面接対策

公開日:2018/06/27  更新日:2018/08/25

履歴書を書く際に気をつけるポイントは?SEがアピールすべき点などを解説

応募を決めたら履歴書を作成しましょう!

履歴書の画像

転職したいと思う会社を決めたら、次は会社に応募するための履歴書を作る必要があります。システムエンジニアの場合でも、他の職業に比べて履歴書で書くべき内容はそう大きく異なりません。しかし、皆さんの中には履歴書なんて久しく書いていないから書き方を忘れてしまった、という方も多いかもしれませんね。

ここでは、履歴書の書き方について、基本的な事柄をおさらいしてみましょう。ちょっとしたポイントを抑えるだけで、あなたの仕事に対する能力や誠実な人柄を効果的にアピールできます。

誤字脱字なく、丁寧に

当たり前ですが、履歴書を書く際は丁寧に作成することを心がけましょう。システムエンジニアの場合、履歴書はワープロで作成することが多いかと思いますが、誤字脱字などが残っていると、あなたの転職に対する意欲を面接官に疑われてしまいます。ワープには自動校正機能もついていますが、全ての誤りを修正できるわけではないため、応募先に送る前に数回原稿を読み直すようにしましょう。

まずは基本情報を記入する

履歴書の基本情報に記入する

履歴書の欄には日付を書く場所がありますが、ここには履歴書を企業に提出する日、もしくは前日の日付を記入します。日付には西暦と元号、2種類の表現方法がありますが、どちらでも好きな方を使って構いません。ただし、履歴書の中で西暦と元号が混ざっていると、「この応募者は同じ書類の中で表現を統一することに無頓着なんだな」と思われてしまいますので、どちらか一方で統一しておくとよいでしょう。年齢はこの日付の欄に記入した日での年齢を記入するのが一般的です。

氏名の欄や住所の欄にはふりがなを振る欄がありますが、ひらがなで書いてあればひらがな、カタカナで書いてあればカタカナで記入するようにしましょう。また、住所は都道府県から記入するようにしましょう。

電話番号は携帯電話の番号などの昼間に電話に出やすい番号を記入しましょう。メールアドレスには会社用のアドレスではなく、あなたが個人で所有しているアドレスを記入します。返信が遅れてしまうと企業からの印象が悪くなるので、ここに記入したアドレスは携帯電話からもチェックできるようにしておきましょう。

学歴・職歴は正式名称で書く

略称は使用せず正式名称を記入するよう心がけましょう。例えば、よく使われている「高校」は略称であり、正しくは「高等学校」です。正式名称が分からない場合はインターネットなどを利用して正式名称を調べて記入します。同じ技術者であれば「高校」と使ってもさほど気にしないでしょうが、あなたの応募書類を読む人事担当は技術者ではなく、マナーにうるさい方かもしれません。職歴には役職も記入します。

また、入学、卒業の日付は正確に記入しましょう。些細な点ではありますが、細部までこだわることで要らぬ失点を避けることができます

資格は正式名称で、応募先に関連するものを

資格や免許の名称も省略せずに正式名称を書きましょう。例えば、原付免許であれば正式名称は「原動機付自転車免許」です。正式名称が分からない場合は、インターネット等で調べて正式名称を記入しましょう。所持している資格が多く所定のスペースに書ききれない場合、応募先の企業で必要と思われる資格を優先しましょう。極端な例を挙げれば、日本漢字能力検定4級と書いてあってもそれをシステムエンジニアの能力として評価する人事担当はいないでしょう。

志望動機は応募先の業務内容に寄せる

あなたが転職を志したきっかけと、応募した会社でなぜ働きたいのかを自然な流れになるように書きましょう。基本的には、あなたがやりたい仕事は現在の職場ではできず、応募する会社ではできるという流れを意識します。志望動機の内容が会社の業務内容と関連しない場合、企業に合う人材ではないと判断されてしまいます。

【志望動機の例文】私たちはこう書いて採用されました〜先輩SE・プログラマー・エンジニアの履歴書を公開!

特技の欄でスキルをアピールする

特に転職では、「特技:なし」と記入してしまうと面接官の印象は良くありません。あなたはシステムエンジニアです。得意なプログラミング言語、利用実績に多いフレームワーク、よく他人に評価されるシステムの種類など、あなたにはこれまでに取り組んできた仕事で身につけた技能があるはずだからです。特技の欄は最大限使って、自分が優秀な人材であることをアピールしましょう。

趣味の欄も空欄にしない

趣味は話を広げやすい話題です。面接官も一人の人間なので、「趣味:なし」と書かれてしまうと会話を広げにくくなります。良いムードで面接を進めるためにも、「散歩」などでもよいので何かしら趣味を記入しましょう。

記入が終わったら最後に見直し!

写真以外の全ての欄に記入が終了したら、必ず履歴書を2、3回読み直して誤字脱字や記入内容に誤りがないかをチェックしましょう。また、1日置いてから内容を読み返し、曖昧な表現が使われていないかを確認してみましょう。

手書きの場合、一、二箇所程度の修正であれば訂正線を使っても構いませんが、あまりに誤字脱字が多い場合や、万全を期す場合はもう一度記入し直します。

最後に写真を貼る

履歴書に貼る写真

特に手書きの場合は、写真は必ず最後に貼りましょう。最初に貼ってしまうと、履歴書を書き直すことになった際、写真が一枚無駄になってしまいます。また、ワープロでも写真を早くに貼るメリットは特にありません。写真には、スーツを着て自然で明るい印象を与える表情をした写真を使います。どうしても綺麗な写真が撮れない場合は、写真屋さんで撮ってもらいましょう。

-面接対策
-,

転ストおすすめの転職エージェント

IT/WEB業界に強くとにかく内定率が高い!
《レバテックキャリアの公式サイト》

レバテックキャリア

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる
《マイナビエージェント×ITの公式サイト》

マイナビエージェント×IT

豊富な非公開求人と業界を熟知した担当者が転職を強力にサポート
《ワークポートの公式サイト》

ワークポート

圧倒的な求人数の多さで転職先の幅が広がる
《リクルートエージェントの公式サイト》

【リクルートエージェント】

過去のデータを生かしたマッチングで自分に合った転職先が見つかる
《ギークリーの公式サイト》

ギークリー

関連記事

握手のイメージ

エンジニアの転職で絶対に対策しておくべき、良く聞かれる質問は?

Contents1 必ずされる質問には絶対に対策を2 自己紹介は簡潔に、全部話す必要はない3 志望動機では応募先の企業を褒め、自分が役に立つことをアピールする4 長所にはエピソードを沿えて説得力を増や …

ベンチャーのオフィスのイメージ

中小・ベンチャー企業に転職する場合、面接に向けてすべき準備は?

Contents1 少数精鋭になりがちな点を意識する2 志望動機で会社の特徴に言及する3 企業理念は良く調べてから賛同する4 残業にはどれくらい対応できますか?5 部署の内容以上の業務に対応できますか …

名刺交換のイメージ

20代でエンジニアに転職する場合、面接に向けて必要な準備は?

Contents1 面接を丁寧にこなすことで実績の少なさはカバーできる2 自分のできることを整理しておく3 実績やスキルを過大に話さない4 仕事に対して負のイメージを持っている印象を与えない5 窮地に …

キャリアチェンジのイメージ

SEのキャリアチェンジの場合、面接に向けてすべき準備は?

Contents1 キャリアチェンジには説得力のあるストーリーが必要2 志望動機にキャリアチェンジの理由を含める2.1 《今の職種では取り組めない業務に取り組みたい》2.2 《会社の業務内容に魅力を感 …

エンジニアがパソコンを操作

【職種別に解説】職務経歴書に何を書く?~webシステムエンジニア編〜

Contents1 技術力が何よりも大事2 利用できる技術をアピールする2.1 《使用言語》2.2 《フレームワーク》2.3 《データベース》2.4 《負荷分散》3 あなたのやる気をアピールする3.1 …




サイト内を検索

ページのトップへ戻る