面接対策

公開日:2018/06/28  更新日:2018/08/27

面接はどのように進行する?

進行を把握することが余裕を生む

リクルートスーツのイメージ
面接は転職の成否を決定づけるものです。そのため、どんなに場数を踏んだ人でも緊張してしまいます。また、自分の人材としての商品価値がつけられてしまう場でもあるため、どのようなことを質問されるか不安になってしまうかもしれません。

ここでは、面接がどのように進行するかについて詳しく見ていきましょう。次にどのような質問が来るか心構えをしておけば、緊張や不安も和らぎます。

順番が来るまでは静かに待つ

自分の順番が来るまでは、控室で静かに待ちましょう。既に社会人であるにも関わらず、緊張からあたりをキョロキョロと見回していると良い印象を与えません。どうしても緊張してしまったときは、深呼吸することで多少緊張を和らげることができます。

順番が来たらノックして入室

自分の順番が来たら、面接室の扉をノックし、「どうぞ」と言われてから面接室に入ります。ドアを開けたら、まずは面接官に挨拶をします。面接官の第一印象を良くするためにも、明るい表情で、面接官の目を見て挨拶するようにしましょう。また、椅子には着席するように言われるまで座ってはいけません。せっかちな人だという印象を与えてしまいます。

最初は自然なやり取りを心がける

面接官にもよりますが、面接は一般的に今の住まいや天気、どこで昼食をとったかなどの他愛もない雑談から始まります。この段階では、面接官と自然なやり取りを心がけましょう。相手が雑談を振っているのに、それに対して予め準備したような答えをしていると、コミュニケーション能力に難があると思われてしまいます。また、雑談をすることであなたの緊張もほぐれます。

面接本番に向けて話す内容はある程度準備する

雑談も終わり、いよいよ面接の本番が始まります。面接中は、はっきりと相手の目を見て答えるようにしましょう。また、質問に答える際は、自分の優秀さをアピールしつつ、話の本筋は相手の質問に対する答えであるように心がけましょう。例えば、志望動機について聞かれているのに、話が脱線して自分の実績について延々と喋る、といったことがないようにします。そうならないためにも、面接に臨む際はある程度質問を予想し、回答を準備しておく必要があります。

ここで、どんな場合でも面接で必ず聞かれる事柄について、更に詳しく見てみましょう。

《現在の仕事は自分の実績とセットで説明する》

自分のスキルをアピール

転職する場合は、現在どのような仕事に取り組んでいるのか質問されます。このとき、ただ仕事内容を伝えるだけでなく、現在の職場での自分の実績についても触れることで、自分が優秀な人材であることをアピールしましょう。そのためには、仕事内容について説明したあとに自分が中心となって取り組んだ業務の一例を挙げ、そのときの役職と自分が貢献した内容について説明するようにしましょう。

《転職理由はポジティブに説明する》

ポジティブなイメージ

現在の職場にどれだけ不満があったとしても、面接の場でそれを愚痴ってはいけません。愚痴は言ってしまった瞬間から雰囲気を悪くします。面接の時間は限られているため、以降の面接もどことなく嫌な雰囲気で進むことになり、良いことは一つもありません。転職理由は必ず聞かれる質問なので、予めポジティブな言い回しを考えておきましょう。例えば給与の面で不満があったのであれば、現在の職場では給与に不満があるというよりも、応募している会社のほうが待遇がよいと言い換えることでネガティブな印象を避けることができます。

《志望動機には応募先の会社の特徴を絡める》

ビルを指差すイメージ

志望動機について質問された際に、ただ自分がこういう仕事をしたいと主張することはNGです。面接官が知りたいのは、なぜあなたがわざわざ自分が属する会社を選んだのか、という情報です。

志望動機について説明する際は、応募先の会社の特徴を挙げるようにしましょう。志望動機に強い説得力が生まれますし、何より会社の業務内容について良く調べていることをアピールできるため、面接官からの評価は高まります。

【志望動機の例文】私たちはこう書いて採用されました〜先輩SE・プログラマー・エンジニアの履歴書を公開!

《ポジションの希望には必ず答える》

ヒューマンネットワーク

面接によっては、転職後に希望するポジションについて質問されることがあります。希望はないと伝えてしまうと、転職に対する熱意が低い印象を与えてしまい、志望動機や転職理由も空虚なものにしてしまいます。自分が応募先の会社でやりたい仕事をやるためにはどのようなポジションが必要なのを予め考えておき、面接の場で伝えるようにしましょう。

《提示された条件には原則従う》

Yesと解答するイメージ

転職の場合、面接官から転職後の待遇について提示されます。基本的には出された条件に従いましょう。条件に納得できない場合でも、その条件には従えないと伝えるのではなく、自分が希望する条件とその理由について明確に説明しましょう。

もし転職の条件について確認がない場合は、転職してから後悔しないために、質問時間を使って条件について確認しておきましょう。

逆質問は候補を予め準備しておく

面接の最後には質問の時間が設けられます。仕事の内容や希望する条件などについて不明な点があればこの時間を使って質問し、認識をすり合わせておきましょう。

質問をしないと、面接を早く終わらせたい印象を面接官に与えてしまいます。そのため、予めいくつか質問の候補を準備しておきましょう。一方で、あまりたくさん質問をすると、面接の時間が長引き、これも面接官に良い印象を与えません。質問の数は3つくらいまで、と決めておくとよいでしょう。

「最後に何か質問はありますか?」に先輩たちはこう答えた。逆質問をまとめました!

-面接対策
-, ,

おすすめ転職エージェント

IT/WEB業界に強くとにかく内定率が高い!
《レバテックキャリアの公式サイト》

レバテックキャリア

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる
《マイナビエージェント×ITの公式サイト》

マイナビエージェント×IT

豊富な非公開求人と業界を熟知した担当者が転職を強力にサポート
《ワークポートの公式サイト》

ワークポート

過去のデータを生かしたマッチングで自分に合った転職先が見つかる
《ギークリーの公式サイト》

ギークリー
<

圧倒的な求人数の多さで転職先の幅が広がる
《リクルートエージェントの公式サイト》

【リクルートエージェント】

関連記事

キャリアチェンジのイメージ

SEのキャリアチェンジの場合、面接に向けてすべき準備は?

Contents1 キャリアチェンジには説得力のあるストーリーが必要2 志望動機にキャリアチェンジの理由を含める2.1 《今の職種では取り組めない業務に取り組みたい》2.2 《会社の業務内容に魅力を感 …

指を指すビジネスマンのイメージ

30代でエンジニアに転職する場合、面接に向けてすべき準備は?

Contents1 将来性アピールはもう通用しない2 「技術力はないけどこれから…」はもう通用しない3 業界の動向は即答出来ないと恥ずかしい4 マネジメント能力は実際の経験で証明する5 部下への指導能 …

ビジネスマンと時計のイメージ

ブランクがある場合、面接に向けてすべき準備は?

Contents1 ブランクは必ず言及される2 ブランク期間中も自己研鑽を怠らない3 ブランクの原因は正直に伝える3.1 《ブランクの原因を悪く言わない》4 ブランクを取り戻すプランを準備する5 応募 …

職務経歴書の画像

職務経歴書で抑えるべきポイントは?書類選考を有利に進める”効果的な書き方”

Contents1 能力に関する評価は職務経歴書で決まる2 具体的な記述を心がけ、曖昧さを残さない2.1 《プロジェクトの内容は具体的に書く》2.2 《プロジェクトの中であなたが挙げた成果を書く》2. …

女性プログラマーのイメージ

女性エンジニアが転職する場合、面接に向けてすべき準備は?

IT業界は実力主義で、スキルさえあれば男女問わずに平等に扱われると考えている方は多いでしょう。もちろんそれが理想的な社会の在り方です。しかし、IT業界と一口に言っても、女性の社会進出に対してどのように …




サイト内を検索

ページのトップへ戻る