エンジニアの転職

更新日:2020/09/17

ITエンジニアが地方転職で成功するために知っておくべきポイント【3選】!

ITエンジニアの地方転職を成功させるポイント

私たちの身の回りにもIT技術があふれ、一層生活に欠かせないものとなっています。IT需要の高まりに伴いIT人材も今以上に必要とされるでしょう。

日本のIT業界においては首都圏一極集中と言われていますが、今後もIT技術の高度化や普及に伴い、地方への分散ではなく首都圏へ集中していく動きは加速していくと予想されます。

地方の中小企業においても自社の経営戦略や事業活動を拡大する上でIT人材確保は急務であり、採用を強化している企業がたくさんありますが、IT人材が慢性的に不足しているのが現状です。

エンジニア経験10年の筆者が解説!

「生まれ育った地方で働きたい」
「のんびりと過ごせる田舎暮らしをしたい」
「UターンやJターンでの転職を検討している」

こういったITエンジニアに向け、『転職を成功させるために知っておくべき3つのポイント』を、採用担当者として携わった経験をもとに詳しくご紹介します。

すでにIT・Web転職を検討中、活動中の方へ。

下記のエージェントは電話・オンラインでの面談を実施しておりますので、少しでも気になるエージェントがあれば『複数へ登録』し、得られる求人の幅を広げておくことをおすすめします

[大手転職エージェント]

[特化型エージェント]

  • ワークポート ※在宅・リモートワークを取り入れた企業への紹介実績が多数あり!


地方でのIT求人について

求人に応募するイメージ

地方におけるIT求人は大きく分けて2種類あります。

1.地方のソフトウェア開発会社へ転職

地方のソフトウェア開発会社では、都市部にある大手企業から仕事を請負して自社内で開発をする事が多いです。

リモートワークが普及し、地方に居ながら都市部の顧客と打合せを実施する機会が増えてきました。しかし、環境面で発展途上であり、重要な打ち合わせやシステム開発の節目、契約時においては都市部への出張が必ず発生します。

移動時間や出張経費の面から都市部の支店への異動や、客先へ常駐として都市部に戻ってしまうケースも多くあります。

場所にとらわれず地方からリモートで働く?アフターコロナのエンジニアの働き方

2.地方企業の社内SEへの転職

地域に根付いた企業においても自社の事業活動の積極的なIT化の検討を行う企業が増えてきました。今後の事業戦略を検討する上でもニーズは高まるばかりです。
Uターン、Jターンを目的として転職する方にとっては一定の地域に腰を据えて仕事ができるメリットがあります。

社内SEになるには?仕事内容と取るべき【資格】を現役エンジニアが解説します。

社内SEの仕事とは?転職に向けてすべき準備や必要なスキル・経験とは?


社内SEに強い転職エージェント・転職サイト3選!

  1. 社内SE転職ナビ|社内SEに特化した転職エージェント
    社内SEに特化した転職エージェント。絶対社内SEに転職したいひとはここ

  2. マイナビIT AGENT|国内最大級の転職支援実績
    社内SEの求人を多数保有した大手転職エージェント。メガベンチャーや有名スタートアップ系に強い

  3. レバテックキャリア|エンジニア専門転職エージェント
    専門用語が通じるから内定率も上がる。IT/Web系に強い転職エージェント

社内SEの業務・求められること

社内SEが仕事をしているイメージ

社内SEの業務はシステム開発だけではなく、自社の経営戦略や事業活動を理解した上で、業績アップ・業務プロセス改善・コスト削減など最適なITシステムの導入を検討し提案します。

システム開発は、社内SEが開発を着手しシステム構築を進める場合と、情報システム開発会社やソフトウェア会社へ外注する場合があります。

いずれの場合においても社内SEが全体の指揮を取りプロジェクトの進捗状況を見ていく必要があります。導入後にはシステムの保守運用、変更・拡張を行いながら、必要に応じて社員のサポートも行います。

幅広い業務範囲が求められると共に、社内で培った業務知識や経験を元に、次の経営戦略や事業活動へ繋げていく目線が求められるでしょう。また、社内SEとして技術の変化への対応や最新のIT情報などにも精通している必要があります。

【徹底比較】あなたは「社内SE」派?「受託開発」派?〜エンジニアの働き方からみたメリット・デメリット

地方で社内SEとして転職するメリット

社内SEのやりがい・メリットのイメージ

地方企業で社内SEとして転職するメリットを3点紹介いたします。

1.やりがい・社内で頼りにされやすい

社員をサポートする機会が多くあり、ヘルプデスクとしてPCサポートからプリンター設定、スマートフォンアプリなどあらゆる社内ITツールの問い合わせに対応したり、業務を効率化するためのアドバイスなどを行ったりします。

地方企業では、PCやソフトウェアに関する知識がない人や経験が浅い人もいるため、社内SEは頼りにされる存在です。仕事の影響範囲が社内だけにとどまる一方で、システムの導入やシステムのトラブル対応行った場合、その場で感謝、感想、クレームといったフィードバックを受けるため、社内でも様々な人と面識を持つ機会が多くなります。

この点でもやりがいを感じる方も多いのではないでしょうか。

2.自社システム開発のためプレッシャーを感じにくい

システム開発に従事しているとQCD(品質/コスト/納期)を常に意識する必要があります。社内SEとしてシステム構築を行う際には、決してQCDを甘く見て良い訳ではありませんが、比較的柔軟に計画を策定できますし、残業時間も受託開発に比べると減少する傾向にあります。

3.地域水準よりも好待遇である事が多い

都市部の給与水準に比べ地方の給与水準は減少してしまう傾向がありますが、地域に根付いた優良企業では好待遇の給与水準や福利厚生が用意されている事が多いです。

地方での物価水準を加味すると、最終的に手元に残る給与は都市部の暮らしを上回る事も多いです。また、IT人材確保が難しくなりITスキルを持った人へ手当や役職を付ける企業も増えてきており今が転職のチャンスともいえます。

社内SEの仕事とは?転職に向けてすべき準備や必要なスキル・経験とは?

【徹底比較】あなたは「社内SE」派?「受託開発」派?〜エンジニアの働き方からみたメリット・デメリット

まとめ

人手不足のイメージ

人材確保が急務な時代であり、全くのIT業界未経験者であってもIT従事者枠としての採用が増えてきています。

都市部でのシステム開発経験やプロジェクト管理などのITスキルを持ち、Uターン、Jターンで地方企業へ転職をするのは好待遇を引き出せるメリットだけでなく、地方に存在する複数の優良企業から声がかかるチャンスと言えます。

今までに培った業務知識や経験をうまく活かすことができれば、IT業界で大きく飛躍できる可能性があります。

もう一度「ITエンジニアが地方転職で成功するために知っておくべきポイント【3選】!」を読む ↑

地方にも強い転職サイト・転職エージェントで地方求人を探す

地方での転職を成功させるなら、多くの求人を取り扱う大手エージェントへの登録が効果的です。

地方にも強い転職サイト・エージェント3選
  1. 求人数の多さは流石の業界最大手!
    リクルートエージェントの[公式サイトへ]
  2. 案件の幅も広く、地方求人も豊富!
    dodaの[公式サイトへ]
  3. サポートに定評あり!地方求人も多い!
    パソナキャリアの[公式サイトへ]

もっと幅広く地方求人を集めるなら、「IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!現役エンジニア厳選」を参考にしてください。大手転職エージェントはもちろん、特化型の転職エージェントでも地方求人に対応しているサービスはあるので、ぜひ一度ご覧ください。

IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!現役エンジニア厳選

社内SEの求人に強いエージェント

社内SEに強い転職エージェント・転職サイト3選!

  1. 社内SE転職ナビ|社内SEに特化した転職エージェント
    社内SEに特化した転職エージェント。絶対社内SEに転職したいひとはここ

  2. マイナビIT AGENT|国内最大級の転職支援実績
    社内SEの求人を多数保有した大手転職エージェント。メガベンチャーや有名スタートアップ系に強い

  3. レバテックキャリア|エンジニア専門転職エージェント
    専門用語が通じるから内定率も上がる。IT/Web系に強い転職エージェント

地方で仕事をするならフリーランスという選択肢も

フリーランスエンジニアとして地方で仕事・案件を探すのであれば、フリーランスエンジニア向けのIT求人・案件サイト/エージェントの活用がおすすめです。

フリーランスエンジニア向け求人・案件エージェント
  1. レバテックフリーランス ※業界最大手!高単価多い!
  2. ギークスジョブ ※Web系ベンチャーに強い!サポート体制抜群!
  3. フォスターフリーランス ※優良案件を常時5,000件以上保有!

→ すべてのフリーランスエンジニア向けのIT求人・案件サイトはこちら

フリーランスエンジニアが[登録すべき]案件・求人紹介サイト(エージェント)比較11選!未経験でも挑戦可能!

-エンジニアの転職
-, , , , , , , ,

関連記事

ビジネススキルのイメージ

自社開発(自社サービス)と受託開発エンジニアの働き方の違いとは?キャリアパスや年収、労働時間の差は?

IT企業未経験で、『受託開発』と『自社開発(自社サービス)』どちらが良いのか分からない・・・ 『受託開発』の会社に勤務しているけど、『自社開発(自社サービス)』の方に転職したい・・・ そもそも『自社開 …

ITエンジニアが地方へ転職・フリーランスになる方法やメリット・デメリットとは?

ITエンジニアが地方へ転職・フリーランスになる方法やメリット・デメリットとは?

筆者は、IT企業に勤めて18年目になります。その中で数回転職経験があり、その内の1回は東京から地元石川県の企業に転職しております。 今回は筆者の経験を踏まえて、「ITエンジニアが都会から地方に転職する …

面談をするイメージ

《現役キャリアアドバイザー》から見た、40代・未経験からのIT・Web業界への転職チャレンジ

40代未経験でもIT業界に転職できるかな? 何社くらいに応募すれば良いのかな? 転職できたとしても、給与交渉はできるかな? こういった疑問に【現役キャリアアドバイザー】がお答えします。 本記事のテーマ …

あなたは今、「受託開発/自社開発・サービス」会社のどちらで働いてますか?

受託開発・自社サービス会社のやりがいやメリットを教えてください|現役エンジニアにアンケート!

本記事は、 受託開発会社で様々な案件を経験する事で場数を増やし、エンジニアとして成長したい! 自社サービス(自社開発)会社で新しい技術を身に付けながら、サービスを育てていきたい! もしくは、 受託開発 …

IT業界に転職するのに資格は必須?転職の仕方や準備すべきことなど【現役エンジニアが解説】

IT業界に転職するのに資格は必須?転職の仕方や準備すべきことなど【現役エンジニアが解説】

未経験で無資格だけど、IT業界に転職したい。やはり資格の一つでも取得しとく必要があるのかな?仕事をしながらでも勉強できるかな? こういった疑問にお答えします。 本記事ではご自身も現役エンジニアである方 …






[PR]
[PR]:
ページのトップへ戻る