系システ …

サーバーのイメージ

SEの転職先はIT企業だけではない、社内SEやフリーランスの道も!

Contents1 やはり転職先の「王道」はIT企業2 広がるシステムエンジニアの仕事の領域2.1 社内SE転職ナビ2.1.1 オススメポイント2.1.1.1 社内SE転職ナビを利用する3つの特徴・メ …

面接のイメージ写真

「最後に何か質問はありますか?」に先輩たちはこう答えた。逆質問をまとめました!

「最後に何か質問はありますか?」 面接官からの問に、思わず言葉に詰まった経験はありませんか? 今回は現役の先輩エンジニア・SE・プログラマーにアンケートに答えて頂いた結果を公開します。 《質問内容》 …

40代ビジネスマンが走るイメージ

40代・未経験からエンジニア・プログラマー・SEに転職成功する秘訣〜Web・IT業界編

近年はIT技術の普及により、これまでインターネット関連は有線が主流であったにも関わらず、Wi-fiなどの無線が一般でも扱われるようになったり、AIによる人工知能の向上でさまざまなIT機器が扱いやすくな …




サイト内を検索

ページのトップへ戻る