面接対策

公開日:2018/07/09  更新日:2019/04/09

ブランクがある場合、面接に向けてすべき準備は?

ブランクは必ず言及される

ビジネスマンと時計のイメージ

社会人であれば誰しも、急な失業や親の介護、自身の病気などにより履歴書に空白期間が発生するリスクを抱えています。また、システムエンジニアから別の職業に転職したものの、何らかの事情があってシステムエンジニアに戻りたいと考えることもあるでしょう。

一方で、しかし、履歴書の記載内容だけでは、やむを得ない事情があってブランクが生じたのかどうかは判断できません。そのため、経歴にブランクが存在する場合、面接官は面接の場で必ずブランクについて詳しく質問してきます。

ここでは、ブランクがある場合、面接に向けてどのように準備を進めておくべきかについて見ていきましょう。

模擬面接あり!面接対策が充実!転職エージェント3選
  1. “細かい面接アドバイスに定評あり!”
    パソナキャリアの公式サイトへ
  2. “専門的な職種の模擬面接も対応可能!”
    ワークポートの公式サイトへ
  3. “実践的な模擬面接が魅力!”
    リクルートの公式サイトへ

ブランク期間中も自己研鑽を怠らない

研鑽するイメージ

そもそも論になってしまいますが、ブランク期間中にも自己研鑽は怠らないようにしましょう。システムエンジニアにはコミュニケーション能力も求められますが、何よりも重要なのは技術力です。

web業界のように技術の流行り廃りが激しい業界に応募するのであれば、経歴のブランク以上に技術に触れていた期間のブランクが致命的です。ソフトウェアエンジニアを志望するのであれば、ブランク期間中に何かしらのソフトウェアを設計し作ってみると良いでしょう。

設備が必要なネットワークエンジニアやサーバーエンジニアの場合でも、資格取得に向けた勉強などは出来るはずです。何より、これらの取り組みがあなたのやる気が口だけではないことを示す客観的な証拠になるのです。

ブランクの原因は正直に伝える

正直に話すイメージ

ブランクの原因はできるだけ正直に伝えたほうがよいでしょう。面接の場ではブランクの原因を尋ねられて終わり、とはなりません。そこから話が展開して幾つか追加で質問がなされます。ブランクの原因を偽る場合、これら全てに整合性のとれた嘘をつき続ける必要があります。嘘がばれてしまえば、面接官は応募者が単に仕事をさぼっていただけだと悪い方向に決めつけてしまい、面接時間内でこの印象を払拭することは難しくなります。

一方で、正直に話してしまえば境遇に同情してこちらの話す内容に真摯に耳を傾けてくれるようになることもあります。少なくとも、自分の良くない経歴と向き合うことが出来るという評価は得ることができるでしょう。ブランクの原因は正直に話した方がリスクは低いのです。

《ブランクの原因を悪く言わない》

ただし、どんな理由があってもブランクの原因に対する悪口を言ってはいけません。面接会場は愚痴を吐き出す場ではないですし、面接官に暗い人間だと印象づけてしまいます。ブランクの原因について話す際は感情を抑え、事実のみを淡々と伝えるようにしましょう。

ブランクを取り戻すプランを準備する

様々なプランのイメージ

面接に臨む前に予め、応募した企業に就職できた場合、どのようにブランクを取り戻していくか道筋を立てておきましょう。ただし、あまり非現実的な道筋を立てるとその場しのぎの嘘のような印象を与えてしまいます。自分がブランクにより同世代に対してどれほどの遅れを取ってしまったか、これを取り戻すには幾つの段階を経て、どれだけの期間でブランクを取り戻すのか、現実的に考えてみましょう。

ブランクにより遅れを取ってしまった現実を受け入れ、それに対して現実的な解決法を模索している姿勢を見せることで面接官にやる気をアピールすることができますし、ブランクの原因は単なる不運だったと印象づけることもできます。

応募先が暗に求めているスキルを身につけたいと主張する

コーディングのイメージ画面

ブランクを取り戻すプランの説明に絡めて、今後どのようなスキルを身につけたいか質問されることがあります。この質問を字面通りに捉えて、例えば「将来性のあるPythonでの開発について勉強したい」などと答えてはいけません。あくまで面接会場ですから、応募先の会社での業務に必要になるスキルを挙げなければなりません。説明するときは、業務内容と絡めることで事前に良く調べてきたと面接官に印象づけることができます。

また、あなたのスキルが既に即戦力レベルに達しているならよいのですが、逆に会社が求めている水準に達していない場合は、自分の持つスキルのレベルと今後どのようなプランでスキルを身につけるかについても触れるようにしましょう。現状を把握してそれを改善しようとしているという姿勢を見せることで、スキルのレベルは低いという悪印象を若干緩和することができます

ブランク期間中の仕事は誠実にこなしたとアピールする

ブランク期間といっても、その実態は単に他の業種に転職している場合もありますし、あるいはアルバイトで食いつないでいる場合もあります。いずれにせよ、何かしらの仕事をしていたのであれば、必要に応じて仕事の内容や就職した理由を説明できるようにしましょう。

こうすることで、与えられた仕事には真面目に取り組む姿勢をアピールできます。もちろん、その仕事内容に不満があったとしても、それをメッセージとして相手に伝えてはいけません。

模擬面接あり!面接対策が充実!転職エージェント3選
  1. “細かい面接アドバイスに定評あり!”
    パソナキャリアの公式サイトへ
  2. “専門的な職種の模擬面接も対応可能!”
    ワークポートの公式サイトへ
  3. “実践的な模擬面接が魅力!”
    リクルートの公式サイトへ

-面接対策
-, , ,

転ストおすすめの転職エージェント

IT/WEB業界に強くとにかく内定率が高い!
《レバテックキャリアの公式サイト》

レバテックキャリア

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる
《マイナビエージェント×ITの公式サイト》

マイナビエージェント×IT

豊富な非公開求人と業界を熟知した担当者が転職を強力にサポート
《ワークポートの公式サイト》

ワークポート

圧倒的な求人数の多さで転職先の幅が広がる
《リクルートエージェントの公式サイト》

【リクルートエージェント】

納得感のある転職」の実現を大切にしている人材紹介・転職エージェント
《type転職エージェントの公式サイト》

非公開求人ならtypeの人材紹介

関連記事

自己アピールを提示するイメージ

業種別【職務経歴書】Web業界のエンジニア・SEがアピールすべき点とは?

Contents1 web系エンジニア・SEの職務経歴書はここがポイント1.1 アピールしたいのはまずは開発言語とデータベース、そしてフレームワークのスキル1.1.1 例)スキルの書き方2 転職にはフ …

指を指すビジネスマンのイメージ

30代でエンジニアに転職する場合、面接に向けてすべき準備は?

Contents1 将来性アピールはもう通用しない2 「技術力はないけどこれから…」はもう通用しない3 業界の動向は即答出来ないと恥ずかしい4 マネジメント能力は実際の経験で証明する5 部下への指導能 …

握手のイメージ

エンジニアの転職で絶対に対策しておくべき、良く聞かれる質問は?

Contents1 必ずされる質問には絶対に対策を2 自己紹介は簡潔に、全部話す必要はない3 志望動機では応募先の企業を褒め、自分が役に立つことをアピールする4 長所にはエピソードを沿えて説得力を増や …

エンジニアがパソコンを操作

【職種別に解説】職務経歴書に何を書く?~webシステムエンジニア編〜

Contents1 技術力が何よりも大事2 利用できる技術をアピールする2.1 《使用言語》2.2 《フレームワーク》2.3 《データベース》2.4 《負荷分散》3 あなたのやる気をアピールする3.1 …

職務経歴書の画像

職務経歴書で抑えるべきポイントは?書類選考を有利に進める”効果的な書き方”

Contents1 能力に関する評価は職務経歴書で決まる2 具体的な記述を心がけ、曖昧さを残さない2.1 《プロジェクトの内容は具体的に書く》2.2 《プロジェクトの中であなたが挙げた成果を書く》2. …

ページのトップへ戻る