IT関連の主な仕事一覧

Web転職での業種選びに!職種や仕事内容、必要なスキルを詳しく解説します。

更新日: 投稿日:2017年12月11日

Webブラウザのイメージ

  • Web系の仕事ってどんな職種があるのかな?
  • Webサイトってひとりで作れるのかな?
  • どんなひとが向いてるのかな?

こういった未経験の方に向け、わかりやすく解説します。

近年ではスマートフォンは日常に不可欠なものとなりました。今後は5Gの普及やIoT・AIの技術発展によりWeb関連の仕事もますます増えることが予想されます。

また昨今の社会情勢もあってリモートワークなどの『働き方』を考えるひとが増え、需要も高く環境が整っていれば自宅作業も可能な「Web業界の仕事」が注目されています。

ここがポイント!
スキルや経験値が上がればフリーランスとしての道も開けますね!

Web業界にもさまざまな職種があり、仕事内容や年収にも違いがあります。本記事を読むことで「自分に向いている職種」や「キャリアップのための職種」などを理解し、仕事選びの参考にして頂ければ幸いです。

Webサイトへの需要は年々高まっている

パソコンと作業机のイメージ

Webサイトを作る際には、どのような人たちが活躍しているのでしょうか?

Webサイトを制作する際には、コンテンツの企画、デザイン、プログラミングなど様々な工程が行われています。それぞれの作業はWebプランナー、Webデザイナー、Webプログラマーが担当し、それらの作業全てをWebディレクターが管理します。

このような作業分担が行われるのは比較的規模の大きい開発案件をこなすIT企業です。フリーで活躍する場合なら、企画からプログラミングまで全ての作業を一人でこなすこともあります。

[PR]:未経験・異業種からのWeb業界への転職なら、現役エンジニアが厳選した「エンジニアにおすすめ!IT/Web系に強い転職サイト11選|現役プロが比較・ランキング」という記事をご覧ください。

ここでは、これらの作業工程を担当するそれぞれの役割について、ご説明しましょう。

Web企画担当

Web企画とは、Webサイトおよび、サイトに掲載するコンテンツなどを作る仕事です。

どのようなサイトを作るのかをあらかじめ考えておかなければ、Web制作に入ることはできません。Web企画担当者はクライアントからの依頼をもとに、内容の企画、提案、サイトのコンセプト作りを行います。そして、より多くの訪問者が獲得できるサイト作りを研究し、クライアントに提案しています。

クライアントとWebサイトの内容についてすり合わせを行うという大事な仕事もあります。

Web企画はWebサイト制作の方向性を決める、大事な工程です。

Webディレクター

Webディレクターは、Webサイト制作に携わるすべての担当者を取りまとめるリーダー的存在です。

自社サービス会社で働く「Webディレクターの1日」|仕事内容や働き方、生活スタイルとは?


WebディレクターはWebサイトの制作スタッフを取りまとめ、プロジェクト全体の進行、管理を行います。具体的には、Webサイト制作の進捗状況の管理、出来上がってきたサイトの品質チェック、スタッフの管理などです。

また、クライアントの要望と制作現場の意見の両方をまとめるという仕事も重要です。Webディレクターが窓口となってクライアントの要望を現場に伝えたり、現場からの声をクライアントに伝えたりします。小規模のサイトなら、Webディレクターがコンテンツの企画、撮影、取材を自ら行うこともあります。

Webプランナー

Webプランナーは、クライアントの意向にもとづきWebサイト制作のプランを立て、編集を行います。

彼らの重要な役割は、「見やすく使いやすいサイト」「訪問者が多いサイト」を目指して、サイトの利用者を想定しながら設計するということです。クライアントからの要望に応えることはもちろんですが、時にはサイトの訪問者を増やすためにクライアントへの提案も行います。

クライアントはWebサイト制作に関しては素人です。

ですから、Webサイトのプロである制作者側から提案することで、クライアントの要望をより的確に取り入れることができます。

Webプランナーはプログラミング技術などに長けている必要はありませんが、インターネット全体の構造にも熟知していることが必要です。

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webページのデザインを行います。

HTMLやCSSを使ってWebサイトを構築する技術や、色彩感覚、デザインのセンスなども必要とされます。また、魅力的なサイトを作るには、見た目の美しさだけでなく、訪問者にとって利用しやすい構成になっていることも大切です。

ユーザーが使いやすく見やすいサイトをデザインする必要があります。

さらに、デザインは自分自身の感性も大切ですが、Webサイトの流行を知っておくことも大事です。そのため、その時その時のWebサイトのトレンドを知り、色やスタイル、最新の技術など、新しいことを吸収していく必要があります。

Webプログラマー

Webプログラマーは前工程の担当者が設計した仕様書をもとに、Webシステムを開発する仕事です。

PHPやJavaScriptなどのプログラミング言語を駆使し、Webサイトのサーバー側のプログラムを制作していきます。時には、Webプログラマー自ら設計を担当することもあります。

最近のWebサイトはシステム連動の場合が多く、Webプログラマーが開発するシステムは、サイト上の簡単な問い合わせフォームから、データベースを駆使したシステムまで幅広くなっています。

そのため、次々と変化していくWebサイトのトレンドに合わせて新しい技術を習得していく必要もあるでしょう。

[PR]:未経験・異業種からのWeb業界への転職なら、現役エンジニアが厳選した「エンジニアにおすすめ!IT/Web系に強い転職サイト11選|現役プロが比較・ランキング」という記事をご覧ください。

-IT関連の主な仕事一覧
-, , ,

関連記事

未経験からサーバーサイド(バックエンド)エンジニアへ転職するためには?【解説します】

未経験からサーバーサイドエンジニアへ転職するために必要なスキル・知識とは?バックエンドとは何が違う?

サーバーサイドエンジニアについて、 未経験からでもなれるのかな? 仕事内容ってどんなだろう?きついって本当かな・・ おすすめの言語や勉強方法を知りたいな このような疑問や不安を抱く、エンジニア未経験の …

サーバーエンジニアとは?仕事内容や転職事情、必要なスキルや知識を解説!

サーバーエンジニアとは?仕事内容や転職事情、必要なスキルや知識を解説!

注)サーバーサイドエンジニアについて知りたい方へ 本記事はサーバーエンジニアについての基礎知識の記事となっております。 『サーバーサイドエンジニア きつい』『サーバーサイドエンジニア 未経験』などと検 …

モニターのイメージ

システム関連の仕事にもいろいろな種類がある!

目次1 知識・技術×コミュニケーション力が求められるSEの仕事とは?2 システムエンジニア3 システムアドミニストレーター4 システム開発者5 システム管理者 知識・技術×コミュニケーション力が求めら …

機械学習エンジニアの仕事内容とは?将来性やスキルについても解説

機械学習エンジニアの仕事内容とは?将来性や必要なスキルについても解説

近年、AIの発達により機械学習エンジニアに興味を持つ人も多いのではないでしょうか。 しかし、機械学習エンジニアといっても、「AIを扱う人」、「ビッグデータを扱う人」など抽象的なイメージを抱く人も多いの …

マウスのイメージ

技術系だけじゃやない!システム開発以外にもIT系のお仕事はたくさんある!

IT業界に転職・就職したいけど、求人サイトや転職支援サイトを見ても職種が多くて自分にはどの職種が合っていて、どの職種を目指すべきなのかと思っている方も多いのではないでしょうか?「そもそも未経験や異業種 …

[PR]:
今なら割引クーポンあり!

転ストの中の人

  • 運営者のstaff H
  • 運営者のstaff M

エンジニア歴15年のstaffHとWebデザイナー・ディレクター歴20年のstaffMの2名が中心となりこのサイトを運営しています。転職/就職やフリーランスへの転向、未経験からのプログラミング学習など、これから”新しい一歩を踏み出そうとしている、エンジニア・クリエイター”に役立つ情報を発信しています。

プロフィール詳細 / Twitter
[PR]:




[PR]:
ページのトップへ戻る