プログラミング

更新日:2021/05/29

Swiftプログラマーになるには?転職事情や将来性までを【入門編】として解説!

Swiftプログラマーになるには?転職事情や将来性までを【入門編】として解説!
ロゴ画像引用元:https://developer.apple.com/jp/Swift/resources/

この記事ではSwiftの基本的な情報から実際に開発していくまで、そしてこれからの業界の流れまでを現役エンジニアの筆者が解説します。

プログラミング言語【Swift】とは?

プログラミング言語【Swift】とは?
ロゴ画像引用元:https://developer.apple.com/jp/Swift/resources/

普段使っているiPhoneにはゲームからツールまで様々なアプリがあります。それらの開発に関心がある方におすすめなのがSwiftというプログラミング言語です。

Swiftはモダン、安全、インタラクティブの3つを標榜しているプログラミング言語です。

モダンとはクロージャやOptional型といった新しく現代的な書き方が可能であること、安全とは、静的な型チェックや記述ミスによるバグを未然に防ぐ文法的な仕組みを備えていること、そしてインタラクティブとはコンパイラ言語でありつつスクリプト言語としても扱えることです。

Apple社から発表されたこの言語はオープンソースソフトウェアであり、そのコードはGitHubで確認することができます。主な開発できるものとしては、iPhone、iPad、Apple Watch、MacなどのApple製品のアプリがあります。

Linuxでも扱うことができますが、Macでの開発が主流です。Appleが開発した言語というだけあって、開発対象としてはやはりApple製品のアプリ開発となります。

Swiftプログラマーになるには

Swiftプログラマーになるには
ロゴ画像引用元:https://developer.apple.com/jp/Swift/resources/

まず、Macを買います。これは必須です。次にxCodeというアプリをApp Storeからインストールします。そこから簡単なアプリ、例えば「Hello,World!」を表示させるものなどを足がかりに、自作のアプリをApp Storeに公開しましょう。

公開するには、Apple Developer Programに課金する必要がありますが、これで実質的にはSwiftプログラマーです。未経験からでも学習コストは低いですし、大規模な開発に参加する前にでも、自らの手でアプリを開発する経験値や収益は予想外に大きな財産となります。

Swiftの学習法

Swiftの学習法
ロゴ画像引用元:https://developer.apple.com/jp/Swift/resources/

最も手軽な学習方法としては、iPadのアプリである、Swift Playgroundsです。使ってみると、Swiftの大まかな仕様がわかります。また、xCodeのPlayGroundsも即座にコードが実行され、わかりやすいです。

本格的な開発を始めるには、Xcodeでのコードを書くことが必要です。まず、何でも良いので簡単なアプリを考え、それに取り掛かる。すると当然わからないところやエラーが出てきますから、それらが出るたびにGoogleなどで検索をして部分から全体像を理解していくことです。

また、全体像から把握していくという方法もあります。例えばオンライン教材を利用したり、書籍を購入して学習するのも良いです。こちらは有料となってしまいますが、体系だった教材なので初心者も安心して学べます。

おすすめオンライン教材!
[PR]:世界最大級のオンライン学習プラットフォームでiOSのスキルを学ぶ!

おすすめ書籍!

質問サイトに投稿するのも良いですが、既に回答済みであることがありがちなので投稿する前に確認することをおすすめします。

独学に自信のない方はプログラミングスクールの受講も検討してみてはいかがでしょうか?現役エンジニアによる丁寧な指導を受けられるので、挫折することはありません!ぜひ下記の3スクールで無料体験・相談会を受けてみてくださいね。

Swiftを学べるスクール3選

  1. CodeCamp(コードキャンプ)|アプリマスターコース
    オンライン&マンツーマン。講師の『質』がネットやSNSで高評価のスクール
  2. TechAcademy(テックアカデミー)|iPhoneアプリコース
    業界トップのオンラインスクール。選べるコースが豊富なので迷ったらここ
  3. SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)
    オーダーメードカリキュラムなので伸ばしたいスキルをしっかり習得できる

Swiftエンジニアの求人

Swiftエンジニアの求人
ロゴ画像引用元:https://developer.apple.com/jp/Swift/resources/

Swiftエンジニアの平均年収は高めです。フリーランスの場合、およそ720万円〜1320万円、会社員の場合、およそ370万円〜700万円ほどです。

成長しているモバイル産業ということもあり求人数が多く、需要が高いため既に高水準の給与体系となっています。別の角度から見れば、これ以上給与が上がりにくいとも言えます。

旧来、iPhoneアプリの開発などに使われていたObjective-cからSwiftへの以降の流れもあるので、今後も求人数は上がり続けることになります。

Swiftエンジニアの転職におすすめな転職エージェント・転職サイトを比較するなら「エンジニアにおすすめのIT/Web系に強い転職エージェント・サイト11選!プロが比較・厳選」という記事を参考にしてください。活かせる言語や業種など、自分の目的や条件にあった職場探しにお役立てください。

エンジニアにおすすめのIT/Web系に強い転職エージェント・サイト11選!プロが比較・厳選

Swiftの将来性

Swiftの将来性
ロゴ画像引用元:https://developer.apple.com/jp/Swift/resources/

SwiftはAppleが続く限り、長年使われていく可能性が高いです。もちろん、Appleが新しい言語を開発する可能性もありますが、これだけ既に扱われていてなおかつ、先ほど紹介した3つの標榜のモダン、安全、インタラクティブを備えているので、わざわざ0から新しく作り上げるようなコストはかけにくいです。

また、iPhoneなど今や生活のインフラとも言えるようなプロダクトに関する言語なので、息は長く、もしSwiftの終焉が訪れることがあれば、それはAppleの終焉とイコールです。さらに、Swiftの知識は今までのiPhoneに代表される商品群にとどまらず、Appleのこれからの商品にも活用されていきます。

したがって、ますますソフトウェアが生活の中に浸透していく世の中の流れに乗っていくことができます。それには遅すぎるということはありません。今がまさに始めどきです。

まとめ

以上がSwiftの特徴となります。他の言語と比べても、とても読み書きしやすく開発しやすいです。なにより開発していてとても楽しい言語になっています。

初めてのプログラミング言語としてもおすすめです。ぜひためらわず飛び込んでみてください。

もう一度「Swiftプログラマーになるには?転職事情や将来性までを【入門編】として解説!」を読む ↑

Swiftエンジニア転職におすすめな転職サイト・転職エージェント

Swiftエンジニアの転職におすすめな転職エージェント・転職サイトを比較するなら「エンジニアにおすすめのIT/Web系に強い転職エージェント・サイト11選!プロが比較・厳選」という記事を参考にしてください。活かせる言語や業種など、自分の目的や条件にあった職場探しにお役立てください。

エンジニアにおすすめのIT/Web系に強い転職エージェント・サイト11選!プロが比較・厳選

いきなりの転職が不安な方はプログラミングスクールという選択も

Swiftを学べるスクール3選

  1. CodeCamp(コードキャンプ)|アプリマスターコース
    オンライン&マンツーマン。講師の『質』がネットやSNSで高評価のスクール
  2. TechAcademy(テックアカデミー)|iPhoneアプリコース
    業界トップのオンラインスクール。選べるコースが豊富なので迷ったらここ
  3. SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)
    オーダーメードカリキュラムなので伸ばしたいスキルをしっかり習得できる

もっと多くのプログラミングスクールの中から比較したいという方は、「プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】」という記事を参考にしてください。

プログラミングスクール比較11選!社会人や未経験者にもおすすめ!【転職・就職にも有利】

転職付き(転職保証型)のプログラミングスクールの詳細を知りたいかたは、「【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!」をご覧いただき、自分の目標や目的にぴったりのスクールを見つけてくださいね。

【無料あり】転職支援・保証型プログラミングスクール比較11選!社会人・学生さんの転職・就職に強い!

-プログラミング
-, , , , ,

関連記事

Ruby(プログラミング言語)のイメージ

初心者向けRuby【入門】学習方法、将来性など[未経験]にもわかりやすく解説!

[PR]:Webエンジニアのスキルを学ぶなら 目次1 Rubyって何?2 Rubyが使われている身近なサービス例3 Rubyを勉強するには?3.1 効率的に勉強する方法3.2 独学で勉強する方法4 R …

プログラミング初心者向け「Go」の基礎知識!未経験からの勉強方法や就職・転職事情も解説します。

プログラミング初心者向け「Go」の基礎知識!未経験からの勉強方法や就職・転職事情も解説します。

ロゴ画像:Go言語公式ブログより https://blog.golang.org/go-brand Go言語(golang)とは、2009年に Google が開発した比較的新しいプログラミング言語で …

C⾔語の概要

初心者必見!C言語の基礎知識。学習方法やメリット、将来性などを解説!

これからプログラミングをC言語で学ぼうと考えている初心者もいらっしゃるのではないでしょうか。 現在、存在しているプログラミング言語は、200とも300とも種類があると言われております。そして中でも古く …

マーケターがPythonを学ぶべき理由を解説!出来ることや学習・活用方も!

マーケターがPythonを学ぶべき理由を解説!出来ることや学習・活用方も!

ロゴ画像:公式サイトより https://www.python.org/community/logos/ 「マーケティングに対して、なぜプログラミングを?」という方も多いと思います。実はプログラミング …

Vue.jsのイメージ画像

プログラミング初心者におすすめなフレームワーク「Vue.js」超入門。

ロゴ画像引用元:https://github.com/vuejs/art 皆さんはVue.jsというフレームワークをご存知でしょうか。 Vue.jsはフロントエンジニアの界隈で人気急上昇中のJavaS …

[PR]:




ページのトップへ戻る