エンジニアの転職

公開日:2019/12/06|最終更新日:2020/07/01

【2019年版】サーバーサイドエンジニアの皆さんへアンケート!今年買って良かった《技術書》を教えてください

技術本のイメージ

”新人のバックエンド(サーバーサイド)エンジニアの皆さんは、スキルアップを図るためにどのように勉強や情報収集をしていますか?”

特に新卒や未経験で現場に就かれた方は、

「日々の業務をこなすだけでも精一杯。それに加えて新しい技術の習得や勉強をする時間も体力も無い・・」

というのが本音ではないでしょうか?

そんな多忙なみなさんの為に、今回は現役サーバーサイド(バックエンド)エンジニアの方々へ「今年(2019年)どのような技術本を購入しましたか?」という内容でアンケートをおこないました。

新人エンジニア/プログラマー/SEはもちろん、すでに第一線で活躍されている方の為にも、他のエンジニアさんがどのような書籍を購入してスキルを高めたり、実務に役立ているのかをご一読頂き、是非今後の参考にして頂ければ幸いです。

“独学だと仕事優先で勉強が続かない・・”という方は、
いつでもメンターに質問でき、希望者には転職のアドバイスや紹介もしてくれるプログラミングスクールの受講も検討してみましょう。

Web系エンジニアのスキルについてもっと広い範囲の事を知り合い方は、《Web業界》の新人エンジニアがまず身につけなければいけない姿勢やスキルとは?を読んでみてください!

自社サービス会社で働きたい方へ

当サイトが利用しているアフィリエイトサービスの一つ「A8.net」を運営する株式会社ファンコミュニケーションズでは、自社サービスのエンジニアを募集しています。学歴・年齢不問とのことですので「腕に自信あり」という方は、一度応募してみてはいかがでしょうか?

自社サービス会社は、

  • 自分たちのスケジュールで仕事がしたい
  • 一つのプロジェクトにじっくり向き合いたい
  • ユーザー目線に立った開発に携わりたい

というような希望を持ったエンジニアさんには特におすすめです。

目次

新人エンジニアは注目!サーバーサイド(バックエンド)の先輩が薦める本とは?

《質問内容》
Q1. あなたの性別を教えてください
Q2. あなたの年齢を教えてください
Q3. 就業中の会社の業種は?(フリーランスの方は、フリーランスとお答えください)
Q4. エンジニア歴は何年ですか?
Q5. 本のタイトルと、「その技術書の良いところ」や「チェックするポイント」などを教えてください

男性/43歳/ソフトウェア業/18年

JavaやC++の言語の勉強をしたはいいけど、結局どうやって使ったらいいか悩んでいたときにこの本を見つけました。オブジェクト言語、フレームワークの必要性について、一連の意味をコードで記しながら書いてあり分かりやすかったです。

設計方法の考え方を整理する本としては最高なのではないでしょうか。“


『なぜ,あなただけJavaでオブジェクト指向開発ができないのか?』~Javaの壁を克服する実践トレーニング~

男性/41歳/IT系会社/20年

AWSを利用したことがない人でもAWSの各種サービスが説明がわかりやすく理解しやすい。AWSのサービスを網羅的に把握するのに役立つ。


徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト教科書

男性/28歳/システム開発/8年

【購入理由】
4~5年LinuxやWindowsのシステム開発を実施する中で、機能要件的なところの理解は深まったが、非機能的な部分に苦手意識があり今後重要になってくるセキュリティに目を向けて勉強をするため。

【技術書の良いところ】
・勉強のために、VirtualBoxの構築、OSのセットアップ、LANのセットアップなど、サーバ構築に必要な知識を手順書に従って一通り触ることができ初心者にもやさしい。
・インフラエンジニアに多い、動くだけの基盤だけでなく、非機能に目を向けたサーバエンジニアになるための導入にとても良い

【チェックするポイント】
・クラウドファーストの時代でも、必ず必要となる、VMの導入手順
・KailiLinuxで使用できるツールとその使い方”


ハッキング・ラボのつくりかた 仮想環境におけるハッカー体験学習

【購入理由】
クラウドファーストの時代において、サーバサイドエンジニアとして、最低限の知識と資格を有しておくことが必要を考えたため。

【技術書の良いところ】
・AWSのサービス一つ一つに対して、概要、使い方が体系的に書いてある。
・インフラの知識が少なくても、サービス毎に何の機能かを理解することができるため、初心者向け
・資格の受験に向けた模擬問題が優秀。

【チェックするポイント】
・最終的には問題集ということもあり、本書での内容の理解→問題集の流れ。
ただし、本書だけでは問題集は満点はとれないが、問題集を見ながらインターネットで勉強するのがよい。”


この1冊で合格! AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト テキスト&問題集

男性/25歳/SIer/3年

PHPのフレームワークであるLaravelをこれから始める方など初心者向けの参考書です。初心者向けと書きつつも実際の現場で使うような単体テストの実行手法など実践的なところまで踏み入った内容になっています。この技術書の内容だけで仕事で使えるレベルになるかと言われると足りない箇所もありますが、Web制作1年目という方であればこちらの内容で十分だと感じました。


PHPフレームワークLaravel入門 第2版

プログラムのバージョン管理で利用されるGitについて、マンガ形式で現場のシーンに合わせて説明してくれる技術書になります。Gitのバージョン管理の機能を淡々と説明されるだけでなく、なぜそのような操作が必要なのかという観点でバージョン管理の考え方を学べる良書だと感じました。また、CUIではなくSource TreeというGUIベースで説明をしてくれるので、unix系のコマンドが分からない初学者にとっても非常に優しい本になっています。


わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門

男性/40歳/技術者派遣/10年

初めてGitHubを使う人や、なんとなくGitHubを使っているが、もう少し詳細に機能を知りたい方にお薦めです。実際にエンジニア目線で、記載されていて、使用する機能は一通り網羅されています。プルリクの送り方・取込方、GitHubのIssueは、開発で必須なので、要チェックです。著者が実際にGitHub上に、プルリク練習用のリポジトリを公開していて、プルリクを送ったり、取り込んだりすることもできます。


GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

AWSはさわっているもの、インフラやネットワークに知見がないエンジニア、AWSを使いながら、ネットワークについてもついでに学習したいエンジニアにお薦めです。ネットワーク図が多用されていてわかりやすいです。NATの構築、ICP/IPの章は要チェックです。


Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版

男性/53歳/Webシステム開発会社/20年

Web開発の事実上の世界標準であるSpring Frameworkの初歩から応用まで一通り習得できるので大変オススメです。


Spring Framework 4 プログラミング入門

元々はWebクライアントサイド開発用のJava Scriptですが、サーバーサイド開発用のAjax, jQuery, Node.jsなども収録されており、現在のJava Scriptの全容を習得できるのでオススメです。


独習JavaScript 第2版

[PR]:自社サービスのエンジニアになる!


男性/39歳/Sier社/17年

AWSのアップデートにより画面内容が変わることはありますが、初めてAWSを使用することになったエンジニアには非常に分かりやすい内容で記載されており
クラウド環境に初めて携わるエンジニアにはオススメの内容です。


Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版

男性/28歳/通信/4年

Spring Bootを学びたい方の入り口としておすすめ度が高い本です。実際に手を動かしながら学べるようになっているため、Javaの基礎を一通り学んでいる人にはかなり分かりやすくなっているかと思います。一部サンプルソースが動かない箇所もありますが、一通り進める事で画面遷移、データの受け渡し、DB接続、Thymeleafについての基礎を押えることがことが可能です。


Spring Boot 2 プログラミング入門

古い本ではありますが、今もなおデザインパターンのバイブル的な位置づけの参考書かと思います。Javaの基礎を一通り終えている人向けになります。GOFのデザインパターン全てについて、クラス図と実際のサンプルソースが書かれており、手を動かしながら学ぶことが出来ます。実務で実際にどのように使われているのかまではイメージは付きにくいですが、必要になったタイミングで読み返すような使い方も有効です。


増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門

オブジェクト指向って何?という疑問に対してとことん回答を与えてくれる一冊になっています。
こちらは実際にコードを書いてみようというタイプの本ではございません。JavaやC#などのオブジェクト指向言語を勉強し終えた後、オブジェクト指向の概念を掴みたい方に読んでほしいです。


オブジェクト指向でなぜつくるのか 第2版

男性/32歳/医療系サービス会社/4年

以前から興味があったKotlinの入門書を探していたところこの本を見つけました。サンプルも結構充実しているし、アジャイル開発的な基本的な機能の実装から、高度な機能の実装まで踏み込んだ内容となっています。サーバーサイドをやっているひとにはおすすめです。


入門!実践!サーバーサイドKotlin (技術の泉シリーズ(NextPublishing))

男性/31歳/Web制作会社/2年

Linuxの内部について基礎的な部分から学習できます。分量が多いのですが、その分細かい部分も比較的優しい言葉で記載されている点がいいとも思いました。コマンドと具体例w同時に確認できるので割と理解しやすい本だと思いました。ただ、ところどころ言葉の説明が省略されていて各自で調べなくてはならないところもあるので1通りLinuxってなんだろう、ぐらいの前知識がある人でないと読みきれない内容だと思います。


本気で学ぶ Linux実践入門 サーバ運用のための業務レベル管理術

男性/40歳/Web制作会社/6年

特に重視する点はIPv4からIPv6へと移行している期間である今の現状と今後のコンテンツ事業者と共に共有し課題とする話が特に良く役に立ちました。現状の段階でいる確信が必要なipv6の話がわかりやすくまとめられているので非常にためになります。


クラウド&データセンター完全ガイド 2020年春号 (impress mook)

[PR]:自社サービスのエンジニアになる!


男性/35歳/情報サービス/10年

ハードからソフトまで基本的な用語や設計の考え方などが書かれていてIT分野のことがわからない人にも丁寧に書かれています。


インフラエンジニアの教科書

女性/34歳/システムインテグレータ/10年

Node.jsを扱うことになり、購入しました。このシリーズは内容が詳しくある程度知りたい内容が網羅されているので、良く利用しています。
Node.js初心者におすすめです。


Nodeクックブック

男性/48歳/Web制作会社/24年

Webアプリ開発におけるセキュリティについて、根本的な仕組みから解き明かし対処法を明確に示してくれて、かつ網羅しているので一冊買って手元に置いておけばリファレンスとして使える本です。


体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方[固定版] 脆弱性が生まれる原理と対策の実践

エンジニアはWorsPressの「中をいじる」ことも多いですが、その各種手法を網羅した本です。ただし読むにはWordPressの構造に関する基本的な知識を要します。


エンジニアのためのWordPress開発入門 (Engineer’s Library)

Djangoを始めるならまずこれでしょう。一見複雑で分かりにくいDjangoについて、本当に易しく教えてくれます。ただし、実践レベルの知識はつきません。


Python Django 超入門

Djangoの基礎知識がある方が次のステップとして読むのにおすすめです。DBの操作などが簡単にできるようになります。Djangoについて何も知識が無い人がいきなりこれを読むと面食らうかもしれません。


現場で使える Django の教科書《基礎編》

サーバのインフラエンジニアが扱う領域の技術について、丁寧に解説しています。サーバサイドエンジニアもインフラの知識が無いとシステム構築できないので、必須知識として読むべき本です。


[24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ‾スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

Pythonに興味がある方は必読!【Djangoの求人・会社】のあれこれをご紹介!


[PR]:自社サービスのエンジニアになる!


男性/29歳/Web制作会社/3年

男性/38歳/システム開発会社/15年

大規模なサーバーを立てるのであれば、Unixなのだろうが、敷居は高い。中小規模な場合は、Windowsだし、ニーズも多い。そこで、この本をおすすめしたい。ぎっしりと書かれているため、読みづらいところもある。が、ストーリー性があり、新人研修などで使うとわかりやすいと思う。ページを読み進めながら、一つ一つ真似ていけば、サーバーを立てられるようになる。最初のうちは、難解な用語は気にしないようにして、「まずはサーバーを稼働させる」くらいの気持ちで読み進めるほうがよい。時間をかけすぎると、挫折してしまうかもしれない。


ひと目でわかるWindows Server 2019

男性/33歳/大手電機メーカー/10年

アーキテクチャーのデザインパターンについて実際のソースコード付き、図付きでわかりやすくまとめてある。


Clean Architecture 達人に学ぶソフトウェアの構造と設計 (アスキードワンゴ)

男性/26歳/Web、アプリ制作会社/5年

昨今、サーバーはクラウド化になりつつあります。どの企業でも使用しているMicrosoft Active Directoryをクラウド化したいという話も最近よく耳にします。
エンジニアなら、まず手を動かして自分で確認して知識とするかと思います。
本書は、手順のスクリーンショットも乗っているので操作ミスということがなく、順序よく知識を貯めることができます。著者の方も有名です。


ひと目でわかるAzure Active Directory 第2版 (マイクロソフト関連書)

[PR]:自社サービスのエンジニアになる!


男性/36歳/ゲーム開発会社/14年

サーバサイドエンジニアとして10年以上仕事していますが、APIの最適化(高速化や可視化、メンテナンス性の向上)は未だにフロントエンドとモメる分野になります。この本ではAPI設計であったり、高速化を含む開発手法が丁寧に掲載されているため、非常に重宝しています。世界でもMicrosoftの技術を利用したエンジニアリングではトップレベルのスコット・メイヤー氏(.Netを専門にしている人では知らない人は少ない)の本なので安心してオススメできる書籍です。ただ本の難易度については、ある程度プログラミングの基礎知識がある中級者(3年目)以上の内容になっているため、初心者には難しいかもしれません。


Effective C# 6.0/7.0

男性/42歳/某通信事業会社/17年

レンタルサーバーやホスティングサービスではBSDやLinuxなどのUnix系OSが利用されており、サーバーサイドエンジニアとして活躍するためにはサーバーサイドスクリプトの技術習得が必須です。現在ではサーバー側でも「JavaScript」が利用されており、この本を読むことで「サーバー側でのJavaScript」の基本を学ぶことができます。


開眼! JavaScript ―言語仕様から学ぶJavaScriptの本質

男性/34歳/スマホアプリ開発会社/11年

ネットワークやデータベースといったサーバーサイドエンジニアには欠かせない基礎知識が一通り載っているのでオススメです。「絵で見てわかる」のタイトルにあるように、図解が多いのもわかりやすくてよかったです。


絵で見てわかるITインフラの仕組み 新装版

[PR]:自社サービスのエンジニアになる!


男性/38歳/クラウドパッケージベンダー(ERP)/13年