エンジニアの転職

更新日:2021/09/07

《現役キャリアアドバイザー》から見た、40代・未経験からのIT・Web業界への転職チャレンジ

面談をするイメージ

  • 40代未経験でもIT業界に転職できるかな?
  • 何社くらいに応募すれば良いのかな?
  • 転職できたとしても、給与交渉はできるかな?

こういった疑問に【現役キャリアアドバイザー】がお答えします。

本記事のテーマ

40代未経験のIT・Web業界転職、その可能性と現実を解説。
ここがポイント!
この記事を寄稿して頂いた方は、これまで1,000名ほどのエンジニアの転職活動に携わってきた現役キャリアアドバイザーさんです。女性のエンジニア転職についても寄稿頂いていますので、興味のある方はこちらもご覧ください。「未経験でも挑戦可能!女性がエンジニアで活躍する理由!

[PR]:未経験からWebマーケティング・Web広告を学ぶならここ

売上に繋がるスキルを学ぶ超実践デジタル広告スクール『デジプロ』

本記事でわかる事

今すぐ無料登録したい方はこの3サイト

登録は簡単ですので、何はともあれ『複数登録』しておきましょう。選べる求人の幅が広がります。
  1. doda|日本最大級の求人数
    ※ミドル層の転職にも強く、地方求人も多数保有!
  2. リクルートエージェント|転職支援実績No.1
    ※圧倒的求人数とスピーディーなサポートは流石の業界最大手!
  3. TechClipsエージェント|事業会社・自社開発企業に特化
    年収500万円以上の求人が100%!首都圏で年収アップを狙うなら登録必須!
もっと多くの転職サイト・エージェントを比較したい方は、「40代エンジニアにおすすめ!IT転職エージェント・サイト比較11選!女性エンジニア・未経験OKも」という記事をご覧ください。

40代エンジニアにおすすめ!IT転職エージェント・サイト比較11選!女性エンジニア・未経験OKも

IT業界への転職・就職は可能?!

IT業界のイメージ
IT業界はいま、空前の人手不足と言われています。それは、わたしたちの生活がどんどんIT化されていることも理由の1つですが、もう1つの理由は少子高齢化が進んでいることにあります。

今も労働人口不足についてはニュースになっていますが、この問題はなかなか解決には向かいません。日本としてはそんな状況の中でも国際競争力を意識し、国力を落さないために、何とか少ない労働人口の中でも同じだけの生産性を保ちたいと考えています。つまり、これまでの仕事内容でもIT置き換えられるものはITに置き換え、人間にしかできない仕事は人間がする。そのために、国をあげてIT事業に力を入れており、小学校からのプログラミング授業がスタートしています。

そんな状況にあるため、IT化はどこの業界・業種でも進んでいるのですが、一方でその担い手が少なく、システム開発現場は人手不足となっています。転職希望者に対してどのくらいの数の求人があるのかを示す有効求人倍率についてのデータがあります。大手人材会社が発表しているものだと全体平均は2.13倍、これをIT業界だけに絞った場合は7.2倍となっており、エンジニアの転職市場は熱いことが読み取れます。※2019年4月 現在

40代未経験からのキャリアチェンジとなると、正直ITだけではなくどの業界・職種においても、20代・30代に比べると厳しい状況となります。しかし、前述したとおり、IT業界は人手不足の状況となるため、経験や意欲次第で、未経験からでもチャレンジできる業界といえます。

40代未経験からエンジニア/プログラマー/SEに転職する為のコツやポイント!〜Web・IT業界編

IT業界で求められる人物像とは

では、IT業界で求められる人はどんな人でしょうか?もちろん会社や職種によっても細かく分かれますが、ここでは主にIT業界に挑戦するときに求められる3つの要素について説明していきます。

挑戦することを考え、自分が当てはまるかどうか(自身の市場価値もあわせて)、ぜひ考えながら確認してみてください。

[PR]:自分の市場価値を診断できる転職アプリ『ミイダス』を使うと、エンジニアの市場価値が思っている以上に高いことに驚くはずです。一度試して転職活動のモチベーションを上げましょう。
→ 今すぐ市場価値を診断してみる【無料】

[1]IT業界への興味関心が高い人

まず、大前提ですがIT業界への興味関心は必須となります。IT業界に挑戦したい、でもまったくよくわからない、では話になりません。少しでもIT業界について、ITの仕事について、エンジニアの仕事について、理解をし、「やってみたい」「面白そう」と思える人でないと難しいでしょう。

これはIT業界だけに限らないですが、採用面接で重要視される項目の1つに「意欲」があります。「ITに興味がある」と口先だけの言葉で評価をされるわけではなく、いろんな角度から興味関心を確認されます。また、40代からの転職となるので、挑戦してみて「やっぱりちがった」となってしまうのはもったいないと思います。ぜひ、ITのことを色々調べてみて、他のいろんな職種やサービスより、ITの方がたのしそう、好きだなと思えるようであれば、挑戦してほしいと思います。

[2]勉強する意欲が強い人

IT業界はデスクワークであり、ガテン系やサービス業などの他業界に比べると年齢関係なく仕事が可能です。しかし、どんどん新しいサービスや技術が生まれてきますので、キャッチアップしていく必要が出てきます。IT業界ではたらく上では、新しいサービス・技術について勉強していくことを覚悟できているとよいでしょう。

ITは「手に職」の世界のため、勉強をし、スキルを習得すれば、自分の財産になります。自己学習を進めた分、スキルが身につけば、仕事はスムーズに進みますし、社内で新しいプロジェクトを任されたり、昇給・昇進にもつながります。「仕事だから」と割り切るのではなく、「手に職」をつける、という意識を持って学習に取り組めるとよいでしょう。

[3]正確な仕事・納期を守ることに意識がある人

どの仕事もそうかもしれませんが、IT業界でも、正確に仕事をしよう、納期を守ろう、という意識が非常に重要です。システムはちょっとしたミスや間違いでシステムが動かなかったり、エラーが生じたりします(バグといいます)。

また、1人でやる作業もありますが、1から10まで一人でやるわけではなく、一部分の業務を終えたら次の工程は別の人が担当する、などチームで動く仕事でもありますので、納期をしっかり守って仕事をすることが求められます。

そのため、正確な仕事・納期通りの仕事をする、という意識、責任感は必要な要素です。これまでの仕事経験で、同じようなことを大事にしていた経験があれば、アピールもできるかもしれません。

いかがでしょうか。3つとも当てはまれば、IT業界にチャレンジできる可能性はあります。

では、実際に40代未経験から転職をするときの活動のポイントについて、次の章で説明していきます。

現場で求められるSE(システムエンジニア)の人物像とキャリアプラン

[PR]:未経験からWebマーケティング・Web広告を学ぶならここ

売上に繋がるスキルを学ぶ超実践デジタル広告スクール『デジプロ』

転職活動のポイント

IT業界に必要なスキル

転職活動はどう進めるのがよいでしょうか。実際にIT業界へ転職しようと考えたら、以下3つのポイントを押さえて活動をすすめていきましょう。これまで多くの方を未経験からエンジニアにご支援してきましたが、このポイントを押さえていると、転職成功の確率はぐっと上がります

難しいことではありませんが、覚悟は必要ですので、「自分だったらできるかな」と考えながら確認してみてください。

最低限の勉強はしておく

IT業界へ未経験からのスタート、しかも40代からとなると、採用面接官からは「本当にやる気あるのだろうか?」「IT業界のことをどこまで理解しているんだろうか?」と思われることがほとんどです。ポテンシャルだけで内定が獲得できる20代と比較すると、40代は一定の社会人経験があるため、ただ「がんばります」「仕事内容に興味があります」という面接でのアピールだけでは、採用に至りません。実際にやる気があること・理解があることを、「行動」で示すとよいでしょう。

たとえば、IT関連の資格を取得してみると、思いつきで急にIT業界に興味をもったわけではなく、しっかり勉強も始めたうえでIT業界を志望していることが伝わるかもしれません。簡単に勉強できるものでは「ITパスポート」があり、会場によりますが毎月受験可能です。もう少し難易度が高いものでは「基本情報技術者」があり、こちらは年2回の受験です。これらの資格を取得しておいたり、勉強を始めておくとよいでしょう。




基本情報技術者のおすすめ学習サイト
《基本情報技術者試験の解説サイト》 基本情報技術者試験ドットコム

他には未経験からエンジニアになるためのスクールなどに通うのも効果的です。短いものでは1日単位や、数週間、数か月単位など、さまざまなスクールがあり、無料で学べるもの、有料で学ぶものなどいろんな種類があります。オンラインで勉強できるものや就職支援があるスクールもあり、検索してみるとすぐに見つかります。

実際に勉強を始めてみると、IT業界やエンジニアの仕事内容も理解できるため、就職してから「思っていた仕事と違う」と感じるリスクも少なくなります。少しでも勉強をしてみてから選考を始めるほうが、成功確率があがるといえます。

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!

おすすめプログラミングスクール比較11選!社会人・未経験の転職・就職にも有利!

応募はたくさんする

未経験から応募可能、と書かれている求人を探すとたくさんの求人がヒットします。いくつかめぼしいものを見つけて、応募を2、3件してみる・・・という方もいますが、応募数を増やすことが、転職成功につながりますので、ぜひたくさん応募してほしいと思います。

[PR]:未経験からの転職なら「IT/Web業界転職サイトまとめ|現役エンジニアが比較した11選!」で各転職サイトを比較する事ができます。

求人広告というのは数多くありますが、会社によって事情が異なります。「未経験で募集はしているけど、できれば経験者がいいな・・・」という会社もあれば、「未経験でも全力で育てたい」という会社もあります。「今すぐに採用したい」という会社もあれば、「求人広告を出しておいて、いい人がいれば採用しようか」という会社もあります。

会社ごとに、採用に関して事情が異なりますが、どの会社が「未経験でも全力で育てたい」と思っていて、「今すぐに採用したい」と思っているのかわかりません。そのため数多く応募するのが未経験から挑戦するための鉄則です。

ご経験やご年齢、勉強深度にもよりますが、40代・未経験からの挑戦であれば、30~50社ほど応募してもよいでしょう。100社以上応募する方、中には500社ほど応募をした方もいます。書類選考は面接に行くためのただのチェックだと捉え、あまり深く考えすぎず、応募はどんどんチャレンジすることが、転職成功への近道です。

書類選考ではたくさん応募した方が、内定可能性が高くなりますし、内定が複数獲得できれば、条件なども比較した中で入社先を決定できます

40代エンジニアにおすすめ!IT転職エージェント・サイト比較11選!女性エンジニア・未経験OKも

会社や年収にこだわらない

最後に、会社や年収にこだわり過ぎないこと、これはとても重要なポイントです。

会社規模はこのくらいでないと・・・年収は今よりも多くないと・・・年間休日や福利厚生、社風、ネットの口コミはどうかな・・・など、転職し、実際にはたらくとなると、気になるポイントはたくさんあると思います。しかし未経験からの挑戦ですから、実務経験を積むことがなによりも大事であることを忘れないでください。

まったくの未経験にもかかわらずこれから所属する会社を気にするのは、はっきりとお伝えすれば、時間の無駄と考えるべきです。未経験からのスタートの場合、「実務経験を積めるかどうか」、これを最重要視して転職活動をすることをオススメします。

実務経験が積み重なってくれば、いくらでも条件の良い会社に転職することもできますし、フリーランスで活躍する人もいます(※ただし40代フリーランスエンジニアは技術が高くないと仕事も減っているのが現状ですので、フリーランスへの検討は熟考する方がよいでしょう)。

フリーランスSEは会社員SEと何が違う?未経験でもなれる?働き方のメリット・デメリットを比較

フリーランスエンジニアにおすすめのエージェント11選!未経験OKの求人サイトも徹底比較

経験があれば会社・年収・残業時間・はたらき方など、この先いくらでも選択することができます。「いい会社が見つかるまで転職活動をしよう」と考え、長い期間転職活動をして時間を無駄にしてしまう人もいますが、もらった内定先でまずは頑張り、1~2年でも実務経験を積む方が、よっぽど有意義だといえます。あまりこだわりを持ちすぎず、まっさらな気持ちでまずは頑張ってみるとよいでしょう。

どうでしょうか。少しでもIT業界への転職活動のイメージがつかめましたでしょうか。正直、上記3つに関しても、「そんなことを言われても・・・」と思われる部分はあるかもしれませんが、この3つのポイントを押さえていただくと、格段に転職成功率が上がります。ぜひ、まずは実践してみてくださいね。

40代におすすめの転職サイト・エージェント8選

  1. ミドル層の転職にも強く、地方求人も多数保有
    dodaの[公式サイトへ]
  2. 求人数の多さは、さすがの業界最大手
    リクルートエージェントの[公式サイトへ]
  3. 「質」の高い求人とサポート力に定評あり
    パソナキャリアの[公式サイトへ]
  4. 40代にも強い、IT・Web系専門エージェント
    ギークリーの[公式サイトへ]
  5. 高年収・高待遇に特化、事業会社の求人多数
    TechClipsエージェントの[公式サイトへ]
  6. ハイクラス・グローバル求人、高年収狙うなら
    JACリクルートメントの[公式サイトへ]<
  7. CMでも有名、即戦力のハイクラス人材
    ビズリーチ(BIZREACH)の[公式サイトへ]
  8. 業界トップクラスのハイクラス求人数を保有
    レバテックエキスパートの[公式サイトへ]


もっと詳しく比較したい方は、「40代エンジニアにおすすめ!IT転職エージェント・サイト比較11選!女性エンジニア・未経験OKも」という記事をご覧ください。

40代エンジニアにおすすめ!IT転職エージェント・サイト比較11選!女性エンジニア・未経験OKも

転職後の現実と覚悟

キャリアステップ

最後にIT業界に転職する上で、覚悟いただきたいことについてお伝えしておきます。IT業界に入っても「思っていたような華やかな業界ではない・・・」「思っていた業界と違う」とならないよう、重要な点についてお伝えしておきます。

勉強はする

前述しましたが、IT業界は日々新しいサービス・技術が生まれています。そのため、そうした新しいものに対する勉強・学習が必要な業界です。転職活動のために事前に勉強をしておいた方がいいですよ、と記載しましたが、入社してからも勉強を継続することをオススメします。

就職することがゴールであれば不要ですが、IT業界で活躍していく、年収をあげていくためには、勉強をしておいた方がよいでしょう。好きになると、「勉強しなきゃ」よりも「勉強したい」「新しい技術について知りたい」と意欲が出てくるようです。IT業界で仕事をしてもその業界での勉強はし続ける、その覚悟は持っておいてください。

[PR]:未経験から【WordPress】をモノにするなら!完全オンライン学習

WordPressプログラミングを無料モニターではじめてみる

残業はある

IT業界はモノづくりの業界ですので、クライアントがいます。クライアントの要望を受けてシステムを作っていきますので、納期があります。うまくいかない時には残業をしてでも納期に間に合わせる必要があります

IT業界はデスクワークのため、在宅でできる仕事が多いのでは、と思われる方もいますが、それはフリーランスや高い技術を得てからのキャリアパスです。最初のうちは社内でシステム開発をする必要があり、また、勤務開始したばかりのころは思っているよりもうまく進まないこともあり、残業が多くなるリスクはあります。

残業を減らしたい、という転職理由であればIT業界は合わないでしょう。

会社により年収は異なる

IT業界は請負構造になっていると言われています。住宅を建てることに似ており、ハウスメーカーが元請けとして仕事を受けると、外壁は〇〇外装会社に、キッチンは〇〇工務店になどと仕事を分けて下請けに出すように、システムも同じように下請けに仕事を出していく構造になっています。

当たり前ですが元請けで仕事を受けていたり、上流で仕事をしたりするほうが年収は高くなり、下請けや孫請けでは利益が少ない分、年収は低くなります。IT業界といっても、年収が高い人もいれば低い人もいるのはそのためです。

まずは実務経験を積むことが重要ですから、IT業界1社目は商流(何次請けで受ける案件がメインなのか)を気にする必要はありませんが、一定経験を積んでからは、より高い年収を求めて商流が上の会社に移ることも検討してみてもよいでしょう。

最後に

今回は40代未経験からIT業界への転職について、可能性、求められる人物像、転職活動のポイント、IT業界での覚悟についてお伝えしてきました。人生は1度きり。IT業界にいくことがイコール、幸せとも限りません

IT業界でももちろん大変なこともありますので、実際に転職するかどうかは、内定が出てから考えてみてもいいかもしれません。あなたのキャリアがいい方向に進むことを応援しています。

本記事のまとめ

●40代未経験のIT・Web転職チャレンジ【まとめ】

もう一度「現役キャリアアドバイザーから見た、40代・未経験からのIT・Web業界への転職チャレンジ」を読む ↑

40代におすすめの転職サイト・エージェント8選

  1. ミドル層の転職にも強く、地方求人も多数保有
    dodaの[公式サイトへ]
  2. 求人数の多さは、さすがの業界最大手
    リクルートエージェントの[公式サイトへ]
  3. 「質」の高い求人とサポート力に定評あり
    パソナキャリアの[公式サイトへ]
  4. 40代にも強い、IT・Web系専門エージェント
    ギークリーの[公式サイトへ]
  5. 高年収・高待遇に特化、事業会社の求人多数
    TechClipsエージェントの[公式サイトへ]
  6. ハイクラス・グローバル求人、高年収狙うなら
    JACリクルートメントの[公式サイトへ]<
  7. CMでも有名、即戦力のハイクラス人材
    ビズリーチ(BIZREACH)の[公式サイトへ]
  8. 業界トップクラスのハイクラス求人数を保有
    レバテックエキスパートの[公式サイトへ]


もっと詳しく比較したい方は、「40代エンジニアにおすすめ!IT転職エージェント・サイト比較11選!女性エンジニア・未経験OKも」という記事をご覧ください。

40代エンジニアにおすすめ!IT転職エージェント・サイト比較11選!女性エンジニア・未経験OKも

IT・Web業界に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント

IT・Web業界に強い転職サイト・転職エージェントを比較するなら、「エンジニアにおすすめ!IT/Web系に強い転職サイト11選|現役プロが比較・ランキング」を参考にしてください。40代・ミドル層が活躍できる求人を多数扱う転職サイト・転職エージェントを比較できるので、理想の職場を探すことができます。

エンジニアにおすすめ!IT/Web系に強い転職サイト11選|現役プロが比較・ランキング

いきなりの転職が不安な方はプログラミングスクールという選択も

いきなり転職活動を開始する前に、「まずはプログラミング言語のスキルを身につけておきたい」。そう考える方には、プログラミングスクールの受講をおすすめします。

未経験・社会人でも安心して学習できるスクール、そして転職付き(転職保証型)のスクールなど、条件や目的によって選ぶ基準も様々だと思います。まずはじっくりと比較して、少しでも気になる教室があれば無料相談・体験会に申し込んでみると良いでしょう。

未経験・社会人、学生におすすめなプログラミングスクールを比較するなら、「おすすめプログラミングスクール比較11選!社会人・未経験の転職・就職にも有利!」という記事を参考にしてください。

おすすめプログラミングスクール比較11選!社会人・未経験の転職・就職にも有利!

転職付き(転職保証型)のプログラミングスクールの詳細を知りたいかたは、「【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!」をご覧いただき、自分の目標や目的にぴったりのスクールを見つけてくださいね。

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!

副業や週末/夜間勤務の求人・案件を探す

副業や週末/夜間勤務したいエンジニアが案件・求人を確実に獲得するなら、「フリーランスエンジニアが[登録すべき]案件・求人紹介サイト(エージェント)比較11選!」という記事を参考にしてください。高額案件や週1、副業など様々な条件にあった仕事を探すことができます。

フリーランスエンジニアにおすすめのエージェント11選!未経験OKの求人サイトも徹底比較

[PR]:未経験から【WordPress】をモノにするなら!完全オンライン学習

WordPressプログラミングを無料モニターではじめてみる

-エンジニアの転職
-, , , , ,

関連記事

沢山の書籍のイメージ

【2018年版】フロントエンドの皆さんへアンケート!あなたが今年買って良かった《技術書》を教えてください

”新人Webエンジニアの皆さんは日々どのようにスキルアップを図ったり、情報を得たりしてますか?” とくに駆け出しエンジニアの皆さんなどは「日々の業務を”こなす”だけで精一杯」で、スキルUPのための調べ …

若葉マーク

IT企業で働く「新人SEの1日」その仕事内容や働き方、生活スタイルとは?

トシヤさん(仮名) のプロフィール 年齢 20代 性別 男性 会社の業種 IT企業 担当の職種 SE 目次1 転職2 研修3 はじめての案件4 出張を終えて4.1 〔研修期間時代※約1ヵ月※〕4.2 …

未経験エンジニアの1年目に 必要な知識やスキルとは?

未経験エンジニアの1年目に必要な知識やスキルとは?業界3年目のSEが解説【体験談】

本記事をご覧いただく皆さん、いかがお過ごしでしょうか?   コロナウィルスの影響が落ち着きつつありますが、依然として油断はできない状況ですね。このコロナウィルス騒動により、リモートワークが推奨された影 …

3つのポイントで解説!エンジニアが勉強会に参加する意味とは?

エンジニアが勉強会に参加する意味とは?メリットや価値など3つのポイントで解説!

エンジニアとして働いていると周りから仕事終わりや土日に勉強会のお誘いなどの声がかかることがあります。 ITエンジニアの中ではエンジニア同士の間で行う勉強会が存在します。勉強会と一言で言っても中身は様々 …

30代でプログラマーからSEへの転職面接の質問と転職後の働き方【筆者体験談】

30代のSE転職に必要な面接対策と転職後の働き方を【体験談】もとに解説!

30代SEの転職面接で聞かれることと求められるスキルは何でしょうか。 それは、マネジメント力と実績です。 面接でも、同僚とのチームワークやコミュニケーション能力、これまでどのような業務に取り組んだかを …

[PR]:




ページのトップへ戻る