面接対策

公開日:2018/07/20  更新日:2018/08/24

SEのキャリアチェンジの場合、面接に向けてすべき準備は?

キャリアチェンジには説得力のあるストーリーが必要

キャリアチェンジのイメージ
IT業界では、要求されるスキルの多くが共通しているため、開発システムエンジニアから社内システムエンジニアに転じる、あるいはインフラシステムエンジニアからwebシステムエンジニアに転じるといった異なるジャンル同士でのキャリアチェンジは珍しくありません。また、IT以外の業界でも、システムエンジニアの業務内容や将来性に魅力を感じ、転職を志す方もいるでしょう。

一方で、ごく一部の例外を除いて、同じ業種で務めてきた応募者よりもスキル・実績の面では見劣りし、将来性も限られているという先入観が採用側にはあります。そのような先入観を覆すためにも、説得力のあるストーリーを準備することが必要です。

ここでは、キャリアチェンジする場合、面接に向けてどのように準備をすればよいかについて見ていきましょう。

志望動機にキャリアチェンジの理由を含める

質疑応答のイメージ

キャリアチェンジする場合でもしない場合でも、面接官は必ず志望動機を質問します。しかし、キャリアチェンジする応募者に対しては、「なぜ前職と同じ業種を希望しなかったのか?」という素朴な疑問が暗に含まれています。そのため、ただ志望動機を答えるだけでは相手の意図を汲んだ答えになりません。以下の点に注意して、予め話す内容をまとめておきましょう。

今の職種では取り組めない業務に取り組みたい

プログラマから開発システムエンジニア転職する場合、仕様書通りのプログラムを作成するだけでなくソフトウェアの設計にまで携わりたいという動機が考えられます。また、社内システムエンジニアに転職する場合、自身の成果を身近に感じられる環境で働きたいといった動機が考えられます。

会社の業務内容に魅力を感じた

会社の業務内容には、他社と比較したときに必ず魅力的な特徴があるはずです。例えば組み込みエンジニアであれば、ある家電に組み込まれるソフトウェアは応募先の会社が独占状態にあるとします。この場合は、市場を独占できるほどのソフトウェアに関する技術力や、独占していることによる将来性を魅力として挙げることができます。説明の際は、他社との比較を絡めることで、業界についてよく調べているという印象を与えることが出来ます。

今の職種での経験を活かせる

応募先の企業が求めているのは、応募者のこれまでの経験が自社にとって有益かどうかです。基盤システムエンジニアとして培ったネットワークやサーバー構築の知見は、社内システムエンジニアに転職する際大いに役立つでしょう。このように、現在の業務内容の中で、応募先の会社での仕事に関係するものがないか予め考えておき、面接の場ではそれを使って会社に貢献したい旨を伝えましょう。

いずれの場合でも後ろ向き・消極的な理由はNG

ただし、現在の仕事について、将来性が感じられないといった言い方をしてはいけません。単に仕事が嫌だから逃避しており、転職にかける熱意が薄いという印象を与えてしまいます。

たとえ誰の目にも将来性がない仕事だったとしても、「希望する仕事のほうがより将来性を感じた」などとポジティブな言い回しを心がけましょう。また、給与といった待遇面を前面に押し出すのもよくありません。面接官からすれば、自社よりもさらに良い待遇があれば平気ですぐに会社を辞める人間としか映りません。

待遇面での魅力は、自身のキャリアプランや情熱に関する説明をしたあとで軽く触れるようにすると良いでしょう。

【志望動機の例文】私たちはこう書いて採用されました〜先輩SE・プログラマー・エンジニアの履歴書を公開!

具体的なキャリアプランを考えておく

キャリアプランのイメージ

キャリアチェンジする応募者に対しては、キャリアプランをどのように考えているか質問されることがあります。この質問を通して、面接官は応募者の堪え性を読み取ります。キャリアチェンジする場合、新しい分野について基礎的な事柄も勉強しなければならないなど、多くの負担を伴います。

転職後のキャリアプランが具体的かつ現実的であれば、応募者は地に足をつけて努力が出来る人間であり、キャリアチェンジも乗り切れると判断するでしょう。一方で、キャリアプランが曖昧なものであれば、単に今の職場から離れたいだけであり、キャリアチェンジの負担に耐えきれずすぐに会社を辞めるだろうと判断されてしまいます。

質問を受けた場合は、転職に成功したと仮定した場合のキャリアプランについて説明しましょう。何歳までにどの程度の人月のプロジェクトに携わるなど、数字を交えて具体的に説明する必要があります。また、標準的なキャリアパスを調べておき、自分のキャリアプランは達成することが難しいかどうかについても考えておくと良いでしょう。

キャリアプランは複数用意する

複数のアイディアのイメージ

面接官によっては、「希望する部署に配属できなくても構わないか?」という質問をしてくる場合があります。いくらキャリアプランを練っていたとしても、あなたを部署に配属するかどうかは企業が決定することです。特に企業が求めるスキルを持っていないと判断されれば、希望する部署への配属が叶わないかもしれません。一方で、この質問に対して「構わない」と答えてしまうと、熱意を持って語ったキャリアプランは空虚なものだと印象づけてしまいます。

面接に臨む前の準備として、あなたのキャリアプランについて別のシナリオを準備しておきましょう。例えば、ソフトウェアの設計に携わりたいというのが第一の動機なら、webシステムエンジニアとなるか組み込みエンジニアになるかは実のところ興味に大きな差はないはずです。実際に質問をされた場合は、自分のキャリアプランがある程度柔軟性を持っていることを示して、どのような業務であれば構わないかを伝えるようにしましょう。希望する部署に配属されない場合の具体的なシナリオについて質問することも有効です。

【志望動機の例文】私たちはこう書いて採用されました〜先輩SE・プログラマー・エンジニアの履歴書を公開!

-面接対策
-, , ,

おすすめ転職エージェント

IT/WEB業界に強くとにかく内定率が高い!
《レバテックキャリアの公式サイト》

レバテックキャリア

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる
《マイナビエージェント×ITの公式サイト》

マイナビエージェント×IT

豊富な非公開求人と業界を熟知した担当者が転職を強力にサポート
《ワークポートの公式サイト》

ワークポート

過去のデータを生かしたマッチングで自分に合った転職先が見つかる
《ギークリーの公式サイト》

ギークリー

圧倒的な求人数の多さで転職先の幅が広がる
《リクルートエージェントの公式サイト》

【リクルートエージェント】

関連記事

指を指すビジネスマンのイメージ

30代でエンジニアに転職する場合、面接に向けてすべき準備は?

Contents1 将来性アピールはもう通用しない2 「技術力はないけどこれから…」はもう通用しない3 業界の動向は即答出来ないと恥ずかしい4 マネジメント能力は実際の経験で証明する5 部下への指導能 …

エンジニアがパソコンを操作

【職種別に解説】職務経歴書に何を書く?~webシステムエンジニア編〜

Contents1 技術力が何よりも大事2 利用できる技術をアピールする2.1 《使用言語》2.2 《フレームワーク》2.3 《データベース》2.4 《負荷分散》3 あなたのやる気をアピールする3.1 …

ベンチャーのオフィスのイメージ

中小・ベンチャー企業に転職する場合、面接に向けてすべき準備は?

Contents1 少数精鋭になりがちな点を意識する2 志望動機で会社の特徴に言及する3 企業理念は良く調べてから賛同する4 残業にはどれくらい対応できますか?5 部署の内容以上の業務に対応できますか …

名刺交換のイメージ

20代でエンジニアに転職する場合、面接に向けて必要な準備は?

Contents1 面接を丁寧にこなすことで実績の少なさはカバーできる2 自分のできることを整理しておく3 実績やスキルを過大に話さない4 仕事に対して負のイメージを持っている印象を与えない5 窮地に …

ビジネスマンと時計のイメージ

ブランクがある場合、面接に向けてすべき準備は?

Contents1 ブランクは必ず言及される2 ブランク期間中も自己研鑽を怠らない3 ブランクの原因は正直に伝える3.1 《ブランクの原因を悪く言わない》4 ブランクを取り戻すプランを準備する5 応募 …




サイト内を検索

ページのトップへ戻る