エンジニアの転職

更新日:2020/11/05

エンジニアがマーケティング会社に転職するメリットや必要なスキル・知識を解説!【注意点も】

エンジニアがマーケティング会社に転職するメリットや必要なスキル・知識を解説!【注意点も】

現在、新型コロナの影響で世の中が不況に陥りそうな雲行きの中、WEBマーケティング業界は伸びている業界です。WEBマーケティング業界は、エンジニアである経験を生かせる業界ともいわれています。

現在エンジニアをしている人の中でも、「エンジニアからマーケティング会社に転職したい」、「エンジニアから広告代理店に転職したい」、「フリーランスのエンジニアになりたい」という方には、幅広いの業務に関われるマーケティング会社がおすすめです。

元エンジニアでマーケター歴3年の筆者が解説

今回は、エンジニアのキャリアチェンジとしてマーケティング会社に転職するメリットを含め、仕事内容や必要なスキルをご紹介していきたいと思います。

[PR]:Web広告やマーケティングのスキルを身につけるなら

エンジニアのデメリット

エンジニアのデメリット

エンジニアという仕事は、他の職種と比較しても高年収を狙える職種ではありますが、

  • ひとつのプロジェクトが長い
  • 携われる仕事が限定的
  • 興味がない業種だとつらい

などのデメリットが挙げられます。

プロジェクトが長い

基本的にエンジニアが参画する仕事は、プロジェクト一つひとつの期間が長いものが多く、半年くらいのものから中には数年に渡るプロジェクトまであります。スピード感を持って次々と仕事をこなしていきたい方には、モチベーションを維持することが難しいかもしれません。

仕事の範囲が限定的

エンジニアは、システム構築の中で細分化された業務の一つを進めていきます。特に新人や経験の浅いエンジニアは部分的で専門的な業務が多いです。プロジェクトマネージャーのように、チームやスケジュールを管理・コントロールする立場になれば全体を総括できるようになりますが、そのためにはある程度の経験や実績が必要となります。いち早くプロジェクトを動かせる人材になりたいと思う方には、不満が溜まる要因となるでしょう。

興味がない業種だとつらい

エンジニアの役割は、システムをただ作成することだけが目的ではなく、ユーザーのニーズやクライアントの商品・サービス戦略なども考慮しながら開発を進める必要があります。そのため、自分が担当になった案件については、その業界についても理解を深める必要があります。

ある現場の新人エンジニアは、入社して間もなく物流系業務システムに詳しくなるようにキャリアプランが組まれていました。しかし、本人からしてみれば物流専門としてのエンジニア業務を続けていくつもりはなく、結果長続きせずに退職してしまいました。

業界を問わず、様々な企業の案件に関わって実力をつけたい方は、マーケティング業界への転向も検討してみると良いでしょう。

Webマーケティングってどんなお仕事?

Webマーケティングってどんなお仕事?

Webマーケティングとは、Webという媒体を使って商品をPRする行動すべてのことです。例えば、インターネットで広告を使って集客したり、集客のためにサイトをデザインしたり、メールやLINEでコミュニケーションをとるなどがあります。簡単にいうと、お客様に情報共有と商品の魅力を伝えるお仕事です。

企画や提案業務が多く、チームを組んでコンテンツやKPI・KGIなどの目標値を決めていきます。プロジェクトには期間が短いキャンペーン企画などもあり、スピードも求められます。

また、マーケティング会社が取り扱う業界・業種は様々で、不動産や通販、交通、健康・医療、食品など、とても幅広く対応しています。エンジニア職と比べて結果が数値として出るので、自分の施策の良し悪しが目に見え分かりやすいのがマーケ職の特徴といえます。

マーケティング業界への未経験での転職はどの程度可能?

マーケティング業界への未経験での転職はどの程度可能?

Webマーケティング業界は、20代であれば未経験でも転職可能として採用枠を設けている企業もあります。未経験でも転職可能なのは、この業界がまだ歴史が浅い事と人材が不足している事が理由として挙げられます。

エンジニアがマーケ職未経験から入社するには、ある程度研修期間のある企業が理想です。しかし、マーケティングは営業やコンサルタント職などが多く活躍する業界ですので、まずはそれらの職種からスタートして、徐々に企画やPRなどの職種に移行するのも良いでしょう。

Webマーケティングに必要なスキル

Webマーケティングに必要なスキル

エンジニアから未経験でマーケティング会社に転職するのを不安に感じる人も多いでしょう。Webマーケティングに必要なスキルについてご紹介します。

一つ目は「データの分析能力」です。Webマーケティングでは、アクセス数など数字の世界です。数字からデータを分析できないと満足できる結果は得られないでしょう。

次に人を「人を動かす力」です。Webマーケティングでは、デザイナーやエンジニア、様々な人たちと関わっていくのでコミュニケーション能力が必要とされる現場です。また、エンドユーザーや世の中の「ニーズを考える・読み取る力」がが必要です。マーケティングでは、情報をいち早くつかんでいけるような『流行に敏感な人』が求められます。

Webで広告・サイトを作成することもあるので、IT知識もある程度は必要です。当然エンジニアあればIT知識に関しては十分に条件を満たしていますので、さらにコミュニケーション能力に自信があり、流行に敏感でIT業界に詳しい方なら最適といえます。

未経験からWebマーケターになるためのおすすめ勉強法を解説!独学でも身につく!

なお、マーケティングに関する知識をしっかり学びたいという方には、オンラインスクールの受講も検討してみていかがでしょうか。プロによる指導で、マーケティング領域のスキルを実践で通用するレベルにまで引き上げることができます。

現役トップマーケターのマンツーマン指導によるオンラインスクール!

デジプロの公式サイト

デジプロ
マーケ職や広告運用への転職を目指す方におすすめ。オンラインor通学を選択でき社会人でも安心です。

デジプロの[公式サイトへ]

未経験特化型カリキュラムでWebマーケターへの転職を目指す!

マケキャンbyDMM.comの公式サイトへ

マケキャンbyDMM.com
未経験からWebマーケターへの転職を『3ヶ月』で目指せる、『転職サポートあり』のスクールです。

マケキャンbyDMM.comの[公式サイトへ]

現場で活躍できるITビジネス・マーケティングスキルを【7週間】で習得

ビズデジの公式サイト

ビズデジ
マーケティングスキルをはじめ、IT業界に必要なスキルを網羅したカリキュラムで学習できます。転職もしっかりサポート。

ビズデジの[公式サイトへ]

また、これまで開発に集中することが多く、「クライアントとの折衝や他メンバーとのコミュニケーションが少なかった」という方や、「流行やトレンドにはあまり関心が無かった」という方は、これからの意気込みや身に付けるための具体的な方法などを、面接の場や履歴書・職務経歴書でアピールするようにしましょう。そうすれば、未経験からの転職でも内定の可能性が”グン”と高くなります。

転職で失敗しないために

転職で失敗しないために

エンジニアからマーケティング会社に転職をする場合、企業選びが大きなポイントとなります。できるだけ顧客の予算規模があって、運用力のある会社に転職するのがベストです。

とは言え、判断方法に困る方も多くいると思います。何を判断基準にするかというと「ホームページに記載されているクライアントの実績」です。具体的には「会社規模の大きい顧客の実績はあるかどうか」と「Web集客に力を入れている実績がある」かです。「Web集客に力を入れている実績」というのはFX、クレジットカード、ECなどがあります。

さらに詳細を知るには、企業との太いパイプを持つ転職エージェントを活用することもおすすめします。企業訪問を頻繁に行う転職エージェントであれば、実績や取引先の情報などを詳しく共有して貰えるので、面接の事前準備が徹底して可能となります。

マーケターへの転職におすすめな転職サイト・転職エージェント5選

    [大手エージェント]

  • マイナビIT AGENT
    大手企業、有名ベンチャー求人を多数保有。20代・30代前半の転職に強い
  • リクルートエージェント
    求人数の多さはさすがの業界最大手。最低限の登録はしておきたいエージェント
  • doda
    案件の幅も広く地方求人も豊富。サポートが手厚いので経験の浅い方にはおすすめ
  • [特化型エージェント]

  • マスメディアン
    広告・マスコミ業界の求人に圧倒的な強さを持つエージェント。運営元はあの「宣伝会議」
  • Webist(ウェビスト)
    クリエイター・広告系の人材サービスで有名なクリーク・アンド・リバーが運営

まとめ

まとめ

今回はWebマーケティング会社とはどういったもので、エンジニアからマーケティング会社に転職するのはどのような人が向いているかなどをご紹介しました。

Webマーケティング業界は、様々な業種・業界に関わるプロジェクトを主体的に提案・企画したいと思っている方には理想的な環境です。流行やトレンドにもついていかなくてはならないので、好奇心や探究心も不可欠となります。

本記事を読んで常にアンテナを張りながら新しいことにチャレンジしてみたいと感じた方は、マーケティング業界へのチャレンジをおすすめします!

もう一度「エンジニアがマーケティング会社に転職するメリットや必要なスキル・知識を解説!【注意点も】」を読む ↑

マーケターへの転職におすすめな転職サイト・転職エージェント

未経験からマーケティング領域に転職したいなら、業界に強い転職サイト・転職エージェントには複数登録しておきましょう。その中で、少しでも気になる求人があれば気軽に質問や相談をしてみてください。

未経験ですと求人内容を読んで不安になったり応募を躊躇してしまいがちですが、企業に「話を聞きに行く」くらいの気持ちで行動に移したほうが効率的なので、ぜひ実行してみてください。

コロナの影響もありオンライン面接[可]の企業も増えていますので積極的に活用してくださいね。

登録するエージェントのおすすめの組み合わせは[大手]+[特化型]。対応や相性が微妙であれば別のエージェントで進めれば大丈夫なので、大手は全て登録しておいても損はないです。

マーケターへの転職におすすめな転職サイト・転職エージェント5選

    [大手エージェント]

  • マイナビIT AGENT
    大手企業、有名ベンチャー求人を多数保有。20代・30代前半の転職に強い
  • リクルートエージェント
    求人数の多さはさすがの業界最大手。最低限の登録はしておきたいエージェント
  • doda
    案件の幅も広く地方求人も豊富。サポートが手厚いので経験の浅い方にはおすすめ
  • [特化型エージェント]

  • マスメディアン
    広告・マスコミ業界の求人に圧倒的な強さを持つエージェント。運営元はあの「宣伝会議」
  • Webist(ウェビスト)
    クリエイター・広告系の人材サービスで有名なクリーク・アンド・リバーが運営

もっと多くの転職エージェントを知りたい方は、IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!【現役エンジニア厳選】という記事をご覧ください。

IT/Web系に強い転職エージェント・転職サイト11選!現役エンジニア厳選

未経験からWebマーケティングを学習するのにおすすめなスクール3選

未経験からWebマーケティングを目指す方におすすめなスクールをまとめました。社会人でも無理なく学習できるので気になるスクールがあれば、無料の体験会や相談会へ参加をしてみると良いでしょう。

現役トップマーケターのマンツーマン指導によるオンラインスクール!

デジプロの公式サイト

デジプロ
マーケ職や広告運用への転職を目指す方におすすめ。オンラインor通学を選択でき社会人でも安心です。

デジプロの[公式サイトへ]

未経験特化型カリキュラムでWebマーケターへの転職を目指す!

マケキャンbyDMM.comの公式サイトへ

マケキャンbyDMM.com
未経験からWebマーケターへの転職を『3ヶ月』で目指せる、『転職サポートあり』のスクールです。

マケキャンbyDMM.comの[公式サイトへ]

現場で活躍できるITビジネス・マーケティングスキルを【7週間】で習得

ビズデジの公式サイト

ビズデジ
マーケティングスキルをはじめ、IT業界に必要なスキルを網羅したカリキュラムで学習できます。転職もしっかりサポート。

ビズデジの[公式サイトへ]

-エンジニアの転職
-, , , , ,

関連記事

書類選考で 差をつける ポートフォリオ 作成術!

フロントエンドエンジニアを目指す大学生は必見!【書類選考で差をつけるポートフォリオ作成術】

「デザイナーじゃないのにポートフォリオ作るの?」という疑問をお持ちのそこのあなた!!実はエンジニアの選考でもポートフォリオの提出を求める企業が最近増えています! 特にその中でもweb制作会社などのフロ …

パソコンでプログラミング画面を見る

システム開発会社で働く「プログラマーの1日」の仕事の流れ、働き方や生活スタイルとは?

ソウタさん(仮名) のプロフィール 年齢 30代 性別 男性 会社の業種 システム開発会社 担当の職種 オープン系プログラマー [PR]:未経験からのプログラマー転職なら最低限ここ ワークポートの評判 …

社内SEになるには?仕事内容と取るべき【資格】を現役エンジニアが解説します。

社内SEになるには?仕事内容と取るべき【資格】を現役エンジニアが解説します。

社内SEは、自社内のプロジェクトの企画から開発、保守、運用まで幅広い業務を行う仕事です。 そんな社内SEに役立つ資格にはどのようなものがあるのでしょうか。 ここでは現役エンジニアである筆者が、社内SE …

営業からエンジニア・プログラマーに転職するには?必要なスキルや勉強方法などを解説!

営業からエンジニア・プログラマーに転職するには?必要なスキルや勉強方法などを解説!

営業の方でもキャリアチェンジのためプログラミングをやってみようか・・・。と検討する方が最近増えていますよね。実はプログラミングは根気が必要で、プログラミング初心者の方がいきなりプログラミングをするのは …

プログラムのソースコード画面

【徹底比較】あなたは「社内SE」派?「受託開発」派?〜エンジニアの働き方からみたメリット・デメリット

システムエンジニア(SE)やプログラマーは、所属する会社によって2種類に分けられるのはご存知でしょうか。 1つは受託開発会社(システム、ソフトウェア開発会社等)のSE、もう1つは企業内のSE(社内SE …






[PR]
[PR]:
ページのトップへ戻る