転職エージェントとは

公開日:2019/02/21  更新日:2019/09/09

ビズリーチの特徴は?強みと弱みを他社と比較

BIZREACH(ビズリーチ)の公式サイト
ビズリーチは、株式会社ビズリーチにより運営されている転職サイトです。創業、及び転職サイトをオープンしたのが2009年と比較的新しい会社ではありますが、ハイクラス向けの転職サイトとして確固たる地位を築いています。本記事では、ビズリーチの特徴について、他社と比較した強みや弱みについて説明します。

《BIZREACH(ビズリーチ)の公式サイト》
【BIZREACH(ビズリーチ)】の公式サイト

ビズリーチの強みは?

ビズリーチの求人

全求人の1/3が年収1,000万超えとなるハイクラス向け転職サイト

ビズリーチは全求人の1/3が年収1,000万を超える好待遇の案件となっています。国内最大級のエグゼクティブ向け転職サービスであると謳っており、国内外の優良企業への求人を多数抱えています。(※1)

IT業界の求人数も豊富

ビズリーチはIT業界を専門としているわけではなく、また管理職の求人を始めとした好待遇の求人が多いことをセールスポイントにしています。それにもかかわらず、ITエンジニア向けの好待遇案件は非常に多く、項目「IT技術職」を見ると公開求人の数は約9,500件となっています。

これは、DODAやパソナキャリアといった一般向けの転職サイトと同様であり、ITエンジニアから見ても業界トップクラスの求人数を誇ると言えます。後述の通りスキルにもよりますが、まず検討すべき求人に困ることはない、と言えるでしょう。

採用方法はスカウトが中心、実績があれば待っているだけでチャンスが訪れる

ビズリーチでは利用者が直接求人に応募することもできますが、8割以上の利用者は企業やヘッドハンターからのスカウトをきっかけに転職しています。これまでに評価に値する十分な実績を挙げており、それを効果的にアピールできる職務経歴書を準備すれば、待っているだけで好待遇の求人に応募するチャンスが生まれます。

転職希望者からも料金をとるため、掲載料の多寡による企業への配慮が少ない

一般的な転職サイトは、求人を掲載する企業から掲載料をとっており、転職を希望する利用者は無料でサービスを受けることができます。そのため、どうしても多くの掲載料を払った企業の求人が前面に出てしまい、必ずしも利用者の本意に沿った案件が紹介されるとは限りません。

一方で、ビズリーチは利用者も30日あたり3,000~5,000円の料金が必要になります。利用者がビズリーチの本来の意味での顧客となるため、より利用者の志向を重視できるサービス運営が可能になっています。

ヘッドハンターもビズリーチを利用、相談も可能

転職希望者と企業だけでなく、総勢約2,900人のヘッドハンターも利用登録しています。ヘッドハンターが抱えている案件に応募できるほか、ヘッドハンターに相談して自分を売り込むことも可能であるため、他の転職サイトに比べてより専門的、好待遇の求人に応募できます。もちろん、ヘッドハンターからのスカウトを受けることもできます。(※1)

《BIZREACH(ビズリーチ)の公式サイト》
【BIZREACH(ビズリーチ)】の公式サイト

ビズリーチの弱みは?

課金しないとほぼ転職サイトとして機能しない

転職サイトとしては珍しく、利用するためには有料会員になる必要があります。無料会員の場合もスカウトを受けることはできますが、一部のスカウトにしか返信することができません。また、公募/特集案件にしか応募することが出来ないため、事実上転職サイトとして利用することが出来ません。料金も決して安くはなく、何となく転職を考えている方にはあまりお勧めできません

転職エージェントサービスがない

最近の転職サイトでは珍しく、転職エージェントサービスがありません。そのため、企業とのやり取りや求人の紹介、企業とのやり取りの代行といったサービスを受けることはできません。スカウトを受けることができる確固たる実績はもちろんのこと、企業との調整や求人を検討する能力、職務経歴書の書き方や面接対策といった社会人としてのコミュニケーション能力を身に着けているかどうかが試されます。

要求されるハードルは高く、駆け出しのうちは応募できない

全体の1/3が年収1,000万を超える求人であり、また利用者の8割以上がスカウトをきっかけに転職していることから、企業やヘッドハンターの目に留まるような高いスキル、優れた実績が必要になります。また、先述したように転職エージェントサービスもないので、スキルや実績が低ければ低いほど多くの求人の中からごく限られた選択肢を選ぶことになります。よほど腕に自信がない限り、未経験はもちろんのこと駆け出しのITエンジニアにはお勧めできません(※1)

まとめ~年収アップを狙うのであればチャレンジを検討~

以上をまとめると、ビズリーチは実績、スキル、そして社会経験を十分に積んできた熟練のITエンジニアであれば年収1,000万近い高年収を狙うことが出来る転職サイトだと言えます。利用料もかかるため、それ相応の覚悟を持って転職活動をする必要があります。

一方で、無料会員でもスカウトだけは受けることができます。まずは気負いせずに無料で登録してみて、スカウトがほとんど来なければ別のサービスを利用しましょう。自分の実力を測る意味でも有効な方法です。

《BIZREACH(ビズリーチ)の公式サイト》
【BIZREACH(ビズリーチ)】の公式サイト

(※1)は2018年12月現在の求人数となります

doda、パソナキャリアの公式サイトもチェックする

《dodaの公式サイト》
【doda】の公式サイト
《パソナキャリアの公式サイト》
【パソナキャリア】の公式サイト

-転職エージェントとは
-, ,

転ストおすすめの転職エージェント

IT/WEB業界に強くとにかく内定率が高い!
《レバテックキャリアの公式サイト》

レバテックキャリア

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる
《マイナビエージェント×ITの公式サイト》

マイナビエージェント×IT

豊富な非公開求人と業界を熟知した担当者が転職を強力にサポート
《ワークポートの公式サイト》

ワークポート

圧倒的な求人数の多さで転職先の幅が広がる
《リクルートエージェントの公式サイト》

【リクルートエージェント】

過去のデータを生かしたマッチングで自分に合った転職先が見つかる
《ギークリーの公式サイト》

ギークリー

関連記事

ギークリー 公式サイト

ギークリー(Geekly)の概要と特徴|過去10年のIT・WEB業界に特化した転職実績をもとにマッチングを提供!

近年は職の多様化と、ネット社会の普及により転職に関する情報を容易に得られるようになりました。中でも、近年よく耳にする「転職エージェント」は、転職を希望している方の便利なツールとして活用されています。 …

スケジュール帳のイメージ

転職エージェントのサービスの流れを徹底解析!

Contents1 レバテックキャリアを例に転職サービスの流れを見てみよう2 1、申込はWebで簡単3 2、カウンセリングで自己分析4 3、求人紹介&業界情報提供5 4、応募・書類選考・面接6 5、内 …

比較するイメージ

転職エージェントと転職サイトの違いを理解しよう!

成功する転職に欠かせないのが、転職エージェントと転職サイトです。しかし、これらの名前はよく耳にするものの、具体的にどのようなサービスが受けられるのか、転職が初めての方はあまりピンと来ないかもしれません …

マイナビエージェント×IT 公式サイト

マイナビエージェント×ITの評判とクチコミを調査しました|20代、第二新卒の転職に強い!

求人情報の獲得に便利な転職エージェントは、現代のネット社会で多くの方に活用されています。転職エージェントの多くは、利用者が満足して転職できるよう、アドバイザーが設置されています。よって、インターネット …

お金のイメージ

転職支援サイトを無料で利用できる理由とエージェントの仕組み

現役エンジニアが選びました!! IT・Web業界に強い!エンジニアにおすすめの人気転職エージェント11選 Contents1 サービスの利用はほとんどが「無料」なのはなぜ?!2 企業のイメージギャップ …

ページのトップへ戻る