SEの転職

《セルフケアを忘れずに!》激務のシステムエンジニアの体調管理に必要なこととは?

体温計のイメージ

システムエンジニアが注意すべきなのはメンタル系の病気

システムエンジニアが注意すべき病気は、うつ病などのメンタル系の病気と言われています。

システムエンジニアは絶対に納期までにシステムをクライアントに納品しなければならなりません。しかも、ただでさえスケジュールが厳しいのに、開発中にバグが発生したり問題が発生してプロジェクトが止まったりなどという状況に陥ることもしばしばあります。

そんな状況に陥ると、納期前は毎日残業で家に帰れないなどということもありがちです。そんな、厳しい職場環境で働くシステムエンジニアが注意すべき病気は、メンタル系の病気です。

ここでは、システムエンジニアの多くがなってしまううつ病の特徴と、うつ病にならないためのセルフケアのポイントについてお話しします。

システムエンジニアの多くがかかるうつ病とは?

システムエンジニアがかかってしまいがちな病気の一つとして、うつ病などのメンタル系の病気があげられます。

うつ病はストレスや人間関係の悩みが原因といわれますが、はっきりとした原因がないにも関わらず発生することもあります。症状としては、気分の落ち込みのような心の面はもちろん、頭痛や肩こり、腰痛、だるさなどといった体に現れる場合もあります。

システムエンジニアにうつ病が多いとされるのは、実はその仕事の特徴と関係があります。システムエンジニアは、パソコンで作業をすることがほとんどです。

パソコンの設置環境を優先した場所での仕事になるため、湿度や温度が調整され直射日光に当たらないところで働くことが多く、パソコンに向き合ったまま同じ姿勢で体を動かさずに何時間と過ごすこともあります。

クライアント先で作業する場合なら、知らない場所での緊張の中、他者とのコミュニケーションもなくパソコンと向かい合うだけなので孤独になりがちです。システムエンジニアの行うシステム開発の仕事自体は会社が受けますが、実際の作業はシステムエンジニア一人ひとりが行います。

そのため個人の能力に頼る部分が多く、労働時間や精神的な負担が大きくなってしまうのです。その上、残業が続けば十分な睡眠がとれなくなり徐々に生活リズムも狂ってきます。その結果、食欲がなくなる、眠れなくなる、憂うつになることにつながるのです。

反対に、イライラして落ち着かなくなったり、異常に食べるようになったりといった症状が表れることもあります。

システムエンジニアにとって、うつ病は職業病とも言える病気なのです。

体を壊さないためのセルフケアのポイント

では、システムエンジニアが体を壊さないためには、日ごろからどのようなことに気を付けたら良いのでしょうか?

うつ病を含め、一般的に病気の予防には、「規則正しい生活」と「適度な運動」が大切だと言われています。例えば気分が落ち込むことが続いたら、太陽の光を浴びて体内時計をリセットする、軽い運動をするなどの方法で改善することはできます。

また、システムエンジニアの仕事は運動不足になりがちであることをあらかじめ意識しておけば、日々の生活でも自然に体を動かすようになるでしょう。

どうしても症状の改善が難しい場合には、早めに医療機関を受診し、抗うつ薬などを処方してもらいます。システムエンジニアに限らず、毎日激務の中で働いている人はメンタルを壊しやすいものです。

今職場で自分がいなくなってしまうわけにはいかない、仕事がつらいなどと弱音を吐けるような人間関係ではないと考え、一人で抱え込んでしまう人は特に要注意です。職場のキーマンなので自分がいなくなると仕事が回らないと心配する人も多いかもしれません。しかし、職場のメンバーが一人いなくなっても、最初は大変かもしれませんが残りの人たちで何とかなってしまうものです。

それに、仕事を一人だけでしょい込んでしまうと、あなたが倒れた時にかえって周りに迷惑をかけてしまいます。ですから、いつも仕事は誰かと相談しながら進め、全てを自分一人でしょい込まないようにしましょう。

そうすることで、もしあなたに何かあった場合にも何とかなりますし、何よりあなた一人に負担が集中しないようにすることが大事です。企業によっては、メンタルヘルス対策を行っているところもありますが、まだまだ少数です。自分でできるとこは取り入れてみましょう。

日頃から上司や部下との信頼関係を築き、仕事の問題点は早めに相談し、一人で悩まないことも大切です。

-SEの転職
-,

おすすめ転職エージェント

IT/WEB業界に強くとにかく内定率が高い!
《レバテックキャリアの公式サイト》

レバテックキャリア

大手エージェントの強みを生かして豊富な求人の中から転職先を選べる
《マイナビエージェント×ITの公式サイト》

マイナビエージェント×IT

豊富な非公開求人と業界を熟知した担当者が転職を強力にサポート
《ワークポートの公式サイト》

ワークポート

過去のデータを生かしたマッチングで自分に合った転職先が見つかる
《ギークリーの公式サイト》

ギークリー

圧倒的な求人数の多さで転職先の幅が広がる
《リクルートエージェントの公式サイト》

【リクルートエージェント】

関連記事

PCと履歴書のイメージ

【履歴書の例文】私たちはこう書いて採用されました〜先輩SE・プログラマー・エンジニアの志望動機を公開!

WebやITの業界に転職したいけど、未経験だし、どういうふうに志望動機を書いて良いのか分からないというあなた。 今回は見事に転職成功した先輩たちにアンケートに答えて頂いた結果を公開します。 自分をどう …

ノートと付箋のイメージ

先輩に聞いた!企業で働く「SEの1日」の仕事の流れと勤務時間や業務内容

ミサキさん(仮名) の場合 年齢 30代 性別 女性 会社の業種 某大手システムインテグレーター 担当の業種 SE Contents1 仕事概要2 1日の流れ2.1 9:00 出社2.2 10:00  …

40代ビジネスマンが走るイメージ

40代・未経験からエンジニア・プログラマー・SEに転職成功する秘訣〜Web・IT業界編

近年はIT技術の普及により、これまでインターネット関連は有線が主流であったにも関わらず、Wi-fiなどの無線が一般でも扱われるようになったり、AIによる人工知能の向上でさまざまなIT機器が扱いやすくな …

プログラムのソースコード画面

【徹底比較】SEの働き方、あなたは「受託開発」派?「社内」派?

システムエンジニア(SE)やプログラマーは、所属する会社によって2種類に分けられるのはご存知でしょうか。 1つは受託開発会社(ソフトウェア開発会社)のSE、もう1つは企業内のSE(社内SE)です。どち …

パソコンでプログラミング画面を見る

先輩に聞いた!企業で働く「プログラマーの1日」の仕事の流れと勤務時間や業務内容

トモヤさん(仮名) の場合 年齢 30代 性別 男性 会社の業種 システム開発会社 担当の業種 会社オープン系プログラマー Contents1 はじめに2 1日の流れ2.1 08:30 出勤及び引継ぎ …




サイト内を検索

ページのトップへ戻る